加根光夫は夏井いつきの夫!結婚の経緯や経歴・学歴をご紹介! エンタメ

加根光夫は夏井いつきの夫!結婚の経緯や経歴・学歴をご紹介!

夏井いつきさんの結婚相手でもあり、仕事のパートナーでもある加根光夫さん。今は会社を設立して夏井いつきさんの仕事を精力的にサポートしていますが、前歴は博報堂のプロデューサーとして活躍していました。今回は加根光夫さんの年齢や学歴、結婚に至るまでの流れを紹介します。

目次

[表示]

加根光夫はどんな人?

1866946 / Pixabay

加根光夫さんは株式会社夏井&カンパニーの代表取締役です。会社設立前は、CM・映像プロデューサーという肩書を持ちながら、夏井いつきさんのサポートをしていました。現在は俳句プロデューサーを名乗っています。

夏井いつきの現在の旦那

加根光夫さんは俳人・夏井いつきさんの旦那さんです。テレビ、ラジオなどで精力的に活躍する夏井いつきさんをサポートしています。2006年に結婚し、別居婚を経て松山市で生活・活動をしているようです。

加根光夫のプロフィール!本名や年齢は?

Free-Photos / Pixabay

加根光夫さんは夏井いつきさんの8歳年上。夏井いつきさんからは「けんこうさん」と呼ばれているとか。本名とは違いますが、どうやら夏井いつきさんは俳名で呼んでいるようです。プロフィールをみていきましょう。

  • 本名:加根光夫(かねみつお)
  • 俳名:加根兼光(かねけんこう)
  • 生年月日:1949年
  • 学歴:関西学院大学

関西学院大学卒業後は博報堂に

博報堂を定年まで務めた後は、フリーの映像プロデューサーとして活動しながら夏井いつきさんのマネージャーをしていました。さらなるサポートをするために、株式会社夏井&カンパニーを設立しました。

加根光夫と夏井いつきの結婚

qimono / Pixabay

熟年結婚とも言われている加根光夫さんと夏井いつきさん。2人が出会ったのはある仕事がきっかけでした。夏井いつきさんの人柄に惚れ込み、加根光夫さんが猛アプローチをしたことが交際のきっかけです。

加根光夫は夏井いつきのファンだった

Ellen26 / Pixabay

仕事の依頼が2人の出会いのきっかけでしたが、加根光夫さんはもともと俳句をたしなんでいて夏井いつきさんのファンだったようです。夏井いつきさんが運営している俳句サイトに熱心に投稿していたとか。

夏井いつきさんも俳名を覚えていた

HeungSoon / Pixabay

加根光夫さんは「兼光」という俳名で、熱心に投稿を続けます。その熱意と俳句のレベルの高さは、夏井いつきさんも俳名を覚えているほどだったとか。2人は出会うべくして出会ったのかもしれません。

夏井いつきに会うため何度も松山まで通っていた

omaeda / Pixabay

加根光夫さんはネットTVの出演オファーをするために、夏井いつきさんが住む松山市に向かいます。ある人物と夏井いつきさんの対談を企画し、実現するために大阪から何度も松山に通っていたそうです。

企画はお蔵入りに

Free-Photos / Pixabay

ある事情で企画自体は無くなってしまいましたが、何度か通い続けることで夏井いつきさんの人柄に惹かれていきます。夏井いつきさんはというと、加根光夫さんに対して何の感情も抱いていなかったそうです。

2人の第一印象は?

テレビ番組内で2人は結婚のエピソードを振り返っています。夏井いつきさんに好意的な印象を持っていた加根光夫さんに対し、夏井いつきさんは「いかにも業界人だなぁ」とあまり良い印象は持っていなかったようです。

夏井いつきは離婚歴がある

stevepb / Pixabay

夏井いつきさんはもともと国語教師でした。教師時代に同業者と結婚し、2人の子供を設けています。夫の母親の介護が理由で退職し、のちに自身の母親も介護が必要な状態に。精神的にも追い詰められていた時期でした。

別居したのち離婚へ

Counselling / Pixabay

2人の子育て、2人の母親の介護に疲れ切り夏井いつきさんは離婚を決意します。別居をしたのち2000年に離婚し、子供2人と自身の母親との4人生活が始まりました。この頃から俳人としての道を歩きます。

プレッシャーを感じていたことも

geralt / Pixabay

子供2人と介護が必要な母親との4人暮らし。夏井いつきさんは一家の大黒柱となります。俳句だけで家計を支える決意をしたものの、悪い夢をみるほどプレッシャーに押しつぶされる日々が続いたそうです。

加根光夫さんも離婚経験あり

離婚経験があるのは、夏井いつきさんだけではありません。加根光夫さんも2度の離婚経験があるそうです。そのため前夫がいることも、子供がいることも恋愛の妨げになる考えはなかったのかもしれません。

結婚はこりごり

ArmOrozco / Pixabay

夏井いつきさんは当初、結婚に対して前向きではありませんでした。離婚に労力をかなり使ったこと、独身生活が自由で楽しいことを知り、結婚に対する魅力を全く感じなくなったようです。

2人の距離が縮まったきっかけは「御幸ハウス」

psaudio / Pixabay

アパートでは手狭になってきた夏井いつきさんは、一軒家に引っ越します。この一軒家が通称「御幸ハウス」。この家が今まで加根光夫さんの一方通行だった恋に、進展をもたらす最大のきっかけとなるのです。

不登校生との出会いが人生の岐路に

Godsgirl_madi / Pixabay

テレビやラジオの他に、俳句を広めるたまの活動を精力的にこなす夏井いつきさん。その活動の一環となっているのが「俳句の種を蒔く活動」です。ここで数多くの学生と触れ合う中で、1人の不登校の生徒と出会います。

放おっておけなかった

Free-Photos / Pixabay

夏井いつきさんの子供も不登校だったことから、この生徒を救いたいと考えます。御幸ハウスに呼び、一緒に暮らすことを決意したのです。最大で3人の不登校生徒との暮らしが始まります。

その活動を支えたのが加根光夫さん

zhivko / Pixabay

御幸ハウスでの活動に心を打たれたのが、加根光夫さん。夏井いつきさんの活動を献身的にサポートします。今まで加根光夫さんに対して、何の感情も抱いてませんでしたが徐々に気持ちが動き出します。

自然と御幸ハウスに泊まるように

Alexas_Fotos / Pixabay

当時、加根光夫さんは大阪に住んでいました。松山に来るたびに御幸ハウスに立ち寄り、一緒にお酒を飲み宿泊するようになります。いつの間にか、台所でフライパンを振っているような状況にまでなったそうです。

2006年に再婚を決意

Nietjuh / Pixabay

加根光夫さんに対して好意的な感情を抱き始めてはいましたが、夏井いつきさんは結婚は考えていなかったようです。しかし結婚を渋る理由をひとつひとつ潰し、ついに2006年2人は再婚することとなりました。

加根光夫のプロポーズの言葉

AdinaVoicu / Pixabay

2003年に出会い、3年後の2006年に結婚。8歳の年齢差の夫婦が誕生します。出会ってから2年後にはプロポーズをしていましたが、夏井いつきさんは断っていたそうです。

プロポーズは玄関先で

scottwebb / Pixabay

気になるプロポーズの言葉は、とても魅力的なものでした。「僕ができる事をして助けたい。歳とってるけど、結婚しましょうか。」と御幸ハウスの玄関先で伝えたそうです。

愛情深い加根光夫

congerdesign / Pixabay

夏井いつきさんの結婚に対する不安要素、理由を根気よく解決する加根光夫さん。年齢を重ねた後に恋をして、愛情を注ぐ相手がいること、そして結婚をしたいと思う相手がいることはとても幸せなことです。

しばらくは別居婚だった

Free-Photos / Pixabay

プロポーズ成功し、結婚した後は実はしばらくは別居婚でした。加根光夫さんが大阪の博報堂で勤務をしていたからです。夏井いつきさんの仕事や生活を第一優先に考えた結果の選択でした。

定年退職後同居に

KANENORI / Pixabay

最初は別居婚でしたが、加根光夫さんが定年退職をした後に愛媛県松山市で一緒に暮らし始めます。ひとつひとつが、夏井いつきさんの仕事を優先に考えていることが分かります。理想的な旦那さんではないでしょうか。

加根光夫の学歴や経歴

Alexas_Fotos / Pixabay

夏井いつきさんの才能や人柄に惹かれ、彼女中心の人生を歩んでいる加根光夫さん。彼の経歴を調べてみると、かなりのハイスペックの持ち主だということがわかりました。

加根光夫の学歴

stempow / Pixabay

加根光夫さんの最終学歴は、兵庫県にある関西学院大学です。当大学ではキリスト教に基づいた教育が行われています。夏井いつきさんに対して無償の愛を注いでるように見えるのも、教えが生かされているのでしょう。

関西学院大学の偏差値は?

Pexels / Pixabay

関西学院大学の偏差値は62.5~55.0と言われています。この数値は全国的に見ても、高い方です。広告代理店に勤務し、プロデューサーまで上り詰めるだけあり実力だけではなく学歴も備わっています。

NEXT:CMプロデューサーとして活躍
1/2