射手矢侑大(西川廣幸)の現在は?医業停止で逮捕?大学や結婚についても エンタメ

射手矢侑大(西川廣幸)の現在は?医業停止で逮捕?大学や結婚についても

今回は、フードファイターとして大食いバトルで活躍した射手矢侑大さんについて紹介します。大学はどこ?現在何してる?医業停止処分や逮捕されたって本当?結婚は?西川廣幸との別名を使ってたのはなぜ?など、射手矢侑大さんの気になるトピックに迫りました。

目次

[表示]

射手矢侑大について知りたい

TVチャンピオンの大食い選手権で一世を風靡した射手矢侑大さん。決勝進出の常連で、なかなかのイケメンぶりからも多くのファンを獲得していましたが、現在はどうされているのでしょうか?

これまでの経歴から気になる現在の姿までリサーチしてみました。

射手矢侑大ってどんな人?

大食い選手権常連のフードファイターで医師。ユニークな経歴を持つ射手矢侑大さんですが、はたしてどのような方なのでしょうか。その経歴に迫ります。

射手矢侑大のプロフィール

  • 名前:射手矢侑大(いてや ゆきひろ)
  • 別名:西川 廣幸(にしかわ ひろゆき)
  • 生年月日:1982年1月12日(2020年10月現在38歳)
  • 職業:医師
  • 身長:177cm
  • 体重:63kg
  • 血液型:B型

射手矢侑大さんは、数々の大食いバトルで活躍したフードファイター。大食いであるから、さぞ太っているのでは?と思いきや、177cm63kgと均整の取れた体型です。

ドクター射手矢として大食い選手権に出場

1992年から2008年まで放送されたTVチャンピオンの大食い選手権の名プレイヤーであった射手矢侑大さん。数々の激闘を繰り広げ、鮮烈な印象を与えました。

2001年の「TVチャンピオン 全国大食い選手権」では見事優勝。「お好みアタック2004」や、2008年「元祖!大食い王決定戦 新爆食伝説誕生戦〜タイ編」でも優勝しています。

名勝負と名高い大食い界のレジェンド・小林尊とのステーキ対決や、未だ塗り替えられていないラーメン33杯完食の記録などでも知られる射手矢侑大さん。記録だけでなく、記憶にも残る選手です。

西川廣幸としても出場

射手矢侑大さんは、別名の西川廣幸としてもテレビ東京「元祖!大食い選手権」に出場しています。

その理由は、仕事上の都合があったためとのこと。医師として勤務されていたため、本名での出場を避けていたようです。珍しい苗字で特定されやすいことからリスクヘッジをしたと考えられます。

なお、未だ破られていないラーメン33杯の歴代記録を打ち立てたのも西川廣幸名義でのバトルでした。

出身大学はどこ?

射手矢侑大さんの出身大学は、藤田保健衛生大学(現・藤田医科大学)という愛知県にある私立の医科系大学となります。

2002年に近畿大学附属高等学校から医学部に入学した射手矢侑大さん。医学部の偏差値は、65.0~67.5とかなりの高偏差値。射手矢侑大さんの頭の良さが伺えます。

結婚はしてる?

Pexels / Pixabay

射手矢侑大さんの気になる結婚については不明でした。テレビでの活躍に加え、医師であることも考えるとモテることは間違いありません。結婚相手として申し分ない経歴です。

射手矢侑大が逮捕された?

Alexas_Fotos / Pixabay

ショッキングなことに、射手矢侑大さんには逮捕歴があります。どのような経緯での逮捕となったのか調べてみました。

道路交通法違反で医業停止になる

stevepb / Pixabay

2012年3月、射手矢侑大さんは道路交通法違反を犯します。大阪府堺市にあるなかもずクリニックに勤務していたころでした。

違反内容の詳細は不明ですが、飲酒運転であったと言われています。

道路交通法違反を受け、厚生労働省から医業停止3ヶ月の処分を言い渡された射手矢侑大さん。3ヶ月の間は、いかなる医療行為もできないこととなりました。

医業停止期間に医療行為をしたため逮捕

4711018 / Pixabay

3ヶ月の医業停止処分を受けた射手矢侑大さん。3ヶ月の間は、診断や治療ができないにもかかわらず、医療行為を行ってしまったため、医師法違反として逮捕されました。

悪質な場合は、医師免許剥奪もあるとのことですが、射手矢侑大さんは医師免許を取り消されることはなかったようです。

/6

射手矢侑大の現在は?

フードファイターから医師になったものの、医業停止や逮捕のトラブルを起こしてしまった射手矢侑大さん。現在は、どのような活躍をされているのでしょうか。

病院の院長をしている

射手矢侑大さんは、2016年より大阪市生野区にある田島クリニックの院長を務めています。

田島クリニックは、外来診療だけでなく、在宅診療にも取り組み、内科だけでなく小児科、整形外科、皮膚科と幅広い科目をカバー。地域医療を支えるクリニックとなっているようです。

院長としてメディアの取材も受けている射手矢侑大さん。医業停止と逮捕のトラブルを乗り越えて、活躍していることが伺えます。

射手矢侑大在宅医療に力を入れる?

Bru-nO / Pixabay

射手矢侑大さんが、力を入れられているのが在宅医療。自宅や入所する施設にいながら医療を受けられるため、超高齢社会においてその重要性が増しているものとなります。

射手矢侑大さんが院長を務める田島クリニックでは、24時間365日の対応をしているとのこと。医師として、地域医療を支え続けています。

射手矢侑大の医療現場での活躍に期待

DarkoStojanovic / Pixabay

フードファイターから医師へ華麗な転身を遂げた射手矢侑大さん。大食いバトルで見せた粘り強さと覚悟で、医療を支える姿はとても頼もしいものがあります。

超高齢社会で重要性を増す在宅医療を牽引する存在として、今後も医療現場で活躍されていくことでしょう。


/6