前田希美が演じた役の死亡歴まとめ!歴代の彼氏の噂や性格についても エンタメ

前田希美が演じた役の死亡歴まとめ!歴代の彼氏の噂や性格についても

ピチレモンモデルとして活躍した前田希美は、王子がタイプであり加藤諒など様々な人と彼氏の噂もあります。年齢は若いですが、出演する作品の死亡歴がすごいと話題となっています。今回は前田希美の死亡歴を中心に、元天てれ戦士の友人や本当の性格を含めて紹介します。

目次

[表示]

前田希美の死亡歴について知りたい

前田希美はモデルのイメージが強いですが、女優として様々な作品に出演しています。役柄が死亡することが多く、これまで9回も作中で死亡した経験を持つ人物でもあります。

死亡歴がすごいことから「死にすぎる美人」というインパクトの強いあだ名もついているほどであるため、今回は前田希美の死亡歴について紹介します。

前田希美ってどんな人?

StockSnap / Pixabay

現在は主に女優として活躍している前田希ですが、かつては雑誌「ピチレモン」のモデルとして有名になりました。同期には天てれに出演していたてんちむなどがいます。

まずは、前田希美のプロフィールや経歴について、本名や年齢を含めて紹介します。

前田希美のプロフィール!本名や年齢は?

Free-Photos / Pixabay

前田希美は1993年6月16日生まれで、現在の年齢は27歳です。ファンから本名を聞かれた際に「平野苺」を答えたこともありましたが、これは冗談で前田希美が本名のようです。

身長は158cmで体重は38kgと、雑誌の専属モデルを卒業した今でもモデル時代のスタイルをキープしていることが伺えます。

Youtubeには「前田希美/まえのん」のチャンネルを2017年11月に開設し、現在は22万人以上のチャンネル登録者がいます。

ピチレモンのオーディションで準グランプリ

前田希美が芸能活動を始めたのは、2006年に行われた「第14回ピチレモン読者モデルオーディション」で準グランプリを獲得したことがきっかけです。

準グランプリとともに、この年に新設された「プリウリ賞」も受賞し、ピチレモンでモデルとして活動し始めました。この時にグランプリを受賞したのは田中彩友美です。

前田希美は5年間にわたってピチレモンモデルとして活動し、表紙を飾ったのは歴代2位の25回でした。

モデルや女優として活動

ピチレモンを2010年に卒業した後は、Popteenの専属モデルとして活動し2017年に卒業しています。女優としては2007年にWEBシネマでデビューし、ドラマや映画でも活躍しています。

現在はTRUSTARに所属しており、女優やモデルとしての活動を中心としています。

天てれに出ていたてんちむと仲良し

前田希美は、天てれに出演していたてんちむとも仲がいいです。前田希美とてんちむは2006年からピチレモンの専属モデルとして活躍しており、同期にあたります。

8年ぶりに再開したことをお互いのSNSに投稿しており、ピチレモン世代のファンからは「懐かしすぎる!」「大好きな2人」と反響がとても大きかったです。

前田希美の死亡歴とは?

Tama66 / Pixabay

前田希美のプロフィールを把握したところで、本題である彼女の死亡歴について紹介していきます。これまで、どのような作品で死亡したことがあるのでしょうか。

女優としての役で死ぬ役ばかりしている

ドラマや映画の中には様々な役柄があり、いつも主役を演じる人が演技が上手とは限りません。前田希美は脇役が多いですが、死亡する役を演じることがとても多いです。

前田希美と検索すると「死亡」と予測変換で出てくるので、前田希美が亡くなったのかと勘違いする人もいますが、実際には作中で亡くなる事が多い人物です。

死亡回数が9回とも言われる

これまでの死亡歴は実に9回にのぼると言われています。映画「携帯彼氏」、「リアル鬼ごっこ4」、「死臭 つぐのひ異譚」などが挙げられます。

ただ刺されて死ぬのではなく、ヘアアイロンのコードで感電死したり、エレベーターに潰されて死んだりと死に方も特徴的で演じにくい役柄が多いです。

これまでの死ぬ演技で最もキツかったのは2012年公開の映画「臨場・劇場版」で、通り魔に10回以上刺されて亡くなるという役と明かしています。

死にすぎる美女と言われる

geralt / Pixabay

2015年12月、指原莉乃の番組「指原カイワイズ」に前田希が出演しました。この番組では3ヶ月後にブレイクしそうな人やその界隈では有名になっている人を紹介するものです。

前田希美は「死にすぎる美女」として紹介され、可愛いのに死ぬ演技が上手すぎると驚く人も多かったです。さらに指原やアンタッチャブル山崎からは「幸薄感や悲壮感が逆にいい」とコメントされていました。

死ぬ演技がとても上手

PIRO4D / Pixabay

今生きているということは、まだ実際に死亡したことはありません。恋愛をする役柄などでは自身の恋愛経験を役に反映させて演じることも多いですが、死亡する演技は想像でしかできません。

そのため、他の役柄に比べて難しいと言われることも多いです。しかし前田希美の死ぬ演技は臨場感があり、とてもリアルで視聴者が鳥肌が立ってしまうほどです。

役に切り替えるのも上手なため、バラエティ番組で死ぬ演技を求められた時も瞬時に役に入り込み、死ぬ直前の表情や震えまで細かく再現していました。

前田希美は死にすぎることからある人物と比べられる

Free-Photos / Pixabay

ドラマや映画で死ぬシーンは多いですが、前田希美のように複数の映画やドラマで殺される女優・俳優は多くありません。死ぬことが多すぎるあまり、そのイメージが定着しているほどです。

これまで9回も作中で死亡しているため、福本清三と比べられたこともあります。ここでは福本清三がどのような人物なのかを紹介します。

福本清三と比べられた

Free-Photos / Pixabay

福本清三は「5万回斬られた男」の異名を持つ俳優です。20代後半から斬られる役に徹し、東映京都撮影所や関連会社のほとんどの時代劇に出演しています。

2002年の「ラストサムライ」では寡黙な侍の役を演じ、迫力ある死に方で視聴者を圧倒しました。公式サイトでは「kirareyaku」として紹介されるほどです。

死に役としてずば抜けた演技力を発揮し、トム・クルーズからハリウッド映画へ来ないかと誘われたエピソードも有名です。

前田希美の性格は?

JillWellington / Pixabay

顔がとても可愛いですが、性格はテレビや雑誌からでは知ることができません。女優としても活躍しているため、性格をカメラの前で作り上げることは簡単でしょう。

それでは、前田希美はどのような性格なのでしょうか。

ぶりっ子と思われることがある

Free-Photos / Pixabay

可愛い顔と女性らしいフェミニンな格好をすることが多いため、ぶりっ子と思われることも多いようです。表情の作り方などが上手いため、男性にモテようとしてわざとしていると見る人もいます。

モデルなので自身をプロデュースすることで知名度を上げられますが、前田希美は客観的に自分がどのようなキャラクターが合っているのかを見極めたと考えられます。

自分に厳しい性格

kaboompics / Pixabay

前田希美の実際の性格はぶりっ子ではなく、むしろ自分に厳しい性格であると言われています。几帳面な部分もあり、「努力することは当たり前」と語っています。

努力することの大切さは誰しもがわかっていますが、人の見えないところで努力し続けられる人は少ないでしょう。容姿に頼らず、ストイックに努力する姿を見てファンになった人も多くいます。

前田希美の彼氏は誰?

Kranich17 / Pixabay

前田希美はとても可愛く、女性たちの憧れでもあるため、彼氏が誰なのか気になる人も多いでしょう。ここでは、歴代前田希美の彼氏として噂になった芸能人を紹介します。

好きなタイプは王子様

suju / Pixabay

前田希美は理想のタイプを聞かれた際に「しっかり愛情表現をしてくれ、王子様みたいな人がいい」と答えています。自身も恋愛には積極的で、気になる人がいたら自分から連絡してしまうようです。

努力家で顔も可愛いのでとてもモテることは間違いありませんが、自身のYoutubeで現在は彼氏がいないと告白しています。30代で結婚したいとも明かしており、結婚発表はもう少し後でしょう。

加藤諒との噂があった

俳優の加藤諒はテレビ番組「好きになった人」で前田希美を挙げ、企画でデートが実現しました。このデートで2人は初めて会ったのですが、手を繋ぐなど積極的な行動が見受けられました。

そして加藤諒は最後に前田希美に告白し、なんと彼女の答えはOK。王子様が理想のタイプの前田希美にとって、加藤諒の男らしくリードするところに惹かれたようです。

これで交際に発展するかと思われましたが、加藤諒のTwitterでは「付き合ったわけではない」と公言しています。その後は会う機会もなく、自然消滅してしまった可能性が高いです。

中島裕翔との噂があった

Free-Photos / Pixabay

前田希美はかつて、ジャニーズの中島裕翔と付き合っているという噂がありました。2人は同じ堀越学園出身であり、同級生だったようです。

文化祭で2人でいたという目撃情報から、中島裕翔が彼氏ではないかという噂が一気に広まりました。同級生ということで親交があったことは間違いありませんが、それだけで彼氏とは断言できません。

この他に彼らが付き合っているような情報はなく、ただの噂であったとされています。

前田希美は王子とラブラブ?

StockSnap / Pixabay

前田希美は王子と呼んでいる中山咲月とラブラブの写真を投稿することが多いです。中山咲月はジェンダーレスモデルとして注目されている人物であり、2人がカップルのようだと話題となっています。

匂わせをする人は多いですが、2人の場合は堂々と写真を公開しています。しかし本当の恋人関係ではなく、本当に仲の良い相思相愛の友人のようです。

中山咲月との2ショットが話題に

2019年8月10日、前田希美本人のTwitterで「今年も大好きな王子と花火大会に行ってきました」と、中山咲月との浴衣デートのプリクラと一緒に投稿しました。

中山咲月とは普段からプライベートでもお出かけするほどの仲良しで、出先でのラブラブショットをTwitterで投稿することも多く、ファンからも好評です。

中山咲月を王子と呼び、顔を寄せ合うようなラブラブの写真にキュンとするファンも多いようです。

ディズニーデートも楽しんでいる

デートの定番スポットといえば、ディズニーランドです。友達と大人数でもいきますが、異性と2人きりで行く機会はデート意外に少ないです。

2017年5月には中山咲月とディズニーに行っていたことを報告しました。投稿には2人の写真も付けられており、手を繋いだ後ろ姿の写真も含まれていました。

前田希美はこの日ピンクのジャケットに黒いミニスカートといつも以上にフェミニンな格好をしており、中山咲月は黒で統一された男性らしい格好でカップルにしか思えないような雰囲気です。

前田希美アパレルブランドを持つ

2018年12月5日、前田希美は自身のアパレルブランド「N WITH.」のオンラインショップをオープンさせました。フェミニンからカジュアルまで幅広いデザインを取り扱っており、女性人気も絶大です。

ブランドのコンセプトは「いいね♡したくなる」で、最上級のあざとさを演出できるようなデザインもあります。ブランドの売れ行きは好調で、「emiru」とのコラボアクセサリーも発売しました。

2020年9月29日から先行発売されており、ハンドメイドでシルバーとゴールドのツートーンが可愛いと買い求める女性も多くいました。

前田希美の死亡歴はすごい

今回はピチレモンのモデルとして活躍していた前田希美の死亡歴について紹介しました。人には適材適所があり、前田希美にとっては死ぬ役がぴったりだと言えるでしょう。

アパレルブランドを立ち上げたりモデルを担当したりと、とても幅広く活躍されているのでこれからの活動も楽しみにしましょう。