大地真央の輝かしい宝塚時代!若い頃・旦那・子供や現在についても! エンタメ

大地真央の輝かしい宝塚時代!若い頃・旦那・子供や現在についても!

1984年若い頃に宝塚歌劇団の男役としてトップに立っていた大地真央は、年齢が還暦を過ぎた現在でも女優として活躍しています。最近ではCMでのコスプレが話題となりました。今回は大地真央について、旦那や子供、実家が金持ちの噂も含めて詳しく紹介します。

目次

[表示]

大地真央の宝塚時代について知りたい

marcianofab / Pixabay

大地真央は現在でも現役で活躍している女優ですが、若い頃は宝塚歌劇団のトップスターでした。大地真央のことを知っている若者は多いですが、宝塚に所属していたことを知らない人も増えています。

そこで今回は、大地真央の宝塚時代の伝説を中心に若い頃から現在までを紹介します。

大地真央ってどんな人?

Myriams-Fotos / Pixabay

大地真央といえば気品高く、演技力が高いことでも知られている女優です。還暦を過ぎた今でも若々しさを保っており、憧れている女性は多いでしょう。

まずは、大地真央のプロフィールを見ていきましょう。

大地真央のプロフィール!本名や年齢は?

Free-Photos / Pixabay

大地真央は1956年2月5日生まれで、兵庫県出身です。現在64歳ですが、今でも女優として様々な場で活躍されている人物です。

本名は森田真裕美で、旧姓は多田という名前だったようです。真矢みきが入団前に、ファンレターを書いて家の前で待っていたほど憧れていたスターであることでも知られています。

元宝塚トップスター

大地真央はかつて宝塚歌劇団に所属しており、トップスターでした。宝塚歌劇団に入団するためには、倍率が100倍以上とも言われる宝塚音楽学校で2年間学ぶ必要があります。

卒業認定を受けて初めて宝塚歌劇団研究科1年となり、宝塚音楽学校に入学しても宝塚歌劇団に入団できないケースもあります。入団後もトップスターになれるのはごく一部であり、無名のまま退団する人もいます。

現在は女優として活動

大地真央は宝塚歌劇団を退団後、女優として活動し始め、現在も現役です。宝塚時代はトップスターでも、その後芸能界で生き残れない人や途中で引退してしまう人もいます。

大地真央は数々のテレビドラマや映画に出演、バラエティ番組やコマーシャルにも出演するなど幅広く活動しています。

大地真央は宝塚の伝説?大地真央の若い頃

KELLEPICS / Pixabay

大地真央は、2014年に宝塚歌劇団100周年記念で創立された「宝塚歌劇の殿堂」で最初の100人にも選ばれているほど人気があったトップスターでした。

ここでは大地真央の若い頃の伝説について紹介します。

宝塚音楽学校に一発合格

Free-Photos / Pixabay

芸能活動に興味を持っていた大地真央でしたが、父親は反対していました。しかし友人から「宝塚なら軍隊のように厳しいから、ためになるのではないか」と言われ、受験を許可しました。

その後、数ヶ月間の受験レッスンに通い、見事宝塚音楽学校に一発合格を果たしました。合格者は49人で、42番目の成績だったようです。

宝塚音楽学校は倍率が高く、一発合格する人は少ないと言われています。そんな難しい試験に数ヶ月のレッスンだけで通ったのは、やはり才能があったからでしょう。

月組に配属後男役として人気に

宝塚音楽学校を卒業し、1973年に宝塚歌劇団に入団しました。この時から「大地真央」という芸名を使用するようになりました。真央は幼い頃から考えていたもの、大地は姉からの提案のようです。

入団当初は49人中25番目の成績であり、星組公演の「花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク」が初舞台でした。翌年の1974年、月組に所属して早くから新星男役として注目されていました。

相手役には黒木瞳

1975年頃から主役も務めるようになった大地真央の相手役は、当時トップ娘役として活躍していた黒木瞳でした。黒木瞳は入団1年目で相手役に大抜擢され、2年目でトップになった伝説を持っています。

当時、黒木瞳と大地真央のコンビは「黄金コンビ」と呼ばれていました。異例の大抜擢とあり、周りが黒木瞳に強く当たらないように、大地真央はわざと厳しく指導していたようです。

黒木瞳も退団後は女優として活躍しており、現在でも交流が続いています。

斬新なスタイルで男役を演じた

大地真央は男役を演じる際、流行の髪型を取り入れるなど斬新なスタイルで話題となりました。宝塚の男役は髪型がある程度決まっていたため、流行によって髪型を変えるという人はいませんでした。

また、元々整った顔立ちをしているので必要以上に化粧を厚くする必要がなく、自然な男前さが女性ファンを虜にしました。現役時代には出待ちのファンが多くて外に出られなかったほどです。

宝塚在籍中に歌手デビュー

宝塚歌劇団に在籍していた1975年、大地真央はアイドルとして歌手デビューも果たしています。劇団内のオーディションで決まったため、1年半という期限つきのアイドルでした。

デビュー曲は「悲しみのアイドル」で、当時のキャッチフレーズは「まぶしいアイドル 太陽の19歳」でした。

当時男役としてかなり注目されていたためレコードが飛ぶように売れると期待されていましたが、あまり売れず、活動は自然消滅してしまったようです。

宝塚時代の大地真央の動画

今でもYoutubeなどでは大地真央が宝塚歌劇団で活躍していた頃の映像が見られます。宝塚最後の舞台では公演前にも多くのファンが詰めかけ、いかに惜しまれながら退団したかが伺えます。

他にも1984年に上演された「I am What I am」や翌年の「はじめての恋」が投稿されています。役によって演じ方を変え、観ている人を世界観に引き込む力を持っていることが感じられるでしょう。

大地真央が宝塚を退団した理由は?

mohamed_hassan / Pixabay

大地真央は1985年9月1日に黒木瞳とともに、「二都物語/ヒートウェイブ」で宝塚歌劇団を退団しました。トップスターの立ち替わりが激しい中、大地真央は2年5カ月もトップに立ち続けました。

退団した理由について、「自分が宝塚でやりたいと思っていた夢が全て叶った」「どこかのタイミングでキリをつけなければならないと思った」と語っています。

宝塚も好き、男役も面白いと感じていましたが、完全に宝塚でできることを全てやり遂げたからこそできた決断なのでしょう。

大地真央は結婚しているの?旦那はだれ?

intographics / Pixabay

宝塚歌劇団は未婚の女性の集団のため、在団中に結婚することはできません。大地真央は退団してから結婚できるようになりましたが、旦那がいるイメージがあまりない人もいるでしょう。

ここでは、大地真央の結婚と子供について紹介します。

松平健と結婚したが離婚している

1990年、舞台「風と共に去りぬ」で共演したことで交際へと発展した松平健との結婚を発表しました。舞台の直後からあちこちで交際の噂は聞かれていましたが、業界内でも結婚に驚いた人は多かったようです。

松平健はその当時とてもモテており、女性にも積極的だったため「口説き将軍」と言われていたほどでした。姉御肌の性格の大地真央が関係を引っ張っていったのではないかと言われています。

神前結婚式で披露宴は2億円にも上ったと噂されるほど豪華なものでした。しかし、2004年に離婚が発表されました。離婚の理由は性格の不一致やすれ違いの生活だとされています。

森田恭通と再婚

2007年、インテリアデザイナーとして世界的に活躍する森田恭通と再婚しました。森田恭通は大地真央よりも12歳年下であり、2006年にグループを介して知り合ったようです。

3回目に会ったときには結婚前提の交際がスタートしました。友達から始まり、メールや電話で徐々に距離が縮まっていき、大地真央も結婚したいという気持ちが芽生えてきたと明かしています。

大地真央の仕事への理解もあるようで、今でも夫婦仲は良好です。

子供はいない

Profile / Pixabay

2回の結婚をし、森田恭通とは結婚13年目を迎える大地真央ですが、どちらの結婚でも子供はいません。再婚を発表した当時も子供を作る予定はないと答えていました。

再婚した当時の年齢は50歳を超えていたため、子供を産んで育てるにはもう遅いと判断したのかもしれません。また女優とデザイナーという職業柄、常に子供を生み出しているようなものだとも語っています。

大地真央の実家がお金持ち?

宝塚音楽学校を受験する人はお金持ちが多く、小さい頃から歌や踊りなど習い事をしてきた人がほとんどです。大地真央も同じく、実家がお金持ちであると言われています。

では、大地真央はどのような家庭で育ったのでしょうか。

父親は陸軍軍人

PiotrZakrzewski / Pixabay

大地真央の父親は、元陸軍軍人だったようです。また、外国航路船長職にも就いていました。母親は横浜出身で、両親のもとには3人の娘が生まれました。大地真央は3番目で末っ子のようです。

姉2人はそれぞれ11歳年上と9歳年上で、少し年齢が離れているのでかなり可愛がってもらっていたことでしょう。

幼い頃から日本舞踊をしていた

shell_ghostcage / Pixabay

大地真央は4歳から日本舞踊を習い始めました。中学生に上がると日本舞踊で舞台に立つ機会も増え、舞台で演じることへの楽しさを感じて芸能活動に興味を持ったとされています。

中学生の頃には、通っていた中学校に演劇部がなかったので自分で創ってしまったようです。日本舞踊がなければ舞台に立つ面白さに気づかなかった可能性もあるので、運命的な出会いと言えます。

実家は淡路島の大地主

jplenio / Pixabay

大地真央は兵庫県洲本市で誕生し、実家は淡路島で300年以上続く大地主のようです。今でも気品の良さや優雅さが感じられますが、名家で育ったことで小さい頃からそのような教育を受けてきたのでしょう。

大地真央の実家がお金持ちという噂は本当のようです。

大地真央のコスプレが話題に!

2019年7月から放送されたアイフルの新コマーシャルに大地真央が出演しています。コマーシャルの中で大地真央はコスプレをしています。

ピンクのツインテール、つけまつげ、緑のカラコン、羽の生えたワンピースと奇抜な格好をしています。還暦を過ぎているにもかかわらず、コスプレが似合っていて違和感がないと話題になりました。

話し方もキャラクターに合わせて可愛くしており、男役時代を知っている人からは「ギャップがすごい!」「可愛い系も似合うのはさすが」というコメントが寄せられました。

大地真央インスタでも人気!

大地真央は公式Twitterのアカウントを持っておらず、Twitterで情報を発信しているのは大地真央のスタッフです。しかし、インスタグラムでは本人が画像を投稿しています。

2020年10月8日には旦那と外食している写真を投稿し、仲の良さを感じさせました。ウェーブがかった同じような髪型で、夫婦の顔が似てきた!というコメントも寄せられています。

60歳を過ぎてもSNSをうまく使いこなし、見た目だけでなく私生活もまだまだ若いことが伺えます。

大地真央は宝塚時代も現在も美しい!

darksouls1 / Pixabay

今回は大地真央の宝塚時代と現在について紹介しました。年齢を感じさせない見た目と演技で今も現役で活躍しています。

これからどれだけ年齢を重ねても若々しく、ドラマや映画で演技力の高さや美しさを見せてくれるでしょう。