本上まなみは京都の出町柳在住?現在旦那とは別居?理由とは エンタメ

本上まなみは京都の出町柳在住?現在旦那とは別居?理由とは

人気女優の本上まなみさんが、現在京都の出町柳に住んでいるという噂は本当?結婚後、旦那とは別居中?出身はどこ?などの疑問を徹底解説します。本上まなみさんと勝俣州和の交際について、実は在日なの?という気になる噂についても追求していきます。

目次

[表示]

本上まなみが京都に住んでいるって本当?

女優の本上まなみさんが、なんと現在京都に住んでいるという噂があります。京都在住だからか、京都に関係する番組にもよく出演しています。

とても上品な雰囲気のある本上まなみさんですから、京都に住んでいるのもとても似合いそうですよね。

京都に住んでいるのかどうかだけではなく、本上まなみさんの家族についても触れていきましょう。

本上まなみってどんな人?

まずは、本上まなみさんがどんな人なのか、詳しく紹介していきます。

本上まなみのプロフィール

  • 名前:本上まなみ(本名:沢田まなみ)
  • 生年月日:1975年5月1日(現在45歳)
  • 血液型:B型
  • 出身:大阪府
  • 身長:168cm
  • スリーサイズ:B82・W59・H88

本上まなみさんは、あまり大阪出身のイメージがありませんが、実は4歳からは大阪で育っています。生まれたのは東京都です。

兵庫県に住んでいたこともあったようです。身長も168cmと、高身長でスタイルも抜群な女優さんです。

タレントや女優として活動

本上まなみさんは、女優としてだけではなく、タレントとしても活躍していますし、ナレーターやエッセイスト、さらには絵本作家としても活動しています。

まさにマルチで活躍している方なのです。バラエティ番組の「ザ・ベストハウス123」では司会を務めることもあったり、「おでんくん」の声優も務めています。

さらには情報番組の「スッキリ!」に日替わりのコメンテーターとして出演することもあったりと、様々な才能を持ち合わせていることがわかります。

出身地は大阪府

本上まなみさんは、東京で生まれましたが4歳ごろから20歳まで大阪府で過ごしています。高校は大阪府立高槻北高等学校を卒業しています。

その後、京都にある坊短期大学に進学をしました。そのため、京都にもかなり思い入れがあったのでしょう。大学時代からは大阪ガスの広告などでモデルの仕事をしていました。

この頃から、スタイルも抜群でとても美人でした。この頃には「ユニチカ水着キャンペーンモデル」にも選ばれ、さらに芸能活動が忙しくなってきました。

勝俣州和と本気交際していた?

本上まなみさんがデビューしたての頃、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」で勝俣州和のお見合い企画があり、その時に本上まなみさんがお見合い相手として出演。

勝俣さんが本上まなみさんに告白をし、それから3ヶ月のデート企画がスタートします。その後デートを重ね、番組内で勝俣さんは「プライベートでも付き合ってほしい」と告白。

そして番組では本上まなみさんが「プライベートでも遊びに誘ってほしい」ということでハッピーエンドで終わりますが、実際に交際には至らなかったようです。

本上まなみは在日なの?

実は、本上まなみさんが在日なのでは?という噂があります。ですがこれは完全なるデマです。どうしてそのような噂が出たのかもわかりません。

大阪は、在日の方が多く住んでいるエリアがいくつかあります。そのため、本上まなみさんが大阪出身というだけでそんな噂が出たのでしょう。

本上まなみは現在京都にいるの?

続いて、気になる噂の「本上まなみさんは現在京都に住んでいるの?」という噂について詳しく触れていきましょう!

結婚して子供が生まれたことで京都に移住

本上まなみさんが京都に移住をしたタイミングは、結婚をして子供が生まれたことがきっかけだったそうです。

子供が生まれることで、育児に適した環境などを考えるものですから、様々な理由で子育てをするのに京都がベストだと考えたのでしょう。

京都は、都会もありながら少し遠くへ行くと自然もたくさんありますし、何より街もとても美しいです。そのような魅力に惹かれたのかもしれませんね。

お互いの実家や東京に通いやすい

本上まなみさんの実家は大阪府にあるのですが、本上まなみさんの夫の実家は滋賀県。子育てをする時はお互いの実家が近い方が何かと助けてもらえますよね。

ということで、大阪府と滋賀県の間をとって京都府を選んだようです。確かに、京都であれば大阪にも滋賀県にもどちらもスムーズにアクセスできます。

また、仕事があれば東京までも新幹線でスムーズにアクセスできるので、様々な都合の良い理由があったと思われます。

築100年近くの一軒家に住んでいる

本上まなみさんは、なんと京都の築100年近くの一軒家に住んでいるようです。京都には多くの古い家が建ち並んでおり、それをリノベーションして住む方も非常に多いです。

歴史を感じることもできますし、近所の方もとても良い人のようで、お子さんが近所の家の犬と遊んでいたりと、のびのびと育児を楽しんでいるようです。

地域のイベントなどにもよく参加しているとのことで、京都に引っ越してきてよかったと、インタビューでも答えています。

場所は出町柳?

本上まなみさんが住んでいるのは京都の出町柳なのでは?という噂があります。番組などで「出町柳桝形商店街」には歩いていくことができるなどと発言しているからです。

実際に、出町柳桝形商店街でお買い物をすることも多いようです。京都を紹介する番組などでも、よく本上まなみさんが出町柳を取り上げているようです。

なので、おそらく出町柳に住んでいるのでは?と言われていますが、公式に発表されているものではありません。

本上まなみは旦那と別居しているの?

実は、本上まなみさんは旦那さんと別居しています。別居していることから、離婚間近なのでは?と噂されています。

旦那は沢田康彦

本上まなみさんの旦那さんは、出版社マガジンハウスの編集者だった沢田康彦さんです。本上まなみさんよりもなんと18歳も年上なのです。

沢田康彦さんが主宰をしていたメール短歌グループで知り合い交際がスタート。約2年半交際をして、結婚に至りました。

蒔岡雪子と離婚して本上まなみと再婚している

本上まなみさんんお夫である沢田康彦さんは、実は離婚歴があります。前妻は小説家の蒔岡雪子さんです。「飴玉が三つ」で文學界新人賞を受賞しています。

きちんと離婚が成立してから、本上まなみさんと再婚しているのですが、離婚直後だったため、不倫をしていて、略奪愛だったのでは?と言われています。

ですが、真実については本人たちにしかわかりません。当事者の方たちも、何も語っていません。

別居の理由は旦那が会社を辞めたから?

夫である沢田康彦さんと別居をしている理由は、沢田康彦さんが会社を辞めたことで、本上まなみさんが愛想をつかしたのでは?と言われています。

ですが、沢田康彦さんが会社を辞めた理由は、本上まなみさんが仕事が忙しかったので、育児や家事などをサポートするためにお互い話し合って辞めたとのこと。

なので、夫が会社を辞めたことは、別居の理由ではないということがわかります。

2015年に旦那が「暮しの手帖」の編集長に

専業主夫として、本上まなみさんを支えていた沢田康彦さんですが、その後2015年に人気雑誌の「暮しの手帖」の編集長に就任したのです。

編集部は東京都にありますから、仕方なく単身赴任をしているということなのです。沢田康彦さんは、本上まなみさんに反対されると思っていたようです。

ですが、編集長になるということを話すと、本上まなみさんが「行くべき」と背中を押してくれたとのことです。

2016年頃から別居しているが夫婦円満

仕事のことがあり、沢田康彦さんと本上まなみさんは、2016年ごろから別居をしています。ですが、夫婦仲はとても円満のようです。

実際に、「暮しの手帖」編集部にも本上まなみさんは挨拶をしに来られたようです。「夫を頼みます」というように、挨拶したのです。

このようなことからも、夫婦の絆がきちんとあることがわかりますし、お互いの生活を尊重し合っているのでしょうね。

本上まなみが京丹後市の酢の醸造元を紹介

「遠くへ行きたい」という旅番組では、本上まなみさんが京丹後にある酢の醸造元を紹介している回があります。「必ず立ち寄る」と言っているほどの場所です。

実際に京都に住んでいる本上まなみさんだからこそ、語ることのできる京都の魅力が詰まっています。

行きつけの酢の醸造元

本上まなみさんは、日々の食生活などもかなりこだわっており、なんと行きつけの酢の醸造元があるのだそうです。そこが丹後半島にある「飯尾醸造」です。

農薬を使っていないお米から作られているこだわりの詰まった酢で、それを選んでいる本上まなみさんからも、日常へのこだわりが垣間見えます。

番組内では、京都の様々な魅力について語っています。旅のスタートは天橋立の海上からスタートしており、なんとシーカヤックで移動しているシーンなどもあります!

本上まなみは京都を満喫している

本上まなみさんは、子育てをするためにも、京都へ移住しており今はかなり京都を満喫しているようです。夫とは別居していますが、仕事のため。

夫婦仲はとても円満のようです。京都へ移住してきたことによって、四季を感じることのできる新鮮な食材を食べることができたりと、日常をとても素敵に暮しています。

まさに、イメージ通りの癒し系の本上まなみさんにぴったりな場所ですね。今後も、本上まなみさんの活躍に期待していきたいです。