市村正親の若い頃がイケメン!妻や結婚歴・整形の噂についても エンタメ

市村正親の若い頃がイケメン!妻や結婚歴・整形の噂についても

市村正親がミュウツーの声優を担当したことで話題となりましたが、若い頃からイケメンだったようです。妻は不倫疑惑もあった篠原涼子ですが、がんを乗り越えるなど仲の良さも有名です。今回は市村正親の若い頃について、結婚歴や整形の噂も含めて紹介します。

目次

[表示]

市村正親の若い頃について知りたい

StockSnap / Pixabay

市村正親は有名な舞台俳優であり、テレビ出演も多いので若い世代でも知っている人が多いでしょう。妻は女優の篠原涼子であり、ビッグカップルでもあります。

今回は市村正親の若い頃について、結婚歴や元嫁も含めて紹介します。

市村正親ってどんな人?

pasja1000 / Pixabay

市村正親は様々な舞台を中心に活躍している俳優であり、長きに渡ってテレビにも出演しているので知っている人が多いでしょう。しかし、中には名前だけしか知らないという人もいるかもしれません。

ここでは、まず市村正親のプロフィールを紹介します。

市村正親のプロフィール

Free-Photos / Pixabay

市村正親は1949年1月28日生まれで、埼玉県川越市出身です。母親は飲食店経営、父親は新聞記者という家庭で育ちました。

夕方に母の店によって小遣いをもらい、向いにある映画館で父親が迎えに来るまで過ごしていたようです。電線を拾い集めることで小遣い稼ぎをしていたことから、裕福な家庭で育ったわけではないことが分かります。

俳優や声優として活動

383961 / Pixabay

埼玉県内の高校を卒業後、舞台芸術学院に通って3年間西村晃の付き人を務めました。1973年に劇団四季のオーディションを受け、「イエス・キリスト=スーパースター」のヘロデ役を獲得しました。

翌年に劇団四季に正式入団し、「エクウス」では全裸で演技して業界内でも知名度を上げました。「オペラ座の怪人」では主役を務め、劇団四季の看板俳優の地位を獲得しました。

その後はテレビ出演もするようになり、俳優や声優など活動の場を広げています。

ミュウツーの声優が話題になった

2019年公開の映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」で市村正親がミュウツーの声優を担当しました。この映画は1998年公開「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のフル3DCG版です。

21年前にもミュウツーの声優を担当しましたが、実に21年ぶりということで話題になりました。迫力のある声がシェイクスピアの演劇のようだと評され、若者からの人気も高まっています。

市村正親の若い頃がかっこいい!

Free-Photos / Pixabay

70歳を過ぎても綺麗な顔立ちを保っており、年齢を感じさせない市村正親ですが、若い頃はとてもイケメンだったと話題となっています。

ここでは、市村正親の若い頃について時代とともに紹介します。

劇団四季にいた

pattyjansen / Pixabay

現在はホリプロに所属している市村正親ですが、元々劇団四季に所属していました。劇団四季といえば数々の有名な俳優を輩出しており、オーディションではごくわずかしか合格できないことで有名です。

市村正親は1973年の「イエス・キリスト=スーパースター」に出演し、1974年に正式入団、1990年に退団しました。退団後もミュージカルを中心に活躍しました。

パーマをかけた髪型がトレードマークであり、彫りの深い顔との相性も抜群です。

キャッツに出演していた頃

劇団四季に所属していた時代には、世界的名作となった「キャッツ」にも出演しています。人に飼い慣らされることを拒否するキャッツ達の舞台で、日本で初めて舞台化されたのは1983年のことでした。

市村正親が出演したのは1984年のことであり、日本でキャッツが有名となるきっかけともなりました。現在でもキャッツは公演中であり、すでに1万回以上公演されています。

キャッツは市村正親にとって記憶に残る舞台となっただけでなく、劇団四季の歴史にも大きな意味を残しました。

オペラ座の怪人に出演していた頃

1989年には「オペラ座の怪人」にオペラ座の怪人役として出演しました。それから10年後を舞台にした「ラブ・ネバー・ダイ」にも出演したことで話題となりました。

ラブ・ネバー・ダイは怪人ファントム失踪後の物語であり、舞台もパリからニューヨークに変わっています。怪人ファントムは市村正親と石丸幹二のダブルキャストで演じられました。

中世的なイケメンだった

市村正親がイケメンなのは若い頃からであり、彫が深く日本人離れした顔立ちをしています。中世的であり、市村正親に女性ファンが多いのも納得できます。

しかしイケメンなだけでなく、周りを引き込むような高い演技力が評価されています。劇団時代は笑顔が少なかったですが、最近ではバラエティ番組などにも出演し、表情豊かな様子も見られます。

以前は近寄りがたい雰囲気を出していましたが、今では親近感が沸きやすくなりさらにファンを増やしました。

市村正親の妻は篠原涼子!

ZigmarsBerzins / Pixabay

若い頃からイケメンであり、今でもダンディーな俳優として人気の市村正親ですが、結婚して子供もいます。市村正親の妻は篠原涼子であり、仲良い夫婦としても知られています。

ここでは市村正親・篠原涼子夫婦について紹介します。

現在の妻は篠原涼子

2001年の舞台「ハムレット」で共演したことがきっかけで、篠原涼子と市村正親は知り合いました。2005年12月に結婚を発表しました。

結婚の意思は早くから固められていたようですが、篠原涼子の親への説得などに時間がかかったようです。ビッグカップルであり、歳の差も24歳とかなり大きいことから話題となりました。

今でも都内のレストランで食事している姿が目撃されるなど、夫婦仲は良好のようです。

子供もいる

sathyatripodi / Pixabay

篠原涼子と結婚した時点で56歳と高齢であった市村正親ですが、2008年に長男が誕生しています。前の奥さんとの間には子供がいなかったため、59歳で初めて父親となりました。

その後2012年2月には第二子である次男が誕生しました。現在は4人家族で仲睦まじく暮らしています。

市村正親は離婚している?結婚歴は?

ArmOrozco / Pixabay

現在の妻は篠原涼子ですが、市村正親は以前別の人と結婚していました。篠原涼子と結婚した際、祝福もありましたがそれ以上に略奪愛ではないかという声が聞かれました。

ここでは市村正親の結婚歴について、元嫁も含めて紹介します。

元嫁は劇団四季の八重沢真美

市村正親の元妻は、劇団四季に所属する八重沢真美です。八重沢真美は3歳からクラシックバレエを習い、1982年に劇団四季に移籍しました。1993年に退団、2003年に再入団しています。

八重沢真美と市村正親は元同僚であり、何度も共演するうちに仲を深めました。1984年に結婚し、2003年5月に離婚を発表しました。

篠原涼子とは不倫だったの?

stevepb / Pixabay

篠原涼子との結婚は2005年であるため、離婚してから恋仲に発展したとしても不思議ではありません。しかし2人が出会ったのは2001年の舞台です。

この舞台で急激に仲良くなったとその当時から不倫の噂が流れていました。不倫の末の結婚は祝福されないため、気づかれないように離婚から期間を開けたと考える人もいます。

略奪愛については2人のキャリアを傷つける恐れもあるため、本人の口からは語られていません。

市村正親は整形しているの?

Free-Photos / Pixabay

有名人であれば男女問わず、顔が整った人は整形ではないかと疑いをかけられることが多いです。昔の画像と今の画像を比べ、整形していると根拠のない噂を広める人も少なくありません。

市村正親もそのうちの一人であり、市村正親と検索すると予測で「整形」と出てきます。整形しているからダメというわけではありませんが、市村正親が整形しているというのは本当なのでしょうか。

鼻に整形疑惑がある

Free-Photos / Pixabay

市村正親は彫りの深い顔で、中でも鼻が特徴的ですよね。純日本人であれば鼻筋があまりはっきりせず低い鼻が珍しくありませんが、市村正親の鼻は高くて整形しているのではないかと言われています。

若い頃の写真と見比べてみても、整形したと断言できるほど鼻の高さや形が変わっているわけではありません。また、現代こそ整形が多くなってきましたが昔はそれほど多くされていませんでした。

そのため、市村正親が鼻を整形しているというのはガセだと言えるでしょう。鼻が高くスラッとした鼻筋が取っているのは若い頃からです。

市村正親は病気なの?

Bru-nO / Pixabay

市村正親は病気を理由に予定していたドラマや舞台を降板しており、ファンからも心配の声が寄せられていました。まだまだ元気だと思っていても、体に異変が現れることは少なくありません。

幸いにも翌年には現場復帰を果たし、ほっとしたファンも多くいました。ここでは、市村正親の病気について紹介します。

2014年に胃がんを告白

2014年6月ごろ体調不良で病院を受診し、急性胃炎であると診断されました。ストレスも多く、不規則な仕事でもあるため、胃炎になることは業界内では珍しくないことでしょう。

しかし、7月に初期の胃がんであることを発表して関係者を驚かせました。幸いにもがんの手術は無事に成功し、2015年9月には舞台復帰することができました。

日本人でがんを患う人は多いですが、市村正親自身も「まさか自分がなるとは・・・」と最初は受け入れきれなかったでしょう。早めに治療を始められたのが不幸中の幸いでした。

早期発見をすることができた

がんはステージが進めば進むほど治癒が難しくなり、亡くなる可能性も高くなってしまう病気です。がんの中には症状が現れず、気づいた頃には手遅れだったというものもあります。

市村正親の場合、妻の篠原涼子が医師に精密検査を求めたことで早期発見へと繋がりました。もしここで見過ごし病気の進行が進んでいたら、悲しい結末が待っていた可能性も高いです。

妻が異変に気づいたことで救われた命でもあるため、市村正親も妻を命の恩人だと感謝しており、この一件でさらに夫婦仲を深めたと言われています。

市村正親妻との生活について語る

女優と俳優の生活はどのような感じなのだろうと疑問に思う人も多いでしょう。2020年9月27日の「ボクらの時代」に出演した市村正親は、妻である篠原涼子との結婚生活について語りました。

篠原涼子とは大きく歳が離れているため、夫婦喧嘩をしないようです。喧嘩しそうになったら自分から謝ることが夫婦仲の秘訣だと明かしました。

また、お互いが出演している作品を観た感想も交換していると明かし、俳優・女優夫婦ならではの生活も垣間見えました。

市村正親は若い頃からイケメンだった

jarmoluk / Pixabay

今回は市村正親の若い頃について紹介しました。70歳を過ぎた今でもイケメンであり、中世的な顔立ちで女性ファンを虜にしています。

年齢を重ねることでダンディーさや深みを増し、世代を問わず人気となっています。これからも市村正親は様々な場面で活躍してくれるでしょう。