ラルキとはどんな絵師?本名や現在は?五月病マリオが実力を認めている? エンタメ

ラルキとはどんな絵師?本名や現在は?五月病マリオが実力を認めている?

ラルキは絵師であり、嘘松としてネット上では現在でも有名な人物です。そんな彼が五月病マリオに実力を認められたと語り、後輩からも虚言に対するリークが寄せられています。今回はラルキについて、本名や虚言のまとめ、嘘松の意味を含めて紹介します。

目次

[表示]

ラルキって何者?

Free-Photos / Pixabay

ネット上、特にニコニコや5ちゃんねるではラルキを知っている人は多いです。しかし誰もが知っている人物と言えるほど有名ではないため、中にはラルキを知らないという人も多いでしょう。

まずはラルキがどのような人物であるのか、プロフィールや本名、活動内容などについてまとめました。

ラルキのプロフィール!本名や年齢は?

ラルキの本名は渡辺克成と言い、年齢はわかっていませんが誕生日は10月26日とされています。雑談動画やゲーム実況など幅広いジャンルの動画投稿を行っています。

ラルきは阿部高和を崇拝しているようです。阿部高和とは漫画「くそみそテクニック」に出てくるキャラクターであり、下着なしでつなぎを着てノンケでも掘ると言われている熟練者です。

崇拝しているものの、ラルきはゲイではないと明らかにしています。

絵師として動画サイトで活動

amurca / Pixabay

ラルキは絵師として活動しており、ニコニコ動画で動画投稿も行っています。絵師なのにギャグ線が高いと視聴する人も多いようです。

ラルキの絵は確かにうまいですが、「底辺から微動だにしない絵師」など自虐するようなタグもつけられています。また変態策士と名乗り放送できるギリギリの下ネタを言うなど、特徴的な人物です。

イラストレーターでもある

PixMedia / Pixabay

本人曰く、イラストレーターの末端のアシスタントが本職のようです。キャラクターもののイラストを投稿しており、クオリティも高いので本当である可能性もあります。

イラストレーターとして一人前になるためにはアシスタントで経験を積み、周りから認められる実力でなければいけません。競争が激しい世界であるため、有名になるのは難しいことです。

現在第一線で活躍している絵師やイラストレーターも、元々はアシスタントとして経験を積んでいた人がほとんどです。

ラルキは絵の実力がすごい?

Angeleses / Pixabay

ラルキは絵師として活動しており、確かに絵のクオリティは素人にしてはうまいようです。自身は五月病マリオに実力を認められた趣旨の投稿をしています。

五月病マリオといえばブログで連載していた漫画が書籍化していたり、GLAYのイベントでキャラクターデザインを担当したりするなど絵師の界隈ではかなり有名な人物です。

本当に五月病マリオはラルキの実力を認めたのでしょうか。ラルキの投稿の概要とともに、噂の真相を紹介します。

五月病マリオがラルキを認めている

Tama66 / Pixabay

ラルキの2012年4月30日の投稿によると、楽屋で顔なじみの絵師にこれから自分は売れる可能性があるのかを相談したようです。

そこで絵師は「アナログで行った方が良い。評価されるだけの実力はあるし、大手の歌い手にイラストを使ってもらう程のクオリティがある」と言ってくれたようです。

最後に「by五月病マリオ」と書かれており、顔なじみの絵師=五月病マリオであることが明らかになりました。しかし、これに対して五月病マリオはラルキの顔に見覚えはなく、話した記憶もないと言っています。

ラルキがオラついた騒動まとめと現在

Free-Photos / Pixabay

ラルキがオラついた絵師であると言われることも多いです。絵の実力はあるものの未だに実力が認められないのは、数々のオラついた騒動があるためでしょう。

ニコニコ大百科にはオラついた騒動がまとめられていますが、これすらも自演ではないかと言われています。ここでは、これまで騒動となったことについて紹介します。

ニコニコ動画で自演!現在も?

fancycrave1 / Pixabay

動画配信は主にニコニコ動画を使っていますが、そこでもタグ付けやコメントを自演していると言われています。褒める内容だけでなく、けなすような内容も書かれています。

しかしラルキはこれらのコメントやタグを気に入っているのか、至る所で「このようなことを言われている」と自ら広めているようです。

ラルキ本人のツイッターを見ていると、現在でも同じような投稿ばかりを繰り返しており、架空の自分に酔いしれている様子が伺えます。

架空就職

Free-Photos / Pixabay

木村勝義というアニメーターの事務所に就職していると語り、これが嘘であることが判明しています。木村勝義という人物自体が架空であり、全く根拠のない嘘です。

しかしあまりに周りから疑われてムキになったのか、Twitterに木村勝義名義のアカウントを作り、自身とのやりとりをフォロワーに見せつけました。

もちろん誰しもが架空就職であることはわかっていたため、自演であることは明らかでした。

架空エピソードを話す

Fotocitizen / Pixabay

ラルキに関するエピソードで最も多いのが、架空エピソードを話すことです。調べたらすぐに嘘だとバレるようなことも堂々と話し、まるで本当に自分が体験しているかのように語っています。

これまでアプリゲームやお菓子パッケージのキャラクターデザインを頼まれたという絵師に関するエピソードも全て架空であることが分かっています。

他にも、「来年からアニメーターに進化する」と語っていますが、実際にはアニメのデザインを手掛けたことはありません。

ラルキは嘘松?

Free-Photos / Pixabay

ラルキは嘘松であると言われることが多く、むしろそれを楽しんでいる人も多くいます。ここでは、嘘松とはどのような意味なのかについて紹介します。

嘘松の意味とは?

suju / Pixabay

嘘松とは、Twitterなどで妄想や嘘であろう投稿という意味です。多くのコメントやリツイートを狙うために、自身の体験談かのように妄想や第三者から聞いた話を投稿することが多いです。

嘘松という言葉は、嘘であろうツイートをした人のアイコンがおそ松さん似であったため、そこから誕生しました。他者からの承認欲求によるものが多く、女性に多い傾向にあります。

わざと嘘の投稿をするだけでなく、現実と妄想の世界が区別できていないことも少なくありません。

ネット上で嘘松が増えた?

kaboompics / Pixabay

ラルキは嘘松であると話題になり、それを楽しむ人も多くいます。しかし、最近では嘘松が増えすぎてそのキャラクターが埋もれているとの声も多く寄せられています。

嘘松があまりなかった時代はラルキのキャラクターが珍しく注目されることもありましたが、現在はラルキ以上に面白い投稿をする人も増えてきたためです。

ラルキの後輩がラルキについてリーク?

Sammy-Williams / Pixabay

5ちゃんねるにはラルキのスレッドも立っており、その中にはラルキの後輩と見られる人が投稿しています。その投稿によると、「ラルキが虚言を始めると空気が凍って、相槌ばかりになる」というものです。

確かに口だけは達者で嘘ばかりの人が話し出すと、なんとも言えない空気になることもあるでしょう。しかし、この後輩という存在自体が嘘松なのではないかと疑う人も多くいます。

ラルキの名前があちこちで出るように、後輩からのリークという形で自演しているのではないかと鋭い指摘をする人もいます。

ラルキ冠婚葬祭発言でヤバいと言われる

pixel2013 / Pixabay

2012年6月、大阪心斎橋で通り魔殺人事件が起こりました。この事件に巻き込まれた方がニトロプラスの社員であり、プロデューサーなどとしても活動する方でした。

社員が喪に伏している中、ラルキは「一丸で乗り切る」「冠婚葬祭を学ぶ良い機会」などズレた発言をしていました。ニトロプラスのスタッフによると、ラルキは全く関係のない人物のようです。

まるでスタッフの一員であり、亡くなった方に近しい人物であるかのように語っていたことから、かなりヤバい人物であると認識されました。

ラルキの今後にも注目しよう

congerdesign / Pixabay

今回は絵師のラルキについて紹介しました。実力はあるものの、嘘が多すぎるためにイラストレーターとして有名になることは今後も難しいでしょう。

しかし、だからこそ推したいという人もいるようです。嘘が許せないという人もいるでしょうが、それを楽しめる人であれば「次はどんな架空エピソードが’聞けるのだろう」とハマる人も多くいます。