春木開の仕事や経歴・年収は?進撃のノアとの関係や半グレの噂とは エンタメ

春木開の仕事や経歴・年収は?進撃のノアとの関係や半グレの噂とは

「春木開」さんは、経営者として仕事をしており大阪を拠点にしています。キャバクラに行くことも仕事に変えているようです。「進撃のノア」さんとの恋人関係や半グレとの噂もあるようです。今回は、「春木開」さんの経歴や年収などについてご紹介していきます。

目次

[表示]

春木開のプロフィール

「有吉ジャポン」や「マツコ会議」などのテレビにも出演しており、世界中のリゾート地などでバカンスを楽しんでいると注目されている「春木開」さんを知っているでしょうか。

SNSでは、キャバクラ嬢と一緒に写っており、優雅に遊んでいる姿が見られます。「春木開」さんは、遊んでいる姿も有名ですが、「キャバクラで優雅に遊びながらも、お金を稼げる」という仕組みを作っています。

キャバクラで遊び、高級車に乗っている「春木開」さんは、男性の夢のような仕組みを、どのようにして作り上げることが出来たのか、気になる方が多くいます。

春木開の経歴

キャバ王「春木開」さんは、遊んでいる写真をTwitterによく投稿していますが、これらのことは特別な日のことではなく、日常的に体験していることのようです。

外国への旅行や、キャバクラでの遊び、高級車の購入など、かなりの金額がかかります。どのような経歴や仕事を経験したらそうなれるのでしょうか。ここからは「春木開」さんの経歴や仕事についてご説明していきます。

神戸大学出身

「春木開」さんは、1988年6月28日に岡山県で生まれました。出身高校は、出身である岡山県の、「県立岡山芳泉”ほうせん”高校」を卒業しています。

岡山芳泉高校は、偏差値が64もあり、県内9位という成績の高校のようです。高校卒業後は神戸大学に入学して「経営学部」を卒業しました。

22歳でネイルサロンの共同経営者へ

神戸大学に在学している時からすでに、経営をしたいという気持ちからバイトを頑張り、お金を貯めていました。22歳の時にお金が貯まり、「共同経営」で友人と「ネイルサロン」の経営を始めたようです。

神戸大学を卒業した後には、「スワロフスキー」のお店も始めており、「美容スパ」「飲食店」などに広げていったようです。

春木開の仕事について

「春木開」さんは、「ネイルサロン」「スワロフスキー」「美容スパ」「飲食店」などを経営しながらさらに、仮想通貨などの金融や投資で稼いでいるとも言われています。

「春木開」さんの世界観として、「よく遊ぶ権利は、よく働いたものにのみ、与えられる権利」と言っています。

「春木開」さんは、経営を始めたころ上手くいかない事もあったようですが、それでも頑張ってここまでのし上がっているので、説得力が違います。ここからは「春木開」さんの仕事についてご説明していきます。

キャバ王の異名を持つ

「キャバ王」という異名は、ほぼ毎日キャバクラに通っているのをSNSで投稿しているため付いたようですが、遊びに行っているわけではありません。きちんと仕事としてキャバクラに行っています。

「春木開」さんから自分でキャバクラに行く事もありますが、それは全国各地の気になるキャバ嬢に愛に行き、接客の方法などを確かめるためと、「自分の顔を売るため」のようです。

他にも、キャバクラ側から依頼されて「春木開」さんのSNSにお店のPRを投稿する形でお金を稼いでいるようです。

高級スパやレストランバーの経営者

キャバ王としての仕事も、十分画期的で素晴らしい仕事ですが、「高級スパ、エグゼスパ」「レストランバー、Lux-Ria」「男性美容サロン、HAABHOOME」など多数のお店を経営しています。

ジャンルが変わってくる多店舗を、腐らすことなく経営している「春木開」さんは才能だけではなく、努力も人一倍行った結果のようです。

オンラインサロンを主催

オンラインサロンである「カイサロン」を、2019年から始めました。オンラインサロンとは、簡単に言うとオンラインで学ぶことが出来る専門学校のようなものです。

ある分野で成績を残した人や専門知識があり優れている人が主催になって運営していくものですが、その主催に「春木開」さんはなりました。

「カイサロン」では、定期セミナーやオフ会、事業コンサルティングから、「独立または開業する方への支援」を行っています。自分が開業しているからこそ他人も開業させてあげたいという気持ちなのでしょうか。

シャンパンをプロデュース

「春木開」さんはなんと、「シャンパンをプロデュース」していました。名前は「ドラゴンシャンパン」といいます。

ドラゴンシャンパンと「春木開」さんとキャバ嬢で一緒に撮影した写真をSNSに投稿することが、「春木開」さんに認めてもらえた「人気キャバ嬢」の証のようです。

「ドラゴンシャンパン」は「春木開」さんから、キャバ嬢への気遣いの心もあり、普通のシャンパンよりも糖質が1/3以下のようです。キャバ嬢と関わってきたからこそ「春木開」さんにしか作ることが出来ない物です。

春木開の年収は?総資産額がすごい!

色々な店舗の経営もしており、キャバクラからもお金をもらっている「春木開」さんの年収は一体いくらなのでしょうか。

経営している店舗自体の安いものではないので、プラスとなった場合は、かなりの金額になるはずです。ここからは「春木開」さんの年収についてご説明していきます。

年収は非公表

「春木開」さんの年収は並大抵の金額ではありません。海外旅行へ頻繁に行き、高級車も乗っています。そんな「春木開」さんの年収は、大きすぎるためか公表されていませんでした。

総資産額は数百億とも

「スワロフスキー」「レストランバー」「高級スパ」「オンラインサロン」を経営し「キャバ王」などの活動をしているので、想像もつかないくらい稼いでいるのではないでしょうか。

総資産額が1億円ほどでも、一般人からかなりかけ離れていますが「春木開」さんの総資産額は数百億円と言われています。桁が多すぎてもはや働かなくていいくらいの金額になっています。

春木開の自宅は大阪のミナミにある

数百億円の資産を持っていると言われる「春木開」さんは、いったいどのような所に住んでいるのでしょうか。数百億円も持っていたら豪邸や別荘などもあり、使用人もいるのでしょうか。

ここからは、「春木開」さんの住んでいる場所や、どのような部屋に住んでいるのかご説明していきます。

タワーマンション暮らし

「春木開」さんは大阪のミナミに住んでいます。東京ではなく大阪を選んでいる理由は、出身地である岡山に近いので、自宅を大阪にしているようです。

大阪のタワーマンションで「春木開」さんは暮らしています。マンション名や何階かは情報がありませんでしたが、大阪の夜景が見渡せる場所のようです。

普段はホテルに滞在することが多い

自宅のタワーマンションには、忙しすぎてあまり帰れていないようです。ほぼ毎日キャバクラから祝いを受けているか、キャバ嬢の元に出向いてお酒を飲んでいるかしているので、ホテルで寝泊まりしているようです。

高級タワーマンションが自宅という贅沢な暮らしをしているけれど、忙しすぎて自宅に帰れず、仕方なくホテル暮らしになっているようです。

春木開の彼女は進撃のノア?

「春木開」さんのことを調べると、「進撃のノア」さんが出てきます。この女性はどなたなのでしょうか。ここからは「進撃のノア」さんと「春木開」さんの関係性についてご説明していきます。

進撃のノアとは

「進撃のノア」さんは、大阪北新地で活躍しているキャバ嬢です。インスタでよく「春木開」さんの名前が出てきており、「春木開にぃ」と親しく呼んでいました。2人は付き合っているのでしょうか。

愛沢えみりに紹介した関係

「進撃のノア」さんがまだ人気キャバ嬢ではなかった頃、「進撃のノア」さんの事を、歌舞伎町で活躍している人気キャバ嬢の「愛沢えみり」さんに紹介したようです。

「春木開」さんは、今後人気になるであろうキャバ嬢を探し当てる目を盛っており、「愛沢えみり」さんに紹介した女性は、今後人気になる確率が非常に高いようです。

恋人関係ではない

なので、「進撃のノア」さんは、「春木開」さんの恋人ではなく恩師のような存在なのではないでしょうか。

もし、今は恋人がいなくても、人気が出るかどうかを見分けることが出来る目を、持っているので、作ろうと考えればすぐに作れるはずです。

春木開は半グレと関係がある噂は本当?

「春木開」さんが半グレと関係があるという噂があります。本当かどうかは分かりませんが、「関西一の半グレグループ」、「ケツ持ちは引道会」など様々な噂がありました。

春木開はYouTuberとしても活動中

「春木開」さんは、経営や「キャバ王」だけではなく、YouTubeも始めました。YouTubeチャンネル名は「春木開のKAITUBE」というものです。

2020年10月現在では、チャンネル登録者4.1万人を超えています。投稿頻度は1週間に1本か2本投稿しています。

春木開は若くして総資産額がすごかった

今回は、若くして経営者になり大成功を収めた「春木開」さんの仕事や年収についてご紹介しました。SNSを見る限りでは、毎日遊んでいる印象がありましたが、仕事としてキャバクラに行っていました。

22歳という若さで経営を始めてから、現在は多数の店舗を経営しており、オンラインサロンの主催も経験しています。また遊びであるはずのキャバクラに行くこともビジネスへと変えていました。

画期的なシステムや、経営でお金を稼いでおり、総資産は数百億円にもなるようです。これからは店舗の経営もコロナの影響で厳しいかもしれませんが頑張ってください。