クーアンドリクはやばいって本当?最近の評判や口コミの内容 エンタメ

クーアンドリクはやばいって本当?最近の評判や口コミの内容

全国展開しているペットショップのクーアンドリクがやばい、と噂になっています。不当に安い値段で病気の犬や猫を販売している、悪質だと噂のクーアンドリクの口コミや評判を紹介するとともに、安い理由や悪評の真相についても調べていきます。

目次

[表示]

クーアンドリクはやばいペットショップ?

1980supra / Pixabay

クーアンドリクは、やばいペットショップとして愛犬家、愛猫家の間ではかなりの悪評が流れているショップです。なぜクーアンドリクがやばいペットショップと言われてしまうのでしょうか。

里親ビジネスも行っているクーアンドリクについて解説しますが、まずはそもそもクーアンドリクとはどのようなお店なのにかついてご説明いたします。

クーアンドリクとは?

クーアンドリクは全国に170店舗以上のお店を構える、比較的規模の大きな全国チェーンのペットショップです。

ペットショップはクーアンドリクに限らず全国にたくさんありますが、クーアンドリクの最大の魅力は価格です。

血統書付きの犬や猫はどうしても高額で販売されることが多いのですが、クーアンドリクはまさに激安と呼ぶにふさわしい価格で生体が販売されています。

ネット上の評判が最悪

377053 / Pixabay

しかし、クーアンドリクはインターネット上では最悪の評価が付いています。悪評ばかりが書き込まれてしまう理由は、販売しているペットに問題があるからです。

実際に購入した人からは、極端にペットが痩せていたという内容や、嘔吐や下痢がある、さらには毛が異常に抜けるなどのコメントや相談が大量に寄せられています。

虐待を疑われるような展示をしていた、ペットの体調管理をしているようには見えない等、お店に入っただけで気分を害したという意見もネット上で多く見られます。

クーアンドリクがやばいと言われる理由

クーアンドリクがやばいと言われる理由について解説いたします。なぜ、ここまでクーアンドリクは、インターネット上で叩かれることになったのでしょうか。

実際にクーアンドリクで犬や猫を購入した人からは、かなり深刻な苦情のコメントが寄せられています。

また、なぜクーアンドリクの犬や猫はここまで弱い個体ばかりが揃っているのでしょうか。詳しく解説いたします。

悪質な飼育環境

クーアンドリクで販売されている犬や猫は、かなり悪質な飼育環境で育てられていると考えられています。

飼育環境が実際に公開されているわけではありませんが、酷い毛並みや目やにのついた顔、狭いゲージに入れられて販売されている状況を見れば、悪質な飼育環境であることが誰でもイメージできます。

悪質な飼育環境のために、犬や猫は弱ってしまうのかもしれません。

金額が安すぎる

また、極端に安い犬や猫の販売価格も注目するべきポイントです。一般的な販売価格の70パーセントも安い個体もおり、普通に考えれば怪しいと感じてしまいます。

血統書のついている犬や猫は種類を問わずに高額ですから、安い価格で購入できるクーアンドリクに足を運んでしまう人が多いのでしょう。

しかし購入して「病気だった」「先天性の異常があった」等の事情が発覚して後悔をする場合が多いため、多くの悪評がインターネット上に流れているのです。

購入した犬や猫が後日病気で死んでしまう?!

qimono / Pixabay

クーアンドリクで購入した犬や猫が、後日死んでしまうような事態も起こっています。ペットショップで購入した犬や猫が、急に体調を崩してしまうことはないとは言えません。

しかし、クーアンドリクではこうした事例が多すぎます。明らかに健康状態が悪い状態で販売されており、購入して3日で亡くなったという事例もあります。

クーアンドリクは全国展開しているペットショップですが、大手としてはありえない状況が続いているのです。

接客もひどい

そしてクーアンドリクは接客もひどいとされています。命を扱っているのに知識もなく、礼儀もなっていないというコメントもあります。また、クーアンドリクは従業員の定着率も悪いようです。

長く仕事を継続している人もいますが、新しい従業員が入ってもすぐに辞めてしまうという理由で、なかなか新しい人材が育たないのかもしれません。

接客の悪いお店でも、安ければお客様は来てくれるという考え方なのかもしれません。

また実際に研修でクーアンドリクの店で働いたことがあるという方から、「2週間働いていた間にも、劣悪な環境のせいで死んだ子犬や子猫がいた」という体験談が寄せられています。

動物が好きな人ほど罪悪感から仕事を続けられなくなってしまうことも、クーアンドリクの従業員定着率が悪い一因と考えられるでしょう。

ペットホテルを利用して愛犬が亡くなった飼い主さんも

クーアンドリクはショップ以外にペットホテルやトリミングサロンも運営していますが、いずれもあまり評判はよくありません。

特にホテルに関しては利用中に犬が脱走して行方不明になった、迎えに行ったらホテル側の過失で愛犬や愛猫が亡くなっていたという体験談さえ寄せられています。

エアコンが壊れていたにも関わらず、短頭種を預かり、さらにその事実を飼い主に知らせなかったこと。

心臓停止した後すぐに病院に連れて行くなりの救急の対応をしてもらえなかったこと。

そして、心臓停止後1時間経過してからやっと飼い主に連絡してきたこと。

全面的に否を認めて頂きましたが、全てにおいてこちらが納得出来る理由の言葉はもらえず、

責任感も全く感じられず、ごめんなさいごめんなさいだけ言われても、許せるわけもなく。

(引用:近藤葵の独り言)

上記はロックミュージシャンの近藤葵さんが、愛犬のフレンチブルドッグをクーアンドリクのホテルに預けたところ亡くなってしまった件についてブログに綴った文章です。

通常、エアコンが壊れているペットショップで真夏に犬や猫を預かることはまずないでしょうし、きちんと修理して空調を整えてから営業を再開するはずです。

しかしクーアンドリクのホテルでは、本来なら受け入れができない状態で犬や猫を預かり、怪我や病気、最悪の場合死亡させてしまうケースも少なくないとされます。

クーアンドリクの里親ビジネスも評判が悪い

Free-Photos / Pixabay

クーアンドリクでは里親ビジネスも行っています。里親と言えば、保護した野良犬や野良猫を譲渡するイメージですが、クーアンドリクではどうやら違うようです。

動物愛護団体からも「保護活動さえしていないのに、里親募集を名乗るな!」と厳しく批判されている、クーアンドリクの里親ビジネスについて見ていきましょう。

売れ残った子たちを金儲けに使っている?

まず、クーアンドリクでは系列の店舗で売れ残った犬や猫たちを「里親募集」と称して販売しているようです。

そもそも保護した犬や猫をボランティアで養育し、新しい飼い主を探しているわけではないのです。

そのため、里親募集として出された犬や猫は、既にかなり大きくなっていることが多いです。おそらくそれでも高い利益を得ているのではないかとイメージします。かなりやばい経営方法だと考えれます。

フードが割高

クーアンドリクの里親販売は、確かにかなり安い価格で販売されています。その安い価格に興味を持ち、購入してしまう人が多いですが、なぜかフードはとても高い価格で販売されているのです。

犬や猫はかなり安い価格で販売していますが、表示された価格で購入するには5年間、クーアンドリクからのみフードを購入するなどの条件があるといいます。

病気をした場合やアレルギーがあった場合、犬や猫が療法食しか食べられなくなるおそれもあります。

同じフードを5年間与え続けられるかどうかも不明なのに、継続購入の契約をさせるという行為はかなり悪質だと言わざるを得ません。

病気の子を里親募集に出しているとの話も

クーアンドリクでは病気が原因でお店に出せなかった犬や猫を里親に出している、という噂まであります。そもそも販売してはいけないような弱い犬や猫も店頭に並べているようなのです。

そのため、せっかく購入したのに数ヵ月で亡くなってしまうというトラブルが起きているのです。もし、この販売方法が故意に行われているのなら、大きな問題でしょう。

通常、ボランティア団体や個人が野良猫や野良犬を保護した際には、治せる病気は可能な限り治癒した状態で里親募集を行います。

それは病気の犬や猫が新しい環境に移動したことで、より体調を崩してしまうことを防ぐためでもあります。

新しい飼い主のことはもちろん、犬や猫のことも全く考えていないがために、クーアンドリクではこのような「里親ビジネス」がまかり通っているのでしょう。

クーアンドリクが安い理由は?

公告や店の看板でも「業界最安値」と、命ではなく家電でも販売しているかのような謳い文句を掲げているクーアンドリク。

実際に評判の良いペットショップと比べると驚くほど安い価格で犬や猫が販売されているようですが、安い理由はどこにあるのでしょうか?

クーアンドリクが説明している「弊社が安い理由」

まずクーアンドリクを経営する有限会社Coo&RIKUがHPで述べている、犬や猫が安い理由について見ていきましょう。

一つ目の理由は、多くの種類・頭数を取り扱っていることです。多くの頭数を扱うノウハウがある弊社だからこそ、高い管理水準はキープしたままそれぞれのワンちゃん・ネコちゃんに必要な管理費用を適正に見定め、無駄をカットすることができます。

(引用:PetShop Coo&RIKU)

たとえば暑さに弱い犬(シベリアンハスキーなど)と寒さに弱い猫(ベンガルなど)を同じ室内で飼育しようとしたら、空調や猫のみが使えるヒーターの設置など、かなり気を使う必要があります。

温度管理や湿度管理ひとつとっても、多くの種類の動物を扱えば扱うほど管理費用は嵩むはずですが、なぜかクーアンドリクは「多くの犬猫がいるからお金がかからない」としているのです。

また、実際の飼育環境からも「高い水準をキープしている」とは到底思えません。

ワンちゃん・ネコちゃんと出会うためのWeb検索システムを導入しているのも弊社の特徴の一つです。

(引用:PetShop Coo&RIKU)

またHP上でお店にいる犬や猫を検索できることが安い理由だとも述べていますが、大手のペットショップであれば導入していて当然のシステムと言えます。

これら2つが犬や猫を安価で販売できる理由だとクーアンドリクは主張していますが、いまいち理解し難い理由です。

他のペットショップが買い取らないような生体をブリーダーから買っている?

クーアンドリクから迎えた犬や猫には病気を持っている子や、遺伝疾患が発覚するケースが多く見られます。

そのため「普通のショップが買い取らない生体を格安でブリーダーから購入しているのでは?」と、安く仕入れているために安く売れるのだと指摘する声もあがっています。

もちろん会社側が認めたわけではないので真偽不明ではありますが、そのような疑惑を持たれるほど、クーアンドリクの生体販売価格は安いのです。

実際は安くなかった!という声も

クーアンドリクでは犬や猫の「生体代金」は安価に表記されています。

しかし指定の保険加入が必須であったり、保証代金が上乗せされたりして、最終的には他店と変わらない価格になることも珍しくありません。

Coo&RIKUのワンちゃん、猫ちゃんって生体価格は安くなるけど、後の保険、保証代含め、かなり高くなります。 例えば、10万代のワンちゃんでも生命保証1ヶ月とワクチン、等で15万プラスされ、25万近くになります。 Coo&RIKUって高くないですか?

(引用:ヤフー知恵袋)

最終的に想定していた金額の倍以上を要求されることもあるようですが、「どうしてもこの子と暮らしたい」と考えている人は、疑問を感じても支払ってしまう様子です。

クーアンドリクのひどい対応や口コミ

freephotocc / Pixabay

クーアンドリクにはさまざまな口コミがインターネット上に溢れています。悪い口コミも溢れていますが、中には高い評価を与えている口コミもあります。

クーアンドリクの口コミをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

安くても元気な子も多い

PicsbyFran / Pixabay

「安売りとのイメージでしたが、思ったより元気な子たちで購入を決めました」という口コミもあります。

チワワとマルチーズ買いました。
チワワはもう9歳、マルチーズはもうすぐ1歳ですがどちらも元気です。

(引用:ママスタ)

クーアンドリクは安い、そして病気になりやすいというイメージも強いですが、中にはしっかりと元気な子もいます。こうした口コミが乱立しているのは、個体差があるということでしょう。

安売りは大きくなった犬猫だけ

Vizslafotozas / Pixabay

「安売りのイメージは、育った半年以上の犬に関してだけなので、それほど気にしていません」という口コミもあります。

クーアンドリクは、激安ペットショップのイメージですが、安い犬猫はそれなりに大きくなった個体だけのようです。

子犬や子猫は一般的なペットショップと同じ価格帯のため、激安で心配ということもないかもしれません。

クーアンドリクは過去に脱税していた?

stevepb / Pixabay

クーアンドリクは、過去に脱税していたいという噂があります。約1憶8千万円もの法人税を隠し、5千万円脱税していました。脱税の容疑で東京地検にも告発されています。

こうしたことが起こっていることからも、クーアンドリクの信頼は低いのです。経営体制自体に問題があるのではないかと疑ってしまいます。

こうしたこともあり、クーアンドリクはやばいと言われているのです。

クーアンドリクの評判はかなり悪かった

クーアンドリクには、さまざまな口コミが寄せられています。中には、高い評価を付けている内容も見受けられますが、総じて評判は悪いと言えるでしょう。

こうしたやばい悪評の理由は、そもそも経営方針に問題があるからかもしれません。もし、クーアンドリクで犬や猫を購入する場合は、慎重になるべきかもしれません。