岩崎友宏は冨田真由を刺した犯人!判決や生い立ち・AV出演の噂とは

岩崎友宏は冨田真由を刺した犯人!判決や生い立ち・AV出演の噂とは

冨田真由さんを刺した犯人・岩崎友宏容疑者の判決は?現在は反省している?家族が在日で本名が「金」、元AV男優で波多野結衣さんの作品に出演したとの噂もあります。今回は岩崎友宏さんの事件の全貌や生い立ち、犯行に及んだ理由などを解説していきます。

目次

[表示]

岩崎友宏はどうなったの?

2016年に起こった東京小金井ストーカー殺人未遂事件をご存じでしょうか?当時は大きなニュースに取り上げられ、犯人の岩崎友宏さんの執拗なストーカー行為が明るみになりました。

被害者は冨田真由さん。当時音楽活動をしており、岩崎友宏さんは彼女のファンだったようです。ストーカー行為の挙句、刺傷させて現行犯で逮捕された岩崎友宏さんですが、その後どうなったのでしょうか?

岩崎友宏さんの判決や家族、なぜ犯行に至ったのかを解明するため、生い立ちや本名なども探っていきます。在日との噂もありますが本当でしょうか?

岩崎友宏について紹介

岩崎友宏さんとは一体どんな人物でしょうか?ニュースでは顔も大きく取り上げられ、一見韓国人ぽい顔立ちをしています。また薄ら笑いを浮かべていたことから、異常性を感じさせると話題になったようです。

岩崎友宏さんは当時何歳だったのでしょうか?どこの出身?

岩崎友宏のプロフィール

岩崎友宏さんは群馬県伊勢崎志の出身で、年齢は2017年で28歳。現在は31歳ぐらいでしょうか。事件を起こす数年前には「庭師になりたい」と言い、京都で暮らしていた時期もあるようです。

岩崎友宏さんの近所に住む男性は「礼儀正しい男性に見えた」と話しています。がっしりとした大きな体をしており、小学時代から柔道に打ち込む少年でした。

小学校の卒業文集には「オリンピックに出場したい」と夢を書くほど柔道に没頭し、身長は約180cmと長身で学生時代は好成績を収めています。中学卒業頃には90kgほど体重があったそうです。

岩崎友宏は何をした人?

ここからは岩崎友宏さんが起こした「東京小金井ストーカー殺人未遂事件」の全貌を紹介していきます。元々岩崎友宏さんは被害者の冨田真由さんの大ファンでした。

執拗な行為の数々に困っていた冨田真由さんは警察に相談しています。「殺されるかもしれない」と危険を察知していましたが、残念ながら事件は起こってしまいました。

なぜ刺傷に至ったのでしょうか?まずは事件の全貌を詳しく解説していきます。

元アイドルの冨田真由を刺した

事件が起こったのは2016年5月21日です。東京都小金井のライブハウスから110番があり、岩崎友宏さんは現行犯逮捕されています。

当時、京都に住んでいた岩崎友宏さんは新幹線で上京し、JR武蔵小金井駅付近で彼女に声をかけています。距離を保ちながら彼女の後をつけるようにライブ会場まで向かったそうです。

会場の入り口でナイフを取り出し冨田真由さんを30か所も刺し「死ね死ね死ね」と叫んでいました。犯行は衝動的なものではなく、あらかじめネットでナイフを購入した計画的なものだったようです。

冨田真由のプロフィール

冨田真由さんのプロフィールも確認しておきましょう。冨田真由さんは当時音楽活動をしており、事件があった日もイベントに参加する予定でした。

出身は長野県で、1995年10月12日生まれ、現在の年齢は24歳になります。冨田真由さんは単身で上京しており、一人暮らしをしている女子大生でした。

事件当時は大学3年生だったようです。通っていたのは細亜大学の経営学部経営学科で、2017年のパンフレットに彼女の写真が載っていることで大学名が特定されています。

シークレットガールズの元メンバー

冨田真由さんはシークレットガールズと言う5人のアイドルグループの元メンバーで、期間限定のグループでしたがとても人気がありました。

テレビや舞台に出演していた時期もあり、自身のTwitterではギターの弾き語りの様子も投稿していたようです。

もちろんアイドルとしてはさほど知名度があった訳ではありませんが、これから頑張っていく矢先、このような事件に遭ってしまったのです。

冨田真由は重体だったものの一命を取り留めた

なんと30か所以上も刺されたという冨田真由さん。一時期は意識不明の重体でしたが、なんとか一命を取り留めています。ファンの願いが届いたのでしょうか。

現在はシンガーソングライターを目指し、頑張っているとのことです。ただ現在でも複数の後遺症に悩まされており、あの時の恐怖が蘇るため精神的なダメージもかなり大きいと言います。

事件後3年間で入退院を繰り返し、現在でもPTSDの治療を受けているそうです。また、全身に痛々しい刺し傷も残っており、「どうやって生きていくのか不安がある」と本人もコメントしています。

冨田真由は事件前に警察に相談していた

執拗なストーカー行為は1月頃から開始されており、1月18日からTwitterへの書き込みも始まりました。始めは穏やかな口調でしたが、徐々に冨田真由さんを距離を詰めようとエスカレートしていったようです。

冨田真由さんは5月9日に警察に相談しましたが「すぐに危害を加えるような書き込みではない」と言われたそうです。

これまでに沢山のプレゼントを渡していた岩崎友宏さんですが、マネージャーを通してすべてのプレゼントが返却され、彼の怒りを買う原因となりました。

岩崎友宏はAV男優だったの?

岩崎友宏さんは180cmと長身で、昔から柔道をやっていためがっちりと筋肉質な体型をしています。その体型を生かしてなのか、実は元AV男優だったと噂になっていますが本当でしょうか?

噂によると波多野結衣さんの作品に出演していたそうです。画像も入手しましたので見ていきましょう。

波多野結衣の作品に出演していた

波多野結衣さんは、2008年にAVデビューを果たしている京都出身の女性です。岩崎友宏さんが出演したのは2014年7月に発売された「筆おろし童〇卒業バスツアー!」という作品です。

可愛らしい波多野結衣さんが素人の男性とバスツアーするという企画もののAVで、出演男性の中にはオーディションで選抜した方もいました。

女性体験のない男性の1人として、オーディションを受けて合格した岩崎友宏さんも丸刈りで出演していたのです。当時は25歳、こちらの画像で確認してみると岩崎友宏さんにかなり似ています。

ほくろの位置が同じため本人と特定される

こちらの画像がAVに出演していた時の岩崎友宏さんと思われる丸刈りの男性です。岩崎友宏さんとほくろの場所も同じ、顔も全く同じことから、本人で間違いないでしょう。

企画ものに出演しただけでAV男優として活動していた訳ではありませんが、現在こちらの作品は発売停止になっており手にすることはできません。

岩崎友宏の生い立ちは?

Sammy-Williams / Pixabay

岩崎友宏さんは在日韓国人との噂がありますが、本当でしょうか?また両親と兄弟が創価学会と本人がブログで明かしており、その生い立ちにも問題があったのでは?と言われています。

家族が事件に対するコメントを発表していますので、そちらも合わせて見ていきましょう。

在日韓国人という噂がある

namu0309 / Pixabay

岩崎友宏さんは目が細く吊り上っており、その見た目からも韓国人と間違われやすいようです。また、岩崎友宏さんの中学の同級生が在日だと明かしており、大きな話題となっています。

同級生によると、岩崎友宏さんは在日3世で、「岩崎」という苗字は母の姓だそうです。戸籍上では「金友宏」と載っていると噂されています。

名前が自称で本名が分からない

Pixaline / Pixabay

また一部の報道ではな名前が”自称”とされていたため、本名が別にあると噂されたのです。その見た目も相まって在日では?と噂になりました。

出身地は群馬県で間違いないようですが、在日の可能性も否めません。また、在日であることに劣等感を感じていたとの噂もあります。

家族は両親と兄弟で創価学会?

geralt / Pixabay

岩崎友宏さんの家族構成は両親と兄と姉の5人家族です。岩崎友宏さんはブログで家族は全員創価学会と語っているようです。

真相についてはわかりかねますが、事件前までは家族とも交流があり、家族構成や生い立ちに問題があるとは見受けられません。小学校から柔道に励み中学時代には全国大会に出場したこともあるんです。

スポーツ推薦で高校に入学しましたが、人間関係で問題を抱え早々と中退しています。そこの頃から人との距離感の取り方に問題があったのかもしれません。

兄や父が事件に対してのコメントを出した

pixelcreatures / Pixabay

父と兄は事件後コメントを発表しています。父親は、申し訳ない気持ちと父親としてできるかぎりの責任を取ると話しており、冨田真由さんへの励ましの言葉も添えています。

また、岩崎友宏さんの性格についても触れており「真面目だが少し怒りやすいのが短所」とも話しています。親として申し訳ない気持ちが伝わるコメントでした。

兄も謝罪の言葉とともに「おとなしく小さい子供に優しかった」「溜めこむと一気に爆発するタイプ」と弟の性格について話しています。

岩崎友宏はなぜ事件を起こした?

そもそもなぜ岩崎友宏さんはこのような事件を起こしたのでしょうか?30か所以上も刺したのは冨田真由さんに憎しみを抱いていたから?

計画的犯行だと言いますが、そこに至るまでの過程を解説してきます。なぜ事件を起こしたのか、どのように感情が変化したのか確認していきましょう。

冨田真由をとても好きだった

一日の大半を冨田真由さんのことを考えて過ごしていると2014年6月頃のブログで話していた岩崎友宏さん。生の冨田真由さんを見たのは2015年2月のことでした。

出演舞台を見に行き、「好き」とブログで語っています。6月にもイベントに参加し、そこで冨田真由さんの対応が冷たかったため落ち込んだようです。

そこから徐々に感情はエスカレートし、「結婚してください」と対面で伝えることもありました。そして直接会うのが5回目の日に「結婚してください」と言って時計やプレゼントを渡したのです。

好きな感情が憎しみにもなった

富田真由さんのことが大好きだった岩崎友宏さんですが、時計を渡した際に冷たくされ、「本当に無理です」とまで本人に言われてショックだったようです。

また、プレゼントはマネージャーを通して返却され、それが火種となり「死ねばいいのにな」といった過激な発言をするようになりました。好きだったからこそ相手の反応が許せなかったのでしょう。

岩崎友宏容疑者の中では二人の子供の想像までできており、少しずつ妄想はエスカレートしていったようです。周りに否定してくれる友達がいなかったのも原因ではないでしょうか。

岩崎友宏に対する判決は?

殺人未遂に終わった事件ですが、被害者の冨田真由さんは今でも後遺症に悩まされており、日常生活もままならない状態です。

岩崎友宏容疑者の犯行は極めて悪質と言えますが、どのような判決が下ったのでしょうか?

懲役14年6月の判決が下された

裁判では殺意を否定し「殺すつもりはなかった」と話している岩崎友宏容疑者。賠償金の一部として200万払う意志も示しており、被害者に後遺症が残ったことに対しても「申し訳なかった」と語っています。

そんな岩崎友宏さんに下った判決は懲役14年6か月!2017年2月28日に東京地裁立川支部判決が確定しました。殺意はあったと判断され、一方的な感情が逆恨みに変わったと事件について語っています。

判決内容に冨田真由は絶望

この判決を受けて冨田真由さんは絶望感をあらわにしました。また「思い通りにならなければまた人を殺すに決まっています」「野放しにしてはいけない」と涙ながらに語っています。

冨田さんの代理弁護人の求刑はもちろん無期懲役でした。彼が塀の外に出てくることに恐怖を感じるとも話しています。これからもトラウマと後遺症と戦いながら生きていきていかなければなりません。

岩崎友宏の現在

岩崎友宏さんは現在どのように過ごしているのでしょうか?重い判決が下された際もあまり反省の色が見られなかった岩崎友宏さん。

当時は「警察はおかしい」「武蔵野警察署の失態」とまでコメントしていていましたが、現在は控訴を取り下げ、自分の罪と向き合っている模様です。それを示す手紙がありますので、この後紹介します。

岩崎友宏が書いた手紙がある?

Free-Photos / Pixabay

14年6か月の判決が下された岩崎友宏容疑者ですが、ご自身は「殺すつもりはなかった」と話しており、その後控訴しています。

それから約1ヶ月ほど経ったある日、傍聴ライター・高橋ユキさんの元に彼から手紙が届きました。控訴を取りやめるといった内容で、被害者の苦悩や怒りを理解したと記されていたようです。

また一生反省し、冨田さんの痛みを忘れてはいけないとも手紙には書かれており、ここにきて初めて反省の色が見られました。

岩崎友宏は本当に反省しているのか?

東京小岩井ストーカー殺人未遂事件の犯人岩崎友宏は、執拗なストーカー行為ののち逆恨みし犯行に及びました。

30か所以上の刺し、「死ね死ね死ね」と何度も繰り返していたと言いますから、その憎しみは非常に強かったと言えます。さて、岩崎友宏さんは反省しているのでしょうか?

先ほど紹介した高橋ユキさん宛てに届いた手紙によると、自分と向き合い罪の重さに気が付いたように見えます。これから長い月日をかけてさらに罪の重さを実感していって欲しいものです。