虹色侍ロットが体調不良で入院していた?すでに活動復帰?近況をご紹介!

虹色侍ロットが体調不良で入院していた?すでに活動復帰?近況をご紹介!

即興作曲で有名となったYoutuberの虹色侍ロットは、念願のテレビ出演の際もいないとファンから心配されました。体調不良で入院や心の病気など突然活動休止した理由には様々な噂があります。今回は虹色侍ロットの活動休止について、どうしたのかその理由を紹介します。

目次

[表示]

虹色侍ロットについて知りたい

95839 / Pixabay

芸能人がテレビで紹介したり、Youtuberとコラボしたことで徐々に人気が増してきた虹色侍。たった5秒で歌を作れるというこれまでにない芸風と技術力の高さで実力を認められています。

そのギターボーカルを務める虹色侍ロットが突然活動を休止し、心配する声が多く寄せられました。およそ1年も姿を見せなかったことから、このまま活動しない可能性もあるとされていました。

何も事前発表なしでの活動休止とあり、どうしたのか、病気になったのだろうかと様々な憶測が飛び交いました。今回は虹色侍ロットのプロフィールを含め、活動休止の原因や現在の様子を紹介します。

虹色侍ロットはどんな人?

Pexels / Pixabay

虹色侍は「米津玄師さんのLemonをbacknumberっぽくアレンジしてみた」の動画が200万回以上再生されて有名となったため、そのイメージが強いという人も多いです。

その動画を見たことがあっても虹色侍は知らないという人もいるでしょう。ここでは、虹色侍ロットについてプロフィールなどを紹介します。

虹色侍ロットのプロフィール

虹色侍ロットは1990年3月21日生まれの30歳です。出身は京都府で、身長は184cmと高いです。学生時代はバスケットボールなど様々な部活から声がかかったようです。

本名は「阿曽ロデリックJr.」であり、中学時代の友人がロットの本名をバラしました。本人も引用付きのツイートで本名ばれたー」と言っていることから、特に隠している様子はないです。

ロデリックという名前からロッドと呼ばれるのが正解ですが、皆からロットと呼ばれていたため現在もロットで活動しています。

虹色侍のギターボーカル

RyanMcGuire / Pixabay

虹色侍はずまとロットの2人組でYoutubeを中心に活動しています。「5秒で曲を作る、即興作曲」をキャッチフレーズとしており、お題や何気ない一言から即興で曲を作ることができます。

2014年にYoutubeを開設してすぐに人気が出ることはありませんでしたが、徐々にTwitterなどSNSで話題となり、最近ではテレビにも出演するようになりました。

虹色侍ロットはギターボーカルを担当しています。ギターを弾き始めて12年以上経っており、長い間音楽に携わってきたことが伺えます。

日本とアメリカのハーフ

虹色侍ロットは南米系アメリカ人と日本人のハーフです。名前や見た目からハーフであることは明らかですが、外国人と間違われることも多いようです。

スポーツ万能で英語ペラペラそうな感じがありますが、全く英語を話すことはできず、日常生活でも日本語しか使っていないようです。見た目とのギャップが可愛いというファンも多くいます。

虹色侍ロットは相対音感の持ち主

Free-Photos / Pixabay

虹色侍ずまは絶対音感を持っており、音が鳴ればそれがどの音であるのかを認識できます。ピアノなどの楽器の音に限らず、生活音でもどの音階化を当てられる人もいます。

その一方で虹色侍ロットは「相対音感」を持っています。相対音感とは、ある音を基準にしてそれよりも音が高いか低いかを識別できる能力のことです。

お互い音楽に関して異なる能力を持っているため、それが組み合わさることで美しい音を奏でられるのでしょう。

虹色侍ロットが病気?いないけどどうしたの?

Twitterもまめに投稿していた虹色侍ロットですが、2019年8月27日以降浮上しなくなりました。行列のできる法律相談所に虹色侍が出演した際もロットがいないと話題になりました。

SNSでも虹色侍ロットがいないため、どうしたのだろうと心配する声が多く聞かれました。ここでは虹色侍ロットの病気の噂について紹介します。

体調不良で入院していた

Wild0ne / Pixabay

2019年9月7日のTwitterには「出演できなくて本当にすみません。僕は入院中です。」と呟きました。行列のできる法律相談所に出演した虹色侍ずまは体調不良が原因と説明しています。

具体的にどこが悪いのか、どのような病気であるかは明かされていませんが、入院するほどの症状であったことが伺えます。

入院している病院なども明かされていないため、どこにいるのかすら分からない状況が続きました。

栄養失調だった?

Daria-Yakovleva / Pixabay

虹色侍ロットは急な体調不良で入院したわけではなく、入院の前からすでに兆候は感じていました。Twitterにも体調が悪くなってきたことを呟く投稿があります。

体調不良の原因を栄養不足かもしれないと本人が呟いていたため、栄養失調になってしまったのではないかと心配する声も出ました。

健康的な自炊を心がけていたようですが、仕事が多忙になってきたことで不規則な食生活が続いてしまった可能性も高いです。

アレルギーを持っていた?

Free-Photos / Pixabay

2019年5月には体に発疹ができたと写真付きで投稿しています。発疹ができる前にカニを食べたことから、カニアレルギーの可能性もあります。

小さい頃から食べられていたものでも、少しの体調の変化でアレルギーに変わってしまうことは少なくありません。この時期に体調不良を繰り返していたため、アレルギーに体が敏感に反応したことも考えられます。

アレルギーは個人差がありますが、中には入院するほど症状が重く出たり、最悪の場合死に至ったりしてしまう怖いものです。

精神的な病気があった?

KELLEPICS / Pixabay

虹色侍は精神的な病気で入院したのではないか、自殺未遂をしたので療養していたのではないかという噂も出ています。京都出身の彼は関東に出てきて1人暮らしを始め、辛い気持ちを投稿することもありました。

1人暮らしを始めてから半年が経過してもまだ楽しみ方が分からないと言っているように、周りに友達や家族がいない中での生活は精神的に辛かったのでしょう。

仕事がうまく行き出したことで趣味などリラックスするための時間が減り、ストレスが溜まっていた可能性もあります。これは噂なので、実際に精神的に病んでいたのかは分かりません。

免疫力の低下などを報告していた

pixel2013 / Pixabay

栄養バランスの乱れや自律神経の乱れがあったためか、免疫力が低下していることも報告していました。免疫力の低下は様々な病気にかかりやすくなり、自然治癒しにくくなってしまいます。

1つの病気で体調不良になっていたのではなく、免疫力が落ちたことで病気が長引きやすかったり、普段はかからない病気にかかってしまったりしたのでしょう。

健康に気をつけながら生活していたため、様々な策を講じても健康にならない自分に苛立ちもあったことが予想されます。

胃腸炎にもなっていた

derneuemann / Pixabay

2019年6月には胃腸炎にかかったことを報告しています。胃腸炎でしばらくご飯が食べられず、それにイラついてお寿司を食べてみると魚の脂で気持ち悪くなってしまったようです。

免疫力が低下したことで胃腸炎にもかかりやすくなったのかもしれません。これまでも胃腸炎で動画をお休みしたことがあるため、虹色侍ロットは元からそんなに体が強くないと考えられます。

虹色侍ロットが復帰している!

Free-Photos / Pixabay

2020年7月30日、およそ10ヶ月ぶりに虹色侍ロットが活動復帰したことが報告されました。2019年末には本人が退院したことを報告しており、自宅療養が続けて元気になることに専念していたようです。

リモートで動画撮影をしている様子も投稿され、ファンからは喜びの声や安堵の声が聞かれました。長期入院していたのは「イップス」という病気が原因のようです。

撮影中は虹色侍ずまも嬉しそうな表情を見せ、誰よりもロットの復帰を望んでいたことが伺えます。今でも腕の痺れが残るなど完治はしていませんが、うまく病気と付き合いながら徐々に動画撮影もしていくようです。

虹色侍は二宮和也にも絶賛されている

Free-Photos / Pixabay

2020年6月21日放送の「ニノさん」に虹色侍は出演しました。この番組は好きなものを極めた人が「夢中人」として紹介される番組で、残念ながら虹色侍ロットは体調不良で出演することができませんでした。

しかし番組の中では彼らの音楽を二宮和也が大絶賛し、国民トップアイドルもその実力を認めました。虹色侍について知らなかった人や普段Youtubeを見ない人も、彼らのことを知る機会となりました。

他のテレビでも虹色侍は大絶賛されており、芸能界からの注目を集めています。「私のことを音楽にしてほしい!」という要望も増え、オリジナリティに磨きがかかっています。

虹色侍ロット復帰!今後にも注目

thekaleidoscope / Pixabay

今回は虹色侍ロットについて、活動を休止しなければならなった事情について紹介しました。活動復帰となりましたが、現在も病気は完治していません。

虹色侍ロットが今後も治療や体調不良を理由で活動を休止することがあるかもしれませんが、必ず戻ってきてくれることを信じて待ちましょう。

また、これからは2人で活動できるので今まで以上に活躍することが期待されています。これからどのような音楽を奏でてくれるのか、楽しみにしておきましょう。