常盤貴子の若い頃が可愛い!結婚や現在の姿についても紹介 エンタメ

常盤貴子の若い頃が可愛い!結婚や現在の姿についても紹介

大女優・常盤貴子さんの若い頃をチェック!常盤貴子さんは90年代に”連ドラの女王”と言われた女優で、20代も現在も変わらないスタイルと美貌の持ち主でもあります。今回は、若い頃の画像や結婚後の常盤貴子さんをチェック!旦那さんや子供のこと、学歴についても紹介します。

目次

[表示]

常盤貴子はどんな人?

常盤貴子さんと言えば、言わずと知れた大女優です。年齢を重ねても色褪せない美しさがあり、90年代には”連ドラの女王”と呼ばれていた時期もありました。

最近は連ドラではあまりお見かけしなくなりましたが、NHK連続テレビ小説『まれ』に出演したり、京都の魅力を探る『京都画報』のナビゲーターを務めたりと、相変わらず忙しい日々を過ごしています。

今回は、年齢を増してますます魅力をアップさせている常盤貴子さんの若い頃に注目!20代はどんな女性だったのでしょうか?旦那さんや子供、学歴なども紹介していきます。

常盤貴子のプロフィール

簡単に常盤貴子さんのプロフィールを見ておきましょう。常盤貴子さんは、1972年4月30日生まれ、現在は48歳になります。生まれは神奈川県横浜市で、兵庫県西宮市で育っています。

身長162cm、血液型はA型、所属事務所はスターダストプロモーションになります。短大入学後、1991年夏、現事務所に自ら訪れ、所属が決定したようです。

下積み時代には原宿の歩行者天国で路上ライブの司会を担当していた時期もありました。

女優として活動している

常盤貴子さんがデビューしたのは1991年12月に放送された『イブ初恋のように』でした。そこから数年は脇役やCMなどの仕事をこなし、1993年『悪魔のKISS』で名前を知られるようになります。

1994年には『私の運命』で看護師役を演じ、1995年の『愛していると言ってくれ』では耳の不自由な画家の恋人役を演じ大ブレイク!

1999年には『もういちど逢いたくて -星月童話』で故レスリー・チャンと共演、2000年には大ヒットドラマ『ビューティフルライフ』に主演し、最高視聴率41.4%を記録しています。

学歴は?

続いては学歴を見ていきましょう。横浜市で生まれた常盤貴子さんですが、小学校4年生の時に父親の転勤で兵庫県西宮市に引っ越ししています。西宮市立上甲子園中学校を卒業後は、西宮市立西宮東高等学校に進学。

高校1年までは西宮ですごしましたが、その後上京し駒沢学園女子高等学校を卒業しています。高校卒業後は、関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻を卒業しています。

短大時代に芸能界入りした常盤貴子さん。立派に短大を卒業し、その後は女優として第一線で活躍をしています。

常盤貴子の若い頃が素敵!20代は連ドラの女王だった!

今ももちろん美人で、色褪せない美しさのある常盤貴子さんですが、若い頃は連ドラの女王と呼ばれており、それは美しく異性からだけでなく女性ファンも多かったと言います。

美人ながらもそれをひけらかすことなく、上品さがあるのも彼女の魅力でしょう。特に全盛期と言われるのが20代の頃!ドラマ毎に違う表情を見せてくれた常盤貴子さんを画像とともに振り返っていきましょう。

若い頃の常盤貴子さんを知っている人も知らない人も、ぜひ今の姿と比べながらご覧ください。

悪魔のKISSの常盤貴子

常盤貴子さんの名前が世に知られるようになったのは『悪魔のKISS』というドラマです。当時はまだ20代前半、21歳だった常盤貴子さんですが、ドラマ出演時はまだ無名の女優さんでした。

カード地獄から風俗嬢に転落する女子大生の役で、なんとバストトップを披露するという体当たりな演技にチャレンジしたのです。

どちらかと言うと清楚で露出が少ないイメージの常盤貴子さんですが、このドラマはその後DVD化されることのない幻の作品となりました。今でも多くの方が再放送を望んでいるようです。

愛していると言ってくれの常盤貴子

常盤貴子さんと言えばこの作品という人も多いでしょう。1995年夏のTBS系ドラマで放送された『愛していると言ってくれ』は語り継がれる名作となり、常盤貴子さんの代表作としても知られています。

共演者は豊川悦司さんで、耳が不自由な画家の役でした。常盤貴子さんはその恋人役を演じ、無邪気に笑う笑顔が可愛いと話題になった作品です。

当時23歳だった常盤貴子さん。20代ならではの等身大の愛で、年上の男性に猛アタックする姿に勇気づけられた人も多いでしょう。特に最終回の美しさに注目が集まりました。

美しい人の常盤貴子

続いて紹介するのは1999年に放送された『美しい人』です。ヒロインの村雨みゆきと言う、整形をして夫の元から逃げてきた女性の役を演じました。

残念ながらドラマ自体はあまり話題にならず、視聴率も伸び悩んだ作品になります。大人気脚本家・野島伸司シリーズの第5弾で話題性はありましたが、記憶に残っていない方も多いでしょう。

その後、韓国でリメイク版制作され、リメイク版を見て日本版を見る方も増えており、再び注目されている作品です。

ビューティフルライフの常盤貴子

『ビューティフルライフ』は、2000年冬のTBS系ドラマとして放送された作品で、その演技力が評価されて数々の賞も受賞しています。

木村拓哉さんとのW主演で、難病に侵され車いす生活を余儀なくされた図書館司書の女性を演じました。このドラマをきっかけに「バリアフリー」という言葉が定着し、モデルとなった車イスが爆売れ!

また主役の木村拓哉さんが美容師という役柄だったため、美容師志望率が前年から2割ほど上がったと言います。平成中期最大のヒット作となり、最高視聴率は41.3%を記録したそうです。

ピュアで透明感のある美しさ

どちらかと言うと年齢より少し落ち着いた雰囲気があった常盤貴子さん。『ビューティフルライフ』では前髪を下したスタイルが多く、少女の可愛らしさも感じさせました。

透き通るきめ細かい肌質に、際立つ顔のパーツ!美人でありながらピュアな可愛らしさがあり、色々な表情を見せてくれたドラマです。年齢的には20代後半で一番美しい年代です。

全盛期の常盤貴子さんが楽しめるドラマとあって、ファンの間で語り継がれている名作です。

常盤貴子はスタイルも抜群?

身長162cmの常盤貴子さん。若い頃は顔にも無駄な肉がついておらず、シュッとした印象がありました。今でこそ清楚で清純派なイメージしかない常盤貴子さんですが、「ヌーディ」と呼ばれていた時代もあります。

先ほども話したように『悪魔のKISS』でバストトップを披露したのが原因です。当時は無名の女優が濡れ場を披露したとあってかなり話題になったようです。

そして注目されたのは常盤貴子さんのスタイルの良さ!若い頃からスタイル抜群の常盤貴子さんですが、現在もそのプロポーションをキープしています。ここからは常盤貴子さんのスタイルに注目していきます。

悪魔のKISSでは上半身ヌードに

『悪魔のKISS』では主役クラスの役に抜擢された常盤貴子さん。それまではデビュー作以来目立った活動がなく、出演8作目にして巡ってきた転機だったのです。

何としてもこの役を物にしたかったはず!ドラマの中では風俗嬢に転落する女性を演じ、始めてのお客さんが俳優の寺脇康文でした。

寺脇康文さんは後日「下着姿で来るとは聞いていたが、まさかノーブラだとは思わなかった」と話しています。常盤貴子さん自らがノーブラを買って出たのでしょうか。結果大成功で次の仕事にも繋がっています。

事務所が版権を全て買い幻の作品に

先ほどもお話ししたように、『悪魔のKISS』はDVD化も再放送もされていません。その後のイメージを守るためでしょう。事務所が版権を全て買い取り、今では幻の作品となっています。

彼女の上半身ヌードが見られたのは、ドラマを見た人及び録画していた方のみです。今のイメージとは全く違う色気満載の常盤貴子さんがいたのでしょうか。

いつの日からDVD化されるのを待つしか見るすべはありません。

現在もスタイル抜群

現在48歳、アラフィフと呼ばれる世代に突入しています。体型も崩れやすく若い頃のスタイルをキープするのが難しい年代になってきました。

そんな常盤貴子さんですが、現在も若い頃と何ら変わりないプロポーションを維持されていると言うんです。2020年7月、ラジオ番組から出てきた常盤貴子さんを捉えた写真が公開されています。

ふわっとしたワンピースからは細い腕と脚が露わになっており、若い頃と全く変わりありません。もちろん本人が努力されている結果でしょう。スープで代謝を上げたり食生活にも気を使っているそうです。

常盤貴子は結婚している?旦那は誰?

常盤貴子さんは結婚しているのでしょうか?調べてみると、2009年に脚本家で俳優の長塚圭史さんと結婚していることがわかりました。

その後、不倫疑惑なども報道され離婚危機もありましたが、現在も離婚はしていません。二人の間にはお子さんはいるのでしょうか?ここからは常盤貴子さんの私生活を探っていきましょう。

2009年に長塚圭史とゴールイン

2003年に公開された映画『ゲロッパ!』で共演した長塚圭史さん。大俳優・長塚京三さんの息子としても知られており、劇作家、脚本家、俳優として活動している男性です。

二人は共演後、すぐに意気投合し交際に発展したようです。ただ結婚までにはかなりの時間がかかり、そこから約6年後にファックスで結婚報告がありました。

不倫疑惑で離婚危機もあった

2015年頃には、女優の真木ようこさんとのW不倫が報じられたのをご存じでしょうか?始めて不倫が報道されたのは2012年で、その3年後に二人がまだ継続中だと報じられたのです。

初めてW不倫が報じられた時は離婚危機に陥り、離婚まで秒読みか?などと言われていましたが、結局二人は離婚せずに現在も夫婦関係を続けています。

「ウチは冷めているから」と友人にこぼすこともあるそうです。いわゆる仮面夫婦でしょうか。いずれにせよ二人は現在も離婚しておらず夫婦を続けています。

子供はいない?

二人の間に子供はいるのでしょうか?調べてみましたが、子供の情報は一切出てきませんでした。

一時期不妊治療していたとの噂もありましたが、現在も二人の間にお子さんはおらず、旦那さんと夫婦水入らずの生活を楽しんでいるようです。

過去に松本人志と交際していた

結婚する随分前ですが、ダウンタウンの松本人志さんと交際していた時期もあるようです。二人の熱愛が報じされたのは1995年のこと、ドラマ『愛していると言ってくれ』が話題になっていた頃でしょうか。

今田耕司さんの紹介で知り合い、常盤貴子さんがベタ惚れだったそうです。お互いに交際を認めており、マンションに入っていく姿も目撃されています。

残念ながら松本人志さんの女性問題が理由で破局しています。一時期は結婚するのでは?とまで噂された二人ですが、松本人志さんにはまだその気がなかったようです。

常盤貴子は現在も美しい?

常盤貴子さんが48歳と聞いて驚いた人も多いでしょう。若い時から比べてみてもあまり変わっておらず、相変らずの美しさと可愛らしさだと話題なんです。

このたび2020年5月から、『愛していると言ってくれ』の再放送が決定し、常盤貴子さんの若い頃と現在の美しさに注目が集まったそうです。

昔と変わらない美貌を持っている

常盤貴子さんのインスタグラムでは、25年前のポラロイド写真と公開!ドラマで共演した豊川悦司さんとの2ショットに多くのコメントが寄せられました。

「私の一番好きなドラマ」「変わらず綺麗」「当時から大ファンです」などの好意的な意見ばかり!25年前からファンの人も多いですが、若い層からの支持も厚く多くの視聴者が現在の彼女に注目しています。

自身のインスタグラムではおしゃれな私服姿も投稿しており、時には大人っぽくセクシーで、時には少女のような可愛らしい姿のものもあります。ぜひチェックしてみてください。

常盤貴子が出演する大人のコメディー映画が注目

常盤貴子さんの最新情報をチェックしてみましょう。2021年1月8日から公開される映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』への出演が決まっています。

世界で最もリメイクされた2016年公開のイタリア映画のリメイク版です。3組の夫婦と独身男性一人が集まり、スマホを見せ合っていき修羅場に発展していく様を描いたブラックコメディ!

常盤貴子さんは田口浩正さんと倦怠期の夫婦を演じており、「このクソヤロー!」と罵倒したり、ビンタを食らわすシーンもあるそうです。ぜひ公開を楽しみにしていてください。

常盤貴子は若い頃からずっと美しい

若い頃はどこか大人っぽく落ち着いた雰囲気があった常盤貴子さん。当時から美人で少女のような可愛らしさもあり、男女問わず多くのファンから支持されてきました。

若い頃からその美貌は変わっておらず、48歳になった今も改めてその美しさが注目されています。20代とはまた違う大人の魅力が年齢毎に増しており、いつまでたっても上品で華麗な常盤貴子さん。

来年早々には出演映画の公開も決まっており、これまでにない常盤貴子さんを見せてくれるはず!ぜひ映画の公開を楽しみにし、今後の常盤貴子さんの活動にも注目してみてください。