鬼電はもう死語?鬼電の意味や鬼電をする心理などを徹底解説! エンタメ

鬼電はもう死語?鬼電の意味や鬼電をする心理などを徹底解説!

鬼電と言えば多くの人がご存知ですが、近年では死語化しています。しかし、昔から馴染みのある言葉でもあったため、今でも実際に使っている人も存在します。鬼電の意味を知らない人もいるので、鬼電の意味や鬼電する人の心理を含めてご紹介します。

目次

[表示]

鬼電をする人は少ない

Alexas_Fotos / Pixabay

皆さんの周りで鬼電をしてくる人はいますでしょうか。鬼電をする人は今では減っているとも言われているのですが、現在でもやはりまだ存在します。

このような鬼電ですが、今では死語化されていることから性格な意味を知っている人がやや少なくなっています。

鬼電をするにはリクスが存在し、このリスクを把握していないと大きな揉め事になってしまう可能性も存在します。

今回はそのような鬼電をする人の心理や、鬼電の意味、鬼電をされる人の本音を合わせてご紹介します。

鬼電の間違った意味のとらえ方

Free-Photos / Pixabay

まず最初は鬼電の意味についてです。

先程も触れたのですが、鬼電と言っても今では死語になっているため、意味を知らない人も存在するほどです。

鬼電と聞いても意味を間違っていることから誤解が生まれてしまったり、会話が成立しなかったりする場合があるので、昔はよく使われていた鬼電の意味についてご紹介します。

アプリ「鬼から電話」

Pixelkult / Pixabay

鬼電の意味の捉え方としてまず最初にご紹介するのが「鬼から電話」です。

この意味はやはり本来の鬼電の意味とは異なるのですが、少し前に注目されたアプリと勘違いされているケースになります。

言葉的にはあっているのですが、鬼から電話は子供の教育などをしっかりと手助けしてくれるアプリです。

やはり子供は鬼というと怖い化物をイメージするのですが、そのような鬼から怒ったような電話がかかってくるため、子供はこの鬼に電話をかけてこられないように行動するようになりやすいです。

子育てに役立つと人気のアプリですが、鬼電はこの「鬼から電話」というアプリを意味している言葉ではありません。

鬼のように怒った電話

AnnaliseArt / Pixabay

次にご紹介する鬼電の中でも間違った意味の捉え方は「鬼のように怒った電話」という点です。

鬼のように怒った電話という点はわかりやすいように、何か問題が起きた際に相手に対しての怒りがおさまらないことから電話をするような行動になります。

鬼といえば先程のアプリのところでもご紹介したように、まさに恐ろしい化物ですが、鬼電はこのような化物の鬼として登場してきそうなぐらい怒っているような状態という意味ではありません。

イタズラ電話

stevepb / Pixabay

鬼電の意味として「いたずら電話」という意味で捉えている人もいます。

このいたずら電話という意味は本来の意味にやや近いものではありますが、本人はいたずら電話でしているのはないので、実際の意味とは近いものの異なります。

最初は鬼電を知らない人からしたらものすごい着信履歴であることから驚くことが多いです。

まさにいたずらかなと考えてしまうほど着信が入っているのですがいたずら目的ではないです。本来の意味を知っている人からすればいたずらどころか恐怖を感じるほどなので、できれば止めるのが好ましいです。

本当の「鬼電」の意味

Free-Photos / Pixabay

鬼電の間違った意味の捉え方についてご紹介しましたが、次は本来の鬼電の意味についてご紹介します。

というのも、本当の鬼電の意味は「鬼のような勢いで電話をかけてくる」という意味になります。

鬼のような勢いと耳にしてもいまいちピンと来ない人もいらっしゃるかもしれませんが、鬼電はギャル語でもあり、「鬼」は「すごい」という意味になります。

そのため、鬼電された場合には着信履歴がすごいことになっており、10回近くかかっている場合が多いです。もちろん用件自体は1つなのですが、相手に鬼電する人は1回や2回の着信では終わらないような人です。

鬼電をされた時の対処法

geralt / Pixabay

鬼電をやめる人の理由についてご紹介しましたが、次は鬼電をされた場合の対処法についてご紹介します。

鬼電をする人がやはり減ってはいるものの、やはり現在でも鬼電を人に行ってしまう人もいます。

このような鬼電を初めてされた人は特にパニックになってしまい、焦ってしまうことも多いのですが、どのような対処を行えばいいのかご紹介しますので、鬼電をされたことがない人や鬼電を最近されるような人はぜひご参考にしてください。

相手によってはとりあえず無視

JillWellington / Pixabay

鬼電をされた場合の対処法としてまず挙げられるのが「相手によってはとりあえず無視」という方法です。

というのも、鬼電をしてくる場合は用件がある場合がほとんどなのですが、意外とそこまでたいしたようでない場合が多いです。

もちろん本当に緊急時もある可能性があるのですが、自分の家族や親戚・恋人や仕事場関係の人でない場合の鬼電は緊急時でない場合が多いと言えます。

そのため、相手によってはとりあえず無視をして様子を見てみるという方法を使うのがおすすめです。

後でLINEなどを使い用件を聞く

ColiN00B / Pixabay

対処法の中でも特におすすめの対処法と言ってもいいのが「後でLINEなどを使い用件を聞く」という方法になります。

というのも、LINEは今ではほとんどの人が利用している連絡ツールと言っても過言ではなく、さらに途中でもご紹介したように既読機能がついているので、相手の反応がわかりやすいです。

LINEで用件を聞くことによって伝えたかったことを聞くことも可能なので、鬼電をしてくるような人に電話をするのではなくLINEを入れてみるのがおすすめです。

しつこい場合はブロックなどの手段を

Tama66 / Pixabay

「しつこい場合はブロックなどの手段を取る」という方法も実施するのが好ましいです。

というのも、鬼電をする人はやはりご紹介しているように何度も必要以上に電話をかけてくるような人なのでしつこいです。

一度電話に出たとしてもその点に味をしめてそれ以降も何度も鬼電をかけてくるような場合が多いです。

そのため、あまりにもしつこいような場合はブロックして連絡手段をメールやLINEに絞ってしまうようにするのもおすすめと言えます。

鬼電をするリスク

Merio / Pixabay

最後は鬼電をするリスクについてご紹介します。

鬼電を止めている理由をわかってもやはり鬼電をするのがやめられないという人もいます。

しかし、鬼電をするという行動にもリスクが存在します。

鬼電をするリスクを把握することで鬼電をさらにやめるように考えることもできやすいので、ぜひ鬼電のリスクもチェックしてみてください。

嫌われて友達を失っていく

FrankWinkler / Pixabay

鬼電のリスクとしてまず挙げられるのが「嫌われて友達を失っていく」という点です。

やはり鬼電をされた人は嫌だと感じやすく、鬼電をされるのは迷惑なので距離を置こうと考える人がほとんどです。

今まで友達関係であったとしても鬼電をされることによって嫌な気持ちになり、嫌いな友達に降格してしまう場合があるので、友達は失いやすいと言っても過言ではありません。

そのため、友達を失いたくないような場合は鬼電をやめるべきです。

ストーカー呼ばわりされる

sergiophoto / Pixabay

鬼電をやり続けると「ストーカー呼ばわりされる」という可能性もあります。

特にこの点においては異性に対して鬼電をする場合に挙げられるのですが、鬼電を何度もされていると束縛以上の気持ちになりやすくストーカーをされているような気分になりやすいです。

常に自分の時間を取られているような気持ちになり、ストーカーされている状態が恐怖心になりやすい傾向があります。

最悪の場合はストーカー容疑で警察に連絡されてしまう可能性もあるので、やめるのをおすすめします。

頭がおかしいと思われる

RyanMcGuire / Pixabay

「頭がおかしいと思われる」という点も理解するようにしましょう。

鬼電という行為は一般的に行うことがほとんどなく、異常行為の一つとして考えられることが多いです。

そのため、鬼電するような人は必要以上に電話をするため、頭がおかしい人と考えられてしまいやすいと言えます。

もちろん本人は自覚がないかもしれませんが、周りの人はこのように頭がおかしい感じていることが多く、距離をおかれやすいのでやはり鬼電はやめるべきです。

行き過ぎた鬼電は犯罪になる可能性も

anncapictures / Pixabay

途中でも少し触れたのですが「行き過ぎた鬼電は犯罪になる可能性もある」という点を把握するようにしましょう。

鬼電はまさに相手に対して恐怖心やストレスを与える行為です。

そのため鬼電をあまりにもしてしまうような状態は相手を困らせてしまい、怒りを爆発させてしまう可能性があります。

近年ではこのようなストレスが爆発してしまうことから犯罪に手を染めてしまう人もいるので、犯罪が起きないように鬼電をやめるのを推奨します。

鬼電はしないに限る

Free-Photos / Pixabay

今回は鬼電についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

鬼電はご紹介したことからもわかるように、人に迷惑をかける行為でもあり、嫌われる要因にもなりやすいです。

友達や知り合いが減ってしまう可能性があるので、鬼電するのではなくできればメールやLINEを入れて様子を見ていくように行動していきましょう。