わするまじおじさんって誰?紅白に出場した東京事変の浮雲(長岡)? エンタメ

わするまじおじさんって誰?紅白に出場した東京事変の浮雲(長岡)?

わするまじおじさんを知っていますか。わするまじおじさんこと、長岡亮介さんとは誰なのか、浮雲とも呼ばれてることや紅白に出場したことについても解説いたします。わするまじおじさんは、実はかなり有名なギタリストで、世界的にも注目をされている人物だったのです。

目次

[表示]

わするまじおじさんって何者?

わするまじおじさんを知っていますか。多くの人が初めて聞いたと答えるでしょうが、実はこのわするまじおじさんはとても有名な人です。

このわするまじおじさんとは、誰のことを指しているのでしょうか。そして、何をしている人でしょうか。

わするまじおじさんというからには、年配の人をイメージしますが、本当におじさんなんでしょうか。わするまじおじさんについて、深く掘り下げていきます。

わするまじおじさんって誰のこと?

わするまじおじさんとは誰のことを指しているのでしょうか。わするまじおじさんのプロフィール、さらには何をしている人なのかについても解説いたします。

実は、わするまじおじさんはある業界においてはかなり有名な人で、もしかすると一度は見たことがあるかもしれません。

長岡亮介という人物

1866946 / Pixabay

ずばり、わするまじおじさんとは「長岡亮介」さんのことです。長岡亮介さんは、ミュージシャンとして活躍している人で、ギタリストとしても有名です。

1978年10月7日生まれで、現在41歳ということになります。長岡亮介さんは愛称として「浮雲」とも呼ばれています。

出身は千葉県千葉市というこもわかっています。有名なミュージシャンですが、身長や体重などの細かい情報などは公開されていません。

東京事変のメンバーである

また、わするまじおじさんこと長岡亮介さんは、「東京事変」のメンバーです。こう聞けば知っていると答える人が一気に増えるのではないでしょうか。

東京事変のギターは一度、変わっていますが、長岡亮介さんは2代目のギタリストです。東京事変は、一度解散をしていますが、解散後もボーカルの椎名林檎さんのサポートをギタリストとして務めています。

東京事変は椎名林檎さんが注目されていたバンドですが、ギタリストの長岡亮介さんもかなり注目されていました。

椎名林檎のサポートメンバー

先ほどもご紹介した通り、長岡亮介さんは椎名林檎さんのサポートメンバーでした。

ただ、椎名林檎さんの東京事変のメンバー時代は「長岡亮介」という名前ではなく「浮雲」と呼ばれる名前で登場していました。

基本的にはギタリストとして登場していましたが、場合によってはリードボーカルやコーラス、ラップなどもしていました。幅広いジャンルに対応できるミュージシャンだったのです。

他のアーティストのサポートもしている

FirmBee / Pixabay

また、長岡亮介さんは椎名林檎さんだけではなく、他にもさまざまなメンバーと繋がっています。

星野源さんや野田洋次郎さん、大橋トリオさんなどとも一緒に音楽活動を行っています。

また、現在ではメジャーデビューをして有名になりましたが、アマチュア時代で活動していたメンバーとも不定期ですが共演しています。

2016年のパラリンピックの閉会式で注目された

12019 / Pixabay

わするまじおじさんこと長岡亮介さんは、既にかなりの有名人ですが、その知名度が一気に上がったのが2016年のパラリンピックです。

リオデジャネイロで開催されたパラリンピックで、長岡亮介さんは閉会式に登場しました。長岡亮介さんはピチカート・ファイヴの楽曲をリメイクした曲を歌いました。

フラッグハンドオーバーセレモニー、つまりは首相から次回開催の首相に旗を渡す儀式時の出演だったため、かなり注目されました。

2015年の紅白歌合戦にも出場

Free-Photos / Pixabay

長岡亮介さんは、2015年の紅白歌合戦にも出場しています。「長く短い祭」という椎名林檎さんのステージで共演しました。

長岡亮介さんを知っている人も、初めて見た人もこのステージはかなり注目したのではないでしょうか。

インパクトのある椎名林檎さんの隣でギタリストとして演奏する長岡亮介さんは、このステージでもかなり注目されました。

わするまじおじさんは浮雲?

わするまじおじさんは浮雲としても活躍しています。わするまじおじさんは、「長岡亮介」という名前と「浮雲」という両方の名前で活躍しているのです。

浮雲名義でも活動

この「浮雲」という名前は、じつは椎名林檎さんがつけたようです。長岡亮介さんが東京事変のメンバーになるときに、椎名林檎さんがつけた芸名だったのです。

「浮雲」という名前にした理由は、ホワッとしているからだそうです。椎名林檎さんらしい、独特な表現で表しています。

わするまじおじさんと言われるのはなぜ?

ijmaki / Pixabay

では、長岡亮介さんはなぜ、「わするマジおじさん」と呼ばれているのでしょうか。

「長岡亮介」という名前、さらには「浮雲」と呼ばれる名前の他にも「わするまじおじさん」と呼ばれている理由について解説いたします。

「長く短い祭り」で「忘るまじ」と歌っている

RyanMcGuire / Pixabay

長岡亮介さんが「わするまじおじさん」と呼ばれている理由は、ある歌がきっかけだったのです。

椎名林檎さんが歌う「長く短い祭り」という楽曲で、長岡亮介さんは「忘るまじ」というフレーズを歌っていたのです。

このフレーズを歌っていたおじさんというイメージから、「わするまじおじさん」と呼ばれるようになりました。

わするまじの意味とは?

cocoparisienne / Pixabay

では、もそもそ「わするまじ」とはどういった意味があるのでしょうか。何となくいった雰囲気でこの言葉の意味を理解している人が多いはずです。

「わするまじ」の「まじ」とは、古典で打ち消しの意味を持っています。つまり、「わするまじ」とは、忘れてはいけないという意味になります。

もっと深い意味として使われることもありますので、正解は「決して忘れてはいけない」となります。椎名林檎さんらしい奥の深い言葉の意味になっています。

わするまじおじさんは映画の音楽も

わするまじおじさんこと、長岡亮介さんは実は映画の音楽も制作しています。多くの人は、音楽メンバーの一員として活躍しているイメージでしょうが、映画の音楽までも幅広く手掛けているのです。

黒沢清監督の映画、「スパイの妻」でギタリスト長岡亮介さんは音楽を全面的に担当しています。

この映画は世界的にも注目を集めている作品のため、長岡亮介さんがさらに注目を集めることは間違いないでしょう。

わするまじおじさんはとてもすごい人だった

わするまじあじさんこと、長岡亮介さんは実はかなりすごい人だったのです。有名なアーティストと一緒共演することはもちろん、紅白歌合戦やパラリンピックでのステージにも登場していたのです。

さらには、映画の音楽を担当するなど、かなり幅広く活躍しています。これからも長岡亮介さんの活動に注目が集まることは間違いありません。

まだ、長岡亮介さんをよく知らない人も、ぜひこれをきっかけに注目度してみてください。