森永あいの死因は熱中症?病気だった?デビュー時の年齢についても エンタメ

森永あいの死因は熱中症?病気だった?デビュー時の年齢についても

漫画家の森永あいさんをご存知ですか。森永あいさんの死因は、病気なのか熱中症なのか、ネットで話題になっています。彼女の年齢や顔、さらには多くの作品についてご紹介いたします。顔などの情報を一切公表していない森永あいさんについてご説明いたします。

目次

[表示]

森永あいの死因は何だった?

jeffjacobs1990 / Pixabay

漫画かとして有名な森永あいさんが、2018年8月に死去しました。「山田太郎ものがたり」や「僕と彼女の×××」など、有名な漫画の生みの親でもあった森永あいさんの死去は、ファンに強い衝撃を与えました。

しかし疑問が残ったのは、森永あいさんの死因だったのです。何が原因で亡くなったのか、彼女のプロフィールなどと一緒に解説いたします。

/2

森永あいはどんな人?

Free-Photos / Pixabay

まず、森永あいさんのプロフィールや漫画家としての活動についてご説明いたします。実は森永あいさんは、ほとんどプロフィールなどに関する情報がありません。

表舞台に出ることはほとんどなく、あくまでも漫画家として人生を生き抜いたのです。少ない情報ですが、森永あいさんのプロフィールなどについてチェックしてください。

森永あいのプロフィール

森永あいさんは、生年月日は4月28日生まれとしか公表されていません。そのため、いくつで亡くなったのかについては詳しくわかっていません。また、出身は岡山県ということがわかっています。

また血液型はO型ということもわかっています。そうした基本的な情報以外は、完全に非公表になっています。

漫画家の場合は、作家の詳しい情報がオープンになっていないことは、珍しいことではありませんが、いくつで亡くなったのかがわからないのは、やはり違和感があります。

漫画家として活動

yogi3276 / Pixabay

森永あいさんは、日本を代表する漫画家と言っても過言ではないでしょう。デビューを果たしたのは1993年で、「11年目の女神」という作品でした。

その後、「極楽青春ホッケー部」、「キララの星」など、とてもたくさんの作品を世に送り出しました。

どのような展開になるか予想が付かないような作品が多く、次はどのような作品を発表するのか、多くのファンが期待するほどの人気漫画家だったのです。

山田太郎ものがたりが人気だった

また、森永あいさんと言えば2007年にTBS系でドラマ化がされた「山田太郎ものがたり」でしょう。嵐の二宮和也さんが主演を務め、嵐の櫻井翔さんも共演するなど、豪華出演作で人気のあったドラマでした。

テンポのいいストーリー展開が魅力的で、ときにはシュールなギャクが飛び出すなど、多面性のある面白さが魅力です。

森永あいさんの作品はとてもたくさんありますが、この「山田太郎ものがたり」で知ったという人も少なくないかもしれません。

森永あいの顔写真はある?

SplitShire / Pixabay

森永あいさんは、顔を公開しているのでしょうか。顔写真などがあれば、年齢なども推測できるかもしれません。しかし、当然とも言うべき、森永あいさんは顔を一切公開していません。

漫画家で顔を公開していない人はとてもたくさんいますが、森永あいさんもその一人と言えます。

とくに漫画家の場合、顔を公開してしまうと、その漫画のイメージが大きく崩れてしまう可能性もありますので、大抵の漫画家は顔を公開していないのです。

森永あいの死因は病気?

qimono / Pixabay

森永あいさんの死因は何だったのでしょうか。おそらくファンでなくても、森永あいさんの死因はとても気になるポイントでしょう。森永あいさんの死因は、病気だったのでしょうか。

実は森永あいさんの死は、突然報道されました。病気だったという報道も全くありませんでした。

2019年8月に死亡した

cuncon / Pixabay

森永あいさんは、2019年8月に死去しました。8月2日の早朝に体調を崩して、この世を去ったと伝えられました。

森永あいさんの編集部より、「森永あいさ先生が8月2日早朝に体調を崩され逝去されまし」とだけ伝えられたのです。今まで持病を抱えていたということは、一切伝えられていません。

そのため、ファンの間からは何が原因だったのかと噂になりました。

死因は公表されていない

Free-Photos / Pixabay

死因は一切、公表されていません。突然過ぎる森永あいさんの死は、彼女の漫画のファンの人でなくとも驚いたはずです。

有名漫画を多数この世に送り出した女性だったため、彼女の死を悔やむ人はとてもたくさんいました。

熱中症が原因では?という噂がある

jplenio / Pixabay

これはあくまでも噂ですが、森永あいさんは熱中症で亡くなったのではないかと言われています。森永あいさんが亡くなった年はとくに8、9月は猛暑が続いていました。

持病を持っているわけえではなかったようなので、熱中症が原因だと噂されたのです。「体調を崩して逝去」と伝えられていることからも、熱中症の可能性は否定できません。

心臓病が原因の可能性もある?

Pexels / Pixabay

また、これも仮説ですが、森永あいさんは心臓病で亡くなった可能性もあります。森永あいさんは突然死の可能性が高いですが、突然死の約60%が心臓病によるものとされているのです。

もし、持病を抱えていたわけではなく、さらには熱中症でもなければ突然死ということから考えて、心臓病の可能性も高いです。

また心臓病であれば、「急性心筋梗塞」や「狭心症」、「不整脈」や「心筋疾患」の可能性があります。

森永あいの年齢に違和感がある?

Free-Photos / Pixabay

森永あいさんは、いくつで亡くなったのでしょうか。詳しい生年月日が公表されていませんので、森永あいさんがいくつだったのかはわかりません。しかし、噂では享年38歳と言われています。

この噂が流れてしまい、若すぎる死とSNSで語られるようになりました。しかし、38歳の根拠は何もありません。

実際、森永あいさんはいつくで亡くなったのでしょうか。多くの人が気になっている森永あいさんの年齢について触れていきます。

実際の年齢は?

もし、森永あいさんが享年38歳だったとすれば、1981年生まれということになります。しかし、この年代に生まれていれば、森永あいさんは1桁の年齢で漫画家デビューしていることになってしまうのです。

さまざまな情報が飛び交っていますが、その中に1992年の同人誌に「前年に大学を卒業した」という情報があります。つまり、1991年に大学を卒業したと考えれば、このときに22歳です。

そのまま純粋に計算をすれば、森永あいさんは享年49歳か50歳ということになります。

森永あいの人気作品

森永あいさんは、先ほどもご紹介した通り、とてもたくさんの人気漫画を世に送り出してきました。たくさんある中でも、とくに人気の高かった森永あいさんの作品についてご紹介いたします。

もちろん、これからでもその漫画を見ることができます。興味がある人は、とても面白い漫画ばかりなのでぜひ、チェックしてみてください。

山田太郎ものがたり

「山田太郎ものがたり」は、森永あいさんの代表作と言っても過言ではありません。「山田太郎ものがたり」は、学力も、運動神経も抜群ですが、貧しい家庭に生まれた山田太郎の話です。

登場する人はとても癖があり、山田太郎は振り回されてしまいますが、愉快に人生を謳歌する物語です。

爽快感が人気の漫画なので、ぜひチェックしてください。2000年に完結しますが、2007年から連載が復活した人気漫画です。

僕と彼女の×××

Free-Photos / Pixabay

森永あいさんの作品と言えば「僕と彼女の×××」をイメージする人も多いのではないでしょうか。「僕と彼女の×××」は、主人公の上原あきらが同じクラスの美女の桜井菜々子に恋をしてしまうことから始まります。

菜々子の祖父の桃井萬造が開発した、人間を小さくする機械により、二人は中身が入れ替わってしまうという不思議な物語です。

全8巻で完結しましたが、9巻も発売されこの巻では番外編として本編では語ることができなかった内容が収録されています。

キララの星

「キララの星」は、比較的新しい作品です。平凡な女子高生だった亜弓は、自分の父親が経営する芸能事務所の膨大な借金を返済する話です。

亜弓は同級生のメガネをかけている星輝に目を付け、返済を計画しますが、星輝は自分の素顔を見られるのが嫌が性分でした。

素顔がとてもかっこいい星輝に芸能事務所に入ってもらい、経営を立て直そうと奮闘する物語です。笑いや感動有の、最高の内容になっています。

森永あいの絵が福山に現存

garouz / Pixabay

森永あいさんの絵が広島県の福山市に現存しています。森永あいさんは若い頃に、岡山県で同人作家として活動していました。その時代に、会社資料の表紙として依頼した絵が残っていたのです。

絵が残っていたのは同人誌などを手掛ける栄光です。まだ、森永あいさんがデビューする前、1990年頃から同人誌の印刷を受けていたようです。

この会社に残っていたのは、1冊のみです。森永あいさんが描いた青年のキャラクターやチューリップの絵はとても鮮やかです。

森永あいの死因ははっきりとは分からないまま

adamkontor / Pixabay

森永あいさんの死因ははっきりとは分からないままです。さまざまな情報が飛び交っていますが、おそらく持病は無かったと思われますので、突発的な死であったのでしょう。

森永あいさんは、今までたくさんの人気漫画を描いてきました。その多くの作品は、これからもさまざまな人に愛されていくでしょう。

もし機会があればぜひ、森永あいさんの作品を確認してください。

/2