イモトアヤコのすっぴんって一体…?実は素顔が可愛い…?!※画像あり お笑い

イモトアヤコのすっぴんって一体…?実は素顔が可愛い…?!※画像あり

内村光良さんが司会の不動のお化け番組「世界の果てまでイッテQ」で珍獣ハンターとしておなじみのイモトアヤコさんですが、最近女子力がめきめきと向上し、すっぴんもかわいいと評判になっています。今回はそんなイモトアヤコさんの素顔を掘り下げていこうと思います。

イモトアヤコの素顔を検証!すっぴんが可愛いってほんと??

実際、イモトアヤコさんのイメージはあの破壊力抜群の「眉毛!!」ですね。しかし、眉毛のインパクトで見逃しがちですがめちゃくちゃきれいなお肌をされています。基本必要最低限の場合しかお化粧をされていないようで、肌への負担が少なくきれいな肌を維持できているのでしょう。

また、「北川景子」さんや「竹内結子」さんなど美しく品のある魅力的な女優さんたちとの交流の機会が増えたことで美意識が向上し仕草や表情が魅力が増してきているのではないでしょうか?まっすぐで人間味のある魅力に女性的な魅力が増したことでかわいらしさが目立つようになっているのかもしれません。

イモトアヤコの素顔を検証!すっぴん画像その①いい女編

こちらは、TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」の収録現場の写真です。見る限りおそらくすっぴんですが、帽子とめがねのおしゃれ度もあいまってとってもいい女風のイモトさんに仕上がってます!

イモトアヤコの素顔を検証!すっぴん画像その②ナチュラル編

「東京ホルモン娘」時代のイモトアヤコさんとバービーさんです。かなりぎらぎらしている印象ですね。特にイモトアヤコさんは、現在の方が良い意味で個性的でナチュラルな印象を抱かせます。万人に愛される顔つきに変わっていったのでしょう。

イモトアヤコの素顔を検証!すっぴん画像その③キレイ編

おそらく、体重をかなり絞っている時期ではないかと思われますが、顎周りがかなりシャーブで清楚な美人、極太眉毛のイモトアヤコさんとはかけ離れている印象ですね。もともと眉毛ひとつで印象が変わりやすいお顔立ちなのかもしれませんね。

イモトアヤコの素顔を検証!すっぴん画像その④可愛い編

こちらは見るからにお風呂上りのすっぴん姿です。でもお肌のすべすべ感が伝わる笑顔がとても素敵な写真ですね。イモトアヤコさんがお茶の間での人気を維持できる秘訣がこの笑顔にあるような気がします。

イモトアヤコの素顔を検証!エベレスト登頂のため歯並び矯正!?

「世界の果てまでイッテQ」で放送された「イッテQ登山部」は数々の山の登頂に挑む企画でした。もともとイモトさんは両サイドに八重歯がありチャーミングではありましたが、歯並びが不揃いな状態でした。

企画の中で「エベレスト登頂」へ挑むにあたって歯の矯正をしたそうです。登頂の為の矯正でしたが、結果的にエベレスト登頂は断念。しかし歯並びを矯正したことで美人度は確実にあがったのでイモトさんにとってはおいしいとこどりでしたね。

可愛いと話題のイモトアヤコさんの年齢は?身長は?

イモトアヤコさんの身長は158cm、体重は48kgとの事ですが、153cmという説もあり真相は定かではありまんせん。また、体重も「世界の果てまでイッテQ!」で「50kgぐらいある」と発言しており、宮川大輔さんとロケをした「アカン運びフェステバル」の際に計測した体重は確かに50kgでした。

09年の7月にインドでのロケの際には41.3kgだったり、15年のバングラディッシュのロケの際には身長159.5cm体重は56.3kgと放送されていました。身長はおそらく15年の放送の159.5cmで相違ないと思われますが、体重にかんしては過酷なロケが続く中で状況に応じて大きく変動しているのではないでしょうか?

イモトアヤコさん、イッテQで大ブレイク!??年収は?

「世界の果てまでイッテQ!」で珍獣ハンターとしてまた、他過酷なロケをこなしているイモトアヤコさんですが、年収が気になるとことです。ちなみに「イッテQ!」のロケは1回につき30万円ぐらいもらっているそうです。

また、吉本の給料や印税など合わせると大体1500~3000万円ぐらいの年収だそうです。内容的に適正なのかは難しいところですが、それでも珍獣ハンターとして仕事を始めたころからすると10倍ぐらいになっているそうなのでやはり芸能界は大変で夢のあるお仕事なのでしょう。

イモトアヤコ、インスタもおしゃれ可愛い!?

面白写真はもちろんですが、おしゃれな写真も多いのがイモトアヤコさんのインスタです。実は、写真家として個展も開催している本格的なカメラマンとしてのスキルをもっていらっしゃいます。イッテQ!の海外ロケの際にもたくさんの写真を撮っているそうですので、写真家としても今後活躍されるのがたのしみです。

可愛いと話題のイモトアヤコ、美女揃いの交友関係!!

イモトアヤコさんの交友関係は、幅広く美人揃いと有名です。一番関係が深いのはやはり「竹内結子」さんでしょうか?竹内さんはシングルマザーとして都内の高級マンションに住んでいらっしゃるようですが、あまりにも仲がよすぎてイモトさんは同じマンションの一室を購入して引っ越してしまったと話題になりました。

お2人の仲の良さは、度々インスタグラムでアップされるプライベートの動画や写真でも見て取れますね。ほかにも「北川景子」さんとはかなり親密なお付き合いのようで、2人の動画や写真での北川さんの打ち解けた表情が印象的です。

【番外編】女性芸人とも交流あり!?セクシーなワタナベ女子会?

もちろん、女芸人さんとの交流もきちんとあるようで、この写真の他にもいとうあさこさんやバービーさんたちとのプライベートな写真や動画もたくさんアップされています。イッテQ!の海外ロケで日本での滞在時間も多くは無いはずなのにかなりアクティブですね。

イモトアヤコさんの学歴

イモトアヤコさんは、鳥取県出身で「岸本町立岸本小学校」から「岸本町立中学校」を経て「鳥取県立米子西高等学校」に進学しています。予断ですが、高校3年生の時に学校のミスコンテストでグランプリを受賞。どう学校祭で劇の主演女優賞、エンターティナー賞など数々の賞を総なめにしたそうです。

大学3年生で芸能界入り!?

大学受験の際は早稲田大学を受験するも不合格となり、文教大学情報学部に進学。大学3年生のときに「ワタナベコメディスクール」に3期生として入所しました。そのままワタナベエンターテインメントに所属しますが、実は、フォーリンラブ結成前のバービーと「東京ホルモン娘」というコンビを組んでいたそうです。

残念ながら「東京ホルモン娘」はブレイクすることなく、イモトアヤコさんが、「世界の果てまでイッテQ!」の珍獣ハンターとしてオーディションに合格し長期ロケが入り始めたことで自然消滅してしまったようです。お2人は現在でも同じ世界で活躍する友人として交流があるようです。

イモトアヤコさんプロフィール

  • 名前:イモト アヤコ 【本名:井本 絢子(イモト アヤコ)】
  • 生年月日:1986年1月12日
  • 出身地:鳥取県
  • 血液型:O型
  • レギュラー番組:「世界の果てまでイッテQ!」等
  • 書籍:「珍獣ハンターイモトの動物図鑑~アフリカ編~」「どうも、どうも、イモトアヤコでございます。」

イモトアヤコさんとNEWSの手越くんはどうなの??

イモトアヤコさんは「イッテQ!」で共演しているジャニーズ事務所所属の手越祐也さんと仲良しすぎると2人の関係を怪しむ噂が絶えません。本来であれば、珍獣ハンターとアイドルではありえないはず・・それでも疑われるほど仲良しのお2人のエピソードとは??

手越祐也に捧げた「クライミングウォール」!!

スイスで世界一のクライミングウォールに挑戦!!という企画でしたが、本来「手越祐也」さんが挑戦する予定Dした。挑戦する「壁」を見た手越祐也さんは、危険を感じ挑む前からギブアップの声を上げてしまいます。手越さんから「イモトアヤコにお譲りします」と名指しされ、イモトアヤコさんが代役として引き受けました。

クライミングウォールとは、突起をつけた人口壁を登る競技ですが、この企画で上る壁はなんと165m!世界一の壁に挑むイモトアヤコさん!途中リタイアしそうになりながらも4時間かけて見事上りきったのです。それが手越さんへの愛なのかチャレンジャー魂なのかは定かではありませんが、いずれにせよ上りきった根性に脱帽です!!

イモトアヤコさんと手越祐也さん公衆の面前で抱擁!!

イモトアヤコさんが「イッテQ!登山部」としてエベレストへ出発する際に、手越祐也さんからハグしたそうです。また、2009年の24時間テレビでマラソンランナーとして完走したイモトアヤコさんをゴールで手越祐也さんがハグで迎えました。

安室奈美恵信者!イモトアヤコ!?

イモトアヤコさんの安室奈美恵さんへの「安室愛」は有名ですね。「世界の果てまでイッQ!」でも度々弄られており、以前ロケのスケジュールが予定通りにいかず、帰国し行く予定だった安室さんのライブに行けなくなり撮影中に号泣してらっしゃいました。

引退報道後は、「世界の果てまでイッテQ!」で「大好きな安室ちゃんが引退するんです!!?」と叫びで番組予告をしたり、「一度は訪れたいトルコ三大世界遺産」を紹介した際には、カッパドキアで恒例となった安室奈美恵の名曲プレイバックで絶景映像を公開。イモトさんの安室ちゃんコスプレ姿も披露。安室さんへの愛が溢れまくってますね。

最後に・・・・・

今回はイモトアヤコさんの素顔検証を中心にふかぼりしてみました。確かにすっぴんは肌もきれいで歯並びも矯正して外見が変貌していることはもちろんですが、いろんなものに真摯にまっすぐぶつかっていくイモトアヤコさんの魅力を改めて再認識でききました。これからもいろいろなジャンルで幅広くご活躍されることを祈っております。