【生きる伝説】ビートたけしの「名言」「車」「年齢」別エピソード一挙公開!? お笑い

【生きる伝説】ビートたけしの「名言」「車」「年齢」別エピソード一挙公開!?

お笑い・俳優・映画監督と幅広く活動されているビートたけしさんは、2018年9月4日に熊本県立劇場で、初の地方ほぼ単独ライブを開催予定です。そんな今も伝説を作るビートたけしさんの名言や車、年齢にまつわるエピソードをどうぞ!

ビートたけしの年齢別名言と車とは?

ビートたけしさんの名言には様々ありますが、人気の名言の一つに、「宝くじと努力は同じ様なもの」と説明している事があります。努力が実ったり、宝くじが当たるかはわからないものですが、実際努力して、宝くじを買わないと実る事もないし、当たる事もないという事です。

この名言に加えてビートたけしさんを見ていると、宝くじを買うようなワクワク感を浅草の下積み時代の努力をそのように思っていたように思えます。年を重ね高級車を買うというのもワクワク感。松本人志さんも言うように芸人にとって子供っぽい心が大切なのかもしれませんね。

ビートたけしの名言を解読!?

2016年に解散した芸人「アリtoキリギリス」がボキャブラ天国で売れる前に、たまたま同じお店にいたビートたけしさんがその店でかかったお代を奢ってくれたようです。そこで、アリtoキリギリスはビートたけしさんにお礼を言うと、売れたら使ってね、とおっしゃり高級車で帰っていったという名言エピソードがあります。

このエピソードは、売れてない芸人を自分の若い頃を思い出すかのように見学している時間を作っている所、そして、大御所にもかかわらず、冗談でも下手に出る器の大きさを示したエピソードと言えるでしょう。こういう所があるから、たけし軍団のビートたけしさんの神格化があるのかもしれませんね。

ビートたけしの年齢と若き日のエピソードとは?

ビートたけしさんの年齢は、1947年1月18日生まれで今年71歳になりました。後期高齢者まであと4年に迫ったビートたけしさんは、現在ダウンタウン等あらゆる芸人さんと仕事する事が増えていますが、昔は志村けんさんと一切関わっていなかったようです。

それは、志村けんさんのコントが目標であり、ドリフターズのような面白いコントを作りたい想いがあり、俺たちひょうきん族を作る事になったようです。今や誰もがあこがれるビートたけしさんも年齢が若い頃には目標とする方がいらっしゃったんですね。

ビートたけしの愛車とエピソードとは?

ビートたけしさんの愛車として高級車であるヴェイロンとロールスロイスが有名です。ヴェイロンは約2億円払い購入し、ロールスロイスは約5千万円くらいですがお金あれば良い訳でなく、半年間程の審査を受けて乗るにふさわしい方だけ乗れる高級車です。これだけでも驚きですね。

あとは、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ等などです。ちなみに、昔たけし軍団の一人つまみ枝豆さんが、ビートたけしさんに「今欲しい物なんだ?」と聞かれ「ベンツ」と答えたようです。そこで、たけしさんは「買いたい時に買うのが一番」と現金八百万を渡したようです。

ビートたけしの伝説名言とは?

ビートたけしさんは、何気ない日常生活の中で日々触れる事からも名言を作りだします。例えば、日々日常生活において必ずと言っていいほど目にする信号ってありますよね?この信号に関する名言で、赤信号みんなで渡ればこわくない、なんて今も日々思い出すような名言も言っています。

ビートたけしさんといえば「コマネチ」という名言といいますかギャグを思いつく方が多いと思いますが、このコマネチというのは、ロシアの体操選手の事です。このコマネチさんはビートたけしさんが名前を使っている事に気づき肖像権として200万円支払いしたというある意味伝説があります。

ビートたけしとタモリ現在年齢と何してるか?

ビートたけしさんとタモリさん、そして明石家さんまさん3人をビッグ3といい、かつて27時間テレビの生放送で、明石家さんまさんの新車をビートたけしさんが奪って塀にがんがんぶつけるという事をやった伝説があります。そんなビートたけしさんは71歳タモリさんは今年73歳になります。

タモリさんは、引退説はあるものの、ブラタモリ等自分の空気感を継続して保ちながら番組を続けています。ビートたけしさんは、現在もその時にやりたい事をやる!という素晴らしい人生を送っています。そのやりたい事が小さな劇場で単独ライブと評して震災があった所の応援的な感じがあるのが、ビートたけしさんらしいですね。

ビートたけしの映画作りに関する名言は年齢関係なし!?

ビートたけしさんは、清貧という言葉を大切にされています。清く貧しく美しくという言葉です。この言葉の意味を伝える方法がビートたけしさんの生き様であったり、映画だったりすると感じます。全体を通して一環として、その清貧で、この世に生まれ、生きて、死ぬだけで幸せである事を実践しているのでは?と思います。

キッズリターンやアウトレイジ、菊次郎の夏等などあらゆる作品がありますが、常に足元を見る大切さを伝えているのではないか?とつくづく感じます。教師と反面教師を見てもらい、それぞれ観る者が考えるというより感じる映画を作っているのでは?とふと振り返って感じました。

ビートたけしが愛車ヴェイロンを買った年齢と名言は?

ブガッティ・ヴェイロンの発売は2006年ですから、ビートたけしさんが、60歳前後の年齢の時に購入されたようですが、一部車のメーカー側が話題づくりのためにビートたけしさんにプレゼントしたという噂もあるようです。ビートたけしさんはそこまで高級車が好きなのか?

好きなのは、好きな人が車好きであり、喜ばせる為に買っている可能性があると思います。所ジョージさんに運転させて助手席で笑っている、という噂もあながちありそうな話しですね。時速400km出る車ですが、そこまで出して一人お笑いウルトラクイズを再開しようとしたのかもしれませんね。

ビートたけしが愛車ロールスロイスを買った年齢と名言は?

ビートたけしさんがロールスロイスをはじめに買おうと思ったのは、芸人一本でやっていた時の年齢です。ただ、ロールスロイスはお金があれば良いという訳でなく、審査があります。当時芸人という仕事のイメージがロールスロイスに合わないという理由で審査に落ちたそうです。

その後、俳優や映画監督等の仕事をはじめ、かつ評価されるようになったあとに、ロールスロイスを購入されました。はじめ、断られたロールスロイスを再度買おうと思う素直さが素晴らしいですね。一度審査で落とされたら、芸人をそういう目で見るメーカーでは買わない!とはならない所が大人ですね。

ビートたけしの名言を人生勉強に生かす方法は?

ビートたけしさんの名言のうちで、夢と目標の違いについて話していた事があります。夢は夢でしかないので、現れたり消えてしまったりするとおっしゃってます。一方、目標は、上がっていけば、更に上の目標ができるもの、という事で目標を持つ大事さを伝えていますね。

多少違うかもしれませんが、今話題のオウム関係で洗脳を解いた脳科学者苫米地英人さんは、目標を具現化したらそこまでの目標にしか達する事ができないので、抽象的な根拠のない自信の大事さを解いています。自分で絵が描ける事は実現可能で、更にその上の目標を設定すると実現する流れがくるという事ですね。

豊臣秀吉とビートたけしの驚くべき名言共通点とは?

小林正観さんが生前ビートたけしさんは、豊臣秀吉さんの生まれ変わりと仰っていたことがありました。生まれ変わりがあるかないかは、おいといたとしても、似たような部分が多いのであれば面白い話ですね。豊臣秀吉さんもビートたけしさんも下積みして成りあがったのと人に好かれる点は共通点ですね。

豊臣秀吉さんの名言としては、戦争はは6,7割の価値を十分とする、という言葉があります。10割勝手しまうと人間油断をしてしまうようで、かつ相手に敵視されマークがきつくなるようです。M1で優勝者より2位の方が売れる理論と関係があるやら、ないやらですね。

ビートたけしと同じ年齢の有名人は?

ビートたけしさんと同じ芸能人の代表格は、高田純次さんです。ビートたけしさんも高田純次さんも70歳超えているように感じないですね。お二方とも、天才たけしの元気が出るテレビで共演されてますね。小田和正さんも同い年のようです。

あとは、稲川淳二さんや泉ピン子さん、桂ざこばさんと多くの有名人がいる年でもあります。逆にいうと当時ビートたけしさんと同じように下積みで努力した芸人さんが日の目を見ず諦めた方も多かったのでしょうね。

ビートたけしの驚愕車エピソードとは?

ビートたけしさんの車エピソードとしては、つまみ枝豆さんへ、ベンツ台として現金800万円を渡した話しが有名ですが、ポール牧さんとの思い出話しを基盤として作った歌が浅草キッドという話しがあります。車はエピソードの一部として出てきます。

ビートたけしさんは、売れる前ポール牧さんにえらいお世話になっていて、立場が逆転して、ポール牧さんを含めた飲み会のあとタクシー代をポール牧さんに渡そうとすると、「10年早い」と仰ったようです。そんなタクシーという車に関するエピソードでした。

ビートたけしのほっこりする車についての考え方に感動!?

ビートたけしさんが車に対する考え方については、他の名言から若干感じる部分があります。その名言は、自分の為に死んでくれる人がいてくれるよりも、自分がその人の為なら死んでも構わないと思える方が幸せだと思う、というような事を話しています。

これは、恋愛の好きになるか好きになられるか論的なもののような気もしますが、つまり、自分が心底惚れこむ人に対して全力でやれることをやるという事かな?と思いますが、そこまでいかないかもしれませんが、所ジョージさんにロールスロイスやヴェイロンを運転させるというのもそうかな?と思ってしまいました。

ビートたけしの姓名判断から名言と車と現在年齢を考える

芸人ビートたけしさんと映画監督北野武さんで姓名判断が違うだろうから、考え方も違うかな?と思って調べてみましたが、基本どちらもとても大変良い字画らしく、売れるのは出来レースのようなものらしいです。だいたい姓名判断では良い事書いてあるのでなんとも言えませんが、成功者の画数のようです。

ただ、人間関係に関して気を遣いすぎるような面があるようで、ビートたけしさんの場合、気を遣ってないように見せる気の遣い方をしているように見えて、確かに繊細な所もあり、様々な事を考慮して車の購入も踏ん切り付けたのかな?なんと思ったり思わなかったりですね。

ビートたけしは今後どのような名言を生み出すのか?

ビートたけしさんは、今年熊本で初の東京以外の地域で、ほぼ単独ライブを行います。大御所といっても、時々舞台に上がって、言いたい事を言うという、ビートたけしさんがおっしゃる言葉を日々聞いている、たけし軍団さんから、また新しいネタが出てくるでしょうね。

2018年オールナイトニッポンでラジオ出演もする71歳ビートたけしさんが見ている目標は更なる高みと低み両方見ながら、新しい名言をこれからも死ぬまで作り上げて行く事でしょう・・・終活していて、その時最大のネタがあり最後の名言があるかもしれませんね。