山葡萄原人とは?韓国人や朝鮮人の祖先?その真相や韓国の反応 エンタメ

山葡萄原人とは?韓国人や朝鮮人の祖先?その真相や韓国の反応

山葡萄原人と呼ばれる原人を知っていますか。山葡萄原人はエベンキ族に近いこと、そして人食い人種であったこと、さらには朝鮮人のルーツである可能性について解説いたします。この事実は嘘かデマか、韓国の反応も合わせてご紹介いたしますのでチェックしてください。

目次

[表示]

山葡萄原人って何?韓国人の祖先って本当?嘘?

MemoryCatcher / Pixabay

山葡萄原人を知っていますか。多くの人は初めて聞いたかもしれませんが、この山葡萄原人は新種の原人として話題を呼んでいるのです。さらに、この山葡萄原人は朝鮮人の祖先と言われています。

もし、この山葡萄原人が本当に朝鮮人の祖先であれば、世界的な大発見となります。この事実は本当か嘘なのか、常識を根底から揺るがすような、山葡萄原人について詳しく解説いたします。

山葡萄原人とは?

pennz / Pixabay

山葡萄原人とは、どのような存在なのでしょうか。そして、この山葡萄原人はどこで発見されたのでしょうか。

新しく発見されたこの原人には、まだまだ謎に包まれている部分が多数ありますが、現在わかっているとについてご説明いたします。

山葡萄原人とはどのような人種で、現在の人種とどう繋がっていくのでしょうか。この噂が嘘か本当なのか、ぜひチェックしてください。

悪魔の門の洞窟で発見された頭蓋骨

Pexels / Pixabay

山葡萄原人は、悪魔の門と呼ばれる洞窟で発見されています。悪魔の門はロシアのウラジオストクの北部にある沿海地方の洞窟です。この場所で約、7700年前の頭蓋骨が発見されています。

20代と40代の女性であったことがわかっており、スーパーコンピューターによって解析を行うと南方系人であることがわかりました。

これはとても衝撃的な事実であり、世界的にも大きな発見です。謎の包まれていたことが解き明かされる発見になったことは間違いありません。

山葡萄原人はホモサピエンスではない

UnifiArt / Pixabay

そして、研究を進めていくことで驚くべきことがわかったのです。この山葡萄原人は、ホモサピエンスではないという説です。

人類はホモサピエンスが共通の先祖という説が今までは当たり前でしたが、この説を完全に否定する結果になったのです。

つまり、山葡萄原人は完全に別の原人であり、DNAは朝鮮人にとても近いとされたのです。ホモサピエンスについては、今まで常識的な説として語られてきましたが、この発見により完全に覆される結果になりました。

同じく旧原人であるエベンキ族

1494202 / Pixabay

また、山葡萄原人は旧原人であるエベンキ族だという説もあります。エベンキという言葉には「野蛮」と言った意味や「汚い」と言う意味があります。

そのため、韓国人はあまりいい印象を持っていませんが、山葡萄原人とエベンキ族とは深い関係があるとされたのです。エベンキ族と韓国人との繋がりは、韓国人にとっては喜ばしくない説です。

もしこの説が正しいとされれば、大きく今までの常識が変わってくるかもしれません。

エベンキ族は山葡萄原人の末裔

sasint / Pixabay

こういったことから、エベンキ族は山葡萄原人の末裔と考えられます。エベンキ族はもともとは山葡萄原人だったということになれば、世界的に大きな発見になることは間違いありません。

今までの歴史や常識が大きく変わってしまう事態に、世界中が注目しました。もちろん、エベンキ族は山葡萄原人の末裔という話しは仮説でしかありません。

まだまだわかっていない事実などもありますので、今後も注目されることは間違いありません。

山葡萄原人についての韓国の反応は?

huweijie07170 / Pixabay

では、山葡萄原人について韓国はどのようにとらえているのでしょうか。

先ほども説明した通り、そもそもエベンキ族に対していいイメージを持っていない韓国のため、山葡萄原人へ対して韓国の反応もいいとは言えません。

しかし、ある教科書にもこの事実は登場するため、信憑性は決して低くはありません。韓国ではどのように受け止めているのかについて、ご説明いたします。

北朝鮮の教科書に載っているためデマではない可能性大

山葡萄原人と朝鮮人との関係については、実は北朝鮮の教科書にも載っています。朝鮮人はホモサピエンスの先祖ではなく、別の原人から誕生した人種であると掲載されているためデマではない可能性が高いです。

この山葡萄原人の説については、科学的な根拠はなくあくまでも噂話という説もありますが、北朝鮮ではそう教育しています。

世界的に共通の教育とは言えませんが、デマである可能性も低いです。

エベンキという名前に対していい印象を抱いていない

RyanMcGuire / Pixabay

エベンキという名前に対しては、先ほどもご説明した通りいい韓国の反応はよくありません。

韓国ではエベンキ族が韓国人のルーツとインターネットで書き込みなどを行うと、書き込みが削除されたこともありました。

つまり、観光ではエベンキが先祖であるという説は否定的な考えになっているのです。

韓国では受け入れられていない

geralt / Pixabay

韓国ではエベンキ族が先祖ということを一切受け入れていません。「野蛮」「汚い」と言った意味を持つエベンキという言葉を受け入れていないことは理解できます。

韓国では、民族のルーツに対する研究があまり行わていません。韓国は長い歴史を持つ民族とは教えられていますが、なぜかルーツに対しては研究や公表があまりされていないのです。

山葡萄原人の特徴

wjgomes / Pixabay

では、山葡萄原人の特徴について解説いたします。発見された骨のDNAから、さまざまなことがわかっています。山葡萄原人はどのような人種だったのでしょうか。

そして、どのような思想を持っていたのでしょうか。山葡萄原人には、驚くべき特徴もあったとされています。山葡萄原人の特徴について詳しくご説明いたします。

力が強い

RyanMcGuire / Pixabay

DNAからわかったことは、山葡萄原人はかなり力が強かったことです。200㎏以上ある荷物を、一人で持ち上げて運ぶことができるほどの力を持っていたようです。

山葡萄原人は、洞窟で発見されていおり、この民族が岩山で暮らしていたことがわかっています。そのため、これほどまで大きな力を得ることができたと考えられています。

暴力的で人食いの噂も

また、山葡萄原人は暴力的な一面も持っていたとされています。他の民族を殺してしまったり、さらに人食いをしていたという噂もあります。

普段は洞窟の中でひっそりと暮らしていますが、他の民族を食料のために襲い連れ去るようなことをしていたと噂されています。

エベンキ族が野蛮で暴力的な人種だったことから、山葡萄原人のこの説も間違っていないかもしれません。そして本当に人食い人種だった場合は、衝撃的な事実です。

臭いものが好きという可能性も

LubosHouska / Pixabay

山葡萄原人は、臭い食べ物が好きだったという可能性もあります。山葡萄原人はエベンキ族と類似していると言う説がありますが、エベンキ族は臭い食べ物が好きだったようです。

トナカイの肉も生で食べる民族とされています。あくまでも可能性としての話ですが、こうした類似点が山葡萄原人にもあった可能性は否定できません。

技術的革新を生み出しにくい特徴

FunkyFocus / Pixabay

山葡萄原人は、技術的な革新を持ちにくい特徴があった可能性があります。山葡萄原人はとても力持ちだったこともあり、物を人力で運ぶと言う考え方が当たり前でした。

つまり、車のような道具を使って物を運ぶと言う思想を持ちにくかったのです。そのため、他の人種よりもこうした技術的な進歩が遅れていた可能性があります。

山葡萄原人説は朝鮮人に対する差別に繋がる可能性も

mmi9 / Pixabay

この山葡萄原人説は、朝鮮人に対する差別に繋がる可能性もあります。山葡萄原人はエベンキ族と同じく野蛮で汚いと言うイメージがあるため、他の民族よりも劣っていると思われてしまうのです。

実は現在でも韓国では「白丁」と言う差別があります。白丁は住所や戸籍が存在しておらず、職業の自由もありません。

こうした差別も、もしかするとエベンキ族と何らかの関係があるのかもしれません。

日本人のルーツは中国の雲南省?

chxfly9527 / Pixabay

では、日本人はどうでしょうか。日本人のルーツは中国にあるという説がありますが、実際はどうでしょうか。中国は多民族国家であることは間違いなく、全部で55もの民族から形成されています。

この中に日本人に通ずる民族が存在しているのでしょうか。あくまでも仮説ではありますが、次の解説をチェックしてみてください。

日本人の特徴が中国雲南省の少数民族と類似している

dc20462 / Pixabay

日本人のルーツは中国の雲南省と言う説があります。日本人のルーツが中国であるということに対しての驚きはありませんが、雲南省とまで仮説とはいえわかっています。

雲南省に住んでいるハニ族が、日本人に見られる体系の特徴や風習、さらには現地語で使われる発音などが類似しているのです。

こうした多くの共通点から、中国の雲南省の民族が日本のルーツではないかと考えられています。

韓国人のルーツは湖北省だという説も

igorovsyannykov / Pixabay

そして、韓国人のルーツは湖北省と言う説があります。これは現在の韓国の地図と湖北省にある地図を比べると、同じ地名などが存在していたことでわかりました。

さらには、歴史的文献で調べても、韓国のルーツは湖北省であるという可能性がとても高いのです。

もちろん、この説も先ほどの日本人のルーツの話と同じく仮説ではありますが、信憑性は高いと言えるでしょう。

山葡萄原人説の信憑性は高い

aalva650 / Pixabay

山葡萄原人説をご紹介しましたが、多くの内容は仮説に過ぎません。しかし、さまざまな情報やデータから信憑性はとても高いと言えます。

もちろん、まだまだわかっていないことは多々ありますが、朝鮮人は山葡萄原人がルーツである可能性は高いです。

これから山葡萄原人についての研究などは進められていくでしょう。今まで信じられてきたことが覆される事実も出てくるかもしれません。