千野志麻が起こした事故の詳細は?逮捕されなかった理由とは? エンタメ

千野志麻が起こした事故の詳細は?逮捕されなかった理由とは?

元フジテレビアナウンサー・チンパンこと千野志麻。事故のその後に関してケラケラ笑いながら話していたことに、世間からバッシングを集めました。千野志麻の現在や幼稚園からエリート街道を突き進んできた旦那や、賠償金地獄の真相について紹介します。

目次

[表示]

元フジテレビアナウンサー千野志麻のプロフィール

チノパンという愛称で活躍していた元フジテレビアナウンサーの、千野志麻。退社後はフリーアナウンサーとして活動を続けていましたが、その後2013年に起こした死亡事故により世間に衝撃を与えました。

生年月日や出身地

telophase / Pixabay

千野志麻は2000年にフジテレビに入社します。2005年に同局を退社し、2008年には双子の男児を翌年には女児を出産しました。まずは彼女のプロフィールから見ていきましょう。

  • 本名:横手 志麻(よこて しお)
  • 愛称:チノパン
  • 出身地:静岡県沼津市
  • 生年月日:1977年8月9日
  • 血液型:AB型
  • 最終学歴:聖心女子大学文学部

フジテレビのアナウンサーとして活躍

cdu445 / Pixabay

フジテレビに入社した同年の10月から翌年9月まで、深夜トーク番組の司会を努めます。深夜番組とはいえ、新人の女子アナウンサーがレギュラー番組の司会に抜擢されるのは期待度の現れだったのでしょう。

チノパンという名前で親しまれる

チノパンという愛称でお茶の間から人気を集めていた千野志麻。同期には梅津弥英子、政井マヤがいます。2002年にはめざましテレビのスポーツキャスターに抜擢されますが、約1年で降板してしまいました。

人気のままフジテレビを退社

ernestoeslava / Pixabay

「FNNレインボー発」では初めての女性キャスターに抜擢されるなど、何かと注目されていた千野志麻。人気のさなか2005年にはフリーになり、司会やCMなどさらなる活躍の場を広げることとなりました。

2006年に横手信一と結婚

退社した翌年の2005年12月に、横手信一と結婚します。2008年には双子の男児、2009年には女児を出産と順風満帆な生活を送っているように思われました。しばらくは家事・育児に専念していたようです。

横手信一って誰?

Free-Photos / Pixabay

千野志麻の旦那となった横手信一は、一般人男性です。外資系会社ゴールドマン・サックスに努めていて、年収は5,000万円とも言われています。いわゆる玉の輿婚です。

千野志麻は2012年に本を出版

Marisa_Sias / Pixabay

2012年「幸せをつかむ言葉の習慣」という本を出版しています。事故前に出版しましたが、レビューには辛辣なコメントが並んでいます。本には自分を底上げできる話し方の技術などが書かれています。

千野志麻が2013年に起こした死亡事故とは

玉の輿にのり、子供を出産し本を出版。フリーになっても第一線で活躍を続ける千野志麻でしたが、2013年に衝撃的なニュースを世間に与えることとなります。彼女が死亡事故を起こしたというのです。

人をはねて死亡させる

事故が発生したのは2013年1月2日、静岡県沼津市内にあるビジネスホテル駐車場内でした。そのビジネスホテルは千野志麻の実家からもわずか5分ほどの距離。目と鼻の先で、重大な事故が起きてしまったのです。

千野志麻が運転している車が男性と接触

事故当時、千野志麻は運転をし旦那と子供も乗車していました。駐車場から出ようとしたところ、運転席から降りてきた男性と接触したことが原因。ブレーキをかけていなかったため、男性にのりあげる形となりました。

被害者は成人男性

TheHilaryClark / Pixabay

事故の被害者となったのが、当時看護師を努めていた38歳の男性でした。救急車で運ばれた病院先で、命を引き取ってしまったそうです。千野志麻は自動車運転過失致死で送検されることととなりました。

逮捕されず上級国民だと炎上

尊い命を奪ってしまった事故でしたが、送検後に千野志麻が逮捕されることはありませんでした。この件が世間ではさまざまな憶測を呼ぶことになります。彼女が上流階級だから逮捕されないのか?という声もでました。

千野志麻の父親は権力者?

3844328 / Pixabay

千野志麻の父親は沼津市で建設会社を経営し、市議会議員も努めているそうです。権力を持つ人物ということから、圧力をかけたのでは?という噂が出ています。

旦那の叔父が政治家?!

geralt / Pixabay

千野志麻の旦那である横手信一の叔父は、なんと元総理大臣の福田康夫氏です。夫婦共々、親類に権力者がいるため逮捕されないのではないかと言われました。まるでドラマのストーリーのような信じられない理由です。

千野志麻が逮捕されなかった理由

WikimediaImages / Pixabay

実際に考えられる千野志麻が逮捕されなかった考えられる理由は次のとおりです。危険運転とみなされなかったこと、すぐに100番通報したこと、事情聴取に素直に応じたことにより、逮捕されない場合があります。

賠償金地獄になっている?

略式裁判なら50万円の罰金と言われていたこの事故。しかし被害男性の生涯収入、精神的苦痛に対しての慰謝料、裁判費用など全て合わせて7,000~8,000万にもなる賠償金地獄になるのでは?と言われました。

実際には100万円の罰金刑?

geralt / Pixabay

賠償金に関してもさまざまな憶測を呼びましたが、実際には静岡簡易裁判所から100万円の罰金刑を言い渡された千野志麻。罰金100万円は即日に納付されたそうです。賠償金の有無は明らかにされていません。

事故のその後について

geralt / Pixabay

フリーになってからも順調に仕事を続けていた千野志麻でしたが、2013年の事故発生後はスケジュールは白紙に。ラジオやテレビ番組のレギュラーは全て降板し、表舞台から姿を消しました。

千野志麻は事故を反省していない!?週刊誌で報じられた内容とは

geralt / Pixabay

事故後はひっそりと暮らしているかのように見えましたが、週刊誌では世間をざわつかせる内容が報じられました。事故の様子をケラケラ話していたというのです。それが本当であれば一体どんな精神状態なのでしょうか?

子どものいたずらを注意しない

週刊誌が報じたのは千野志麻が参加するママ会での出来事でした。千野志麻の子供は脱いだ靴を投げたり、その靴が他の子供にあたったりとやりたい放題。彼女はその様子を見ても注意をしなかったそうです。

事故についてケラケラ笑いながら話す

StockSnap / Pixabay

子供のことがあり、周りの客から白い目線が向けられる中、千野志麻に対して一人のママ友が質問を投げかけます。その質問に対しての答えが、それまで和やかだった空気を一変させるほどありえないものでした。

あの事故は終わったこと?

kelseyannvere / Pixabay

ママ友は事故の被害者遺族について質問をしたそうです。それに対し、千野志麻は「あれは終わったことだから!」とケラケラ笑いながら話したとか。その様子を見て、周りのママ友たちは一斉に凍りつきました。

千野志麻は現在もセレブ生活を満喫中?

1643606 / Pixabay

事故発生後は引きこもり、質素な生活を送っていた千野志麻。すぐに日常に戻り、現在はとてもセレブリティな生活を送っているようです。数々なセレブリティな生活模様をまとめてみました。

軽井沢に別荘を建てる

imbrouwer / Pixabay

千野志麻は2013年6月に軽井沢に別荘を建てます。この時期は事故からたった半年しか経っていません。2011年に土地は購入していて、落ち込む千野志麻を思い建設を早めたのではないか?と言われています。

建てられたのは豪邸

Gewiss / Pixabay

建てられた別荘は土地と建物をあわせると、2億はするという豪邸です。毎週末には別荘に通い、友人たちを呼んでパーティーをしていることもあるそうです。旦那の愛情でもありますが、冷ややかな目線を向ける人も。

ハワイ旅行を満喫

BKD / Pixabay

一般的な感覚では信じられないことですが、千野志麻は2013年から2014年の年末年始には家族でハワイ旅行をしています。もちろんこれも、ふさぎ込む彼女を元気づけようと計画されたものなのかもしれません。

周りからは冷ややかな目でみられることも?

ふさぎ込む妻を元気づけようとする愛情は素晴らしいものです。しかし事故からわずか1年しか経っていない状況で海外旅行をするその感覚は、世間から冷ややかな目を向けられてしまうのは仕方ないかもしれません。

NEXT:子どもは名門幼稚園から名門小学校へ
1/2