八千草薫の若い頃がかわいい!不倫・略奪愛や子供についても紹介 エンタメ

八千草薫の若い頃がかわいい!不倫・略奪愛や子供についても紹介

2019年10月に惜しまれつつもこの世を去ってしまった八千草薫さん。とてもかわいいと注目された宝塚時代の若い頃の写真や、子供の有無などの家族構成、夫と結婚する際に浮上した不倫疑惑や略奪婚の真相、八千草薫さんの本当の死亡理由を紹介します。

目次

[表示]

八千草薫の若い頃!不倫の噂や家族について

ドラマや映画、舞台で独特の存在感を魅せていた八千草薫さん。若い頃がとてもかわいいと注目されていたのは有名です。今回は日本の大女優・八千草薫さんのあの噂や家族構成についてまとめてみました。

八千草薫はどんな人?

八千草薫さんは宝塚歌劇団出身の女優です。1951年「宝塚夫人」でスクリーンデビューをしたことをきっかけに、さまざまなテレビドラマや映画、CMにまで出演し幅広い場面で活躍をみせていました。

脇役でもひかる存在感

raheel9630 / Pixabay

脇役でのスクリーンデビューでしたが、あまりにも美しい顔立ちにお茶の間の知名度は一気に広まりました。「男はつらいよ・寅次郎夢枕」や「ハチ公物語」など数々の名作に出演し、めきめきと実力をつけていきます。

八千草薫のプロフィール

幼少期に父親を亡くしているため、母子家庭で育った八千草薫さん。空襲により家が焼けてしまい、過酷な思春期時代を過ごしていたようです。この頃から華やかな世界に憧れを抱いていたと、後に話しています。

  • 本名:谷口瞳(たにぐちひとみ)
  • 旧姓:松田瞳(まつだひとみ)
  • 生年月日:1931年1月6日
  • 没年月日:2019年10月24日
  • 出身地:大阪府
  • 所属事務所:柊企画

宝塚歌劇団出身

八千草薫さんは聖泉高等女学校在学中の1947年に、宝塚音楽学校に合格し入団します。1952年に演じた「源氏物語」の若紫がきっかけで人気を集め、宝塚歌劇団娘役として一世風靡することとなりました。

1957年に宝塚歌劇団を退団

mgnorrisphotos / Pixabay

宝塚歌劇団で約10年ほどのキャリアを積んだ八千草薫さん。花組公演「みにくい家鴨の子/王春讃歌」を最後に、宝塚歌劇団を退団します。人気絶頂中の、1957年5月31日のことでした。

女優としても活躍した

宝塚歌劇団在団中から、数々の東宝映画に出演しています。「男はつらいよ・寅次郎夢枕」や「ハチ公物語」など多くの名作に携わりました。良妻賢母の役から不倫に溺れる妻の役まで幅広く演じています。

八千草薫の若い頃がかわいい!

内面からにじみ出る美しさ、誰もが見惚れる外見の美しさ、両方の魅力を併せ持つ八千草薫さんは、一気にトップスターへと上り詰めます。演技力はもちろんのこと、やはり注目したいのはその美貌ではないでしょうか?

美しすぎる若い頃の画像

とにかくかわいい!と話題なのが八千草薫さんの若い頃の写真です。Twitterにも多くの若い頃の画像が出回っていることから、幅広い世代が認める美しさなのがわかります。清純派女優そのものの佇まいです。

お嫁さんにしたい人NO.1だった

東宝映画でも華やかな存在感を魅せる八千草薫さん。宝塚在団中からその美貌は注目され「お嫁さんにしたい有名人」に何度も選ばれています。飾らない美しさを醸し出す彼女を見ていたら、その結果も納得です。

八千草薫の夫や子供について紹介

若い頃から「お嫁さんにしたい有名人」として注目された八千草薫さんの心を射止めた人物がいました。次は八千草薫さんの家族構成や、夫、子供についてみていきましょう。不倫略奪婚の噂も囁かれています。

夫は映画監督の谷口千吉

八千草薫さんは1957年に谷口千吉氏と結婚しました。26歳という若い頃に19歳もの年上の男性と結婚したのは、世間を驚かせたことに間違いありません。親子ほどの年の差結婚というのは当時珍しいものでした。

谷口千吉とは?

350543 / Pixabay

谷口千吉氏は当時有名な映画監督です。カメラマンだった三船敏郎氏を口説き落とし、俳優の世界に招き入れた人物でもあります。1956年放映の「乱菊物語」が八千草薫さんと谷口千吉氏の出会いのきっかけです。

おしどり夫婦に

Netpotent / Pixabay

谷口千吉氏は3度目の結婚ということもあり、周りからは心配された2人の夫婦生活。しかし2007年10月に谷口千吉氏が亡くなるまでの約50年間、連れ添いました。芸能界ではおしどり夫婦と呼ばれています。

母親からは反対されていた?!

Ramdlon / Pixabay

宝塚でのキャリアは積んでいたものの女優としてはこれからという時に、結婚に踏み出した八千草薫さん。母親からは結婚を猛反対されていたようです。谷口千吉氏が3度目の結婚というのも、ネックだったのでしょう。

女優の若山セツ子から略奪した?

八千草薫さんのスクリーンのイメージからは想像できない噂が、浮上します。谷口千吉氏との結婚は不倫略奪婚だったというのです。この噂の真相について調べてみると、八千草薫さんの影の部分が見えてきました。

谷口千吉の女性関係

Babienochka / Pixabay

才能がある谷口千吉氏はモテていたのでしょう。先述したように、八千草薫さんとの結婚は3度目です。1度目は脚本作家の水木洋子さんと結婚し、翌年に離婚。2度目は女優だった若山セツ子さんと電撃結婚します。

婚姻中に交際開始

3194556 / Pixabay

どうやら八千草薫さんと谷口千吉氏は婚姻関係が続いている最中に、付き合い始めたようです。乱菊物語の撮影中に関係を持ち、クランクアップしてすぐに離婚を切り出しています。真実は闇の中ですが可能性は高いです。

離婚は谷口千吉から

Free-Photos / Pixabay

谷口千吉氏から切り出したことで、若山セツ子さんとの離婚が成立します。当時はあまり騒がれませんでしたが、現在同じようなことがあったら世間から猛烈なバッシングを浴びたことでしょう。

若山セツ子は精神的に不安定に

Free-Photos / Pixabay

突然離婚することとなった若山セツ子さんは、精神的に不安定になってしまいます。奇行を起こすようになり、芸能界引退することとなりました。後に復帰を果たしますが、まもなく引退を表明します。

50代という若さで亡くなる

Carola68 / Pixabay

精神的に傷をうけた若山セツ子さんに追い打ちをかけたのが、一緒に暮らしていた家族が立て続けに亡くなったことでした。精神はさらに悪化し入院を余儀なくされます。入院先で50歳という若さで亡くなりました。

子供はいない

優しくて可愛らしいお母さんという役柄のイメージが強い八千草薫さんですが、実生活では子供はいません。子供がいない理由は明らかにされていませんが、女優としての人生を優先したのかもしれません。

大黒柱となり家計を支える

12019 / Pixabay

結婚後、谷口千吉氏は東宝から仕事を与えられず、実質的に3年間干された状態となりました。そこから除々に仕事も減ってきていたようです。八千草薫さんが大黒柱となり、夫婦生活を支えていたのかもしれません。

仲睦まじい姿も目撃される

pprasantasahooo / Pixabay

谷口千吉氏は60代で車の免許を獲ります。免許取得後は、八千草薫さんを撮影所まで送迎していたようです。女性関係においては堅実とは言い難い谷口千吉氏ですが、八千草薫さんとはよほど相性が良かったのでしょう。

犬猫と一緒に暮らしていた

Free-Photos / Pixabay

子供はいない2人でしたが、犬と猫を飼っていたとか。出会った当時の谷口千吉氏を「何でも話しやすくてユーモラス。いつも周りに笑いがあった」と話しています。きっと最後まで幸せな時間を過ごしていたのでしょう。

八千草薫が死亡?理由は?

精力的に女優業を続けるさなか、衝撃的なニュースが流れます。それは彼女の女優生命を脅かす病気についてでした。この病気が理由により、彼女の命は絶たれてしまったのです。彼女の死亡理由などをまとめました。

2017年に膵臓がんになり手術をする

sasint / Pixabay

八千草薫さんは2017年末に膵臓がんであることを公表し、翌年2018年1月に手術を行います。術後の経過は順調で、病気であったことを忘れさせるくらいドラマや舞台の出演を続けていました。

2019年に肝臓がんになり休業

膵臓がんであったことを世間が忘れかけていたころ、今度は肝臓がんが見つかったことが公表されました。2019年に肝臓がんが見つかり、同年2月9日に治療に専念するために芸能活動を休業します。

休業により主役降板

Counselling / Pixabay

肝臓がんが見つかったのは「やすらぎの刻~道~」の主役を演じていました。治療に専念するために降板し、代役は風吹ジュンさんが務めることとなりました。

NEXT:2019年10月膵臓がんが原因で死亡
1/2