千と千尋の神隠しカオナシの本当の正体とは?キャラ考察! エンタメ

千と千尋の神隠しカオナシの本当の正体とは?キャラ考察!

日本で大ヒットし、アカデミー賞を受賞したジブリ映画の「千と千尋の神隠し」。顔があるのにカオナシという名前のキャラクターが韓国で大人気となりました。今回はカオナシを担当した声優を含め、様々な角度から考察してカオナシの意味や正体を徹底解明します!

目次

[表示]

カオナシの正体や裏話を公開!

個性的なキャラクターが勢揃いの千と千尋の神隠しの中でも、カオナシが印象に残っている人も多いでしょう。謎めいたキャラクターで最後までその正体はわかりません。

「何のためにカオナシがいるんだろう?」「カオナシって結局何なのだろう?」と疑問に思ったことのある人も多くいます。そこで今回は、カオナシの正体を裏話を含めて解説していきます。

カオナシが登場する千と千尋の神隠しとは?

Free-Photos / Pixabay

千と千尋の神隠しは有名なジブリ映画であり、テレビでも何度も放送されているので観たことがある人は多いです。いくつもの言語に翻訳され、世界中にファンが多くいます。

ここではカオナシについて紹介する前に、まずは千と千尋の神隠しがどのようなジブリ映画なのか概要を紹介します。

2001年に公開されたジブリ映画

hudsoncrafted / Pixabay

千と千尋の神隠しは2001年7月20日に公開されました。興行収入は300億円を突破し、日本で最も高い記録となっています。

ある日、千尋は両親と人間が入ってはいけない八百万の神の世界に迷い込んでしまいます。両親はそこで勝手に食べ物を食べてしまったため、豚にされてしまいます。

千尋は両親と元の世界に帰るために湯屋で働き始め、湯婆婆に両親を解放するよう頼み込みます。10歳の少女が様々な冒険をしながら成長していき、両親やハク、河の神を救い出します。

アカデミー賞を受賞した作品

千と千尋の神隠しは、2003年にアカデミー賞でアカデミー長編アニメ映画賞を受賞しました。この賞は、その年にアメリカで上映されたアニメ映画の中で最も優れた作品に贈られます。

これが初めてのアカデミー賞を受賞した日本のアニメとなりました。これまでアカデミー賞にノミネートされたのは「風立ちぬ」、「ハウルの動く城」、「思い出のマーニー」などがあります。

2019年には「未来のミライ」が、ジブリ作品以外で初めてのノミネートとなりました。

10歳の少女のために作った作品

xusenru / Pixabay

千と千尋の神隠しの主人公である「千尋」は10歳の普通の女の子です。千尋のモデルになったのは、映画プロデューサーである奥田誠治の娘とされています。

宮崎監督は、少女たちに「どこでもやっていける」というポジティブなメッセージを送るために作品を作ったとインタビューで答えています。

10歳の千尋が厳しい湯屋の世界で生きられたのだから、今生きているこの世界は遥かに豊かであり、可能性に満ちているというメッセージが隠されています。

カオナシは千と千尋の神隠しでどんな存在?

カオナシは物語の途中で出てきて、ストーリー展開に欠かせない存在でもあります。その見た目の異様さから怖がる子供たちも多いですが、大人世代にはファンも多くいます。

カオナシは千と千尋の神隠しの中で、どのような存在なのでしょうか。

黒い胴体と白い仮面を被っている

カオナシといえば、黒い胴体と白い仮面が特徴的です。似ているキャラクターなどは他にいないため、一度見たら忘れられないインパクトのある見た目をしています。

胴体が黒いのは、カオナシに個性がなく周りに溶け込もうとしたためではないかとされています。

千の味方であり千がお気に入り

JeneenMasih / Pixabay

カオナシは誰も味方がいない寂しい存在でした。湯屋にも入れず、誰からも気にかけられないことで長い間寂しい思いをしていたのでしょう。

そこに千尋が来てくれ、優しくしてくれたことで心を開きました。だからこそ千尋のことが好きで、好かれようとお金を出したり札を取ったりと尽くします。

「ア」や「エ」のセリフが多い

MIH83 / Pixabay

カオナシはコミュニケーションをうまく取ることができず、セリフは「ア」や「エ」で成り立っています。声というよりも、か細い音を出しています。

人を飲み込むと、その人の声を借りて言葉を発することができます。作中でも人を飲み込んでいる間はしっかりした言葉を発しており、人を吐き出すと「ア」や「エ」しか発することができなくなります。

巨大化や狂暴化することもある

matthewpriest / Pixabay

カオナシは一見大人しいキャラクターですが、ふとした瞬間に巨大化したり狂暴化したりします。巨大化した姿は欲にまみれてお金で全てを解決しようとしている姿を描いているとされています。

そして狂暴化するのは、お金につられると思っていた千尋が断り、自分の思い通りにいかなかったことにカオナシは腹を立てました。うまく自分の感情をコントロールできないことも彼の性格です。

顔があるのになぜカオナシ?

ArtTower / Pixabay

カオナシという名前なのに顔があるのはなぜ?と疑問に思う人も多いです。顔に見えていて実は仮面であり、仮面の下はどうなっているのか分かりません。

仮面の下の顔は無いからカオナシと言われているのでは無いかという見方をする人もいます。顔がない=個性がないというカオナシの特徴を捉えている名前です。

カオナシの正体や意味を考察!目立たないキャラの予定だった?

Pexels / Pixabay

ここからは本題である「カオナシの正体」について考察していきます。千と千尋の神隠しに込められた宮崎監督のメッセージをもとに考えてみると、観て楽しむ以上に深い内容だということに気づかされます。

カオナシの正体とは、どのようなものなのでしょうか。

当初は通り過ぎるだけのキャラクターだった

Free-Photos / Pixabay

カオナシは千と千尋の神隠しの中でも重要なキャラクターとなっていますが、はじめから台本にあったわけではありません。

最初の予定では、ハクが千尋に術をかけて周りから見えないようにした状態で橋を渡る際、橋の上にたまたまいた「何か」という設定でした。監督の案で、重要な役割を持たせることになったそうです。

カオナシの正体は悪魔と言われている

カオナシは見た目が可愛いと言われることも多いですが、作中のキャラクターとしてはむしろ悪者です。良い人のふりをして近づき、実は飲み込んでしまう化け物です。

そのため、カオナシの正体は「悪魔」と言われることもあります。千尋や坊たちと一緒に電車に乗って銭婆のところに向かう際、「サタン」という文字が見えるシーンがあります。

サタンはユダヤ教、キリスト教、イスラム教などで悪魔を意味しているため、「カオナシ=悪魔」と解釈する人もいます。

カオナシは欲深い人間そのもの

sasint / Pixabay

カオナシは普段は大人しく、スッと周りに馴染んでいます。いつの間にか見えるところに来ており、存在感があるわけではありません。しかし、あるスイッチが入ると凶暴化したり巨大化したりしてしまいます。

この特徴をもとに、カオナシは人間の欲深さを表しているのではないかという説があります。普段は落ち着いているのに、何かをきっかけに欲が出てしまう、自分でも止められないという点が似ていますよね。

他の神様ははっきりと形を持っているのに、カオナシは抽象的な形であることからも神様よりも人間に近い存在ではないかと見られています。

カオナシは若者の象徴

Pexels / Pixabay

少し見方を変えると、カオナシは現代の若者そのものであるとも考えられます。携帯の中の世界で生き、対面での人とのコミュニケーションを苦手とする点はカオナシと似ています。

カオナシは人を飲み込むことで話せていましたが、若者は携帯の中で何者かになることで気が大きくなって饒舌になることも多くあります。

また、お金で人からの人気を得ようとしたり、気に食わないことがあると周りにあたったりするところも若者の特徴と重なっています。

カオナシは誰の心にも存在する不安定な存在

宮崎監督へのインタビューの中でカオナシについての質問に答える場面があり、「カオナシは誰の心にも存在する」と答えました。

カオナシが悪いことをしてもどこか憎めない、たとえ暴れて人を飲み込んだとしても可愛いと感じているファンが多いのは、不安定な存在という点で人間と重なるところが多いからかもしれません。

別の世界から迷い込んできている

Bergadder / Pixabay

千と千尋の神隠しのパンフレットの中にあるキャラクター説明の中で、カオナシは「湯屋とは別の世界からやってきた謎の男」と書かれています。

また、外部の世界から迷い込んできたため、神様のために作られた湯屋に入れなかったのではないかとされています。湯屋の中に入れたのは、千尋が間違って招き入れてしまったためです。

カオナシは千尋も湯屋の外の世界で生きていることを感じて親近感を持ち、近付いたのではないかとされています。

カオナシの性別は男性?

1866946 / Pixabay

カオナシははっきりと性別があるわけではありません。謎の生き物なので性別があるのかすら分かりませんが、あるとしたら男性であると言われています。

カオナシの声優は男性であることから、男性のイメージがついている人も多いのでしょう。

カオナシの声優は?モデルもいる?

ractapopulous / Pixabay

カオナシは機械的な声を出すことも多いため、本当に人間が出している声なの?と疑問に思ったことがある人もいるでしょう。

カオナシは誰が声を担当しているのか、声優やカオナシのモデルになったと言われている人を含めて紹介します。

声優は中村彰男

Pexels / Pixabay

セリフが少ないカオナシですが、カオナシにも声優がついています。カオナシの声を担当したのは、中村彰男です。

中村彰男は「銭形平次」や「遺留捜査」などに出演している俳優であり、声優として「もののけ姫」などのアニメの声を担当することもあります。

当時はカオナシの声が誰なのか話題となり、カオナシ役としてテレビ出演の機会も多くありました。

カオナシのモデルは借りぐらしのアリエッティの監督

カオナシの正体は人間であるとする説が濃厚ですが、モデルは借りぐらしのアリエッティの監督である米林ではないかと言われています。

宮崎監督がカオナシのイラストを描いた際、そのイラストが米林にそっくりだと漏らしたそうです。似ているのはたまたまだったのかもしれませんが、このことから米林監督がモデルと言われるようになりました。

坊の声を担当した神木隆之介もカオナシと米林監督は似ているとイベントで語っています。

世界中が注目した千と千尋の神隠し!韓国ではカオナシが人気?

千と千尋の神隠しが様々な言語に訳され、アカデミー賞を受賞したことで世界から注目されました。特に韓国では千尋ではなくカオナシがブームとなり、様々なところでカオナシが見かけられます。

カオナシグッズが多く出ている

公式グッズ・非公式グッズを含め多くのカオナシグッズが出ています。Tシャツや文房具、タオルなど種類は豊富であり、カオナシグッズを集めているファンも多いです。

カオナシは日本のキャラクターなので日本の方がグッズが多いかと思いきや、韓国では出店などでカオナシグッズを取り扱っていることも多く、簡単に手に入るようです。

黒いカオナシだけでなく、ピンクや青などカラフルでポップなカオナシにも出会えます。

ファッションにカオナシを取り入れる人もいる

カオナシは特徴的な見た目をしていますが、Tシャツの襟の部分を頭にかぶせてカオナシファッションを楽しむ人までいます。ただ、このファッションが流行っているわけではありません。

また、カオナシのコスプレグッズも増えており、ハロウィンなどでカオナシのコスプレをする人も多くいます。公開から20年が経とうとしている千と千尋の神隠しですが、今でもその影響力は衰えることがありません。

カオナシはどこでも人気!貯金箱まで登場

カオナシのグッズが多く販売されていますが、2017年にはカオナシの貯金箱が発売されました。人気のあまり、2020年から再販されるようになりました。

名前は「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」で価格は4,800円です。オンラインショップや全国にあるどんぐり共和国で入手することができます。

カオナシが持っているお皿に硬貨を置くと、「あっ」という声と共にお皿を持ち上げて硬貨を口の中に運ぶシステムです。食べ終わった後はげっぷの音が聞こえます。

カオナシの正体は人間?自分の中にも潜んでいる

cocoparisienne / Pixabay

カオナシの正体や意味については様々な考察ができますが、人間である可能性が高いと言えます。欲深く、他人から好かれようと頑張る姿に親近感を抱く人もいるでしょう。

不安定な存在であり、時には自分でもコントロールできないくらい暴走してしまうこともあります。実はそれはカオナシに限ったことではなく、あなたの心の中にも潜んでいるのかもしれません。