「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタは?事件概要や真相 エンタメ

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタは?事件概要や真相

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」というセリフを聞いたことがありますか。オンラインゲーム、ラグナロクオンライン(ro)を通じてS県月宮が放ったセリフで、通称S県月宮事件と呼ばれる話です。「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタなどの情報をお届けします。

目次

[表示]

お兄ちゃんどいてそいつ殺せないについて知りたい

377053 / Pixabay

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」というセリフを聞いたことがありますか。インターネットで昔からさまざまなコミュニケーションサイトを見てきた人は、一度は聞いたことがセリフではないでしょうか。

このセリフを知っている人でも、「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタについては知らない人が大半です。

また、この事件の概要や真相などについても理解していない人が多いので、じっくりとこのセリフについて解説いたします。

/9

お兄ちゃんどいてそいつ殺せないの元ネタとは?

4657743 / Pixabay

まず、「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタについて、解説いたします。このセリフは誰が放った言葉だったのでしょうか。

そして、なぜこの奇妙なセリフが誕生することになったのでしょうか。謎の多いこの「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」の元ネタについてご説明いたします。

S県月宮事件での犯人が放った言葉

Free-Photos / Pixabay

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」は、S県月宮事件で犯人が放ったセリフです。犯人とはこの事件の名前にもなっている「S県月宮」です。もちろんこの名前は通称名です。

このS県月宮の「S県」とは犯人が住む県と言われており、「月宮」は犯人がゲーム内で使っていたキャラクター「月宮あゆ」から付けられています。

ただし、これはあくまでも噂であり、真相はわかっていません。

お兄ちゃんどいてそいつ殺せないのS県月宮事件とは?

Pexels / Pixabay

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」のS県月宮事件について解説いたします。謎に包まれたこの事件を詳しく知っている人は、少ないはずです。

このセリフだけは聞いたことがあるという人は、ぜひこれからご説明する内容で事件の真相について詳しくなってみましょう。

ラグナロクオンライン(ro)のユーザー女性がS県月宮

ExplorerBob / Pixabay

インターネットゲーム「ラグナロクオンライン(ro)」のユーザー女性が、S県月宮です。「ラグナロクオンライン(ro)」とは、北欧神話がベースなったファンタジー系の漫画をゲーム化したものです。

未来の世界という内容で始まるこのゲームには、可愛く描かれたキャラクターがたくさん登場します。キャラクターの可愛さや独特な世界観が人気を呼んだ、オンラインゲームです。

ユーザー男性374に好意を持つ

1866946 / Pixabay

「ラグナロクオンライン」のユーザーだったS県月宮は、このゲームのユーザーである男性「374」に好意を持ちます。

異常なまでに374に好意を示すS県月宮ですが、その行動は度が過ぎるほどになっていきます。

374に迷惑行為ばかりをする

S県月宮は374に「妹と呼んでねお兄ちゃん」と脳内設定を行います。また「お兄ちゃんと私のなかでしょ」といい、374に迷惑行為を行います。

そして迷惑行為が決定的になってしまうのが374の住所を特定し、「日曜日に行くから」と宣言してきたことです。

オンラインゲームで知り合っただけで、ここまで大胆な行動に出るS県月宮に374は恐怖を覚えます。

374が女性ユーザーアコに助けを求める

S県月宮の行動に対して、374は自分では解決でいないと判断し「アコ」に助けを求めます。アコとは同じゲーム内で交流のある女性で、リアルの世界でもオフ会で交流のある人物です。

アコはゲーム内でS県月宮に説得を繰り返します。しかし、S県月宮はそんなアコの説得には一切耳を傾けず、むしろ過激化していくのです。

374の自宅前でドアの破壊や暴行を行う

Tama66 / Pixabay

ついにS県月宮は374の自宅に現れます。374は外に隠れていましたが、なかなか374が出てこないことに腹を立て、持っていた警棒を使って玄関のドアの破壊行為を行います。

374はその行動を止めに入りますがこのとき374も太ももに怪我をします。「俺の玄関の前で何している」と374が言い放つと、S県月宮はこの人が374だと気付き暴行をやめました。

S県月宮は警察に連行される

S県月宮はこの一件で逮捕されます。しかし逮捕されてからも「もしかしたら魔女に捕まってるかと思って」などのいわゆる電波の供述をしています。

このときS県月宮は身分証明書などは一切持っておらず、住んでいる場所などの特定はできませんでした。しかし。374が警察に付き添い、S県月宮の住所を聞き出しました。

家に帰ったS県月宮は374とアコを尾行

Screamenteagle / Pixabay

S県月宮は釈放されてからわずか10時間後、374の場所に向かいます。S県月宮の両親から「娘が出ていった」という連絡を受け、374はアコと合流し街中に逃げることにしたのです。

しかしS県月宮は二人を見つけ、後を尾行します。二人は居酒屋に入りますが、S県月宮は未成年のためそのままお店の外で待っていたようです。

アコを暴行する

stevepb / Pixabay

二人を尾行し続け、人気のない住宅街に差し掛かったとき、S県月宮は持っていた警棒でアコを殴り倒しました。そして「今そいつ殺すから」とS県月宮はアコにまたもや襲い掛かります。

374は持っていたカバンでアコを守ろうとします。そのときS県月宮は374に対して「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」と言い放ったのです。

S県月宮は再逮捕される

Free-Photos / Pixabay

S県月宮のそのセリフの後、アコは自ら彼女に対してラリアートをします。その後、警察によってS県月宮は再度逮捕されてしまいます。その後、374はS県月宮には会っていません。

また、ゲームからもS県月宮の存在は消えてしまいます。二度目のS県月宮の逮捕によって、この事件は収束を迎えたと思われています。

お兄ちゃんどいてそいつ殺せないはCDにもなった?

「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」は実はCDにもなっていたのです。このセリフが世に広まったことで、CDを出すほどの事態まで発展したのです。

NEXT:PROJECT Dが電波ソングを製作した
1/2