木村多江の旦那は電通社員って本当?子供はいるの?結婚生活は? 女優

木村多江の旦那は電通社員って本当?子供はいるの?結婚生活は?

木村多江さんは、2005年に結婚しました。そして2007年に妊娠を発表、翌年に長女を出産しています。旦那さんは電通に勤めるエリート社員だとか?どんな馴れ初めでふたりはご結婚なさったのでしょう?気になるプライベートを調べてみました!

木村多江はの旦那は電通の社員!34歳で結婚!

木村多江さんが結婚したのは、2005年・34歳のときです。お相手は電通に勤める社員。一般人ということで、お名前や顔は非公表になっています。電通といえば、日本最大の広告代理店で、年間売り上げが2兆円の超一流企業。女子アナや女優さんの恋愛・結婚相手としても、たびたびマスコミをにぎわせていますね。

電通マンと結婚した有名人といえば、黒木瞳さん・久保純子さん・大橋マキさん等、まさに才色兼備の女性たちばかりです。女子の憧れともいえますが、木村多江さんと旦那さんは、いったいどんな風に出会って、結婚にまで至ったのでしょう。まずは、木村多江さんのプロフィールからご紹介したいと思います。

実はお嬢さま?木村多江のプロフィールは?

1971年3月16日東京都出身、白百合学園小学校・中学校・高等学校を経て、昭和音楽芸術ミュージカル科を卒業。在学中から舞台女優として活動。特技はバレエ・日本舞踊(師範)。白百合学園は、高田真由子さんや松たか子さんも通っていました。幼いころから日本舞踊やバレエを習っていたということからも、お嬢さま育ちだったのでしょう。

父の反対を押し切り、女優の道へ!

白百合学園は大学まである、エスカレーター式のお嬢さま学校です。普通は大学まで進学する生徒が多いなか、木村多江さんは演技の専門学校に進学します。当然、周囲からの反対は強く、中でも父親の怒りは相当のものだったようです。そのため、父親との関係も悪化し、喧嘩も絶えなかったという話もあります。

お嬢さま育ちが一転、父他界後はバイトで一家を支える苦労人に!

しかし、21歳のときに父親が他界してから、状況が一変します。当時まだ木村多江さんは駆け出しの舞台女優、しかも弟は学生でしたので、パン屋・ホテルスタッフ・レストラン・コーヒーショップ・知育研究所など一日中アルバイトを掛け持ちし、家計を支えたそうです。当時は睡眠時間が1日1-2時間しかなかったとか。

また、父親の死を「自分せいだ」と後悔し、「自分は幸せになってはいけない人間なのだ」と思い込む時期もあったとか。そうした経験が、女優として独特の雰囲気をかもしだす根底にあるのかもしれません。アルバイトは、なんと27歳まで続け、女優としても長い下積み時代を送ったようです。

木村多江といえば貞子役!薄幸女性NO1女優として地位確立!

1999年のドラマ『リング~最終章~』『らせん』の山村貞子役で注目を浴び、以後『救命病棟24時』『白い巨塔』『ゼロの焦点』など、有名なドラマ・映画に出演します。そして、「薄幸女性が似合う」「日本一不幸女が板に付く女優」とされ、同世代女優とは異なるポジションを確立、名実ともに認められ、数々の受賞も果たしました。

たとえば、初主演映画『ぐるりのこと。』では、第32回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞・ブルーリボン賞主演女優賞・高崎映画祭で最優秀主演女優賞を受賞しました。さらには、『ゼロの焦点』で第33回日本アカデミー賞優秀助演女優賞など、テレビ・映画・舞台と幅広く活躍しています。

木村多江の今後は?コメディにも挑戦したい!と意欲的!

数々の実績があり、唯一無二のポジションを築き上げた木村多江さんですが、今後はコメディにも多く挑戦していきたいそうです。周りから照らしてもらうだけでなく、自らが太陽のように誰かを照らして元気にしたい、女優としても人を笑わせ、元気にできるコメディに挑戦したいのだとか。

さらには2010年にエッセイ『かかと』を出版するなど、多才な一面もうかがえます。『かかと』は、それまで様々な役を演じた木村多江さんが、役を降りた素顔の自分を語ったエッセイです。「ストレスがたまらないよう毎日リセットして、新しい朝を迎えたい」など、率直な、素顔の木村多江さんがうかがえる、素敵なエッセイです。

木村多江と旦那の馴れ初めはCM?旦那が木村多江に一目ぼれ!?

そんな木村多江さんと旦那さんの馴れ初めは、CMの仕事で一緒になったことだそうです。旦那さんは、美しい木村多江さんに一目ぼれし、ぞっこんになり、猛アタックが始まります。木村多江さんは、当時、旦那さんに交際を申し込まれた時に、「お友達としてなら」と返事をするつもりが、「私でいいんですか?」と言い間違えてしまったとか。

それで旦那さんが喜んでしまって、後には引けなくなって付き合い始めたと語っています。交際のきっかけが言い間違いだったなんて、ほほえましいエピソードですね。結婚に至る経緯も、交際中に木村多江さんが旦那さんのご実家に挨拶に行き、その勢いで入籍したとのことです。まさにおふたりは、運命で引き寄せられて、ご結婚なさったのですね。

木村多江の結婚した旦那はクマさんみたいな人?

木村多江さんの旦那さんは一般人ということで、残念ながら画像も見つかりませんでしたが、木村多江さんは過去に「夫はクマさんみたいな感じ」と語ったこともあるようです。木村多江さんは結婚前、ドランクドラゴンの塚地武雅さんとドラマで共演し、一目ぼれをしたこともあるそうで、今の旦那さんも塚地さんに似ているのかもしれません。

木村多江の結婚前の理想は塚地さん!?

ちなみに塚地さんと共演した時期は、木村多江さんにとってつらい時期と重なっていたようで、だからより一層、当時の木村多江さんにとって塚地さんは「希望の光のような存在だった」ようです。塚地さんはテレビではほんわか優しい感じでも、裏では男っぽくてかっこいい、紳士的な性格だそうで、そのギャップにドキっとしたとか。

本当は、撮影の打ち上げで塚地さんの連絡先を聞きたかったのに、その打ち上げに行けなくなってしまったので、その後の発展はなかったと、テレビで木村多江さんも話しています。意外に肉食?の側面もうかがえるエピソードですが、もしかして打ち上げに行けていたら、今の旦那さんではなくて塚地さんと結婚もありえた?のでしょうか。

木村多江の旦那は、結婚後も家事にも育児に積極的?

そんな木村多江さんの旦那さんは、今でも家庭をとても大事にしていて、家事や育児にも積極的に協力してくれるそうです。旦那さんが木村多江さんのお弁当を用意してくれることもあるのだとか。木村多江さんご自身も、旦那さんや子供さんとの時間を大切にして、日々を送りたいと語っています。まさに絵にかいたような、幸せなご家庭なんですね!

木村多江の子供は女の子!妊娠で撮影も一時延期になった?!

木村多江さんは2008年に第一子の女の子を出産しました。切迫早産で、出産前には入院もしたそうです。妊娠当時に制作中だった主演ドラマ上海タイフーン』の撮影も延期になり、木村多江さんも謝罪しました。確かに役者としては周りに迷惑をかけたかもしれませんが、出産というのもコントロールできない人生の一大イベント・・・難しいですね。

木村多江の子供の学校は?青山学院初等部って本当?

その子供も、今では小学生。名前も非公表ですが、青山学院に通っているのでは?という説が有力なようです。というのも、過去のNewsポストセブンの記事で「木村多江さんと市川染五郎さん(七代目)は子供が同じ名門小学校に通う、ママ友・パパ友の関係だ」と出ており、市川染五郎さんの子供さんは、青山学院初等部に通っているからです。

青山学院初等部は、有名な歌舞伎役者やお相撲さん・その他有名人の子供さんが数多く通っていることでも有名ですね。篠原涼子さん・井川遥さん・木佐彩子さん・桑田佳祐さん・香川照之さん・寺島しのぶさん・竹内結子さんなどがいらっしゃいます。木村多江さんご自身も白百合学園出身ですから、まさにセレブな有名人親子と言えるでしょう。

子供には「女優」を隠している?料理上手なお母さんに!

木村多江さんは、子供さんには「自分が女優である」ことを隠し、「普通のパートをしているお母さん」と話しているそうです。そこには、子供さんには普通に育ってほしいという親の願いが感じられます。今まで色々な苦労をしてきた木村多江さんだからこその、深い子育て方法ですね。

また、木村多江さんは多趣味でいらっしゃいますが、なかでも料理は得意中の得意。「小料理屋の女将をやってみたい!」というくらい好きなんだそうです。以前、『しゃべくり007』でもそんな話をしていました。木村多江さんのような素敵な女性に、おいしい料理を作ってもらっている旦那さんや子供さんは、本当にうらやましい限りですね!

木村多江に離婚の情報?単なる誤報だった?

幸せいっぱいの木村多江さんですが、一時期「離婚」の情報が流れたこともありました。どうやら、塚地さんのファンであることを公言していたことが背景にあるようです。しかもウィキで「離婚」と誤報が書き込まれてしまったことが重なり、「離婚」の信ぴょう性がますます上がり・・・

しかし!調べてみると実際は旦那さんも相当のイクメンで、女優として母親として忙しい木村多江さんをがっしりサポートしているようですし、夫婦仲もかなり良いらしいです。「離婚」は文字通り、まったくの語法だったんですね。

木村多江は、結婚後も旦那・子供と幸せに暮らす女優だった!

以上、木村多江さんの旦那さんや子供さんについて調べてきましたが、「不幸な女性が似合う女優」とは対照的に、プライベートはとても幸せそうで、家族の愛情に満ちた生活を送っていることが分かりました。優しい旦那さんと、名門校に通う子供さん。まさに憧れの、幸せな女優さんだったんですね!今までお読みいただきありがとうございました。