佐々木健介が過去に殺人?隠された裏の顔や弟子の事故死 エンタメ

佐々木健介が過去に殺人?隠された裏の顔や弟子の事故死

佐々木健介さんには裏の顔があると言われています。優しい性格のイメージですが、弟子へのしごきや暴力などがあったと噂になっています。佐々木健介さんが起こしたとされる過去の事故、殺人についてご説明しますので、しっかりチェックしてください。

目次

[表示]

佐々木健介の殺人事件とは?裏の顔があるって本当?

佐々木健介さんと言えば、元プロレスラーとして人気があります。2014年にプロレスラーを引退してからは、鬼嫁と呼ばれる北斗晶さんと仲良く夫婦生活をしている優しい旦那のイメージが強いです。

しかし、佐々木健介さんには裏の顔があると言われています。また、佐々木健介さんが関わる殺人事件もあると噂になっています。その真相について詳しく解説いたします。

佐々木健介のプロフィール

まずは佐々木健介さんのプロフィールについてご説明いたします。「佐々木健介(ささきけんすけ)」さんは本名で、生年月日は1966年生まれ、誕生日は8月4日です。

現在54歳になっています。出身は福岡県福岡市、身長は180cmで体重は115㎏です。元プロレスラーということもあり、身長も体重もかなり大きいです。

妻は北斗晶

そして、佐々木健介さんと言えば奥さんの北斗晶さんです。テレビ番組でも二人で登場するシーンを良く見かけます。北斗晶さんも元女子プロレスラーであり、現在はタレントとして活躍しています。

実業家としての顔も持ち、芸能プロモーター、さらにはYouTuberとしても活躍しています。北斗晶さんはもちろん本名ではなく、本名は「佐々木久子(ささきひさこ)」です。

埼玉県北葛飾郡吉川町出身で、血液型はO型です。

佐々木健介の世間の印象

佐々木健介さんに対する世間の印象はどうでしょうか。佐々木健介さんはプロレスラーとしての印象も残っていますが、どちらかと言えば最近では北斗晶さんの旦那さんという印象が強いのではないでしょうか。

とくにプロレスラーとしての佐々木健介さんの顔を知らない若い世代の場合、おしどり夫婦と言ったイメージです。

嫁に尻に敷かれる夫

RyanMcGuire / Pixabay

佐々木健介さんは嫁の尻に敷かれる夫というイメージが強いです。こうした印象は日本らしい夫婦とも重ねることができますので、テレビなどで見てる側からすれば微笑ましい印象です。

また、ただ尻に敷かれる夫という印象だけではなく、それだけ仲が良いという雰囲気も感じます。夫が嫁の尻に敷かれているからこそ、夫婦の関係は円満に進んでいくという良い例と言ったイメージです。

優しそうな男性

佐々木健介さんはいつもニコニコとしている優しい印象もあります。元プロレスラーとしての顔はもちろん、怖い印象が強かったですが、引退をしてからは爽やかで優しい印象が強くなりました。

テレビCMなどにも出演していますが、家族と楽しく暮らしている佐々木健介さんのイメージがはっきりと伝わってきます。家族を優しく守ってくれる佐々木健介さんに人気が集中する理由が分かります。

佐々木健介、北斗晶の癌で良い夫のイメージもついた

qimono / Pixabay

佐々木健介さんと北斗晶さんの二人の関係で、最もインパクトが強かったのが北斗晶さんが癌を告白したときではないでしょうか。北斗晶さんは乳がんが見つかり、右の乳房を全摘出することになりました。

そしてさらに、癌は乳房だけではなくリンパにも転移ていることが分かったのです。このときに献身的に支えたのが佐々木健介さんです。

そうした佐々木健介さんの姿を見た視聴者の方も、心を打たれたに違いありません。

佐々木健介の殺人とは?事故死した人物がいる?

stux / Pixabay

実は佐々木健介さんは過去に殺人を犯したという噂があります。優しそうな佐々木健介さんに殺人の噂があることは誰もが驚くはずです。

ただ、この佐々木健介さんが犯した殺人は断定されているものではありません。

過去に練習生が事故死している

xusenru / Pixabay

佐々木健介さんが絡んだとされる過去に起こした事故は1995年に起きました。新日本プロレス時代に、佐々木健介さんが練習生に訓練を行っているときに起きました。

 

佐々木健介さんはコーチとしてその場にいましたが、練習生の権瓶広光さんが倒れたのです。検査の結果、権瓶広光さんは脳挫傷と判断され、倒れてから4日後に死亡してしまいます。

事故ではなく暴力で死んだとも言われている

練習中に事故で亡くなっとされる権瓶広光さんですが、一方では事故ではなく暴力で死んだとも言われています。なぜそうした噂が広まってしまったのでしょうか。

その理由は佐々木健介さんは普段から後輩に対しの指導が行き過ぎているとされていたからです。実際、権瓶広光さんが倒れた日も、佐々木健介さんが何度もスープレックスを行っていたという話もあります。

また、佐々木健介さんの元弟子も自身のブログで行き過ぎるしごきについて告白しています。

警察は事故死と判断

cocoparisienne / Pixabay

この件に関しては、警察も事故死と判断しています。佐々木健介さんは当時の取り調べに対して、「練習中の事故」と話しています。

プロレス界では練習中に起こる事故は珍しいものではありません。練習中に死亡事故に発展してしまうことも過去に起きていますので、警察も今回の件も事故と判断をしたのかもしれません。

弟子がしごきを告白

Anemone123 / Pixabay

こうした佐々木健介さんに対して、弟子が行き過ぎたしごきがあったことを告白しています。弟子が遅刻をしたことがあり、その遅刻に対して思いっきりなぐりかかってきたことがあったようです。

また、練習中に技を受け立てなくなっても、髪を引っ張られ起き上がらせ、同じ技を10回受けたようです。このとき背骨はすでに圧迫骨折をしていました。

佐々木健介による被害者は多い?

geralt / Pixabay

佐々木健介さんによる被害者はかなり多いと言われています。一連の告白については佐々木健介さんの後輩によるブログで語られています。

その中には、告白した事実はごく一部だと言うこと、そして佐々木健介さんの事務所から選手やスタッフが次々に辞めていることが語られています。

後輩選手だけではなく、スタッフに対しても何らかの圧力を行っていたのかもしれません。

佐々木健介の裏の顔や性格は?

xusenru / Pixabay

佐々木健介さんはとてと優しい印象が強いです。妻、そして家族を大切にする頼もしくて優しいイメージの佐々木健介さんには裏の顔があると言われています。

テレビに出ている佐々木健介さんとは想像も付かない、その裏の顔について解説いたします。

日常的に暴力をふるう

Free-Photos / Pixabay

佐々木健介さんは、後輩に対して日常的に暴力をふるっていたようです。こうした暴力はコーチとしての指導ではなく、明らかに暴力行為だったようです。

父親から虐待をうけていた

佐々木健介さんは優しい性格ではなく本当の顔は日常的に暴力をふるう、黒い性格なのかもしれません。佐々木健介さんがこうした性格になってしまったのは、父親から受けていた虐待が原因との声もあります。

佐々木健介さんが子供の頃に、父親から顔面を蹴られたり投げられるなどの虐待を受けていたようです。また、熱湯をかけられるなどのシゴキも受けていたようです。

こうしたことがトラウマになっている可能性は十分にあります。

佐々木健介がプロレスを電撃引退?

佐々木健介さんは、2014年にプロレスラーを引退しています。2014年の2月に行われた後楽園大会において、弟子の中嶋選手と戦いました。

中嶋選手は佐々木健介さんに勝ち、親父超えを果たしたのです。佐々木健介さんはリングでマイクを持ち、「28年間、佐々木健介を応援してくれてありがとうございました」と発言しました。

事実上の電撃引退宣言だったことから、ファンにとっては強い衝撃発言になりました。

佐々木健介の殺人の噂に今後も注目

佐々木健介さんは、プロレスラー時代に比べれば、優しい男性、頼りになる夫という印象がとても強いです。しかし、弟子に対する暴力、そして殺人の噂があることも事実です。

元弟子によるブログによる告白は、多くの人が衝撃を受けたに違いありません。殺人を犯したと噂になっている佐々木健介さんの真実の顔は分かっていませんが、今後も注目を集めることは間違いないでしょう。