性的暴行で逮捕された三好琢也とは?事件詳細や裁判結果について エンタメ

性的暴行で逮捕された三好琢也とは?事件詳細や裁判結果について

三好琢也容疑者は実家の香川県から上京し、慶応大学を卒業後、住友商事に就職しました。事件を起こす前は、結婚してお嫁さんもいたようです。そんな三好琢也容疑者はOB訪問で知った20代女性の大学生に性的暴行を加え逮捕されました。事件の詳細なども含めて紹介していきます。

目次

[表示]

三好琢也が起こした事件概要

三好琢也容疑者は、香川県からエリートとして慶応大学に入学し、文武両道として話題になっていたため、地元の知り合いも驚いていたようです。

しかし、そんなエリート街道を歩けるように努力した自分を、裏切るかのように犯罪を犯してしまいました。メディアに露出していないだけで、このような事件が当たり前のように起きているという噂もあります。

OB訪問に訪れた女子大生を泥酔させる

三好琢也容疑者は、就職活動の為に住友商事へOB訪問した大学生の女性を同じ住友商事の同僚である男性と居酒屋に誘い、食事をしたようです。大学生の女性は、純粋に住友商事の事を聞くためだったと言われています。

最初は、会社や仕事について話していたようですが、だんだんと三好琢也容疑者がお酒を飲むことを強要し始めました。大学のOBから強要されたら、断れることもなく、飲んだようです。

すると、三好琢也容疑者はさらに、「酒ぐらい飲めなければダメ!!」「社会人の常識」などと無理やりお酒の一気飲みを強要して、大量にお酒を飲ましていました。

カラオケで胸を触る

居酒屋で女子大学生にお酒を飲むように強要した三好琢也容疑者は、1軒で終わらずに、「取引先と歌い事もある」と無理やりカラオケ屋に行き歌わせていたようです。

さらに、このカラオケ屋でもかなりの量のお酒を飲むように強要しました。しかも、そのカラオケ屋でお手洗いに行った女子大学生の胸を無理やり触るなどのわいせつな行為をしたようです。

この時に、三好琢也容疑者は、胸を触っても抵抗されていないと勘違いしていました。ですがこのような状況では、恐怖で抵抗できなかったと推測されます。

ホテルの部屋に侵入し暴行

カラオケが終わったその後に、女子大学生をホテルまで同僚と二人で送り届けています。同僚と二人で送ったため、この場では何もおきませんでしたが、帰り際に三好琢也容疑者はルームキーを盗んでいました。

そして、同僚と別れを済ました後に一人で女子大学生が泊まっている部屋まで戻り、1人で侵入したようです。この時女子大学生は、三好琢也容疑者にお酒を強要されて、酔いつぶれていました。

そんな女の子が抵抗出来るはずもなく、いきなり襲われていたようです。自分が泊まっている部屋に、いつの間にか出ていった男がいる状況に理解できずにパニックになったようです。

事件当時三好琢也の妻は妊娠中

この事件が起きた時、三好琢也容疑者はすでに結婚していて、お嫁さんも居ました。そして、お嫁さんのお腹には、もうすぐ生まれてくる子供がいたそうです。

この子供は、事件が起きた10日後の3月11日に生まれました。しかし、新しく生まれた子供との3人暮らしも、三好琢也容疑者の犯した行為によってすぐ無くなりました。

事件の当時、三好琢也容疑者は、奥さんとお腹にいる子供を一瞬だけ思い出し、「警察沙汰になるな」と願っていたようです。

三好琢也の経歴について

三好琢也容疑者のプロフィールは、2019年事件当時の年齢は、24歳です。職業は、元住友商事の営業部1年目でした。住所は東京都北区滝野川に住んでいたようです。

しかし、2018年3月1日に事件を起こして、住友商事は解雇され、実家に帰郷したようです。実家がある香川県では、大型トラックの運転手になっていると噂があるようです。

実家は香川県

三好琢也容疑者は、香川県に生まれ2013年3月に香川県高松商業高校を卒業しました。そして、1年間大手予備校の代々木ゼミナールで浪人生活を送りながら勉強して、2014年4月に慶応義塾大学に入学しました。

地元の知り合いも、まさか慶応義塾大学に入学できるとは思っていなかったようです。香川県の商業高校に通っていて、大学では慶応義塾大学に入学できるという事は、かなり頭が良かったと言われています。

慶応大学卒業

慶応義塾大学に入学した三好琢也容疑者は、法学部だったという噂があります。慶応大学の法学部は、時々テレビでも紹介されており、それほど有名という事は、かなり頭が良くないと入れません。

慶応大学に入学してからは、「昭霊空手会」「體育會拳法部 」の2つの部に所属していました。拳法部のブログに、入部の動機を「少しでもなる、部の力になれるよう、日々精進に励みます」と記していたようです。

そして、何事もなく無事に慶応大学を2018年3月に卒業すると、今度は日本の大手企業である住友商事に2018年4月に入社します。

住友商事入社

住友商事の営業部に配属されて、エリート集団である住友商事の一員として約束された未来があるはずでしたが、「リーマン向いていない」と2018年8月にTwitterに投稿していたようです。

格闘技で培ってきた鋼の肉体と精神力で住友商事という大手企業でも頑張っていくという意気込みがあったはずですが、入社して4ヶ月で心は折れかけてしまっていたようです。

空手の有段者

三好琢也容疑者は、体重が100kg近い筋肉質な方で、空手の有段者だったようです。さらに慶応大学では、日本拳法も習い始めて、二段を取得していたようです。さらには、空手も段が上がり三段になっていました。

慶応大学で「體育會拳法部 」に入部した理由は、「単純に格闘技が好き」だったようです。他にも、部の雰囲気が良いという事や、小学校の時から高校までに、伝統派の空手に取り組んでいたことも関係あるようです。

実父は嗚咽!三好琢也の裁判の内容とは

三好琢也容疑者の裁判が行われた時、父親は証人尋問で、家族が事件を知った時の様子や、弁償の詳細が明らかになったようです。

その証人尋問では、息子が起こした事件を否定していたが、徐々に認めるしかなくなり、ショックを受けていたようです。

三好琢也の実父が謝罪

3月26日に三好琢也容疑者は逮捕されましたが、その当日に三好琢也容疑者の父親の職場に住友商事から電話があり、父親は知ったそうです。

「悪質な事件」「女性の尊厳を傷つけた」「肉体的にも、精神的にも苦痛を与えた」など、三好琢也容疑者が行った犯罪を再認識し、席から立ちあがりながら「すみませんでした」謝罪しました。

電話がかかってきた時は、三好琢也容疑者にお嫁さんがいて、もうすぐ子供も生まれる予定だったため、そんなはずはないと願っていたようですが、テレビ報道に接して、受け止めざるをえなかったようです。

被害者への賠償金は3000万円

この事件は、不起訴となり三好琢也容疑者に賠償金3000万円が科せられることで被害弁償の合意となりました。この3000万円のうち、1000万円は三好琢也容疑者の父親が、払ったようです。

残った2000万円は、「毎月5万円をしっかりと20年間支払い続けることが出来たら、その後に残った債務に関してだけは免除する。」という内容で両者の合意があったようです。

嫁とは離婚し実家へ戻る

三好琢也容疑者が事件を起こした後は、お嫁さんとは離婚していて、養育費、慰謝料の支払いが必要になっていたようです。

この事は、父親が尋問して明らかになり、また保釈されてからは、香川の実家に一人帰郷し、大型免許の資格を取得したようです。

裁判長は激怒し問い詰めた

この事件を担当した裁判長は、裁判が行われている中、一番厳しくしかめ面をしながら三好琢也容疑者を見つめていました。

この裁判が行われている中、三好琢也容疑者の言動の真意を裁判長には分かられており、「ずっと自己保身の塊」「刑務所の方が自己保身ができる」「今日が誕生日ですがどんな気分ですか?」と言われていました。

三好琢也は会社をクビになり何もかも失っていた

慶応大学に入学し、大手企業である住友商事にまで入社した、元エリートの三好琢也容疑者は、「大手の商社に就職し天狗になった」と父親が分析していました。

さらに、自身もエリートと呼ばれ住友商事に入社しましたが、上には上がいて「本物のエリート」と呼ばれる方たちを目にし心が折れたとも噂されているようです。