漂流家族竹下家の現在は?子が骨肉腫?連帯保証人桜庭さんのその後は? エンタメ

漂流家族竹下家の現在は?子が骨肉腫?連帯保証人桜庭さんのその後は?

ザ・ノンフィクションという番組に出演した、やらせの噂もある漂流家族竹下家です。漂流家族は埼玉から北海道に移住しましたが、その後大恩人の桜庭さんが連帯保証するも裏切り行為のみです。また母親が失踪した2021年現在では娘が骨肉腫になったという噂などを検証します。

目次

[表示]

漂流家族竹下家について知りたい

この人気番組ザ・ノンフィクションには、過去にも多くの方たちが出演してきましたが、漂流家族竹下家は、番組内でも特に衝撃があり、「怖い」「やばい」など言われた回だったようです。

漂流家族竹下家は、人気が高い大家族に焦点を当てたシリーズです。素敵に頑張っている家族も多い中、漂流家族竹下家は、「最悪」とも言われていて、ネット上では批判の声が多くありました。

漂流家族竹下家とは?やらせなの?

漂流家族の取材はやらせなのではないかと噂が広まりました。その理由は、あまりにもこの漂流家族の両親がひどかったからです。ですが、実際にはやらせではなく、ノンフィクションだったようです。

テレビで放送された大家族のあり得ない常識?

漂流家族竹下家は、2000年よりテレビの密着取材が始まりました。当時竹下家は埼玉県に居住してましたが、8人家族という事もあり、生活に苦しくなって2000年に埼玉県から北海道に移住します。

北海道の浜頓別に移住した漂流家族竹下家は、浜頓別が地元を活性化させようと田舎に移住する人を増やす計画を行っていたため、その計画を利用した形の移住でした。

しかし、田舎であるはずの浜頓別での生活は上手く回らずに、北海道に移住したにも関わらず、生活に苦しい状況が続きました。田舎暮らしは、お金もかからず楽そうに見えますが、実はそうではありません。

竹下家の家族構成

漂流家族竹下家の家族構成は、このようになっています。年齢は放送当時の2008年に合わせています。まず、漂流家族の父親と母親である「父親」の竹下勝裕さんは47歳、「母親」である竹下敦子さんは43歳です。

続いて「長女」の恵美さんは18歳、双子である「次女」の愛美さんも18歳です。「三女」の成美さんが17歳「四女」の望美さんが15歳「五女」の瞳美さんが12歳「六女」の秀美さんが10歳となっています。

漂流家族竹下家は、両親と6人姉妹で構成された8人家族という大家族になっています。そんな父親の竹下勝裕と母親の竹下敦子は出会いはスナックだったようです。そして、交際を始めて、子どもが出来て結婚しました。

漂流家族竹下家は何かとヤバい!理由は?

漂流家族竹下家は、その行動や、言動から、かなりの批判を受けてきました。その理由は一般人からは想像できないような事を行います。さらに、善意で助けてくれた恩人の桜庭さんも不幸にしています。

それほどまでに「やばい」と言われている、漂流家族竹下家の両親の行動を紹介していきます。

浪費家で貯金ができない

北海道に移住した漂流家族は、浜頓別に移住した条件として3年以内に浜頓別でマイホームを建てるというものがありました。仕事を斡旋してもらい、正社員となって共働きになり、手取りが36万円ほどありました。

しかし、漂流家族は全くと言っていいほど貯金が貯まりませんでした。それは、かなりの浪費家であり、無駄遣いをしていたからです。

大きな車をローンで購入したり、マイホームを買わなければいけないのに、テレビやPCを娯楽として購入していました。さらに、ペットも購入し、タバコもカートンで購入などしていました。

父親の仕事が続かない

父親の竹下勝裕さんに町から用意してくれた仕事は、産業廃棄物処理場にある季節工の仕事です。しかしこの仕事に不満を持つようになります。竹下勝裕さんは、のんびり自然に囲まれてラクがしたかったようです。

さらに、漂流家族の両親二人は、マイホームを建てたばかりなのに、仕事を辞めようとしていました。竹下勝裕さんは、会社への不満があり正社員になったにも関わらず辞職し、竹下敦子さんも退職届を提出していました。

善意の人「桜庭さん」を頼りローンを組んで大迷惑をかける!

漂流家族は浜頓別に3年間の間でマイホームを建てるという契約で移住してきたので、マイホームを建てますが、貯金が全くなく、銀行もお金を貸してくれないため、近所の牧場を経営している桜庭さんを頼ります。

桜庭さんに漂流家族が住む家の連帯保証人になることを頼み込み、頭金なしで2000万円のローンを組みました。30年の2000万円ローンなので、月々単純計算で8万5000円の返済になります。

上記で漂流家族は仕事を辞めようとしましたが、桜庭さんの説教があり、仕事にもどりましたが、しばらくしてまた仕事を夫婦そろって辞めて、さらには、埼玉に戻るという選択をしました。

牧場経営をしていた桜庭さんにも1億近い負債があった?

町興しのためならと保証人になった、当時牧場経営者の桜庭さんにも、事業家として施設拡張資金で約1億円の負債はあったそうです。しかし「頭金なし、30年ローン」を承諾したのは竹下家には無謀とも言えました。

そんな桜庭さんの人の良さをいいことに、竹下勝裕さんはマイホームに入れる家具一式を揃えるために、実に35万円もの大金を注ぎ込むなど、視聴者も呆れる非常識な金銭感覚で、大散財をしていきました。

無職の両親は稼ぎを子供に要求?

漂流家族が埼玉に戻ってきたのは、長女と次女が高校卒業したタイミングだったので働くことになりました。ここで、両親は正社員をすぐに辞めているのに長女と次女に正社員になるよう厳しく求めています。

時期で言うと、いわゆる「就職氷河期」に該当する時代にあり、この親から子への仕打ちはあまりにも酷なものでした。

子供のバイト代を搾取する毒親ぶりが酷すぎる!

三女と四女もバイトで働いていましたが、なんと両親が娘のバイト代を巻き上げていました。長女は、番組の中で泣きながら「家にお金を入れる人と思われている」「早く職に就けば父親も満足する」と語っています。

この娘の頑張りもあり、漂流家族は協力のもと約50万円ほどの収入を得ることができました。支払いで24万円あるので、残りが26万円もあるので貯金できそうですが、浪費家なので貯金は出来ていないようです。

ローンを滞納し保証人の桜庭さんが負債を丸被り?

夫婦ともに仕事を辞めた漂流家族は、埼玉に戻り、2重ローンを組みます。そして、埼玉に戻ってから、漂流家族は浜頓別に建てた家のローンを支払っていませんでした。

さらに、好意で連帯保証人になってくれた桜庭さんの電話にも出ていなかったようです。漂流家族のマイホームであるローンを竹下家が払わなければ、桜庭さんが払わなければいけなくなります。

はるばる埼玉まで桜庭さんが奔走!

なので、桜庭さんははるばる北海道から漂流家族が住んでいる埼玉まで尋ねました。そして説教を言いますが、言い訳ばかりだったようで、「来月からは支払う」と約束させて桜庭さんは北海道に戻ったようです。

漂流家族竹下家のその後は?2021年現在はどうしてる?

漂流家族竹下家は、母親が失踪して放送は終わりましたが、そこからどのような出来事があったのか紹介していきます。

三女と四女は通信制高校に行く

三女と四女は埼玉に引っ越した時高校生でした。北海道で通っていた高校は休学扱いにしてきましたが、その後埼玉から通えるはずがなく退学しています。時期はわかりませんが、その後に通信制の高校に通ったようです。

母親が失踪した

母親の竹下敦子さんは、マイホームを手放しに浜頓別まで桜庭さんに会いに行きました。そこで叱られ、家を手放しました。その後、埼玉に帰ってきましたが10日後に突然居なくなったようです。

2021年現在も、竹下敦子さんの行方は公表されていません。失踪した当時、小学生の娘がいて、さらに散財して貯金もないはずなのに、2020年の現在まで家族にも音沙汰がないようです。

母親の失踪をラストに番組は終了

漂流家族竹下家は、この母親の失踪という出来事をラストに最終回となりました。「ザ・ノンフィクション」は不定期で今もフジテレビで制作され、様々な人生模様を特集しています。

マイホームは売りに出した

2018年11月の時点では竹下家のマイホームは1680万円で売りに出されていたようです。竹下家に借金を負わされた桜庭さんに、少しでも報われてほしいとネットでは語られていました。

子供が骨肉腫になった

ネットでは、竹下家の子どもの1人が骨肉腫にかかって足を切断したという噂もありました。実際に骨肉腫になったかは公表されていませんでしたが、母親の自殺説や、他の男性と同棲説、などもあるようです。

漂流家族竹下家の娘たちも問題があるのかも?

次女の愛美さんのブログで「旅行」「ライブ」「パチンコ」「余分な買い物」「外食」などを行っていると書かれていました。このブログに当然ながら批判のコメントが多数あったようです。

噂では三女の成美さんがスレンダーな美人とか?

ネット上の噂の1つにしか過ぎませんが、竹下家のフェイスブックを見かけた方の情報では、一家はそれほど悲惨なその後を送っているわけでもないという情報があります。

そして6人の姉妹たちの、それぞれのコメントがありましたが、三女の成美さんはスレンダーでキレイなお嬢さんに育ったとの話があります。

漂流家族竹下家は毒親に問題あり!改心して幸福になれたのか?

現在でもたびたび漂流家族竹下家の怖さが噂になりますが、改めて両親に問題があると言われています。ローンを善意で助けてくれた恩人の桜庭さんに払わせたり、貯金を全くしなかったりと問題が多々あります。

ザ・ノンフィクションの中では、一番の「神回」とも評価されていますが、一連の流れを知った後に視聴者は、「自分はまだ大丈夫」と反面教師にしている方も多いようです。

表メディアには竹下家はもう出て来ませんが、たとえ漂流家族としても幸せになれるよう願っている方も少なくないようです。今後の竹下家が考えを改め、新しい幸せをつかむことに期待しましょう。