中谷美紀の学歴は?語学力があって頭がいい?夫との結婚についても エンタメ

中谷美紀の学歴は?語学力があって頭がいい?夫との結婚についても

2018年にドイツ人のビエラ奏者である男性と結婚を発表した中谷美紀さん。フランス語や英語が堪能で、幅広い演技力で私達を楽しませてくれる女優さんです。今回は中谷美紀さんの出身地、高校・大学などの学歴や旦那さんとの出会いなどを紹介します。

目次

[表示]

中谷美紀の学歴は?語学力がすごい?!

語学力がとにかく凄いことで知られている中谷美紀さん。一部では「学歴コンプレックスを持っているのではないか」という噂が流れています。実際のところ、どんな学歴の持ち主なのでしょうか?

中谷美紀の学歴

中谷美紀さんは14歳の時にスカウトされ、翌年の15歳の時には「桜っ子クラブさくら組」として芸能界デビューを果たします。デビューから2年後には大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」でドラマ出演をしました。

多忙を極めた学生生活

geralt / Pixabay

高校生になるころには、芸能活動を本格的に行っていたのでかなり多忙な生活を送っていたことがわかります。学業と仕事の両立は、強い意思が無いとなかなか続けられることではありません。

中谷美紀の出身地と出身高校

Free-Photos / Pixabay

芸能活動との両立を果たすために、中谷美紀さんは東京都立代々木高校に進学します。この学校は代々木上原にある定時制高校です。芸能人が多く通う学校と言えば、当時は堀越学園か代々木高校でした。

多くの芸能人を輩出している

stevepb / Pixabay

東京都代々木高校の卒業生はSPEEDの島袋寛子さんや、元SMAPの中居正広さんなどがいます。多くの芸能人が通う中、中谷美紀さんはトップクラスの成績をおさめていたそうです。

現在は廃校に

George_James / Pixabay

ファンなら一度は見に行ってみたいと思うかもしれませんが、残念ながら東京都立代々木高校は2004年に廃校となってしまいました。建物自体も取り壊されていて、雰囲気を感じることすらできません。

高校卒業後は大学へは行かず赤堀栄養専門学校へ

RitaE / Pixabay

東京都立代々木高校卒業後、中谷美紀さんは大学ではなく赤堀栄養専門学校(現・赤堀製菓専門学校)に進学します。実家は八百屋さんだったので、食に対してはもとから強い興味を抱いていたのかもしれません。

最終学歴は赤堀栄養専門学校だった

Sztrapacska74 / Pixabay

学歴コンプレックスを持っているという噂がありましたが、最終学歴までの流れを見るとそのようには感じられません。その時に興味を持ったこと、必要と感じることに真摯に向き合っているのではないでしょうか?

小中学校は地元の学校に通学

Jamesgraphy / Pixabay

中谷美紀さんの出身地は東京都東村山市です。小学校は東村山市立化成小学校に、中学校は東村山市立第七中学校に通学していました。

中谷美紀は英語とフランス語が堪能

中谷美紀さんは英語とフランス語が堪能であることは、有名。しかもネイティブに近い発音で流暢に話すというから、驚きです。この2ヶ国語に留まらず、ドイツ語やイタリア語も学んでいるという話もあります。

英語もフランス語もネイティブレべル

Calua / Pixabay

ただ会話ができるだけではなく、中谷美紀さんが話す英語やフランス語はネイティブレベルと言われています。2019年のフランス映画祭では壇上で、フランス語を披露し世間を驚かせました。

映画主題歌で英語を披露

中谷美紀さんの英語は「ケイゾク」の主題歌として使われたchronic Loveの中で披露されています。滑らかに流れてくる英語の歌詞は、とても流暢だと当時も話題になりました。

語学力が学歴コンプレックスの噂が出た原因?!

Sztrapacska74 / Pixabay

学歴コンプレックスを持っているという噂が出たのは、この語学力もひとつの原因のようです。しかし女優として高みを目指すなら、さまざまな語学を取得するのは自然な流れのように感じられます。

フランス語を始めた理由

PourquoiPas / Pixabay

英語よりもフランス語が得意と語る中谷美紀さん。世界共通言語である英語はともかく、なぜフランス語を取得しようと考えたのでしょうか?そこには思春期の時に夢中になった趣味が関係していました。

フランス英語が大好きだった少女時代

geralt / Pixabay

10代の頃から貪るようにフランス映画に夢中になっていたようです。憧れは次第に大きくなり、18歳から本格的にフランス語を学び始めます。20代にはフランスで、映画を観れるほどまでに上達しました。

実際にパリに住んだことも

vydumka / Pixabay

20代前半では、長年憧れていたパリ暮らしを経験します。共同ユニットバスのアパートを借りて、日本での仕事が無い時にパリで暮らしていたそうです。ここでの経験もフランス語上達につながっているのでしょう。

海外旅行好きでインド旅行記も出版

Pexels / Pixabay

中谷美紀さんが興味を持っているのはフランスだけではありません。海外旅行自体が好きで、中でもインド旅行で経験した本も出版しています。出版された旅行記は4冊にものぼります。

ドイツ人ビオラ奏者と結婚!結婚報告が達筆すぎる!

中谷美紀さんは2018年に、出身地がドイツである男性との結婚を発表しました。本人直筆での結婚発表となりましたが、その文書が達筆すぎると話題に。達筆すぎて読めないという声もあがったほどでした。

世界の舞台で活躍するビオラ奏者と結婚

SplitShire / Pixabay

中谷美紀さんは世界中で活躍するビオラ奏者・ティロ・フェヒナーさんと結婚しました。音楽一家に生まれた彼は、演奏者としてだけではなくコンサートのマネージングも行っているほど多彩な才能の持ち主です。

中谷美紀と旦那の馴れ初め

Free-Photos / Pixabay

ティロ・フェヒナーさんと中谷美紀さんとの出逢いはとてもロマンチックなものでした。国境を超えた2人の距離が縮まったのは、中谷美紀さんの語学力が大きく関係していることは間違いありません。

2人の出逢いはレストラン

Pexels / Pixabay

あるレストランで、食事を一人で楽しんでいた中谷美紀さん。同じフロアにはティロ・フェヒナーさんを含めた3人グループが食事をしていました。もちろんこの時点では、何の接点も無い他人同士です。

運命的な携帯の着信音

Pexels / Pixabay

それぞれ食事を楽しんでいた時に、中谷美紀さんの携帯電話が鳴ってしまいます。それを気にして、ティロ・フェヒナーさん達に謝ったことが運命の始まりでした。ひょんな事から会話がどんどんはずんでいったのです。

会話が盛り上がり同じテーブルに

Free-Photos / Pixabay

あまりにも会話が盛り上がったため、一緒に食事をしないかと誘われます。中谷美紀さんは快諾し、ティロ・フェヒナーさんたちと同じテーブルで食事をしました。そこから2人の距離は縮まっていきます。

その夜に携帯番号の交換を

Free-Photos / Pixabay

ティロ・フェヒナーさんから「金沢に美味しいお店はないか?」という質問をされた中谷美紀さん。知っている美味しいお店があるということから、携帯電話を交換し、頻繁に連絡を取り合う仲になりました。

結婚報告文が達筆すぎて読めない?!

旦那さんと仲睦まじく映っている写真と共に、世間をざわつかせたのが結婚報告文です。一体どのタイミングで取得したのかというくらい、達筆な文章を披露しました。あまりの美しさに解読できない人もいたとか。

旦那との結婚生活は地味?!

epicioci / Pixabay

あまりプライベートを公表しないイメージがある中谷美紀さんですが、旦那さんとの夫婦生活は2020年1月放送の「ぴったんこカン・カンスペシャル」で語っています。結婚後はオーストリアで生活しているそうです。

オーストリアと日本を行き来

Free-Photos / Pixabay

仕事もあるため、オーストリアと日本を行き来する生活を送っています。一見華やかそうに見えますが、とても地味な生活をしていると番組内で話していました。旦那さんとは英語で会話をしているそうです。

中谷美紀はマイペース!若い頃はいつもやめたかった

以前出演したFOLLOWERSで演じたリミと比べて、自身の過去を振り返ったインタビューがあります。そこでは本当にいつでも芸能界をやめたいと思っていたという、衝撃的な事実が語られていました。

流されるまま過ごしていた

RondellMelling / Pixabay

学歴を見ていると、人生に対して一生懸命生きているように見えますが、仕事に対して必死さは無く、流されるまま今の場所にたどり着いたと話しています。人との出逢いにより、考えは変わったそうです。

NEXT:中谷美紀は何でもこなせる器用な人だった!
1/2