兎凪さやかが自撮り詐欺で整形を公表?!脱退理由は飲酒と喫煙? エンタメ

兎凪さやかが自撮り詐欺で整形を公表?!脱退理由は飲酒と喫煙?

看護師を目指していた兎凪さやかには、整形疑惑があります。また、兎凪さやかはアイドルグループのZOCに所属していました。未成年なのに喫煙、そして飲酒を行っていたとしてZOCを脱退したのです。それでも人気のある兎凪さやかについて解説いたします。

目次

[表示]

兎凪さやかといえば自撮り詐欺!整形はしてる?

兎凪さやかと言えば、「自撮り詐欺天才」という名前が付けられるほど、自撮りが最高に上手です。どうやって撮っているのか、メイクにはどのくらい時間をかけているのか気になるほどです。

兎凪さやかが自撮り詐欺と言われるようになった理由、さらには兎凪さやかが整形をしているのではないのかと言われている真相についてご紹介いたします。

ミスiD2018で自撮り詐欺に気づく

自撮り詐欺と言われたのは、ミスiD2018のときです。「ミスiD」とは講談社が主催する女性アイドルオーディションであり、アイドルとしての肩書のような存在にもなっています。

ミスiDの審査員には志茂田景樹や辛酸なめ子、大森靖子、鹿野敦などかなり有名な方が参加しています。このオーディションで兎凪さやかは自撮りを暴露しています。

しかし、ミスiDの審査員からは、「自撮りの天才」「自撮り詐欺を自分で明るく話していることに効果が持てる」と高い評価を受けます。

現在は自撮り詐欺が自信に

stokpic / Pixabay

現在では兎凪さやかは、この自撮り詐欺が自信になっています。ミスiDから高い評価を受けたことで、自撮りは自分の持ってる能力、天性なんだと受け止めるようになり、前向きに表現するようになりました。

また、自分をかわいく見せるために努力している姿がとても女性らしいとして、さらに人気を得たのです。

兎凪さやか自身が整形を公表

なんと兎凪さやかは、自分が整形をしていることをTwitterで公表しています。いろいろな整形をしていると言われていますが、少なくとも涙袋にヒアルロン酸を注入した整形は受けているようです。

この涙袋の整形もTwitterで報告されています。twitterでは整形は痛いこと、そしてかわいくなるためにはそうした痛みにも耐えなければいけないことを話しています。

具体的にどの部分を整形したかについては詳しく解説はされていませんが、ついてtwitterを見る限り、整形をしていることは間違いありません。

かわいくなるための努力が女子の共感を呼ぶ

JillWellington / Pixabay

自撮り詐欺や整形疑惑など、さまざまな話題のある兎凪さやかですが、彼女は女性から高い共感を受けていることも事実です。かわいくなるために、色々な努力をしていることに共感を呼んだようです。

また、悪いことをしているわけではないというドライな性格や、全てをオープンにする前向きで明るい性格も共感を得ているようです。

兎凪さやかの脱退理由は飲酒と喫煙!

kameo0501 / Pixabay

兎凪さやかはアイドルグループZOCの元メンバーです。元ということはつまり、ZOCを現在は脱退しています。

なぜ兎凪さやかはZOCを脱退することになったのでしょうか。実はその原因は兎凪さやかが飲酒、そして喫煙を行ったからです。

2019年12月に飲酒と喫煙が報じられる

2018年に兎凪さやかは、アイドルグループのZOCに参加しています。しかしその翌年、2019年の12月に未成年であるにも関わらず飲酒と喫煙を行ったことが発覚しました。

2018年9月にZOCは結成していますので、1年と数ヵ月で脱退をしたことになります。この事実を知ったファンは、衝撃を受けたことは間違いありません。

兎凪さやかが報道を事実と認める

飲酒、そして喫煙の事実については、兎凪さやかも認めています。兎凪さやかはtwitterを更新し謝罪の内容を残しています。

また、YouTubeにも登場して、今回の騒動についての謝罪を行っています。動画の中では、「たくさんのご迷惑やご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と語っています。

また、今後の活動については、「YouTubeやSNSで自撮りのやり方などを発信していきたい」とも語っています。

2019年12月23日脱退

そして2019年12月23日に正式にアイドルグループZOCを脱退しています。実は兎凪さやかは12月の誕生日だったため、彼女の誕生日イベントを開催する予定でしたが当然行えませんでした。

元ZOCメンバー・兎凪さやかのプロフィール

元ZOCのメンバーでもある兎凪さやかのプロフィールについてご紹介いたします。アイドルとして活躍していた兎凪さやかですが、実はアイドル意外にも挑戦していることがあります。

また、兎凪さやかはミスiDのオーディションを受けたこともあります。

ミスiD2018ファイナリスト

kalhh / Pixabay

兎凪さやかは、講談社が開催するミスiD2018のファイナリストとしても有名です。このときの自己PRには、書道が得意で8段の腕前になっています。

また、「ウエストとかメジャーがなくて大体で書きました。いますごく太っているので絶対に痩せます」という言葉も彼女の前向きな性格が現れている自己PRです。

グラビアにも挑戦

StockSnap / Pixabay

兎凪さやかはグラビアにも挑戦しています。2019年の5月の「週刊プレイボーイ」にグラビア姿で登場しています。

この頃はまだZOCのメンバーでしたが、ポジティブにいろいろなことに挑戦していることが分かります。

兎凪さやかは看護大学に通いながらアイドルをしていた

kaboompics / Pixabay

兎凪さやかは、看護大学に通っていたことも分かっています。しかし、看護学校に通っていたことには既にアイドルとして活動していました。

仕事と学校の両立を行いながら生活をしていました。

看護師を目指す

Free-Photos / Pixabay

兎凪さやかはもともと看護師を目指していました。しかし、そうした夢をかなえることは簡単なことではなかったようです。

アイドルと学費、そして支えなけばいけない母親など、全てを両立させることは簡単ではなかったようです。看護師

学費を自分で払っている

TBIT / Pixabay

看護学校に通いながらアイドルを続けていた兎凪さやかですが、実は学費は親からではなく自分自身では支払っていたようです。しかも、お金を親に仕送りをしていたようです。

学校とアイドル、そして仕送りまでしている兎凪さやかは、実はかなりの努力家なのです。また、兎凪さやかは母親とはとても仲がいいようです。

小学校3年生のときに両親は離婚をして、妹と一緒に母親に育てられた経緯があります。そのため、母親に対する愛情はとても強いのかもしれません。

父親の愛人に貯金を使われたことが原因

Skitterphoto / Pixabay

しかし、どうして兎凪さやかは自分で学費を支払い、親に仕送りをしなければならないのでしょうか。実は原因は父親にあったのです。

もともと、学費は親が貯めていた貯金で支払う予定でした。しかしなんと、父親の愛人がそのお金を使ってしまったのです。

そのため、自分自身でお金を稼いで看護学校の学費を支払ったのです。過去には父親の愛人とでドラブルになったこともあります。それが原因で、一時はグレてしまったこともあるようです。

ZOC在籍中は休学していた

Free-Photos / Pixabay

どうしても看護学校は卒業したいという思いが兎凪さやかにはありましたが、ZOC在籍中は休学していました。ZOCの仕事をしながら学校の課題もこなしていると、1ヵ月間ほとんど寝ていない状態に陥ったそうです。

身体を壊す前に、1年間休学することを決意したのです。ただ、この休学はかなり迷ったそうです。1年間休学を取ることで、もう学校には戻れないかもしれないと思ったそうですが、結果、休学の道を選択します。

兎凪さやかはかわいくなる努力を惜しまず前向きに生きていた!

兎凪さやかは、自分の顔や体にコンプレックスを持っていたことは事実でしょう。そうしたコンプレックスを追い払うように、かわいくなる努力を惜しまず続けてきました。

そうした素朴でひたむきに努力をしている姿に、多くの女性が共感をしたのです。2019年12月にZOCを脱退した兎凪さやかは、今後は「女子がためになる情報を発信していきたい」としています。

どんなことが起こっても前向きに考える兎凪さやかは、間違いなくこれから注目されます。兎凪さやかの今後の活動に期待が集まります。