福地桃子の学歴は?大学時代や幼少期・父母についても紹介! エンタメ

福地桃子の学歴は?大学時代や幼少期・父母についても紹介!

今回は、哀川翔さんの娘で女優の福地桃子さんについて紹介していきます。父や母のこと、幼少期はどんな少女だったのか?また哀川家独自にルールも話題になっています。出身高校や大学などの学歴を交えながら、これまでの福地桃子さんについて解説していきます。

目次

[表示]

福地桃子の学歴や経歴は?今大注目の女優

今大注目の女優さんと言えば、哀川翔さんの子供・福地桃子さんでしょう。NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演し、その演技力も話題になっています。

お父さんと比べられることも多いですが、ドラマ、映画と徐々に活動の場を広げ、CMでも彼女の顔を見かける機会が増えてきました。

父親だけでなく、母親も元女優、さらには5人兄弟の末っ子だと言います。そんな福地桃子さんですが、どんな幼少期を過ごしたのでしょうか?学歴や芸能界に入ったきっかけなど、詳しく解説していきます。

福地桃子のプロフィール

まずは、福地桃子さんとはどのような人なのか、プロフィールを見ていきましょう。福地桃子さんは1997年10月26日生まれの22歳、出身は東京都です。

身長は153cmと小柄で、血液型はA型です。哀川翔さんと苗字が違うのはなぜでしょうか?どうやら福地桃子さんは芸名ではなく本名で活動しているようです。

ちなみに、哀川翔さんの本名は福地家宏(ふくちいえひろ)さんと言います。

父親は哀川翔

福地桃子さんの最大の武器と言えば、父親が哀川翔さんであることでしょう。哀川翔さんは、俳優業のみならず、タレント、歌手、司会者、ラリードライバーとマルチに活躍している芸能人です。

「一世風靡セピア」のメンバーとしてレコードデビュー、その後ソロデビューも果たしています。2004年に出演した『ゼブラーマン』で主演映画100本を達成し、「Vシネマの帝王」として知られています。

日本アカデミー賞も受賞しており、その演技力にも定評がありますが、近年はバラエティ番組への出演が増え、娘の福地桃子さんと共演することも多いようです。

母親は元女優の青地公美

実はお父さんだけでなく、母親もすごい方なんです。現在は哀川翔さんが所属する事務所の社長を務める青地公美さんと言う方で、元女優でもあります。

ミス・ユニバースに選ばれた経験もあり、1981年には映画『女子大生の基礎知識 ANO ANO』に出演しています。芸能界引退後は音楽・映画プロデューサーと結婚、離婚を隔て、哀川翔さんと結ばれています。

公私ともに仲のよい夫婦で『2009 よい夫婦の日 ナイス・カップル大賞』も受賞しているそうです。

5人兄弟の末っ子

哀川翔さんと、青地公美さんには5人の子供がいます。長女のMINAMIさんは「cossami」のボーカルを務めており、現在は結婚されています。哀川翔さんがバージンロードを歩いたとあって話題になりました。

一番上のお兄さんは一般人でこの方も結婚されています。実兄ではなく、青地公美さんの連れ子です。2番目のお兄さんは「SCANDAL」のマネージャーをしています。

この方も連れ子で、現在は実父の経営する会社の子会社で社長も兼任しているようです。3番目のお兄さんは実兄で、明星大学デザイン学部の学生だと言います。

福地桃子の学歴紹介!大学や出身高校は?

福地桃子さんの父も母もすごい人たち、さらにも連れ子も合わせると5人兄弟だとわかりました。末っ子なので、お兄ちゃんたちに大事にされてきたのではないでしょうか。

そんな福地桃子さんの学歴が気になる方も多いでしょう。現在は22歳ですが、大学は卒業しているのでしょうか?それとも現役の大学生でしょうか?

出身高校や部活動、学歴など、学生時代の福地桃子さんを紹介していきます。

出身高校は和光高等学校

出身高校は東京都の和光高等学校です。福地桃子さん在学中に、同級生と思われる方からツイートがあったためこの高校で間違いなさそうです。

入学したのは2013年4月、2016年3月に卒業しています。普通科の生徒で、偏差値は50ほどだそうです。そこまで難しい高校ではありません。

和光高等学校は多くの芸能人やその子息が通っている学校だそうです。そのため自由な校風が特徴的です。兄弟全員がこの高校の出身だと言われています。

学生時代はダンス部?バレーボール部?

高校時代はどのような生徒だったのでしょうか?福地桃子さんの特技はバレーボールだそうで、中学、もしくは高校生の時にバレーボール部に所属していたのでは?と言われています。

高校時代から演技のお仕事に携わっていますので、忙しい高校生活を送っていたことでしょう。それでも高校時代は焼肉店でバイトをしていたと言います。

中学までは全く芸能界に興味がなかったと言いますが、高校時代からその道に興味を持つようになったのでしょうか?

ダンスがかなりうまい

映画『チアダン』に出演した際、ダンスがかなり上手いことでも話題になりました。噂によるとダンス部に所属していたのでは?と言われています。

他にも、別の映画で「太鼓は中学時代に習っていた」とコメントしており、中高と活発にスポーツをしていたと考えられます。

大学には進学せず女優として活躍中

大学には進学したのでしょうか?福地桃子さんの学歴をチェックしてみると、大学には進学していないことがわかりました。両親とも高学歴ですので進学するに見えましたが、演技の道を志したようです。

高校卒業から芸能活動を本格化させ今に至っています。順調にキャリアを積み重ね、女優として様々なお仕事にチャレンジしていくことでしょう。

福地桃子のこれまでの経歴

福地桃子さんの学歴を見てきましたが、大学には進学せず芸能の道に進んだようです。幼い頃からいつも父親の演技を見ていた福地桃子さんは、どのようなきっかけで芸能界に入ったのでしょうか?

ここからは福地桃子さんの経歴を振り返って行きます。デビュー作は主な出演作品、父親との共演についても紹介していきます。

福地桃子が芸能界に入った理由は高い演技力

そもそも芸能界に興味がなかった福地桃子さんですが、初めて演技に挑んだのは高校生の頃でした。彼女が17歳の頃、父親の哀川翔さんと交流があったプロデューサーからオファーを受けたのです。

何か光るものがあったのでしょうか。福地さんも出演を承諾し、父親主演のドラマ『借王シャッキング〜華麗なる借金返済作戦〜』で2014年にデビューを果たしています。

哀川翔さんの娘役だったので少しはリラックスして撮影できたのでしょうか。素人ながらも自然な演技でプロデューサーからも高評価だったそうです。

父の演技する姿を見て感銘を受けた

撮影中は、父の演技する姿をずっと見てきた福地桃子さん。その姿に感銘を受け、徐々に芸能界に興味を持つようになったそうです。強い意志の元、芸能界入りを決断します。

哀川翔の娘としてでなく、福地桃子として頑張りたいという思いから、本名でデビューしたそうです。

福地桃子の出演作品

レプロエンタテイメントに所属してから、本格的な女優デビューとなった作品は、2016年10月期放送の『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』です。

2018年の4月期ドラマ『あなたには帰る家がある』、7月期にはドラマ『チア☆ダン』と2期連続でレギュラー出演しています。2019年2月には初映画『あまのがわ』に出演し、なんと初主演を務めました。

そしてNHK連続テレビ小説の第100作『なつぞら』への出演です。それまで4度オーディションを受けてきたそうで、ドラマにかける思いも強かったのでしょう。

現在はチョーヤ梅酒のCMに出演中

現在はチョーヤ梅酒のCMに出演しています。5代目イメージキャラクターを務めており、その透明感のある可愛さが話題になっています。

また、chelmicoの新曲「milk」のミュージックビデオへの出演も発表されています。今作がミュージックビデオ初出演となりますので、こちらにも期待が高まっているようです。

カップルの幸せな日常が少しずつ変化していく様子を描いた映画調のMVで、また新たな魅力が開花するのではないでしょうか。

父親の哀川翔との共演も

これまでに父親の哀川翔さんと共演したこともありました。初めて共演したのは2017年5月放送の『良かれと思って!』です。

それまで親子であることを明かしていませんでしたが、この共演をきっかけに哀川翔さんの次女だと公表しています。その後は数々のバラエティ番組に出演し、親子で共演することも多いようです。

福地桃子の家族や幼少期のエピソード

福地桃子さんの父親は何といっても哀川翔さんですから、厳しいしつけをしてきたのでは?と思う方もいるでしょう。

福地桃子さんはどんな幼少期を過ごしてきたのでしょうか?哀川翔さんは厳しいお父さんだったのでしょうか?ここからは、福地桃子さんの幼少期のエピソードを見ていきましょう。

哀川家のルール

哀川家には独自のルールがあったと言います。以前出演した『踊る!さんま御殿』『誰だって波瀾爆笑』などで、そのルールについて明かしています。

1つ目は「食べ物の好き嫌いは1種類だけしていい」です。幼い頃と言えば誰だって苦手な食べ物があるでしょう。1種類好き嫌いしてもいいと始めから言われると、安心感があるでしょう。

また独自の片づけルールもあったそうで、特にトイレットペーパーの交換はサボり禁止だったと言います。5人兄弟ですからトイレットペーパーの減りも早かったでしょう。サボると”半殺し”だったと言います。

ゴミ拾いにも厳しい

子供が多ければ、やはりゴミも散らかります。ついついゴミを見つけても見て見ぬふりしてしまうこともあるでしょう。

哀川家ではゴミ拾いに対しても厳しく、こちらも破ると”半殺し”だったそうです。オーバーな表現ではありますが、福地さんも自然とゴミが落ちていれば拾うようになったと話しています。

他にも「テレビゲーム禁止」「9時には寝ていなければいけない」などの厳しいルールもあったそうです。

哀川翔の仕事現場にも度々同行していた

自宅出産で生まれた福地桃子さんは、3歳から小学6年生まで父親の仕事現場に同行していたそうです。その頃の哀川さんと言えばVシネマが主流で、時には血を流すこともありました。

いつもとは違う父を見て「楽しそう」と思っていたそうです。子供の頃から多くの芸能人にも知られており、有吉弘之さんも幼い頃から知っていると話しています。

福地桃子は可愛いけど性格が悪い?!

華奢ながらもパワー溢れる、清楚で透明感のある福地桃子さん。見た目はとても可愛いのに、性格が悪いと噂になっているんです。

哀川翔さんの娘だから世間から変な風に見られるのでしょうか?ここからは、性格が悪いと言われる理由や、福地桃子さんの人となりがわかるようなエピソードを紹介していきます。

性格が悪いと言われる理由

性格が悪いと言われるようになったのは、バラエティ番組への出演が増えてからです。噂によると、芸人さんを小馬鹿にしたような態度をしていたそうです。

もちろん本人に悪気はないでしょうが、緊張していたからでしょうか。また、自分が興味ない内容に対してはやる気がないように見えるといったコメントも上がっています。

取る人によっては、哀川翔さんがバッグについているから天狗になってると見えるようです。実際司会者から態度を指摘されたこともあったと言います。

まだテレビに慣れてないからでは?

バラエティ番組に出演し始めてまだ数年です。テレビに慣れていなくても仕方ないでしょう。自身の立ち振る舞いや返答の仕方など、今模索中ではないでしょうか。

これから経験を積み重ねることで、バラエティでの立ち振る舞いも学んでいくでしょう。性格が悪いからと言うよりは、テレビ慣れてないからだと考えられます。

実は天然

実は天然だとも言われています。2019年『櫻井・有吉 THE夜会』に出演した際には、メイクさんから「杏仁豆腐と白いご飯を間違える」と天然エピソードも語られました。

本人は心外だと話していますが、別のスタイリストさんからは「ポストにスマホを投函した」というエピソードトークもありました。

このようなエピソードに反論はしましたが、その姿も可愛いと話題になりました。どうやら天然な部分もあるようです。

趣味は旅行と料理と”釣り”

お父さんの影響もあるのか、福地桃子さんは大の釣り好きです。哀川さんの釣りの実力はプロ並みだと言いますので、福地さんもかなりのものではないでしょうか。

実際は釣ることより食べることの方が好きだと言いますが、仕事でトルコに行った際には船釣りをして、珍しい魚を食べたと話しています。

また、大の飛行機好きで、旅行や料理も趣味。小さい頃は、飛行機のチケットを真似して作ってお人形と一緒に空港と地上勤務のやり取りをしていたそうです。

福地桃子のこれからの活躍に期待が高まる

本格的に女優デビューしてからまだ4年ほどですが、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演したことで、一気に知名度を上げています。

哀川翔さんの娘としてではなく、自分自身として頑張っていきたいと女優の道を目指した福地桃子さん。その意志はかなり強いものだと感じ取れます。

昨今はバラエティ番組への出演も増え、ドラマとはまた違う福地桃子さんが垣間見えています。これからも様々な役にチャレンジしてくれるはずですですので、今後の活躍を応援していきましょう。