ホラン千秋の学歴は?出身高校や大学を調査!ブレイクのきっかけは? エンタメ

ホラン千秋の学歴は?出身高校や大学を調査!ブレイクのきっかけは?

タレントとしてだけではなく、キャスターとしても活躍しているホラン千秋さんのプロフィールや学歴について紹介します!出身高校や大学、国籍や英語力についても触れていきます。情報番組のコメンテーターなども務めるホラン千秋さんを徹底追及します!

目次

[表示]

ホラン千秋は頭がいい?!学歴や経歴が気になる!

ハーフタレントのホラン千秋さんは、ニュースキャスターや情報番組のコメンテーターを務めるなど、非常に多彩で頭がいいイメージある!と言う方も多いことでしょう。

実際にホラン千秋さんのプロフィールや学歴について触れていきます。英語力や国籍についても紹介します。

ホラン千秋のプロフィール!本名や年齢は?

早速ホラン千秋さんのプロフィールを紹介します。

  • 名前:ホラン千秋(正式にはホーラン千秋)
  • 誕生日:1988年9月28日(現在31歳)
  • 出身地:東京都多摩市
  • 身長:160cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:アミューズ

14歳で芸能事務所に所属

ホラン千秋さんは、5歳の頃に友人の母親からの勧めでキッズモデルを始めました。本格的に事務所に所属したのは14歳です。

どことなく、つい最近デビューしたのでは?と思われがちなホラン千秋さんですが、実は下積み期間が長く、コツコツと芸能活動を続けてきたからこそ、今があるのでしょう。

よく、ウエンツ瑛士さんに似ていることから「兄妹なのでは?」と噂されますが、兄妹ではありません。

ハーフだが国籍は日本

ホラン千秋さんの父親やアイルランド人、そして母親は日本人なので、ホラン千秋さんはハーフということになります。ですが、国籍は日本です。

Horanと表記し「ホーラン」と発音するのが正しいのですが、母親が書類に「ホラン」と誤って記載し、それがそのまま登録されその後ずっと「ホラン」と発音していると言っています。

「千秋」という名前は、秋生まれであることが由来となっているようです。家族構成は父親、母親、ホラン千秋さん、そして2つ年下の弟の4人家族です。

英語はペラペラ

テレビ番組などでも、ホラン千秋さんは英語をペラペラと話す様子が見られます。とても流暢でまるでネイティブのよう!と話題になりました。

父親がアイルランド人なので、日常的に英語を使って会話をしていたようです。そのため、かなりの英語力があります。ハーフの方でも、日本出身だと英語は話せない…と言う方もとても多いです。

ですが、ホラン千秋さんは英語力抜群で、とても発音が綺麗!と話題になるほどです。

ホラン千秋は頭がいい!高校や大学の学歴

ホラン千秋さんは、頭もよく高学歴です。それでは実際に出身高校や大学などの学歴について詳しく触れていきます。

中学は多摩市立豊ヶ丘中学校

ホラン千秋さんの出身中学校は、ホラン千秋さんの地元にある多摩市立豊ヶ丘中学校です。中学生時代は、吹奏楽部に所属していました。

クラリネットを担当していたようです。中学生の時に母親から「芸能事務所に応募してみたら?」と言われて現在の所属事務所であるアミューズに応募し、14歳で芸能界入りを果たしました。

ちなみに、現在はこの多摩市立豊ヶ丘中学校は閉校しており、他の中学校と統合され「多摩市立青陵中学校」と言う学校名になっています。

高校は東京都立国際高等学校

続いて、ホラン千秋さんの出身高校は東京都立国際高等学校です。偏差値は67の難関校ですので、この時点でホラン千秋さんの学力が高いことがわかりますね。

都立高校の中では唯一「国際科」のある高校で、外国語などをより深く学ぶことができる学校です。ホラン千秋さんにぴったりのように感じますが、実は第一志望校ではなかったようです。

他に偏差値70の以上の高校にチャレンジする予定でしたが、非常に人気が高い高校だったため、断念し東京都立国際高等学校への進学を決めたのです。

大学は青山学院大学

ホラン千秋さんの出身大学は、偏差値68の難関校である青山学院大学です。誰しも、一度は聞いたことがある有名な大学ですよね。

人気の学科である「文学部英米文学科」にて、得意の英語を学んでいたようです。とても美しくて華やかな印象のあるホラン千秋さんですが、大学時代は地味だったようです。

とにかくひたすら勉学に励んでいたようで、大学の学園祭には一度も行ったことがなく、門の前で引き返して帰宅したこともあったようです。そんな真面目なところも高学歴の理由のひとつでしょう。

オレゴン州立大学への留学経験がある

19歳の時に、ホラン千秋さんはオレゴン州立大学へ留学をしています。この留学は語学のためではなく、演劇について学ぶためです。

同世代の子達がどんどんドラマや映画などで活躍しているのを見て、焦りを感じたようでもっと学ばなくては!と思い留学を決意したようです。

ちなみに、同期には吉高由里子さんや新垣結衣さん、戸田恵梨香さんがおり、特に吉高さんにかなり刺激を受けたとインタビューでも答えています。

ホラン千秋は売れるまでが長かった

デビューしてからすぐにブレイクしたかのような印象があるホラン千秋さんですが、実は売れるまでが長かったのです!次は、売れるまでのホラン千秋さんの芸能活動を紹介します。

ホラン千秋のデビュー当時は女優として活動

ホラン千秋さんはデビュー当時は女優として活動しており、高校2年生の時に「魔法戦隊マジレンジャー」で「ナイ」と言う悪役を演じています。

バラエティ番組でも「私戦隊もの出身だから!」と言っていたこともあります。そして、高校3年生の時には長瀬智也さん主演の「マイ・ボスマイ・ヒーロー」に出演していました。

当時は様々なオーディションを受けていたようですが、落ちてしまうことが多く、仕事も上記の2作品ほどしかなかったようです。

ドラマ「陽はまた昇る」で注目を集める

デビュー当時は、なかなか仕事に恵まれなかったホラン千秋さんですが、2011年に放送されたドラマ「陽はまた昇る」で注目を集めました。

デビュー当時からずっとロングヘアーのホラン千秋さんでしたが、警察学校の訓練生と言う役柄のこともあり、バッサリショートヘアにしたのもこの時。

そして、このドラマで競泳水着姿を披露しています。本人はこの時のことを「黒歴史」と言っているようですが、あまりに美しい姿から、絶賛する声がとても多かったのです。

「NEWS ZERO」のキャスターに抜擢されブレイク

2012年にホラン千秋さんは「NEWS ZERO」のキャスターに抜擢され、これをきっかけにブレイクしました。高学歴と言うこともあり、キャスターを見事に務め上げました。

知的で、コメント力もあり高く評価されるようになったのです。「何かを伝える仕事がしたい」と言っていたホラン千秋さんの夢が叶った瞬間とも言えるでしょう。

3年ぶりのドラマ出演「ノーサイド・ゲーム」

しばらくはキャスターやコメンテーターの仕事が多かったホラン千秋さんですが、2019年に3年ぶりにドラマ出演をしています。

大泉洋さん主演の「ノーサイド・ゲーム」で重い病気を抱えた少年の母親役として出演しています。感動的なシーンもあり、女優としてのホラン千秋さんの魅力を感じることができます。

ホラン千秋は高学歴で才色兼備だった!

ホラン千秋さんは、知的なイメージがありますし、実際に高学歴だったと言うことがわかりました。英語力も非常に高く、まさに才色兼備と言えるでしょう。

下積み時代が長かったホラン千秋さんですが、今では女優としてだけではなく、様々な番組に出演し活躍しています。今後も、幅広いジャンルで活躍することでしょう!