加藤浩次の学歴は?頭がいい?大学や高校・スッキリの放送事故とは エンタメ

加藤浩次の学歴は?頭がいい?大学や高校・スッキリの放送事故とは

今やお茶の間の朝の顔として定着しつつある、加藤浩次さん。「スッキリ」では様々なニュースに対して幅広い視点から、時には冷静に時には熱くコメントをし実はとても頭いい人なのでは?と注目されています。今回は加藤浩次さんの出身高校や大学などの学歴などについて紹介します。

目次

[表示]

加藤浩次は頭いい?最終学歴は大学?

メイン司会として出演している「スッキリ」は生放送番組。限られた時間内でさまざまなコメンテーターとやり取りができるのは、頭の回転が早い証拠ではないでしょうか?彼の頭脳を培ってきた学歴をみていきましょう。

小学校の時は児童会長

加藤浩次さんは小樽市内にある入船小学校出身です。小学生時代から成績も良く、スポーツ万能だったとか。児童会長も努めていたということから、子供の頃から人前に出ることが苦でなかったように思われます。

地元の公立中学校へ

ladymojo / Pixabay

入船小学校卒業後、同じく小樽市内の松ケ枝中学校に入学します。サッカー部に所属し、中学校3年間は部活動に打ち込んでいたようです。サッカー部ではキャプテンを務めていました。

小樽潮陵高校出身

tjevans / Pixabay

加藤浩次さんは小樽潮陵高校に進学します。ここは道内でも3番目に歴史のある1902年設立の伝統校。小樽市内では一番の進学高校としても知られています。偏差値は60と言われ、難関校のひとつです。

文武両道の高校

Pexels / Pixabay

進学校ですが部活動にも熱を入れていて、陸上部強豪校としても有名です。当時とても珍しく、私服での登校が可能な学校でした。私服通学ということで、他校生徒から絡まれることも少なくなかったとか。

高校ではサッカー部に所属

wsyperek / Pixabay

中学校時代にはサッカーの北海道選抜にも選ばれていたほどの実力の持ち主である加藤浩次さん。小樽潮陵高校でもサッカー部に入部します。ここでも実力を認められ、在学中は常にレギュラーを獲得していたそうです。

高校時代もキャプテンに

高校時代にもキャプテンをつとめます。17歳の時には当時小樽市が発行していたタウン誌内の「NiceCampusBoy」という特集内で、写真付きで掲載されたこともあったそうです。

女子からモテていた?

RyanMcGuire / Pixabay

頭も良くサッカーも常にレギュラー、しかもビジュアルも良いとなるとさぞかし女子からモテていたのでは?と思う人も少なくないでしょう。しかしかなりのイタズラ好きだったことから、女子には嫌われていたそうです。

大学には進学していない

Free-Photos / Pixabay

市内でもトップの進学校出身ですが、加藤浩次さんは大学に進学していません。頭いい人なので、進学できる頭脳の持ち主ではあるはずです。どうやら経済的な理由から大学進学をしない道を選んだようでした。

最終学歴は高校まで

greymatters / Pixabay

頭の回転の良さ、進学校出身ということから大学出身者という噂もありましたが、最終学歴は小樽潮陵高校ということは間違いないようです。

■加藤浩次が極楽とんぼを結成するまでの流れとは

加藤浩次さんの運命を変えることとなったのは、社会人になってからの様々な人たちとの出会いでした。もちろんその中には、相方・山本圭壱さんも含まれています。極楽とんぼを結成するまでの流れは次の通りです。

高校卒業後は運送会社に就職

Emslichter / Pixabay

高校卒業後、加藤浩次さんは西濃運輸の札幌支店に就職をします。見た目が爽やかなので、制服姿が似合いそうです。しかしその西濃運輸もわずか、9ヶ月で退社。芸能界入りを目指すために、上京を決意します。

退職後は劇団の研究生となる

onkelglocke / Pixabay

加藤浩次さんは、中学時代から芸能界には興味があったようです。社会人に入ってから知り合った女性が元劇団員だったことから、よりリアルに夢への一歩を踏み出し始めます。まず始めたのが、研究生になることでした。

「闘魂塾」所属

上京後、加藤浩次さんは、佐藤B作さん率いる劇団東京ヴォードヴィルショーの研究所「闘魂塾」に入ります。ここで現在の相方である山本圭壱さんに出会いました。今から30年ほど前、1989年の出来事です。

山本圭壱と極楽とんぼを結成

研究生時代に山本圭壱さん、櫻庭博道さんとのトリオで「極楽とんぼ」を結成します。しかし加藤浩次さんと山本圭壱さんだけが、研究生を辞めたためコンビとして活動するようになりました。

櫻庭博道さんは俳優に

加藤浩次さんと山本圭壱さんとは別の道に進んだ、元極楽とんぼの櫻庭博道さんは、舞台・ドラマを中心に出演している俳優として活動しています。昔はドラマなどの共演もあったようです。

コンビとして着実にステップアップ

お笑い芸人としての道を選んだ加藤浩次さん。若手時代はギンザ7丁目劇場で、経験を積みました。当時はロンドンブーツ1号2号やペナルティなどと、共に舞台を共にしていたそうです。

1990年「とぶくすり」のレギュラーに

「めちゃ×2イケてる」の前身である「とぶくすり」のレギュラーに抜擢されたのが、1990年でした。1998年には「笑っていいとも」のレギュラーになったことで、極楽とんぼの知名度は一気にあがりました。

一時はコンビ解散の危機も?!

2006年に加藤浩次さんの相方である山本圭壱さんのトラブルにより、コンビでの活動休止に追い込まれます。しかし加藤浩次さんは解散の道を選びませんでした。2016年にはコンビとしての活動を再開しています。

加藤浩次はスッキリのMC!過去の放送事故とは?

進学校出身の学歴を持ち、はっきりとした物言いが多くの人から好感を集めている加藤浩次さんは、スッキリのメインMCとして活躍しています。実は過去にはスッキリの番組内で放送事故を起こしたことがあるそうです。

2006年からMCを担当

スッキリのメインMCに就任したのは、2006年のことでした。一般紙やスポーツ紙、ネットニュースまでできる限り目を通し本番に望んでいるそうです。頭いいだけではなく、努力家であることがわかります。

ズボンのチャックが開く放送事故を起こす

生放送中の放送事故は2020年7月3日のスッキリ放送内で起こりました。視聴者からの指摘で、ズボンのチャックが全開だったことが指摘されたのです。スポーツ選手復帰の記事を扱っている最中でした。

笑いに変えて謝罪に

加藤浩次さんは「見苦しいものをお見せしました」と謝罪をしつつ、「換気のつもりで(チャックを)開けいていた」と笑いを混ぜながら対応します。ユニークさも忘れないところは、流石としか言いようがありません。

加藤浩次には元女優の妻がいる

学歴やテレビ出演などのエピソードをみてきましたが、次に気になるのが加藤浩次さんのプライベートです。加藤浩次さんの家族は度々、バラエティ番組で登場していましたが、妻はどのような人なのでしょうか?

妻は緒沢凛

加藤浩次さんの妻は、緒沢凛さんという名前の元女優です。1998年にデビューし、当時は「ポスト・瀬戸朝香」として注目されていました。バラエティやドラマ、CMなど多岐に渡り活躍していたようです。

出会いはTV共演がきっかけ

geralt / Pixabay

2人の出会いは、加藤浩次さんが司会をしていた「シネマ中毒」という番組共演がきっかけでした。緒沢凛さんの美しさに一目惚れし、隣に居たマネージャーに頼み込み台本を破った紙に書いた電話番号を渡したそうです。

子どもが3人いる

MaBraS / Pixabay

見事ゴールインした2人は、2002年2月10日に長女が誕生したのを皮切りに現在は1男2女の子宝に恵まれています。結婚してから長女が誕生するまでは、めちゃイケで密着ドキュメントとして撮られていました。

北海道出身!加藤浩次のプロフィール

お笑い芸人としてだけではなく、一人の男性として人生を歩み続けている加藤浩次さんのプロフィールを紹介します。学歴、スタイル、経歴など魅力的な要素がたっぷり詰まっていました。

  • 本名:加藤浩二(かとうこうじ)
  • 生年月日:1969年4月26日
  • 出身地:北海道小樽市
  • 血液型:O型
  • 身長:176cm
  • 体重:76kg
  • 最終学歴:北海道小樽潮陵高校
  • 所属事務所:2019年9月30日まで吉本興業、2019年10月1日より有限会社加藤タクシー
  • NEXT:加藤浩次は難関高校に通っていた!
    1/2