生ハムと焼うどんの解散理由は不仲?お金?復活の可能性は? エンタメ

生ハムと焼うどんの解散理由は不仲?お金?復活の可能性は?

完全セルフプロデュースのアイドルグループ「生ハムと焼うどん」の解散理由を探っていきます。不仲説や金銭事情など、断食(活動休止)理由にはさまざまな噂がありますが、真相は?高校時代から仲良しの生ハムと焼うどんを解散に追い込んだ理由や炎上の噂を紹介していきます。

目次

[表示]

生ハムと焼うどんが解散した理由は不仲?

そのグループ名から圧倒的な存在感のある「生ハムと焼うどん」は、女性2人から成り立つアイドルユニットです。デビューからアグレッシブで尖っており、虜になる人が続出しました。

活動期間はたった2年と短い期間でしたが、彼女たちが残したものは非常に大きかったのです。多くのファンに惜しまれつつ解散に至った訳ですが、その解散理由が話題になっています。

不仲説や金銭問題、さまざまな理由が飛び交っていますが、その真実とは?解散理由を暴いて行く前に、「生ハムと焼うどん」とはどのようなグループなのか紹介していきます。

現役高校生アイドル「生ハムと焼うどん」

彼女たちがデビューしたのは2015年のことです。東理沙さんと西井万理那さんがまだ高校1年生だった頃、文化祭に出演するために結成したのが始まりです。

その名前の由来は、二人の好きな食べ物からきているそうです。2015年2月21日、Strawberry Fields『第4回「Music笑@オーケストラ」一周年記念ライブ』でデビューを果たしています。

同年10月にはリリースイベントを行いなんと200枚を完売!ワンマンライブはチケット300枚がソールドアウトという、デビュー間もない頃から人気ものでした。

「断食しよう」で活動休止

その後も2回のワンマンライブを行い、3000人規模のライブハウスをお客さんでいっぱいにしました。セルフプロデュースアイドルとしてNHKでも取り上げられ、順風満帆に見えていましたが・・。

2017年1月14日に東京・新木場で開催された「清竜人ハーレムフェスタ SPECIAL」にて、「断食しよう」と言い放ち活動休止を宣言したのです。4月にはラストライブを行い盛り上がりました。

その攻撃的なパフォーマンスや寸劇は話題となり、セルフプロデュースながらも完成度の高いライブが多くの人を魅力し続け、今も語り継がれています。

東理沙のプロフィール

生ハムと焼うどんのメンバーのプロフィールを確認しておきましょう。まずは、お姉さん的ポジションで、作詞・作曲・ライブMCを担当する東理沙さんからです。

東理沙さんは、1998年3月1日生まれの22歳、神奈川県出身のA型です。愛称は「りーちゃん」で、グループでは「焼うどん」の担当でした。

東理沙さんは、中学の頃からアイドル活動をしており「micoooooズ」というグループに所属していましたが、高校2年生の頃に解散しています。「青」と書かれたゼッケンをつけて活動していました。

西井万理那のプロフィール

西井万理那さんは、1997年8月22日生まれの22歳、出身は埼玉県のB型です。愛称は「にっちゃん」で、担当は「生ハム」になります。カラーは赤で、「西」のゼッケンをつけて活動していました。

強い光に苦手意識があり、ライトを浴びると「アドレナリンが出る」とも話しています。

生ハムと焼うどんの解散理由はギャラの未払い

先ほども話したように、生ハムと焼うどんは事務所には所属していませんでした。いわゆるフリーランスアイドルで、自分たちでプロデュースをすべて行っていたのです。

解散の理由にはさまざまな噂がありますが、ギャラの未払いがあったとの噂もあります。そもそもまだ高校生の二人がお金の管理をするのは難しい話です。

セルフプロデュースではありましたが、東理沙さんの母親がギャラを管理していたと言います。噂によると、西井さんを無報酬で働かせていたとも言われています。

関係業者への未払いもあった?

他にも、関係業者への未払いがあったというツイートもありました。始めは小さな亀裂だったのでしょう。そのようなことが積み重なり解散理由につながったと考えられます。

生ハムと焼うどんの解散までの流れ

先ほども言ったように、噂によると東理沙さんの母親がお金の管理をしており、頼りきっている部分があったのです。

しっかりしていると言っても二人ともまだまだ10代ですから、大人の力は必要だったはずです。ましてや、人気が出始めていましたので、大人たちはなんとかビジネスにつなげようとしたでしょう。

ここからは解散理由を知るため、そこに至った経緯を紹介していきます。

東理沙の母親の西井万理那への扱いがひどかった

東理沙さんの母親は金銭を管理して、西井さんを無報酬で働かせているだけではなかったのです。西井さんの悪口を流して仕事を入らないようにしたという噂もあります。

真相については定かではありませんが、西井さんからの暴露もありました。

西井が暴露

本人から、東さん1人が生ハムと焼うどんの仕事を受けていても我慢していたとツイートがあり、さらには”SDK”という関係者アカウントからも内部事情を告発するようなツイートがあったのです。

”SKD”によると、二人の保護者間でギャラを巡るトラブルに発展していると言うのです。大人が仲介することで事態はさらに深刻化していきました。

東側が一方的に解散を表明

東側によると”SDK”というアカウントは映像スタッフで、仕事の請求額を当時の金額に100万円プラスして請求しており、信用できないといったツイートもありました。

東側と西側の不仲は続き、ついには弁護士まで入れて話し合いをしていると、東さんのツイートもありました。

解散を表明したのは東側からです。公式ブログにて一方的に解散を発表したそうです。

人間関係のもつれにより活動休止!解散=断食宣言

活動休止に至った経路は、非常に複雑で、互いの言い分が割れており、どちらが真実とも言い難いです。できてしまった亀裂は修復できないところまできており、断食宣言へとつながったのです。

東側、西側と対立してまい、東側によると弁護士の仲介によってもお互いに譲歩できなかったと言います。金銭関係のトラブルから人間関係のもつれへと発展し、実質的な解散状態となりました。

清々しいとケンカ別れを称賛する声も

いわゆる不仲が原因とも言えますが、そこには複雑に人が絡み合っており、二人だけの問題とも言えない部分があります。東・西とつけられたゼッケンがこのような形で対立するとは誰が予想できたでしょう。

中には二人の喧嘩を「清々しい」と称賛する人もいたようです。彼女たちが包み隠さず一部始終を暴露できたのも、事務所に所属していなかったからでしょう。

裏を返せば、事務所に入っていなかったため大人たちに利用され、生ハムと焼うどんとしての未来を断たれたとも考えられます。

生ハムと焼うどんの現在

断食宣言をしたのが2017年1月、4月に活動休止前のライブを行っていますが、それ以降は何をしているのでしょうか?お互いにソロの活動に力を入れているのでしょうか?

また、二人は現在どのような活動をしているのでしょうか?生ハムと焼うどんの現在を探っていきましょう。

東理沙は劇団に所属後音楽ユニットのボーカルに

東理沙さんは、活動休止後、劇団「ピヨピヨレボリューション」のメンバーとして活動していました。現在はその劇団を脱退し、シンガーソングライターとして精力的に活動しています。

家族音楽ユニット「東東東東東」のボーカルをしているとの情報もあります。こちらは血のつながった兄弟バンドで、独創的なメイクが印象的です。

シンガーソングライターとして他にも家族とユニットを組んでおり、音楽活動は続けているようです。

西井万理那はZOCとして活動

西井万理那さんは、2017年8月に「APOKALIPPPS(アポカリップス)」を結成、2018年9月には大森靖子さんと共に「ZOC」を結成し、その後は「ZOC」のメンバーとして活動を続けていました。

残念ながら、「ZOC」は2020年7月に活動休止を発表しています。

生ハムと焼うどんの東理沙がお泊りで炎上

生ハムと焼うどん、通称「生うどん」はこれまでに何度か炎上騒ぎを起こしています。彼氏の家にお泊り写真が流出したり、飲酒事件もありました。でんぱ組.incをディスって炎上したなんて噂もあります。

アグレッシブなのはパフォーマンスだけではない!ここからは生ハムと焼うどんの炎上事件をまとめていきます。

彼氏の家にお泊り中の写真が流出

1つ目は、東理沙さんのスキャンダルです。イケメン男性の家にお泊り?などと言う画像が流出して、ファンから「幻滅した」などの声が飛び交うも・・。

よく見るとこちらは「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんではないですか。スキャンダルではなく、ただのネタだったと言うオチです。

未成年飲酒?!東理沙が炎上商法

続いては、公式ツイッターに誤ってプライベートの画像を投稿してしまった東さん。そして彼女が手にしているのはビールだと言うんです。

未成年なのに飲酒?またここでも炎上し、多くのファンから反響を呼びましたが・・。先ほど紹介した彼氏とのお泊りデートから未成年飲酒まで、2つとも実はチケットを売るための炎上商法だったのです。

この頃、サードワンマンライブが控えており、少しでもチケットを売るために体を張って頑張ったのです。結果ワンマンライブは大盛況に幕を閉じました。

でんぱ組.incをディスって炎上

生ハムと焼うどんはパフォーマンスとして、MCに寸劇を入れるのが特徴的です。その寸劇で、以前でんぱ組.incをディスったことがあるそうです。

メンバー内の1人は「ブス」、もう一人は「かわいい」と繰り返すことで笑いにつなげていたと言います。ネタの1つとしてでんぱ組.incを使っただけですが、「ブスとディスられた」と炎上!

ファンの間ではしばらく炎上状態が続いたと言います。それだけ生ハムと焼うどんが注目されていたということでしょう。

「ひゃくぱーせんと」の歌詞で炎上

彼女たちの楽曲の中に「ひゃくぱーせんと」という歌があります。その歌詞の中で「がんばれがんばれガンになるまで」というフレーズがあるんです。

このフレーズが癌患者の身内を怒られる結果となりました。一つの言葉遊びではありますが、身内の方々からすればたまらないでしょう。

「配慮が足りない」などの声も上がっており、一時期炎上状態となりました。

生ハムと焼うどん復活の可能性は?

生ハムと焼うどんですが、実質的な解散状態ではありますが、発表では活動休止となっています。それぞれに活動をしていますが、ZOCも活動休止を発表し二人の復活を願う声も少なくありません。

生ハムと焼うどんの解散理由を考えれば、なかなか復活は難しいとも言えますが、あれから数年の月日が流れ二人も大人になった訳です。

復活の可能性は残されているのでしょうか?現状を解説しながら復活の可能性を探っていきます。

Twitterアカウントは「断食中」のまま

生ハムと焼うどんの公式ツイッターを見てみると、「断食中」となっています。2018年頃までは東さんの活動をリツイートしており、投稿が確認できます。

西井さんの活動に関するリツイートは確認できませんが、個別ツイッターのアカウントを紹介するツイートはあるんです。

2018年頃から投稿はストップしていますが、現在もアカウントは残っており「断食中」のままです。

今でも復活を望む声多数

活動休止発表から数年経ちましたが、今でも復活を望む声が多数寄せられています。ZOCが活動休止を発表したのでなおさらでしょう。

中には、ZOCが活動休止したので、生ハムと焼うどんの復活はありえるのでは?という見方もあるようです。ファンの中には「1回でいいから復活して欲しい」と切実な思いを綴っている方もいます。

生ハムと焼うどんそれぞれの活躍に注目

生ハムと焼うどんが活動休止してからも、そのインパクトは薄れることがありません。たった数年の活動でしたが、圧倒的なパフォーマンスで高い評価を受けていました。

現在はそれぞれに音楽活動をしており、今後も音楽を続けていくことでしょう。もしかしたら、いつの日か別の形で一緒に音楽をする日がくるかもしれません。

今後の二人の活躍に注目しながら、二人のコラボや復活を待ちましょう。