吉木りさは歌が上手いオタク?歌唱力買われコレナンデ商会に抜擢! 女優

吉木りさは歌が上手いオタク?歌唱力買われコレナンデ商会に抜擢!

俳優の和田正人さんとの結婚を機にグラビアアイドルを卒業して、現在は、タレントとして、バラエティ番組を中心に活躍ている吉木りささん。実は、歌手としても活動されているということをご存知でしょうか?気になる吉木りさんの歌唱力にまつわるエピソードをまとめました。

吉木りさは歌手としても活動していた!

あまり知られていませんが、吉木りささんは、グラビアアイドルとしての活動と平行して、2008年から、歌手としても活動されていたのです。これまでに、個人名義ではシングル4枚、アルバム2枚、ユニットとしては2枚のCDをリリースしています。ここでは、吉木りささんが、リリースしてきたCDについて、ご紹介させて頂きます。

個人でCDを4枚!

吉木りささんが、個人でリリースしたCDは、2008年12月24日発売の「夜桜お七」、2011年3月2日発売の「Destin Histoire」、2012年8月22日発売の「ボカロがライバル☆」、2012年12月5日発売の「世界は教室だけじゃない」等、計4枚になります。

ユニットでCDを2枚!

吉木りささんは、ユニットとして、キャンパスナイターズとして2010年3月17日発売の「エロくないのにエロく聴こえる歌 〜しこたまがんばれ!〜」、吉木りさ&ヒャダインとして2013年5月22日発売の「シフトと時給と、ついでに愛をとりもどせ!!」等、計2枚のCDをリリースしています。

さらにアルバムを3枚!

吉木りさんさんは、シングルCD6枚に加え、2012年3月28日発売の「Poche」、2014年3月5日発売の「ペントミノ」、2014年6月2発売の「CRA海物語AQUA with 吉木りさ SONG COLLECTION」等、計3枚のアルバムをリリースしています。

オタクなの?吉木りさのプロフィール

吉木りさんさんは、1987年7月27日生まれで、千葉県船橋市出身、血液型はAB型です。そして、気になるスタイルは、身長は162センチ、バストは80センチ(Cカップ)、ウエストは59センチ、ヒップは88センチと、男性が求めている理想のような体型をされています。

吉木りささんは、ご結婚される前、タレントと歌手としての活動の他に、グラビアアイドルとしても活動されており、「黄金の尻」や「究極の尻」等と呼ばれるほどの魅力的なヒップで、多くの男性を魅了してきました。ご結婚後は、悔やまれながらも、グラビアアイドルとしての活動を引退しました。

吉木りさは隠れオタク?

吉木りささんは、かなりのアニメ好きとしても有名で、ご自宅には、1000冊以上のコミックが、コレクションされているそうです。さらには、アイドル好き、アニメのコスプレもされる等、ジャンルも多岐に渡ります。また、吉木りささんは、隠れオタクという訳ではなく、ご自身のことをオタクであると公言されております。

オタクからは嫌われているオタク?

数多くあるジャンルの中でも、男性同士の同性愛を描くボーイズラブが、好きな吉木りささん。腐女子の間でデリケートなジャンルとされている「ナマモノ」という「実在する人物同士の同性愛」を地上波で語ってしまったことで、大批判を受け、未だに多くの腐女子から反感を抱かれているようです。

吉木りさの歌が上手いエピソード① 地域の大会で優勝

吉木りささんは、母親が演歌や民謡が好きだったこともあり、小学4年生から民謡を習っていて、中学のときには、地域の大会で優勝したこともあるほど、子供の頃から歌が上手い方でしたので、歌手デビューされたのは、当然と言えば当然ですね。

子供の頃から長年に渡って民謡を習ってきたことで、民謡独特の歌い回しが、しっかりと身に付いてしまっていた吉木りささん。2曲目以降にリリースされた楽曲は、民謡とは掛け離れているものばかりでしたので、身に付いてしまった歌い方を根本的に変えるのに、かなり苦労したそうです。

吉木りさの歌が上手いエピソード② モー娘。オーディション

子供の頃からアイドルに憧れていて、ご自身もアイドルになりたいという夢を持たれていた吉木りささん。中学2年生の時に、人気アイドルグループモーニング娘。のオーディションを受けたという経験があります。残念ながら落選してしまいましたが、この頃から歌には自信があったことが窺えます。

吉木りささんが受けたモーニング娘。のオーディション「LOVEオーディション21」。合格した高橋愛さん、紺野あさ美さん、小川麻琴さん、新垣里沙さんをはじめとして、木下優樹菜さん、IMALUさん、谷村美月さん等、多くの有名人も応募していました。もしかしたら、吉木りささんが、高橋愛さんの隣で歌っていたかもしれませんね。

吉木りさの歌が上手いエピソード③ 演歌歌手としてデビュー

あまり知られていませんが、吉木りささんのデビューは、グラビアアイドルとしてではなく、徳間ジャパンコミュニケーションズから演歌歌手としてデビューされたのです。所属している事務所にスカウトされてから、小学4年生の頃から民謡を習っていたという実績を買われ、演歌歌手デビューを果たしました。

吉木りささんのデビューは、人気演歌歌手の坂本冬美さんの代表曲でもある「夜桜お七」のカバー曲でした。夜桜お七は、プログレッシヴ演歌と呼ばれるアップテンポな演歌で、演歌の中でも比較的歌いやすい部類に入るのですが、こぶしと抑揚が多く、歌えるようになるまで相当苦労されたことでしょう。

吉木りさの歌が上手いエピソード④ ヒャダインが歌唱力に太鼓判

2013年5月22日にリリースされたCD「シフトと時給と、ついでに愛をとりもどせ!!」にて、ユニットを結成していた吉木りささんとヒャダインさん。ヒャダインさんは、吉木りささんの歌声を「高音は突き抜けるようでさわやかさがある」と太鼓判を押していました。

ヒャダインさんは、吉木りささんの声質について、「耳通りがよくてツーンと突き刺さる。」「歌声としてキャッチー。」「水樹奈々さんと出自が似てる」「どのアーティストにも似ていない吉木りさ独自の声質。」等とベタ褒めしていて、是非またプロデュースしたいと絶賛しています。

吉木りさの歌が上手いエピソード⑤ 田村淳が唸るウルトラソウル

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと田村亮さんが司会を務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!火曜日」にて、篠崎愛さんとのカラオケ対決で吉木りささんの披露したウルトラソウル。対決には負けたものの、力強いウルトラソウルに「上がるな~!」と、田村淳さんを唸らせました。

ウルトラソウルは、音圧のある力強い高音が続く楽曲ですので、女性であっても原曲キーで歌いこなすのは、簡単ではありません。しかも、田村淳さんを唸らせた「ウルトラソウル」の部分は、楽曲の中でも最高音の部分となっています。歌唱力のある吉木りささんだからこそ、田村淳さんを唸らせることが出来たんでしょうね。

吉木りさの歌が上手いエピソード⑥ 一人カラオケ

吉木りささんは、アイドルを夢見ていたということもあって、カラオケでアイドルの楽曲を良く歌われているそうなのですが、驚くことに、店員に顔を覚えられるほど頻繁に一人でカラオケに行かれるというのです。CDをリリースしなくなった今もカラオケで歌唱力を磨かれているんでしょうね。

一人でカラオケに良く行かれるということから、吉木りささんは、一人カラオケ専門店のイメージキャラクターにまで就任してしまいました。一人カラオケ専門店によるウェブ番組では、パーソナリティを務め、一人カラオケあるあるを披露されていました。

吉木りさの歌が上手いエピソード⑦ コレナンデ商会キーウィ役に

吉木りささんは、NHK Eテレにて放送されている番組「コレナンデ商会」にキーウィというキャラクターの声優として、レギュラー出演されています。コレナンデ商会は、子供向けの楽曲を中心とした構成となっているので、歌唱力が買われて吉木りささんが、起用されたのでしょう。

吉木りささんが声優を務めるキーウィというキャラクターは、リズム感抜群でアイドルを夢見ている小学生という設定ということもあって、小学生の頃から民謡を習い、アイドルを夢見ていたという吉木りささんと重なる部分が多く、また、好奇心旺盛で活発という性格も吉木りささんと近い感じがします。

吉木りさの歌が上手いエピソード⑧ 歌番組の司会に大抜擢

吉木りささんは、小学4年生の頃から習っていた民謡の経験と、歌の実力を買われて、NHK-FM放送で51年間放送され続けた長寿ラジオ歌番組「日本の民謡」の後継番組である「タミウタ」の司会として大抜擢されました。もちろん、このタミウタも、日本の民謡と同じく、民謡がベースとなっているラジオ歌番組になります。

吉木りささんが、司会を務めるタミウタは、全国各地の民謡は勿論のこと、故郷に伝わる面白い風習、恋にまつわる歌等、で構成されているラジオ歌番組です。タミウタのお仕事は、子供の頃から民謡を習われていた吉木りささんに、ピッタリのお仕事ですね。

吉木りさの歌手としての今後は?

グラビアアイドル、そして、タレントとして活動する傍ら、歌手としても、精力的に活動している吉木りささん。最近は歌手としては、活動されていないようですが、やはり、歌が好きなのか、今もカラオケには良く行かれているようですし、仕事につきましても、歌に携わる仕事を積極的に行っているように見受けられます。

今後、また吉木りささんの歌声を聴ける日は来るのでしょうか。例え、ご自身の持ち歌でないとしても、ものまね番組やカラオケ番組等で、また吉木りささんの歌声を聴いてみたいものです。YouTubeのような動画配信サービスで、歌われている姿を動画で投稿してみるのも良いかもしれませんね。これからも、吉木りささんから目が離せません。