戦慄かなのが昔少年院にいた理由は?その時の罪や現在についても! エンタメ

戦慄かなのが昔少年院にいた理由は?その時の罪や現在についても!

戦慄かなのは、犯罪歴がある前科を持って少年院にいました。なぜ罪を犯すことになったのか、その理由についてご説明いたします。また、戦慄かなのがそうした昔を乗り越えて人生を変えることができたきっかけについても解説いたしますのでご確認ください。

目次

[表示]

戦慄かなのは昔少年院に入っていた!前科持ちの噂の真相

戦慄かなのは、実は昔、少年院に入っていました。衝撃的な事実ですが、やはり気になるのはその理由でしょう。前科持ちの戦慄かなのの噂の真相について迫ります。

戦慄かなのはなぜ少年院に?理由は傷害事件

qimono / Pixabay

戦慄かなのが少年院に入ることになった原因はどのようなことでしょうか。おそらく、多くの人は、なぜ少年院に入らなければいけなくなったのかが気になるはずです。

戦慄かなのが障害事件を起こしていました。友人の彼氏に襲われかけ、瓶で殴ったようです。その後、警察が戦慄かなのを捕まえ鑑別所に入ることになります。

戦慄かなのには、その他にも犯罪歴があることが分かり、結果的に少年院に入ることになります。

少年院に2年ほどいた

KlausHausmann / Pixabay

戦慄かなのは少年院で2年ほど過ごすことになります。しかし、少年院で反省をすることはなく、むしろ反抗的な態度を取り続けていたようです。

監視カメラに自分のサンダルを投げつけるようなことをしたり、課題として出された紙を被ってトイレに流したり、激しく暴れるようなこともあったようです。

戦慄かなのは非行に走った!家庭環境は?

cocoparisienne / Pixabay

ではなぜ、戦慄かなのは非行に走ることになったのでしょうか。戦慄かなのが非行に走ってしまった理由は、家庭環境に大きな問題を抱えていたからです。

幼少の頃から家庭環境に悩まされており、そうしたことが大きなきっかけとなり、結果的に戦慄かなのは非行に走ってしまいます。

母親からDVやネグレクトを受けた

Counselling / Pixabay

実は戦慄かなのは、母親からDVやネグレクトを受けていました。父親は優しい存在のようでしたが、母親から頻繁に暴力を受けたり、戦慄かなのを家に残して数日間も恋人と遊んでいるようなこともあったようです。

食べる物がないときには、水道水を飲んでお腹を満たしていました。

いじめや自殺未遂をした

geralt / Pixabay

また、戦慄かなのはいじめも受けていたようです。家庭環境により、服は常に汚れており、さらには髪の毛も綺麗に整えるようなことはなかったため、いじめのターゲットになったようです。

そして、戦慄かなのはいじめに耐え切れなくなってしまい学校の3階の美術室から飛び降りたこともありました。

その自殺未遂時は骨折で済みましたが、3階からの飛び降りを決意するほど、いじめは深刻な状況だったようです。

非行に走り軽犯罪をいくつも行った

mohamed_hassan / Pixabay

こうしたことが繰り返され、結果的に戦慄かなのは非行に走ることになります。JKビジネスを行ったり、万引きや詐欺行為なども行っていた前科もあるようです。

さらには戦慄かなのは、窃盗集団にも所属していたようで、数えきれないほどたくさんの悪事を働いていました。窃盗集団に所属していたという前科は、かなり衝撃的な事実です。

戦慄かなのは少年院で勉強!資格をいくつも取得

lil_foot_ / Pixabay

戦慄かなのは少年院で猛勉強しています。少年院でも問題を起こしていますが、少年院では娯楽がテレビしかないことから、勉強しかすることがなかったようです。

しかし、この猛勉強によりいくつも資格を取得することになります。結果的に戦慄かなのにとっては、この少年院での出来事が将来においてとても重要なポイントになったのです。

まさにターニングポイントと言える時期だったのです。

ワープロ検定や秘書検定など取得

janeb13 / Pixabay

戦慄かなのは、少年院での勉強によりワープロ検定や秘書検定などを取得しています。少年院に入っていた期間で、約3千冊の本を読んで勉強を行ったようです。

その他にもエクセル検定や漢検準一級なども取得しています。こうした勉強は最終的に将来にとても役に立ったようです。

高卒認定にも合格し大学にも合格

Free-Photos / Pixabay

そして、少年院での猛勉強が役に立ち、高校中退状態でしたが見事に高卒認定を手にすることができます。さらにはなんと、大学にも合格することができたのです。

高校中退により、酷く荒れていた時期から考えれば、まさに雲泥の差がある人生の転換期だったでしょう。

戦慄かなのは少年院や虐待の経験から事業を立ち上げる

戦慄かなのは、自分が過去に受けた虐待などの経験をもとに、2019年7月にある事業を立ち上げます。アイドルのイメージが強いかもしれませんが、実はこうした活動も行っているほどの活動的な女性です。

その事業は、自分が過去に受けたDVやネグレクトを、他の子供に受けて欲しくないというものです。戦慄かなの強い気持ちが込められて立ち上げられた事業です。

NPO法人「bae」を立ち上げた

ddimitrova / Pixabay

戦慄かなのが立ち上げたNPO法人は「bae」です。baeは児童虐待や育児放棄を受けた子供をサポートする事業です。

このbaeを通じて、今後は子供食堂なども立ち上げ、支援を広げていきたいと考えているようです。このbeaの代表者はもちろん、戦慄かなのです。

beaとは家族などの意味があります。こうした意味を持つNPO法人を立ち上げた戦慄かなのの今後の動向が気になるでしょう。

少年院アイドル戦慄かなのの実妹がデビューしている

戦慄かなのには、実の妹がいます。そして、この実の妹もアイドルとしてデビューしています。二人でダンスをしている動画をSNSにアップしたのがきっかけとなり、デビューを果たしたようです。

戦慄かなのの妹もアイドルとしてかなり人気があります。戦慄かなのはと同じく、ルックスはかなりハイレベルです。

妹も同じ環境で育つがグレなかった

戦慄かなのは、かなり過酷な家庭環境で育ったことでグレてしまいました。しかし、妹は同じ環境だったにも関わらずグレるようなことはなかったようです。

母親が彼氏と一緒に出掛け、姉妹で二人っきりになるような体験を共にしています。それでも妹がグレるようなことはありませんでした。

もともと性格が違うから、ということもあるでしょう。そのため戦慄かなのと妹は、お互い気が合わないように感じるかもしれませんが、戦慄かなのは妹のことを溺愛しているようで、世界一可愛い妹と語っています。

戦慄かなのは少年院で人生が変わった!

戦慄かなのは、昔、過酷な家庭環境で育ったことは事実です。犯罪にまで手を染めることになった戦慄かなのですが、彼女の人生を大きく変えてくれたのは少年院でしょう。

少年院で学んだことで、人生をやり直すことができ、成功者となったのです。また、今こうして活躍ができているのは、妹の存在も大きいです。

溺愛している妹がそばにいたからこそ、さまざまな活動を積極的に実行できたのかもしれません。戦慄かなのが立ち上げたNPO法人、beaも含めて、今後の戦慄かなのの活動が気になります。