バナナマン・設楽統には娘が?結婚時期や家族構成などをチェック! エンタメ

バナナマン・設楽統には娘が?結婚時期や家族構成などをチェック!

人気お笑い芸人であり、バラエティ番組では司会としてゲストとして引っ張りだこのバナナマン・設楽統さん。バナナマン結成から早20年以上が過ぎ、お笑い芸人として貫禄も垣間見える設楽統さんですが、どうやら可愛い娘さんがいるとの噂。今回はその噂について調べてみましょう。

目次

[表示]

バナナマン・設楽統には娘がいる?

今やお昼の顔とも呼ばれるほど数々のテレビ番組で出演しているお笑い芸人、バナナマンの設楽統さん。相方の日村勇紀さんとのネタの面白さもさることながら、設楽統さんご自身のそのMCとしての能力の高さにも評判が高い方です。

そんなバナナマン・設楽統さんですが、実は既にご結婚されており愛娘が一人いらっしゃるとのこと。テレビではその溺愛ぶりが垣間見えることもあるそうですが、「え!?知らなかった!!!」という人も少なくないことでしょう。

今回は、バナナマン・設楽統さんのご家族や娘さんについて、設楽統さん自身の魅力も交えてご紹介していきましょう。

設楽統のプロフィール

まずは、設楽統さんのプロフィールから簡単にご紹介していきましょう。

設楽統(したら おさむ)さんは、1973年4月23日生まれの現在 46歳。出身は、埼玉県秩父郡皆野町で既婚者、娘が一人います。お笑いタレントだけでなく、司会や俳優、声優にも挑戦しており、お笑いコンビ・バナナマンのボケ、ネタ作り担当として相方の日村勇紀さんと共にお茶の間に笑いを届けています。

ちなみに、バナナマンは基本的にボケとツッコミを決めていないそうで、時には設楽統さんがツッコミ役に回ることもあるのだそうです。お笑い芸人の同期としては、ロンドンブーツ1号2号さん、有吉弘行さん、劇団ひとりさんらがあげられます。

お笑い芸人になる前は何をしていた?

実は設楽統さん、学生の頃からお笑い芸人を目指していたというわけではありません。1992年3月に埼玉県立秩父農工高等学校を卒業後は、西武グループの西武長瀞ホテル支配人だった父親の縁故採用で西武鉄道に就職します。

駅員時代は池袋線小手指駅で半年間ほど勤務しており、「白線の内側で“伏せて”お待ちください」など、ギャグや小ネタを交えたアナウンスをし、先輩たちにウケて可愛がられていたそうです。

半年間の駅員時代を経たその後、1993年10月に知人から「4人でお笑いをやろう」と誘われ、そこで現在の相方である日村勇紀さんと出会います。日村勇紀さん含めた4人のお笑いグループを結成しますが2回稽古しただけでこのグループを見限り、4人組から設楽統さんと日村が脱退する形で現在のバナナマンが結成されたのです。

バナナマン・設楽統としての成功

バナナマン結成後20年以上もお笑い芸人として活躍されており、バナナマン・設楽統として成功を収めている設楽統さんですがその魅力はどんなところにあるのでしょうか?

2012年、ニホンモニターの調査による「2012タレント番組出演本数ランキング」において出演番組数が611番組で1位となるなどその人気ぶりが凄まじい設楽統さんの成功要因を見ていきましょう。

バナナマンがブレイクしたのはいつ頃?

芸歴が長く、今ではテレビ番組に欠かせない存在となっているバナナマンのお2人ですが、実は10年以上前までは「テレビ向きではない芸人」の代表格とされていたのだそうです。

バナナマン結成後からCMに出演したりドラマなどの脇役を務めたり、ライブで人気を集めたりとその実力から一目置かれる存在ではありましたが、テレビでよく見る顔となるほどではありませんでした。

しかし、2003年頃から徐々にテレビ出演が増えてきた頃、お2人はテレビに出る上での意識が変わります。一発で強烈な印象を与えられる存在になろうとするのではなく、いきなり振られてもすぐに反応出来て少しだけ印象の残せるぐらいの「なんとなくいる」存在になろうと意識し始めたことで余計な緊張がほぐれて本来の力を発揮できるようになったのだということです。

バナナマンの魅力とは

バナナマンの魅力と言えば、日村勇紀さんの行動や言動、リアクションの面白さと設楽統さんの日村さんを何倍にも面白くさせる技、そして周りの人をも惹きたてるその気遣い、加えてお互いに100%信頼しているからこそ全力でネタに走れる間柄にあるのではないでしょうか?

設楽統さんは日村勇紀さんのことを「1のものを10にも100にもする力がある」とコメントし、日村勇紀さんは設楽統さんのことを「それを言ったら0から1へもっていける力があるでしょ」とコメントしています。

この2人の信頼感があってこそ、設楽統さんが0からネタを創出し、そのネタを日村勇紀さんが何倍・何十倍にも面白くしてお茶の間に届けられるのでしょう。

設楽統が司会として成功できた理由は?

そんな設楽統さんは現在、特に司会として多くのテレビ番組で成功されていますが、その訳が気になるところ。その理由の最たるものは、なんといっても来た仕事を基本的に断らない姿勢が評価されているのだそうです。

どれだけ忙しくなっても仕事を一つ一つこなしていく姿は芸能人の鏡とも言えるのではないでしょうか。また、今では大人気の設楽統さんですが、その知名度の割には出演料がリーズナブルだという噂もあります。しかも、スタッフさんに文句を言うこともなく言われたことをそつなくこなしてくれるのだそう。

あれだけ面白くてそんな素敵な人物なら出演依頼が殺到するのも頷けることでしょう。しかし、司会者としての魅力はこれだけでは無いのです。

場をまとめたり適切な人にコメントを求めたりするのが上手い

設楽統さんの司会者としての魅力を具体的に4つご紹介して参りましょう。まず一つ目は、司会者として最も重要視される最適な進行です。司会者たるもの、出演者に話をふったり、コメントをもらったり、次のVTRまでに自然な流れを作ったり、広がった話をわかりやすくまとめたり違和感なく次につなげたりする能力が求められます。

その点において設楽統さんは、場をまとめたり、その都度で適切な人にコメントを求めたりするのが非常に上手いのです。

それは今までの経験から為せる技なのか、広い視野を持っており状況把握が得意からなのかはわかりませんが何かしら設楽統さんの司会ぶりを見たことがある人であればその気持ちの良い進行に惚れ惚れするでしょう。

頭の回転が速くどのような振りにも面白い切り返しができる

次の司会者としての魅力は、様々な振りに対して即座に反応し、面白い切り返しができる点です。特にバラエティー番組においては、自分自身が何か振られた際や自身がコメントを振った後、振られた人物のコメントに対する周囲のリアクションなどは非常に重要になります。

司会者以外のゲストがリアクションして場が盛り上がることもありますが、高い確率で司会者がリアクションしなければならない、司会者がリアクションして他にまた振る必要がある場面が出現します。

そうした場合に設楽統さんの場合、頭の回転が速いからか、どのような振りにも即座に面白い切り返しをするのです。

適切なコメントができる思慮深さや表現力

次の司会者としての魅力は、設楽統さんの持つ適切なコメントができる思慮深さや表現力です。日本全国大多数の方々が視聴するテレビ番組、ましてやお昼の時間帯やゴールデンの時間帯であれば老若男女様々な方がテレビを見ていることでしょう。

たとえお笑い芸人だから、場を笑わせるためだからといって何を言っても良いというわけではありません。その場その場で適切なコメントや切り返し、質問の投げかけ方というものがあるものです。

設楽統さんはその思慮深さから適切なコメントができると共に、今までに培ってきた表現力から通り一辺倒なコメントではなく幅広いユーモアのあるコメントができる人物です。それがただ場を粛々と進める司会者設楽統ではなく、多くの人に好かれるバナナマン・設楽統として活躍されているのでしょう。

常識的で一般人の感覚をよく理解している

4つ目の設楽統さんの司会者としての魅力は、常識的で一般人の感覚をよく理解している点です。

お笑い芸人も芸能人ですから、有名になればなるほど時には一般人の感覚が抜け、お茶の間の皆さんからすると疑問を浮かべるような言動や行動、「非常識では?」と思われてしまうかもしれない発言をしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そこは常識人設楽統。世の一般人の感覚をよく理解しており、非常識ともとれる発言をすることはほとんどありません。表現として異なるかもしれませんが、そういう「普通っぽさ」が逆に司会者としてお茶の間のみなさん目線で話を進めることが出来るのではないでしょうか。

設楽統の家族

それでは、バナナマン・設楽統さんの魅力が存分に伝わったところでいよいよご家族の話へと入っていきましょう。

デビュー後約5年を経てご結婚された設楽統さん。今年で早20年の結婚生活を迎えるわけですがどのようなご家族なのでしょうか?

結婚した時期や結婚の経緯

Takmeomeo / Pixabay

設楽統さんがご結婚されたのは、バナナマンとしてデビューした後の下積み時代、1999年4月23日です。お相手はカラオケ店、酒屋の配達など様々なバイトをしていたフリーター期間に、バイト先で知り合い19歳の時から交際していた一般人の女性です。

ご結婚へと至った経緯がやはり気になるところですが、きっかけは設楽統さんが「風呂のある家に住みたい」と彼女に同居を持ちかけたことに始まります。「二人で住めば家賃を折半できる」という理由だったそうですが、それに対して彼女の返答は「じゃあちゃんとしないと」ということで、ちゃんとするためにご結婚されたそうです。

家族構成

そういうわけで、めでたくご結婚された設楽統さんですが、現在の家族構成はどうなっているのでしょうか?

設楽家の現在の家族構成は設楽統さんと奥さん、そして娘さんが1人の3人家族です。1999年にご結婚されたあと、2002年に第一子を授かっているため設楽統さんのパパ歴は結構長いのです。

ちなみに、娘さんの誕生以降はお子さんに関する話題が出ておらず一人っ子のご様子。たった一人のお子さんですし、どうやらとても可愛い女の子だそうですからその可愛がりっぷりは凄まじかったことでしょう。

設楽統の娘とは?芸能界デビューしている?

設楽家について触れてみましたが、娘さんの詳しい情報が知りたい人も多いことでしょう。あれほど売れっ子芸人のバナナマン・設楽統さんですから、もしかすると娘さんも芸能界に興味があってデビューしているのでは?と思う人もいるかもしれません。

ここからは、そんな設楽統さんの娘さんについてご一緒に見ていきましょう。

娘の名前や年齢

設楽家のたった一人の愛娘、そのお名前は「奈々葉(ななは)」ちゃんです。2002年4月生まれのため、今年で17歳になっていることでしょう。華の女子高生というわけです。

お名前の由来は、4月生まれのため葉っぱの葉をつけようと決めたところ、若葉とか乙葉とかが候補としてはあったそうですが、最終的に七つの葉って書いて「七葉」にすることになり、ただ画数的に「奈」のほうが良かったため字を変えて「奈々葉」になったそうです。

過去には幼少期の写真などを公開したことも

設楽家の愛娘奈々葉ちゃんですが、実は昔、幼少期にはテレビ番組で写真が公開されたり、バラエティ番組に設楽統さんの愛娘として紹介され出演したりということもあったのです。

当時の写真を拝見すると、奈々葉ちゃんはお母さん似でしょうか?その可愛らしい姿に設楽統さんが夢中になるのも頷けます。そんな奈々葉ちゃん、幼少期はテレビ出演もありましたが現在は高校生と大人になる一歩手前で多感な時期。最近テレビに出演したという話はどうやら無いようです。

設楽の話の中に出てくることはあるが娘は一般人

現在はテレビ出演が無い様子の奈々葉ちゃん。テレビ番組内などでの設楽統さんの家族話の中で出てくることはありますが、あの可愛らしい頃から成長した今の詳しい情報は出回っていません。

芸能界に興味があるのかどうかの噂も立っていないので、完全に一般人です。しかし、どうやら成城学園に通っているのではないか?という噂が出ていますが確かなところは不明なようです。

設楽統には一人娘が!一般人で芸能界デビューはしていない

さて、今回は設楽統さんの魅力、そしてご結婚エピソードやご家族、たった一人の愛娘奈々葉ちゃんのことについてご紹介して参りましたがみなさまいかがでしたでしょうか?

バラエティ番組に引っ張りだこな父を持つ一人娘の奈々葉ちゃん。家庭での父とテレビ越しの父とを見て、多感なお年頃の彼女はどう思っているのでしょうか?まだまだ一般人で芸能界デビューはしていない彼女ですが、人を笑顔にする父の姿に憧れや興味を持っているとしたら今後芸能界に関心を持つかもしれません。

現在のお姿が拝見できないのは残念ですが、ひとまずは設楽統さんの娘さんとのエピソードを聞いて設楽家を応援しておきましょう。