DJ社長の出身高校や大学はどこ?経歴や借金の額がすごい! エンタメ

DJ社長の出身高校や大学はどこ?経歴や借金の額がすごい!

「レペゼン地球」を率いるDJ社長は、YouTubeではふざけた動画をたくさん出していますが、大学へ通っていた時期がある高学歴の持ち主です。DJ社長の本名や年齢と合わせて出身高校、韓国人という噂をご紹介します。会社を経営していた事実もみていきましょう。

目次

[表示]

YouTubeで話題!DJ社長のプロフィール

DJ社長はDJグループ、レペゼン地球のメンバーです。レペゼン地球はDJとして曲を発表しているほか、おもしろ動画をツイッターやYouTubeに公開しています。

もともとは、ツイッターにあげていたおもしろ動画がバズったことで人気が上昇しました。YouTubeを始めたのは2018年と、最近のことです。

DJ社長の本名や年齢などのプロフィールをご紹介します。

本名や年齢は?DJ社長のプロフィール

  • 本名 木元駿之介
  • 生年月日 1992年8月29日
  • 年齢 27歳(2020年7月現在)
  • 出身 福岡県
  • 血液型 AB型
  • 身長 173cm

母親が韓国人

DJ社長は韓国人と日本人のハーフです。母親が北海道出身の韓国人であることを、自身のツイッターで公開しています。ハーフではありますが、福岡県出身なので韓国語は喋れないでしょう。

実は頭がいい!DJ社長の学歴について

見た目からは想像できませんが、DJ社長は大学に進学した過去があり高学歴です。結果的には退学したものの、名の知られている大学に通っていました。

実は頭が良いDJ社長の学歴を、高校時代からみていきましょう。大学で勉強したことについてもご紹介します。

福岡西陵高等学校卒業

DJ社長の出身高校は福岡西陵高等学校です。偏差値は51くらいの学校で、留年をしたため4年間高校へ通いましたが無事に卒業しています。

DJ社長はツイッターで、偏差値59くらいの九州産業大学付属九州高等学校にも合格していたことを明らかにしました。特進クラスに合格していることからも、頭の良さがわかります。

高校へ進学した理由は「母親に高校だけは出てほしいと言われたから」だと、過去にYouTubeの動画内で語っています。

駒澤大学中退

高校を卒業後は駒澤大学に進学。大学進学の理由は経営について学ぶためで、駒澤大学の経営学部市場戦略学科へ進みました。

ツイッターでは福岡大学にも受かっていたことを報告しています。しかし社長業が忙しくなり、大学4年生のときに退学しました。

2012年に入学して、2018年に退学しているので6年間大学に在籍していたことになります。

DJ社長は会社を経営していた?現在までの道のり

YouTuberのイメージがあるDJ社長ですが、最初からレペゼン地球があったわけではありません。現在の形になるまでには長い道のりがありました。

高校卒業後わずか1年半で社長になったり、借金まみれになったりと波乱万丈な人生を送っています。

高校卒業後1年半で会社を設立

DJ社長は高校生のときに社長になることを決意。お金持ちになりたいことや、偉い人にペコペコしたくないことが社長になりたい理由でした。

大学で社長になる方法を知れると思っていたDJ社長ですが、大学では経営の仕方しか学べないことを知ります。そのため、500万円を用意して社長になることを決めます。

大学へ進学して1年半後、500万円を貯めて福岡で「株式会社PARIST」を設立。イベントを開催する会社の社長となり、最初は借金しながらのイベント開催でしたが、徐々に収益を伸ばしていきました。

詐欺に遭い借金を抱える

会社の規模は大きくなり、順調に社長業をこなしていたDJ社長ですが、詐欺に遭い借金を抱えることになります。騙された額は1000万円で、手元には1円も残りませんでした。

社長となってスタッフを抱えていたため、お金を借りる目的でヒッチハイクで東京へ行くことを決意。借金はスタッフのバイト代や事務所の家賃に充てました。

借金は6000万円まで膨れ上がる

借金を借金で返す負の連鎖に陥り、借金の総額は6000万円までふくれあがります。稼いで借金を返さない限り借金は減らないことに気づき、イベント開催を決意。

定員が1万人の会場を福岡で借りてイベントを開催しましたが、結果的に4000人ほどしか集まらず、借金は減りませんでした。

イベント失敗後は有名人になろうと決めて、趣味でおこなっていたDJを本格的に始めます。最初は無償で出演していましたが、知名度が上がるにつれてクラブ側から呼ばれるようになりました。

現在も借金を返済中

色々な会場へ駆けつけられるよう、DJ社長はレペゼン地球というDJ集団を作ります。ふぉい・銀太・脇・まるが参加し、全国各地でDJ活動をおこないました。

段々とギャラをもらえるようになり、レペゼン地球は全国ツアーを敢行。現在も借金は返済中ですが、DJ・ツイッター・YouTubeで知名度を上げ続けています。

DJ社長の波乱万丈ぶり

DJ社長は借金以外にも、さまざまな問題を起こしています。パワハラ捏造で炎上したことや、コロナでアリーナツアーが中心になったこともありました。

DJ社長の波乱万丈ぶりについてご紹介します。

パワハラ捏造で炎上

2019年7月、ジャスミンゆまさんがDJ社長からパワハラを受けたとツイートして炎上。しかしパワハラは、新曲のプロモーションをするための捏造でした。

パワハラを新曲プロモーションのネタにしたことが明らかになってさらに炎上し、予定していたライブが中止に。謝罪動画を出す事態に追い込まれました。

DJ社長は炎上について「炎上商法だったけど想像の10倍炎上した」と、動画内で語っています。騒動については謝罪し、これからもファンのために頑張ると発言しました。

コロナでツアー中止

レペゼン地球は2020年4月から大阪城ホールやマリンメッセ福岡で公演をおこなう予定でしたが、コロナの影響でツアーは中止となりました。

ツアーの中止にともない、億単位の損失が出ています。レペゼン地球はYouTubeに広告をつけていないため、YouTubeの収益はありません。

億単位の損失を解消するために、現在はYouTuber仲間が救済に乗り出しています。ヒカルはスニーカーをコラボして、売り上げの1億円を先払いする動画を公開しました。

DJ社長は駒澤大学出身で頭が良かった!

DJ社長は留年しながらも高校はきちんと卒業していて、実は頭が良いことがわかりました。中退していますが、DJ社長の出身大学は駒澤大学です。

大学在学中に社長となり、借金を抱えながらもイベントを成功させて有名になりました。コロナの影響で現在はイベントができない状況ですが、今後の活躍に期待です。