高山正樹(仙台女児連続暴行事件の犯人)は現在も服役中?生い立ちや犯行内容は? エンタメ

高山正樹(仙台女児連続暴行事件の犯人)は現在も服役中?生い立ちや犯行内容は?

仙台女児連続暴行事件の犯人である高山正樹は現在何をしているのでしょうか。110名もの少女を強姦したうえ、犯行時にビデオまで撮っていたという高山正樹。生い立ちや家族構成はどうだったのでしょう。事件の犯行内容や判決にも触れながら詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

高山正樹が起こした仙台女児連続暴行事件とは?犯行内容は?

まずは、高山正樹が起こした仙台女児連続暴行事件の概要について取り上げていきます。

一体高山正樹は何をしたのでしょうか。犯行内容を明らかにしていきましょう。

宮城県仙台市で起きた!女児を狙った暴行事件!

仙台女児連続暴行事件は2000年に仙台市で発生し、多くの女児が暴行の被害にあった事件です。

被害は60件にも上り、警察も同一人物が犯人だと睨んで捜査を開始しました。前例のない女児だけを狙った犯行に世間を震撼させるニュースとなりました。

3歳から10歳を狙った?!人気のないところで犯行!

狙われたのは大体3歳から10歳の女の子でした。この犯人の高山正樹は自分の好みの子を物色してターゲットを選んでいたようです。

そして気に入った子が見つかると、猫を一緒に探してなどといい言葉巧みに女児を人気のない所に連れていき犯行に及んだのです。

被害者は100人以上だった!?

逮捕時には60件もの被害届けが出ていたとされますが、高山正樹が逮捕された後に発覚した被害者数はなんと100人を超えていました。

逮捕されたのは2000年ですが、高山正樹は3年前から犯行に及んでいたといいます。女児だけをターゲットにしていたうえ、被害者を脅して口止めをしていたため事件発覚が遅れたのです。

3年の間に味をしめた高山正樹は、4日に一度の割合で性犯罪を犯していたといいます。

犯行の様子をビデオで撮影

100人を超える女児を3年にもわたり性的暴行していた高山正樹ですが、この中の45人の女児に対して、性犯罪をしている様子をビデオで撮影していたのです。

撮影されたビデオは自宅に保管されていたようで、逮捕後に高山正樹の家を家宅捜索した際、その証拠となるビデオが多く押収されました。

被害者女児に口止め?殺すと脅す!

高山正樹は犯行後、女児を殺すことはしませんでしたが被害者である女児にこのことをしゃべったら殺すと脅していたのです。

まだ性に対しての認識がない年齢であるため、怯えてパニックになっている少女たちを脅すことで、犯行の発覚を防ごうとしていたようです。

今は精神病と主張している彼ですが、完全に計画的犯行であり精神は正常である可能性が高いでしょう。

仙台女児連続暴行事件の犯人・高山正樹の現在は?どこにいるの?

仙台女児連続暴行事件の凶悪犯としてその名も知られている高山正樹ですが、現在は何をしているのでしょうか。

出所していていれば名前を変えて新たな人生を送っている可能性もありますが、もしそうであれはどこで何をしているのでしょうか。凶悪犯・高山正樹の現在について追及していきましょう。

高山正樹は現在も服役中!山形県精神病舎にいる!

高山正樹は未だに刑務所に服役しているようです。そして普通の刑務所ではなく山形県の精神病舎にいるそうです。

なぜ精神病舎に収容されているかは後ほどご紹介しますが、そこで治療を受けながら服役しているようです。

ただ病院だからと言って一般人と同じような扱いはなく、かなり隔離されたところで治療が行われているようです。今後も仮釈放の可能性は低いでしょう。

仙台女児連続暴行事件の判決は無期懲役!精神病で執行停止

仙台女児連続暴行事件で高山正樹は逮捕され、その後の裁判の判決では無期懲役が下されました。しかしその判決を今でも覆そうと精神病である事を主張しているのです。

裁判が行われ一審ではあっさりと犯行を認めたものの、二審では精神病を患っているとして無罪を主張したのです。

そして幻聴が聞こえる・歩けないなど心神耗弱を装い減刑を狙いましたが、精神は正常とみなされ無期懲役と判決がされたのです。

あまり反省していない?今でも女児に興味がある

仙台女児連続暴行事件で無期懲役が言い渡され、今でも減刑を狙い精神病だと主張している高山正樹ですが、現在服役していながらあまり罪の意識はなく反省していないと言います。

精神病舎ではテレビを見ることができるのですが、小学生の子が映ると興奮するようで、言葉に出して「やりたい」と発言するのです。

逮捕され服役していながら反省もせず女児に興味を示し、精神障害者のフリを続けて減刑を狙う高山正樹は本当に恐ろしい人間なのではないでしょうか。

更生できない?仮釈放の可能性はない?

無期懲役は死刑とは違いまっとうに反省し罪を償えば刑期が短くなる可能性もあります。仮釈放も可能性的には考えられます。

しかし今でも精神障害者のフリを続け減刑を狙っている高山正樹の仮釈放の可能性は低いと考えられます。

仮釈放はあくまで反省しこれ以上罪を犯さない人間だと判断されればの話ですが、全く反省の様子がなく未だに女児に興味がある彼は難しいでしょう。

精神病は本当?元囚人の証言がある?

仙台女児連続暴行事件で高山正樹は減刑を狙うために精神障害者のフリを続けていると言われていますが、逆に本当に精神疾患があるのではないかとも言われています。

その理由は同じ刑務所に収容されていた元囚人の証言にありました。高山正樹は糞尿を垂れ流すなどしており掃夫が処理していたようです。

また独り言の様にぶつぶつ言ったりしていたようで、頭がイカれていると思っていたようです。

無期懲役は妥当?国民の意見は?

無期懲役という判決が下された高山正樹ですが、この判決に国民はどんな意見があったのでしょうか。

無期懲役が妥当だという意見もあれば死刑相当なのではないか?という意見もありましたが、それ以上に軽い刑でもよかったという意見は見られませんでした。

高山正樹の人物像は?家族や生い立ちは?

仙台女児連続暴行事件で無期懲役という判決が下された高山正樹ですが、今でも減刑を狙い精神病舎に収容されていることが判明しました。

彼は犯罪を犯してしまうまでの人生をどう生きてきたのでしょうか。高山正樹の人物像や家族について、更には生い立ちについてまとめてみました。

高山正樹はハーフ?父親は中国人でシェフ?

高山正樹は1975年に宮城県仙台市で誕生しました。父は中国人で母親は日本人でした。つまり高山正樹は在日中国人二世。父親の職業はシェフで、中国料理を提供していたといいます。

高山正樹は仙台で生まれ仙台で育ちましたが、仙台市では多くの中国人が住んでいる町があり、ラーメンや中国料理を出すお店が沢山あるようです

その中で高山正樹の父親も働いており、そこまで裕福な家庭環境ではなかったために家庭内でトラブルが絶えなかったとの話もあります。

学生時代にいじめにあっていた?

 

高山正樹は中学生時代にいじめにあっていたと供述しており、その理由は父親が中国人で差別されたからだと訴えています。

しかし後述しますが、中学時代の高山正樹は非難されても仕方がないような問題行動を起こしていたうえに、中学時代の卒業文集には「将来有名になりそうな人ランクング」で1位に選ばれていました。

また逮捕後の裁判でにも中学時代の同級生による「いじめの事実はない」との証言が採用されていることから、差別を受けたというのも虚言の可能性が否定できません。

学生時代から覗きをしていた?

目立たない生徒だったという高山正樹ですが、中学に入ると性に対して興味が強くなり、女子更衣室を覗くなどの行為もしていたといいます。

しかしこの行為に対しても詫びることはなく、自分がエロくなかったら人類は滅びるのでこの行動は決しておかしくないと周りに言いきっていたというのです。

なお、この覗き事件に関しては裁判や報道で明らかになったことではなく、情報源がネットの匿名掲示板のため真偽は定かではありません。

定職に就かず母親の保険金で生活?

高山正樹は「旅に出たい」という理由で、高校を2年で中途退学しています。高校では周囲に馴染むことができず、浮いた存在だったとの証言もあります。

犯行を犯し逮捕された当時、高山正樹は20代後半だったにも関わらず定職に就かず無職でした。これは逮捕時の報道で明らかになっています。

また真偽は不明ですが、死亡した母親にかけられていた生命保険金200万円を着服し、犯行に使用したビデオカメラを購入したとの噂もあります。

また高山正樹は高校中退後は家に引きこもって母親に暴力を振るっていたとの話もあります。しかし、保険金の話と同じ様に情報源が定かではないため真偽は不明です。

高山正樹の家族の現在は?

逮捕時の報道で高山正樹の実家の住所地は「仙台市青葉区八幡3丁目」であることが明らかになっています。

事件発覚時に既に母親は亡くなっていましたが、高山正樹の父親は存命でした。しかし事件後は消息不明となっており、母国の中国に帰ったのではないか?とも囁かれています。

また高山正樹には妹が1人いるとの話もありますが、こちらの真偽も定かではありません。

在日中国人であったために差別されたと自身の生まれに非があるような訴えをしていた高山正樹ですが、父親は事件後に被害者からの損害賠償に応じようとお金を工面していたといいます。

裁判の判決時にも父親が可能な限り損害賠償請求に応じるために努力していることが明かされていたことから、父親は息子が犯した罪に罪悪感と責任を感じていたのでしょう。

高山正樹の逮捕の経緯は?

仙台女児連続暴行事件を犯した高山正樹は、幼い女児を人気のない所に連れ出して性的暴行をくわえ、更に口止めをしていた極めて卑劣な人物でした。

そんな高山正樹は3年もの期間犯行に及んでいたのですが、なぜ犯人が高山正樹と判明したのでしょうか。

逮捕までの経緯やなぜ逮捕できたのか詳しく見ていきましょう。

犯行現場での目撃証言があった?

女児暴行事件が発覚した当時2000年7月下旬ころから8月上旬にかけアパートで強姦事件が発生したのです。

当時の目撃証言もあり、その特徴を聞いていた警察官が張り込みをしていると、目撃証言に似た男性が現れたようです。そして高山正樹の名前が浮上しました。

警察が職務質問?異変に気付く!

高山正樹が怪しいとは言われたものの、実際犯行現場をおさえたわけでもないので逮捕には踏み切れていませんでした。

しかし高山正樹が新たなるターゲットを見つける為にアパートを物色していた際、警察官が職務質問をしたのです。

彼はそのアパートにも住んでおらず近所の人の名前も言えないことから警察官は異変に気付いたのです。

高山正樹を緊急逮捕!

新しい女児がいないかアパートを物色している最中に職務質問された高山正樹。突然のことに驚いたのか、奇妙な行動をとっています。

アパートに住んでもいないのにうろうろしていたことから警察が任意同行を求めると、コンビニに走って逃げ、弁護士と連絡をとりたいといって任意同行を拒否したのです。

この行動から警察は完全に黒だと判断し異例の緊急逮捕に踏み切ったのです。

逮捕されるところがテレビで放送されていた

仙台市の女児暴行事件は高山正樹が逮捕される前から報道されており、注目されていました。

そして高山正樹が緊急逮捕された際、たまたま逮捕した警察官に報道陣が同行しており逮捕される一部始終が取られていたのです。

まさに逮捕される瞬間がテレビで放送され、日本中が注目しまた。上の動画では逮捕の瞬間の様子が見られ、警察がずっと事件を追い続けていたこともわかります。

高山正樹の判決は?裁判の流れは?

3年にわたり女児に性的暴行を加えていた高山正樹ですが、職務質問により異変に気付いた警察官の機転により逮捕されました。

先程高山正樹は終身刑という判決が下されたとをお伝えしましたが、どのように裁判が進んでいったのでしょうか。

無期懲役という判断が下されるまでの裁判の流れをご紹介していきましょう。

強姦罪等で起訴される

まず裁判では1999年3月10日から200年8月1日の三年間に犯した強姦罪での罪に問われました。

推定では100件ほどの被害があったのですが、裁判では4件の強姦未遂、2件強姦致傷と5件の強制わいせつだけが起訴されました。

NEXT:二回目の公判で精神分裂病患者といい減刑を狙う
1/2