柴田大輔(工藤明男)の現在!関東連合の暴露本を出版?生い立ちや経歴は? エンタメ

柴田大輔(工藤明男)の現在!関東連合の暴露本を出版?生い立ちや経歴は?

柴田大輔は現在工藤明男という名前で執筆活動をしているようですが本当なのでしょうか。また引退した今、本でやブログでは関東連合を暴露しているのです。柴田大輔の過去の経歴や生い立ちをご紹介しながら、柴田大輔の現在について迫っていきましょう。

目次

[表示]

柴田大輔の現在は?何をしているのか?

関東連合の幹部として有名だった柴田大輔をご存知の方も多いのではないでしょか。彼は関東の大きな組織である関東連合の幹部でした。

そんな彼は現在どこで何をしているのでしょうか。また最近では、柴田大輔の活動が注目されているというのです。

現在一体どんな活動をしているのでしょうか。詳しく見てきましょう。

柴田大輔のプロフィール

柴田大輔の現在をご紹介する前に彼のプロフィールからご紹介していきましょう。

  • 生年月日     1979年5月24日
  • 出身地      東京都調布市
  • 身長       150cm
  • 家族構成                 不明

柴田大輔の家族構成などは詳しくわからず年齢や出身地などしか情報がありません。現在結婚し子供がいるかどうかも不明です。

柴田大輔は本を出版!その内容は?

過去には関東連合の幹部であった柴田大輔ですが、現在は関東連合も引退し闇社会もつながりはないようです。

しかし最近になって関東連合についての裏事情や闇社会についての暴露本を出版し話題となりました。

柴田大輔がこれまでに出版した本には「聖域」、「いびつな絆」、「酒鬼薔薇聖斗と関東連合」などがあります。またcomics Black Flowerという漫画本まで出版されているのです。

名前を変えて執筆活動?その名前は工藤明男!

本を出版し執筆活動を始めた柴田大輔ですが、実は本名ではなく名前を変えて活動していました。その名前は工藤明男です。

なぜ柴田大輔は工藤明男という名前で執筆活動を始めたのかというと、関東連合の架空の黒幕である工藤明男という人物をネット上で創りあげたかったようです。

しかし後になって実名を隠して活動するのは卑怯と感じたようで、工藤明男は柴田大輔である事を明かしたのです。

関東連合の実態を本屋ブログで暴露?本は大ヒット!

普段は知ることが出来ない闇の組織の真実を知ることができる内容ということもあり、本はかなりの大ヒットとなり売り上げも凄かったようです。

しかし一方で関東連合の実態をさらされビジネスに使われたとして、元関東連合や闇社会の人間からはかなりの反感を買ってしまったようです。

また本だけでなくブログでもその内容をアップしたようでブログを見る人も増えたようでかなり注目を集めているようです。

柴田大輔は現在株の配当で生活をしている?

闇社会の実態を暴露した本を出版しその本が大ヒットした柴田大輔ですが、この本以外での収入源は株の配当で生活をしていると言われています。

関東連合に所属していた際柴田大輔はいろんなビジネスを手掛けていた為、その時の配当金がかなりあるそうです。

以前手掛けていたビジネスは関東連合を辞めた後命を狙われていた為手を引き、住所が特定されないよう配当金だけ受け取っているようです。

未だに命を狙われている?その理由は?

柴田大輔は関東連合から離れ執筆活動をしていますが未だに命を狙われています。その理由が六本木クラブ襲撃事件でした。

これは過って人を殺してしまったのですが柴田大輔と見立真一が起こした事件でしたが、見立真一が後輩のせいにして海外逃亡を持ち掛けたのです。

しかし柴田大輔はその考えを却下し本当の事を話した事で見立真一から恨みをかい、海外逃亡した先から殺すというメッセージが届いているようです。

柴田大輔の人物像は?生い立ちについてご紹介!

関東連合の幹部まで上り詰め今はあっさりと辞め執筆活動をしている柴田大輔ですが、彼は一体どんな人物なのでしょうか。

また彼がなぜ関東連合に所属したのか経緯や生い立ちについて詳しく見ていきましょう。

柴田大輔は元暴走族!8代目総長も務める!

まず彼の生い立ちですが、柴田大輔は若い頃から非行に走っていたようです。そして10代から既に暴走族である宮前愚連隊のリーダーを務めていました。

宮前愚連隊は関東では大きな暴走族なのです。更にそこで力をつけ8代目総長にまで君臨したのす。

暴走族から関東連合に所属!

宮前愚連隊に所属し8代目総長まで務めた柴田大輔ですが、その後は関東連合に所属するようになったのです。

そもそも関東連合とは関東の暴走族が集結し、薬物の売買や詐欺行為などの反社会的勢力が行う犯罪行為でお金を稼いでいました。

そして宮前愚連隊に所属していた柴田大輔も同じ様に半グレ集団である関東連合に所属したようです。

柴田大輔は日韓ハーフ?両親とも不仲?

若い頃から非行に走っていた柴田大輔ですが、なぜ若いころから非行に走り暴走族にはいってのでしょうか。

柴田大輔は父が日本人であり母親は在日韓国人二世であるようでハーフなのですが、両親とはとても仲が悪かったようです。

性格が悪い?嘘つきと有名?

若い頃から暴走族のリーダーを務めていた柴田大輔ですが、リーダーという器ではなく後輩を守ることはしなかったようです。

そのせいで敵を作ることが多く、同じ関東連合の中でもよく思わない人もいたようです。

しかし関東連合の資金作りをしたのは紛れもなく柴田大輔であり、柴田大輔のお陰で関東連合が運営できていたのは確かです。

現在は関東連合と決別?経歴は?

若い頃から暴走族に入りその後は暴走族の集まりである関東連合で幹部になった柴田大輔ですが、現在は関東連合と決別したようなのです。

なぜ関東連合と決別したのでしょうか。また関東連合に所属してから現在までの経歴についてもまとめてみました。

1996年川名毅からビジネスを学び大成功!

関東連合に所属した柴田大輔はまずビジネスを学びました。そして同じ関東連合である先輩の川名毅から経営学を学びます。

この川名毅はAVプロダクションを創り芸能界にも幅を利かせ芸能プロダクションを設立し更には薬物経営など関東連合の稼ぎ頭だったのです。

そんな川名毅から経営学を学ぶことで柴田大輔ものちに出会い系サイトを運営するなど成功をおさめるのです。

一度は師匠の川名毅と決別

お金儲けをするために川名毅につきビジネスを学んだのですがある事がきっかけで川名毅と決別してしまうのです。

それが川名毅が起こした傷害事件でした。その事件により相手に示談金や弁護士費用が必要となったのですが、お金がかかり川名毅はお金を使いすぎたのです。

しかしそれを隠す為に関東連合の後輩を痛めつける行為に走ったため、柴田大輔は川名毅と決別する手段をとったのです。

1997年に少年院に?抗争で人を殺した?

関東連合に所属していた柴田大輔ですがバイクで暴走し人を殺したこともあったようですが、この事件は証拠隠滅し死亡に関しては罪は問われなかったのです。

しかしその後、全日本狂走連盟という関東連合と対立する組織と抗争があり相手を殺してしまったのです。

最初は証拠を隠そうとした柴田大輔ですが仲間内で柴田大輔をよく思わない人間が警察にタレコミし1997年に逮捕され少年院に入ったのです。

2000年に出所?再び事件を起こす!

抗争により人を殺した柴田大輔ですが、1997年位に少年院に入り2000年には出所したのですが再び事件を起こすのです。

運転中にUターン禁止の道路を柴田大輔が交通違反し、Uターンしたことを注意した男性を殴ったのです。

更には敵対するグループのメンバーに暴行し監禁したのですが、これは有力な弁護士をたてたことで罪に問われずに済んだようです。

2012年に関東連合を引退!見立真一と対立!

少年院に入ったものの足を洗わず非行を繰り返した柴田大輔ですが、ついに関東連合を引退するときが来たのです。

それは先程ご紹介した未だに命を狙われているということで見立真一との対立が大きな要因となったようです。

六本木クラブ襲撃事件で口裏合わせに同意しなかった柴田大輔に対し、見立真一が殺すといったことで対立し引退を決めたようです。

柴田大輔の関与した事件は?

若いころから非行を繰り返し抗争をおこし人を殺し少年院まで入っていた柴田大輔ですが、先程ご紹介した以外にも犯罪にかかわっていると言われています。

関東連合自体が大きな組織ですから柴田大輔が直接かかわっていない事件もあるようですがどのような事件に関わっているのか詳しく見ていきましょう

関与した事件①荏原零神刺殺事件

最初に関与したと言われている事件は荏原零神刺殺事件です。これは先程柴田大輔が最初に捕まり少年院に入所したときの事件です。

もともと柴田大輔が所属する関東連合と対立していた全日本狂走連盟との抗争で、100人以上を巻き込んだ大きな乱闘騒ぎとなりました。

また柴田大輔は全日本狂走連盟が休憩している間を狙い、全日本狂走連盟の一員である錦織昭を殺したのです。

関与した事件②トーヨーボール殺人事件

柴田大輔が実行犯として逮捕された事件は、トーヨーボール事件だと言われています。このトーヨーボールはトーヨーボールというボーリング場の駐車場で起きた事件です。

この事件は2000年に起きた事件なのですが当時はまた関東連合と狂走連盟の抗争が激化していた時期でした。

そして関東連合は普通の大学生を狂走連盟と勘違いし駐車場でリンチし全員殺害してしまったのです。

関与した事件③六本木クラブ襲撃事件

もうひとつ関与したと言われる大きな事件は六本木クラブ襲撃事件でした。この事件で見立真一から裏切りを買い関東連合を辞めることにつながった事件です。

元々は柴田大輔と見立真一が共謀し、ギャング集団のリーダー格の弟を殺す予定が全く別人を殺害してしまった事件です。

そして見立真一は後輩のせいにし海外逃亡をしようと持ち掛けた物の柴田大輔が警察に事実を話し、裏切ったせいで殺すと恨みを買った事件です。

関与した事件④高橋祐也へ覚醒剤販売説

関東連合は資金源として覚せい剤を売買し多額の利益を得ていました。これは川名毅が始めたビジネスですが柴田大輔が継承したのです。

そして女優の三田佳子の息子である高橋祐也が覚せい剤使用で逮捕されましたが、高橋祐也に覚せい剤を売ったのは柴田大輔と言われています。

真実はわかりませんが、トーヨーボール事件が起こった際高橋祐也の所有する車があったようで何らかのかかわりがあるのは事実のようです。

足を洗った今過去を消し平和に暮らせるのか

柴田大輔は経歴から若い頃から非行に走り関東連合に入り、更に勢力を強め関係ない人まで巻き込んだあげく対立するグループのメンバーまで殺してしまったのです。

色んな事件に関わるも裏切り行為で殺すと仲間から言われたことで引退し、関東連合の裏側を暴露する本を執筆しています。

しかし昔の言動や執筆活動で多くの裏社会の人間を敵に回したのは事実です。柴田大輔は現在足を洗ったようですが今後は平和に暮らしていけるのでしょうか。