高木ブーの年齢・本名・身長は?妻や子供の現在、若い頃の画像や経歴も紹介! エンタメ

高木ブーの年齢・本名・身長は?妻や子供の現在、若い頃の画像や経歴も紹介!

「雷様」のコントで親しまれたドリフターズの高木ブー。現在の年齢が気になります。本名は意外と普通で、若い頃は高身長だったという噂もありますが、本当なのでしょうか。ドリフの人気メンバー・高木ブーの現在の年齢や経歴について、若い頃の画像とともに見ていきましょう。

目次

[表示]

高木ブーの年齢はいくつ?本名は?プロフィールをチェック!

「ザ・ドリフターズ」の主要メンバーで、コントでは「雷様」の衣装で親しまれていた高木ブー。現在は高齢という噂もあり、病気説もささやかれています。

高木ブーの現在の年齢や本名、ドリフターズ以前の経歴について、若い頃から振り返っていきましょう。

高木ブーのプロフィール

高木ブーは1933年3月8日生まれ、東京都豊島区出身。中央大学卒業後、プロのミュージシャンとなり、高木智之名義で数々のジャズバンドを渡り歩き、バンドマンとして活躍します。

1964年、ジャズ喫茶での演奏中にいかりや長介にスカウトされ、ピアニストとして「ザ・ドリフターズ」に加入。その後、名義を「高木ブー」に変更しています。

1985年、「8時だヨ!全員集合」が終了。一時は役者に転向するも、「ドリフ大爆笑」では「雷様」のコントで人気を博します。

90年代からはウクレレ奏者としてNHKの教養番組などで講師を務めるほか、テレビCM「高木智之とハロナ・セレナーダス」「高木智之とハロナ・リズム・コーラスなどでもおなじみの存在になります。

現在の年齢は?画像はある?

高木ブーは1933年生まれということで、現在の年齢は87歳ということになります。かなりの高齢であり、過去には大病も経験していますが、現在も元気にウクレレ奏者として活動しています。

こちらが現在の画像です。今ではすっかりおじいちゃんですが、楽器演奏の腕は衰えていないようです。

高木ブーの身長は?

高木ブーの身長は、公式プロフィールによると160cmとなっています。体型的にはもう少し身長が低いように思われるかもしれませんが、意外と平均に近い身長だったのですね。

高木ブーについては、身長以上に体重のほうが気になるのではないでしょうか。見た目や身長とのバランスから見て、高木ブーの体重は少なくとも90㎏以上はあるのではないかとも言われています。

ただ、現在は仕事をセーブしているということもあり、100㎏以上はあるかもしれません。

もともとはジャズマンだった!本名は?

高木ブーの気になる本名は、高木友之助です。若い頃から楽器演奏の腕前を認められ、大学卒業後は高木智之としてジャズバンドで活動していました。

ジャズマンとしては自分のバンド「高木智之とハロナ・セレナーダス」、「高木智之とハロナ・リズム・コーラス」を持っていたほか、いくつかのバンドに所属しており、人気も安定していました。

当時、ジャズマン出身のコメディアンは意外と多く、タモリもジャズバンドの司会者として活動していました。

高木ブーは意外と高学歴?

中央大学を卒業している高木ブー。中央大学といえば現在もMARCHとして知られており、当時から東京都内の有名大学として憧れられていました。

大学卒業後、東京ガスからの内定をもらっていたものの、音楽で身を立てる夢をあきらめきれず、ジャズマンとしてバンドを渡り歩く道を選んでいます。

高木ブーの経歴は?いかりや長介のスカウトでドリフメンバーに!

もともとバンドマンとして活動していた高木智之が「高木ブー」になったきっかけは、いかりや長介のスカウトでした。

ジャズ喫茶で高木ブーの演奏を聴いたいかりや長介がその才能に惚れ込み、ぜひとも自分のグループに楽器演奏者として加入してくれないか、と口説き落としたのです。

ちなみに、当時のドリフターズはコントではなく、音楽を真面目に演奏していたバンドで、志村けん、加藤茶など後の人気メンバーもまだ在籍していませんでした。

ただ、いかりや長介としてはドリフをコント中心のグループに変えたいと考えており、高木ブーのルックスをひと目見てお笑い向きだと判断したようです。

初期のドリフではしゃべっていた?

ドリフでの高木ブーというと、ずんぐりと太っていて基本的に何もしゃべらない、というイメージがあるかもしれませんが、初期のドリフのコントでは意外とセリフがあり、機敏に動いていたようです。

ただ、動きの笑いではあとから加入した加藤茶や志村けんには勝てないため、いかりや長介がコントを書き換え、高木ブーを極力しゃべらないキャラクターに変えたところ、かえって存在感が増していきました。

後輩からもネタにされていた

アクティブなコントを得意とするドリフのメンバーにあって、じっと動かずにいる高木ブーはある意味で不思議な存在でした。

「高木ブー」というキャラクターは「筋肉少女帯」の大槻ケンヂや「ボキャブラ天国」で地獄のスナフキンとしてブレイクした金谷ヒデアキなどによってネタにされ、エンタメ化されていきました。

ドリフ全盛期は知らなくても、これらのパロディを通して高木ブーの存在を知った、という方も多いのではないでしょうか。

「雷様」の意外な誕生秘話!

ドリフといえば「全員集合!」というイメージが強いかもしれませんが、高木ブーの代表作である雷様のコントが生まれたのは、実はその後の「ドリフ大爆笑」でした。

当時は志村けんと加藤茶が群を抜いて人気者になり、スケジュールの都合でふたり以外の3人でコントを撮らなくてはなりませんでした。

3人でもそれぞれの個性がきちんと際立つコントを……ということで生まれたのが雷様で、ある意味で高木ブーありきのコントと言えるのかもしれません。

志村けんの追悼コメントが話題に!

ドリフターズといえば、2020年3月、人気メンバーだった志村けんが亡くなったことでも話題になりました。

亡くなった直後に放送された追悼番組では、高木ブーの「志村けんはねえ……まだ生きてるの。これからも生きつづけるの」という追悼コメントも話題になり、SNSで拡散されました。

追悼番組では加藤茶がユーモアたっぷりの弔辞で爆笑を取るなど、ドリフらしい見送り方となりました。

年齢不詳の高木ブー!娘はいるの?妻は現在死去?

若い頃から年齢不詳の高木ブー。最近ではバラエティ番組などで実の娘と共演し、親子トークも話題になっています。

高木ブーの奥さんは、どのような人だったのでしょうか。高木ブーが結婚した年齢や嫁の情報、娘の職業などについて見ていきましょう。

高木ブーが結婚した年齢は?

Takmeomeo / Pixabay

高木ブーは1962年、30歳の時に福本喜代子という女性と結婚しています。ふたりの馴れ初めはダンスパーティーだったようで、当時としてはかなりオシャレな出逢いだったといえます。

結婚後、喜代子は専業主婦となり、いわゆる糟糠の妻としてドリフで多忙を極めていた高木ブーを支えていたようです。

喜代子と結ばれた後、高木ブーはドリフターズの人気メンバーとして一基にブレイクし、かおりというひとり娘を授かっています。

嫁とは死別している?

JK_90 / Pixabay

1962年に結婚し、ひとり娘のかおるを授かった高木ブー。夫婦生活は円満に続いていたのですが、1992年、喜代子に突如脳腫瘍が見つかり、余命5年と診断されてしまいます。

しかし、懸命の治療と闘病もむなしく、1994年に喜代子は病魔に倒れ、高木ブーは独身に戻ってしまいます。

最期まで独身を貫いた志村けんをのぞき、ドリフターズのメンバーで離婚歴がないのは高木ブーただひとりとなります。

高木ブーに娘はいるの?年齢は?

1962年に一般女性の福本喜代子と結婚し、1994年に死別している高木ブー。奥さんとの間にはかおるというひとり娘がおり、現在は56歳になっています。

かおるは若い頃に電通の社員として働いており、一般男性と結婚。2004年に高木ブーにとっては孫となる長男を出産しています。

最近では愛娘であるかおるとバラエティ番組で共演している高木ブー。親子仲も順調のようです。

娘を超溺愛?

ひとり娘のかおるを文字通り溺愛しているという高木ブー。妻の喜代子が58歳という年齢で他界した際、死を受け入れられず、愛娘にも「寂しいから絶対に結婚するな」と伝えていたようです。

さらに、結婚するのであれば「浮気をせず、同居が可能で転勤の心配がない人」という厳しい条件をつけていたという高木ブー。

最愛の妻に先立たれ、さらに愛娘にも離れていかれたのでは寂しくてたまらないと思ったのかもしれません。

現在は娘に介護されている?

妻・喜代子に先立たれて以来、愛娘のかおると自宅で同居している高木ブー。高木ブーも現在、87歳という年齢ですが介護という感じではなく、娘には毎日のスケジュール管理をまかせているようです。

娘だけでなく、娘の家族も同居しており、高木ブーも待望の孫と平穏に暮らしているということです。

娘の画像はある?

こちらが娘の現在の画像です。高木ブーにそっくりのほんわかとした雰囲気をもった女性ですね。

高木ブーは若い頃イケメンだった?画像で検証!

若い頃は高身長でイケメンだったという噂もある高木ブー。若い頃の画像について見ていきましょう「

バンドマン時代の高木ブー

こちらがバンドマン時代の高木ブーです。ふっくらとした体型ですが、現在よりも若干スリムな印象を受けます。

嫁とのツーショットはある?

高木ブーと嫁・喜代子の貴重なツーショットを入手できました!結婚当初に撮影された写真のようです。

高木ブーを支えたドリフメンバーの現在は?

解散と再結成を繰り返しているドリフターズ。ドリフメンバーの現在について見ていきましょう。

いかりや長介

ドリフターズのリーダーで、「踊る大捜査線」シリーズでもおなじみだったいかりや長介。2004年に死去しています。

仲本工事

ドリフでは体操のコントでも親しまれていた仲本工事。プライベートでは3度の結婚を経験し、現在は27歳年下の歌手と暮らしています。

荒井注

「This is a pen」、「何だ、バカ野郎」のギャグで一世を風靡した荒井注。ドリフターズの創立メンバーで、志村けんと入れ替わるようにグループを脱退しました。

2000年、入浴中の事故により70歳という年齢で死去しています。

志村けん

「ドリフといえばこの人!」といわれるほどお茶の間でもおなじみだった志村けんですが、もともとはいかりや長介の付き人で、ドリフには途中参加でした。

高木ブーは年齢不詳で現在も現役!若い頃はスリムだった!

現在87歳で、ウクレレ奏者として活動している高木ブー。中央大学卒業という経歴も意外ですね。バンドマン時代も本名ではなく、高木智之名義で活動していました、

1962年に一般女性の福本喜代子と結婚し、かおるというひとり娘を授かっています。

1994年に妻の喜代子が脳腫瘍で亡くなると娘夫婦と自宅で同居し、スケジュール管理をまかせつつ暮らしているようです。