宮沢りえ、伝説的元祖ヘアヌード写真集サンタフェの裏側の真相!!! 女優

宮沢りえ、伝説的元祖ヘアヌード写真集サンタフェの裏側の真相!!!

本格派実力女優の宮沢りえさんは1985年のデビュー当時から、他のタレントとは人気が別格で1991年の18歳の時に出版したヘアヌード写真集「Santa Fe」が当時の社会に衝撃を与え、瞬く間に爆発的ヒットしました。その写真集を出す事になった真実とはいかに。。。

宮沢りえさん伝説のヘアヌード写真集サンタフェの裏側の事実!

驚異の売り上げ部数!!!

今では”ヘアヌード”と言えば、旬を過ぎて落ちぶれてきた感じの頃合いでヘアヌード写真集を出して、起死回生!的な事は普通となりましたが、人気絶頂でましてや18歳でヘアヌード写真集を出すとなり、大変大きな社会現象となりました。売り上げ部数は脅威の155万部!!未だにその記録は保持されているそうです。

宮沢りえさんが写真集サンタフェを出した裏側の真相とは?

宮沢りえさんが人気絶頂期の18歳でなぜ写真集を出したのか?

当時は宮沢りえさんのお母さん『りえママ』が宮沢りえさんの敏腕マネージャーとして仕事の全てを仕切っていました。そんなりえママに写真家の篠山紀信さんが軽いノリで『ヌード写真撮りませんか?』と言ったところ、りえママはすぐに手帖で宮沢りえさんのスケジュールを確認し『連休明けなら何とか大丈夫』と返答。すんなりと決まったそうです。

伝説の写真集サンタフェでヘアヌードになった真相・篠山紀信

ヘアヌード計画は知らなかったという事実

実は"ヘアヌードを撮る"という事は、当の本人である宮沢りえさんは知りませんでした。事実を知っていたのは、りえママと篠山紀信さんだけだったようです。のちに篠山紀信さんは宮沢りえさんが出演されているトーク番組『ヨルタモリ』に出演され、「本人にヘアヌードを撮るという事を知らせていなかった」という事にびっくりしたという事です。

伝説の写真集サンタフェでヘアヌードになった真相・ビートたけし

若くてピチピチの一切けがれていない18歳になったばかりの宮沢りえがヘアヌードになるという事に、ビートたけしさんは「娘にヌードをさせるとはどうにかしてるんじゃないか?!」っとりえママに対して激怒していたそうです。

伝説の写真集サンタフェでヘアヌードになった真相・サンタフェ市

芸術的な街並みのサンタフェ

サンタフェの撮影地である、アメリカのサンタフェ市は芸術の街と言われるほど街並みや景色がとても素晴らしいようです。まさにアートな都市。宮沢りえさんの写真集サンタフェも”エロい”ではなく、まさにアート!そんな素敵なサンタフェで撮影スタート。

ヘアヌードを撮る事を知らないまま撮影開始!

撮影期間は4日間で、「はい!脱いで」と突然脱がせるのも可哀想だと思い、最初は服を着てかなりの数を撮影したそうです。写真集にも数多くの衣服をまとった宮沢りえさんの姿が見られますが、とても18歳とは思えないほど色気のあるものばかりです。

伝説の写真集サンタフェでヘアヌードになった真相・りえママ

りえママに丸め込まれる???

当時の宮沢りえさんの芸能活動の全てをりえママが決めていました。それに全て従っていた宮沢りえさん。今回のヘアヌード写真の撮影でも、りえママの上手い(?)話で説得され納得して撮影に挑んだようです。

りえママの言った言葉とは?

その内容とは「ヌードになるタイミングがみんなちょっとズレてて、絶頂期超えてからの撮影はおかしいと思うの」っと。それを聞いた宮沢りえさんは「う~ん、まあそうね。」と納得。言われてみれば、りえママの言う通り、絶頂期でヌードを撮る。すなわちフレッシュなうちに写真に記録するのがベストなのかもしれません。

宮沢りえさん写真集サンタフェの経済効果と反響が凄い!!!

サンタフェは脅威の売上高!!!

1991年の発売で脅威の売上部数155万部を記録した写真集サンタフェ。このサンタフェが1冊4500円だったそうで、単純計算で69億7500万円の経済効果がうまれたようです。宮沢りえさんのこの時のギャラはおよそ7億円だったそうです!なかなか手に入らない状態で社会現象にもなりました。

伝説の写真集サンタフェは今世紀最強のアート写真集!!!

10代とは思えないほど大人びた表情の写真だったり、時には無邪気に笑った表情の写真だったり、このようなとてもアート感が満ち溢れ、まるで天使を撮影しているかのようなヘアヌード写真集は後にも先にもこの「サンタフェ」だけだと思います。20年以上経った今でも全く色あせず、本当に綺麗な写真集だという声は未だに後を絶ちません。

宮沢りえさんの伝説の写真集サンタフェ以外の衝撃写真

こちらはサンタフェを出版する前に発売したカレンダーの一部ですが、超人気タレントがふんどしルックでカレンダーのなるなんて驚きものでした。当時、宮沢りえさんは17歳。衝撃の写真集サンタフェが発売される前の年にも社会に衝撃を与えていました。

宮沢りえさんの衝撃のない写真

当時の宮沢りえさんの人気は本当に凄まじかったです。人々を常に驚かせ、話題を振りまいていました。そんな宮沢りえさんのお父さんはオランダ人、お母さんは日本人「りえママ」のハーフです。こちらの写真はまだ幼さが残る少女のような表情で、とても可愛らしくハーフ感が滲み出ている写真です。

宮沢りえさんのプロフィール

  • 名前 宮沢りえ (森田りえ)
  • 配偶者 森田剛 (2018年3月~)
  • 生年月日 1973年4月6日
  • 出生地 東京都練馬区
  • 身長 168cm
  • 血液型 B型
  • 所属事務所 エムツー企画
  • 職業 女優、モデル、歌手、ナレーター
  • 父はオランダ人、母は日本人のハーフ

宮沢りえさんの母である、「りえママ」こと宮沢光子さん。独身当時はスリムでとても美人だったそうで、宮沢りえさんよりも美人だったとの声もあるそうです。六本木のクラブでホステスとして働いていた時に、オランダ人の方と出会いご結婚されました。

宮沢りえさんを残してオランダへ行った両親

宮沢りえさんが産まれてすぐ宮沢りえさんの祖父に預け、光子さんとオランダ人の旦那さんは二人でオランダに渡ってしまったようです。まだ赤ちゃんだった宮沢りえさん。光子さんはおなかを痛めて産んだ自分の子どもよりも大事な事があったのでしょうか?しかし暫くして、両親は離婚してしまいました。

宮沢りえさんのデビュー当時

11歳でモデルデビューし「セブンティーン」の表紙モデルとなりました。1987年には「三井のリハウス」で初代「白鳥麗子」役を務め、その後ドラマや映画、バラエティーにと多数出演され、瞬く間にスターへと登りつめました。17歳で「ふんどしカレンダー」、18歳では「Santa Fe」、と世間に衝撃を与える話題が豊富でした。

宮沢りえさんの経歴

宮沢りえさんのデビューから18歳まで

  • 1987年 三井のリハウスにて初代リハウスガールを務める
  • 1988年 映画「僕らの7日間戦争」で主演女優デビュー
  • 1989年 ドラマ「青春オーロラ・スピン スワンの涙」で主演
  • 1989年 小室哲哉が楽曲を手掛けた「ドリームラッシュ」で歌手デビュー
  • 1989年 ふんどしルックのカレンダー出版
  • 1990年 第41回紅白歌合戦に出場
  • 1991年 ヘアヌード写真集「サンタフェ」出版

デビューしてほどなく人気が出始め、時のスピードが他の人と比べ物にならないぐらいに当時の宮沢りえさんのブレイク度合がうかがえます。また1988年には超人気番組「とんねるずのみなさんのおかげです」の学園コントに出演され、ますます人気に火が付きました。

宮沢りえさんの写真集出版から現在まで

  • 1990年 ドラマ「いつも誰かに恋してるッ!」主演
  • 2002年 映画「たそがれ清兵衛」主演
  • 2014年 映画「紙の月」主演
  • 2016年 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」主演

宮沢りえさんは貴花田さんとの婚約解消以降の1993年以降からの残りの90年代は、仕事をドタキャンしたり、激やせしたりとかなり情緒が不安定な時期に入っていました。2000年に入ると女優として大きく飛躍しだし、現在では舞台や映画など、さまざまなシーンで活躍できる本格派女優へとなりました。

宮沢りえさんの恋愛遍歴

宮沢りえさんの若かりし頃は、とてもチャーミングでなんとも言えない程の可愛いさでした。そんな宮沢りえさんはカレンダーや写真集など何かと話題を振りまいてきましたが、実は恋多き女性でもありました。

貴花田(現貴ノ花親方)

1992年に婚約。世紀のビックカップルとまたもや大きな話題となりました。しかしわずか2ヶ月に婚約解消し破局してしまいました。破局の原因は、りえママとしては、今一番の売れっ子なのにおかみさんになるなんて!という事と、相撲協会としてはヘアヌードを出している人が相撲の世界に入るなんて!という事があったそうです。

中村勘三郎

貴花田関との破局後に交際したようです。しかし中村勘三郎さんは妻子持ち。いわゆる不倫だったわけです。不倫なわけですから泥沼状態で、1994年、宮沢りえさんは自らの手首に傷を入れるという行為に至ってしまいました。しかし最終的にはなんでも話せる、とても仲のよい友人関係になったそうです。

その他の大物歴代彼氏たち

  • 市川海老蔵さん
  • ビートたけしさん
  • 中田英寿さん
  • 市川右近さん
  • ISSAさん(DA PUMP)
  • デヴィット・ルヴォールさん

などなど本当に大物揃いでびっくりです!やはりハイレベルの美女の周りには、ハイレベルの男性たちが近づいてくるのですね。国内だけにとどまらず、世界中にもファンがいる宮沢りえさん。当時も今も素敵と思わせるオーラと魅力は衰えを知りません。

本格派女優となった宮沢りえさんの今

仕事の幅も広く本格派女優へと変貌を遂げた宮沢りえさん。過去の恋愛から激ヤセ時期があったり、芸能活動休止や離婚も経験してきた宮沢りえさん。現在はV6の森田剛さんと再婚され、前夫との間にできた子どもさんと一緒に幸せな日々を過ごしているそうです。本当に良かったと思います。これからの宮沢りえさんの活躍にも期待度が高まります。