板東英二に病気・認知症の疑い!番組中の言動が怖い?顔も変わった? エンタメ

板東英二に病気・認知症の疑い!番組中の言動が怖い?顔も変わった?

元プロ野球選手で、無類のゆで卵好きとして有名な板東英二さん。現役引退後はタレントとして活躍していますが、最近言動が怖い、認知症なのでは?との噂があります。板東英二さんが病気を疑われる理由や、変わったと言われる現在の顔画像などを紹介していきます。

目次

[表示]

板東英二に病気の噂!認知症?心配される理由は?

元プロ野球選手で「板ちゃん」の愛称で知られる板東英二さんですが、このところ出演番組内で急に怒り出すなど、言動が怖いとの声が上がっています。

言動がおかしいのは認知症などの病気だからでは?とも囁かれていますが、板東英二さんが病気を疑われる理由について最新の画像を交えて紹介していきます。

板東英二の様子がおかしい?

2019年頃から、『水曜日のダウンタウン』などのバラエティ番組出演時に突然キレる、話がおかしいといった異変が見られるようになった板東英二さん。

2020年現在もおかしな言動がみられることから、「病気で不安定になっているとか?」「もう74歳だし、認知症かも」と心配する声が上がっています。

板東英二に病気が疑われる理由①大谷翔平の名前を忘れる

2019年6月29日放送の『有吉反省会』に出演した板東英二さんは、野球解説者の仕事をしていたにも関わらず、野球選手の名前をほとんど覚えていないことを暴露しました。

しかも番組内では、大谷翔平選手のような野球ファンならずとも知っているような有名な選手の名前さえしらないことが発覚。

発言にも「あれ」「それ」といった不明瞭な指示語が多く、視聴者からは「板東英二は認知症なのでは?」との声が寄せられました。

板東英二に病気が疑われる理由②怒りっぽくて怖い

2019年6月12日放送の『水曜日のダウンタウン』で、「中継先に登場したヤバメの一般人」という設定のドッキリ仕掛け人に、板東英二さんが暴力を振るったという疑惑があります。

詳細な映像は放送されなかったのですが、板東英二さんが仕掛け人に何かをしようとした途端にVTRからスタジオの映像に切り替わり、観覧席からはなんと悲鳴が。

スタジオにいるタレントがVTRにドン引きしている様子も映され、ネットでは「板東英二が仕掛け人に掴みかかるところが見えた」と話題になりました。

板東英二に病気が疑われる理由③話のつじつまがおかしい

2020年1月22日放送の『水曜日のダウンタウン』で、またもやドッキリを仕掛けられた板東英二さん。

しかし途中で仕掛け人の親子に怒りを見せ、ネタバラシの時にも「何の番組かなんて知らない」とカメラの前でも不機嫌さを隠しませんでした。

そのうえ「このVTRは使うのか?使えないのなら2億円ください」と意図不明な発言をしたのです。この異様な様子に怖さを感じた視聴者も少なくありませんでした。

板東英二に病気が疑われる理由④顔つきも変わった?現在の画像

板東英二さんに病気が疑われる理由の一つとして、目つきや顔つきも以前と変わったというものもあります。

体は細いのに顔はまるで腫れているように丸く、目つきもどこを見ているのか分からなくて怖い時があると言われているのです。

上の画像が現在の板東英二さんのものですが、確かに以前に比べて印象が変わったように見えます。

板東英二に病気が疑われる理由⑤一時期消えていた

板東英二さんは2013年に所得隠し、脱税の疑いから当時出演していた全ての番組を降板しています。そしてその後、『水曜日のダウンタウン』等に出演するまではTVから姿を消していました。

この空白の期間を「病気療養だったのでは?」と勘違いする人もいて、いっそう板東英二さんは病気なのではないかという説に信憑性を持たせているようです。

おかしな言動が目立つ板東英二に認知症を心配する声も

自分の感情が制御できない、極端に怒りっぽくなったように見受けられる板東英二さんの様子に対してネットでは「認知症や病気の影響なのでは?」と心配する声も上がっています。

また、認知症や脳の病気なのではないかという意見とともに、そいうった事実があるのならばバラエティ番組で面白おかしく取り上げるのはいかがなものか?という声も寄せられています。

ネットでは「番組がわざと板東英二を異質に見せてる」との指摘も

またSNSでは『水曜日のダウンタウン』等の番組では、わざと板東英二さんがおかしいように見せる編集をしている、印象操作をしているという指摘もされています。

「単にドッキリで怒っているだけなのに、それをまるで板東英二の人間性がおかしいように見せている」「こういう笑いのとり方は好きになれない」。

板東英二さんの病気説・認知説の真偽とはまた別に、バラエテイ番組の演出の方法に対する批判も集まっています。

業界内ではすでに板東英二が認知症と噂になっていた?

板東英二さんの人柄に疑問が持たれるような過剰な演出をしている、との意見がある一方で、業界関係者からは板東英二さんの病気疑惑を裏付けるような証言も上がっているようです。

今回の『有吉反省会』で板東は、野球に詳しくない一般人でも知っている大谷翔平の名前すら答えられませんでした。すると視聴者からは『認知症ではないのか?』といった心配の声が殺到。この可能性は、すでに業界でも噂されていたようで、6月28日発売の『週刊現代』によれば、各局のプロデューサーは彼の扱いについて慎重に構えているとのこと。

(引用:アサ芸プラス)

上の情報は2019年7月のものですが、この時点で既に業界内でも「板東英二さんには認知症の疑いがある」という噂が囁かれていたことになります。

松本人志は板東英二を番組に呼びたくない?

2020年2月12日放送の『水曜日のダウンタウン』で、松本人志さんが「もうクロちゃんと板東英二の2人を起用するのは嫌」という趣旨の発言をして物議を醸しました。

この日の放送ではクロちゃんをメインにした企画が流され、板東英二さんの出演はなかったのですが、スタジオでは同意するような空気が流れました。

なぜ板東英二さんの起用が嫌なのか、松本人志さんは明確な理由は明かしませんでしたが、視聴者からは「認知症で扱いづらいのだろう」との感想が寄せられていました。

板東英二はゆで卵のせいで病気になった?卵好きを心配する声も

板東英二さんが病気ではないかと心配する声の中には、彼が毎日食べているというゆで卵との関連を心配するものも多く見られます。ゆで卵の食べ過ぎで病気になることはあるのでしょうか?

ゆで卵を毎日食べていることで知られる板東英二

ゆで卵を毎日欠かさずに食べていることで有名な板東英二さん。現在でも1日あたり3〜5個は食べているとのことで、コレステロールの取り過ぎではないかと心配されています。

卵の過剰摂取でコレステロールが上がったのでは?

卵は1日1個まで、食べ過ぎは毒という話もあるため、板東英二さんの最近の言動に異変が見られるのは、ゆで卵が原因の病気ではないかとも言われているのです。

板東英二さん本人は「卵の摂取とコレステロール値には因果関係はない、という論文もある」と卵が健康に良くないという説を否定しています。

近年は卵の白身しか食べていなかった!

そもそも近年の板東英二さんは、全卵を食べるのは1日1個までで、あとはゆで卵を作っても白身しか口にしていなかったという話も出ています。

白身にはコレステロールはほぼ含まれていないことから、白身メインで食べているのであればゆで卵が原因で病気になる可能性は低いと考えられるでしょう。

板東英二は自身の体調について「健康」と認識

病気の心配がされている板東英二さんですが、ご本人はこれを否定するかのように健康状態は良好だと発表しています。板東英二さん自身の口から語られた現在について見ていきましょう。

板東英二は73歳から野球を再開している

2020年現在80歳を迎えた板東英二さんですが、73歳から野球を再開されているそうです。

市民グラウンド(名古屋)で少年野球に交じり、トレーニングを開始。メニューはランニングにダッシュ、腹筋、バットスイングに投球練習。球数は100球がノルマで、球速は100km/hを目指して投げている。

(引用:週刊現代)

板東英二さんが野球を再開したきっかけは、前述した所得隠し、脱税の疑いが浮上したことだといいます。

仕事が激減したこと、そして自分を見つめ直すためにもう一度原点に戻って野球に取り組んだとそうで、OB野球でもフォームが綺麗、現役時代を彷彿とさせると話題になっていました。

2018年に奥様が亡くなってからは家事も自分で

2018年に奥様を亡くされて以降、一人暮らしをしている板東英二さん。現在は家事も自分でこなしているといい、認知症という言葉からは遠い生活を送っている印象を受けます。

人間ドックでも問題はないとの診断

また2019年5月に発表された週刊現代のインタビューで板東英二さんは、毎年受けている人間ドッグでも健康との太鼓判をもらっていると語っていました。

人間ドッグで認知症を診断する場合は、脳ドッグをオプションで選択する必要があるケースも多いため、必ずしも人間ドッグで問題がなかったから認知症の恐れはないという訳ではありません。

しかし少なくとも現在の板東英二さんに、直ちに治療が必要とされる病気はないと考えられます。

認知症?病気が心配される板東英二のプロフィール

  • 生年月日 1940年4月5日(80歳)
  • 生まれ 満州国(国籍は日本)
  • 身長 168 cm
  • 所属事務所 吉本興業

徳島商業高校3年在籍時に夏の甲子園で、通算83奪三振という記録を樹立した板東英二さん。高校卒業後は中日ドラゴンズに入団し、オールスターゲームにも出場しました。

1969年までプロとして活躍した後は、野球解説者に転身。そこからはタレントとして多忙な生活を送りましたが、2013年に所得隠しが発覚し個人事務所を閉所することに。

2014年以降は吉本興業に在籍し、タレントや野球解説者として活動を続けています。

病気ではないというものの…心配は残る板東英二の現在

『水曜日のダウンタウン』などの番組から浮上した、板東英二さんの病気・認知症疑惑について、顔が変わったと言われる画像や怖いと言われる言動などを中心に紹介致しました。

ゆで卵が好きで憎めない人柄で知られる板東英二さんですが、近年は人が変わったようだという声が多数寄せられています。

もちろん板東英二さんご本人が言う通り健康なのであれば良いのですが、やはり言動をたどっていくと心配な印象がありますね。