マイケルジョーダンの現在は?資産額が凄すぎる!引退後の仕事や家族は? エンタメ

マイケルジョーダンの現在は?資産額が凄すぎる!引退後の仕事や家族は?

「バスケの神様」として知られるマイケルジョーダン。年齢57歳、現在は現役を引退していますが年収や資産が凄いと話題です。現在のマイケルジョーダンは何をしているのか、現役時代の凄さがわかる伝説や妻や子供、野球に転換した意外な過去も紹介していきます。

目次

[表示]

マイケルジョーダンの現在は?プロを引退しても年収が凄い?

現在の年齢57歳、2003年には既に現役を引退した元NBAプレーヤーのマイケルジョーダン。しかし現在も年収が桁違い、世界屈指の富豪、ビリオネアだと報道されています。

一体現在、マイケルジョーダンはどのような仕事をしているのでしょうか?

2003年に引退を発表した「バスケの神様」マイケルジョーダン

2001年から2003年に所属したワシントン・ウィザーズを最後に、40歳でマイケルジョーダンは現役を引退しています。

それまでもマイケルジョーダンは1993年、1998年と2回引退宣言をしましたが、いずれもその後に復帰していましたが、2003年の時には「完全引退」を表明。事実、以降復帰はありませんでした。

現役引退したのに!?2020年時の純資産は21億ドル!

バスケの神様との通称を持つほどの人気と実力を持っていたことから、現役時代も破格の年収であったマイケルジョーダン。

しかし、現役を引退して久しい2020年現在の純資産がなんと21億ドルもあることが判明しています。(フォーブス発表)これは世界中の元プロスポーツ選手の中で、最も大きな金額です。

マイケルジョーダンの現在①シャーロット・ホーネッツのオーナー

現在のマイケルジョーダンは、NBAのチームであるシャーロット・ホーネッツの筆頭オーナーを務めています。

前身のシャーロット・ボブキャッツの頃からマイケルジョーダンはチームのオーナーとして名を連ねており、現在はチーム内の最終人事決定権も所持しているそうです。

マイケルジョーダンの現在②現在もNIKEと契約続行

バスケをしない人でもご存知であろう、NIKEのスニーカー・エア・ジョーダン。

エアジョーダンに代表されるジョーダンモデルのアイテムは現在もNIKEから販売されており、NIKEからの契約料も継続的にマイケルジョーダンに入ってきています。

マイケルジョーダンの現在③e-スポーツへの投資で資産倍増

かねてから不動産やスポーツ業界への投資を行っていたマイケルジョーダンですが、2018年からはe-スポーツの最大手でもあるLOLにも出資しています。

現在e-スポーツの業界は右肩上がりの状態が続いているため、当分はマイケルジョーダンの資産は増え続けると言われているのです。

マイケルジョーダンはボランティア活動にも熱心

単に自分の資産を増やしているだけではなく、マイケルジョーダンはボランティア活動にも熱心に参加しています。

上の画像は2018年にハリケーンの被災者に救援物資を配布するマイケルジョーダンの様子を撮影したものですが、物資の箱詰めの段階から現地入りし、作業に参加していたといいます。

2020年6月には人種差別撤廃に1億ドルの寄付発表

2020年6月5日、ミネアポリスでの黒人男性暴行死事件を受けて、マイケルジョーダンは人種差別撤廃に向けた活動を行っている団体に1億ドルの寄付をすることを発表。

暴行死事件は2020年5月25日に発生、マイケルジョーダンはその6日後の31日には人種差別撤廃を望み、差別撲滅に向けて行動する宣言をしていました。

2020年からマイケルジョーダンのドキュメンタリー放送!

2020年5月からはNetflixでマイケルジョーダンのドキュメンタリー番組『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』も配信されています。

マイケルジョーダンの現役時代の映像、最新インタビューも映像が収録されており、現役のNBA選手からも「素晴らし作品だった」と称賛の声が数多く上がっています。

マイケルジョーダンの現在の家族情報!妻や子供は?

現在も公的に活躍されているマイケルジョーダンですが、家族関係はどうなっているのでしょうか?再婚した現在の妻や子供たちについて調べました。

2006年に最初の妻と離婚

2006年にマイケルジョーダンは、最初の妻であったファニータ・ヴァノイさんと離婚しました。

離婚に際してマイケルジョーダンが元妻に渡した慰謝料、はなんと日本円にして180億円。この金額もスポーツ界では群を抜いています。

元妻との間に子供は3人

ファニータさんとは1989年に結婚、2人の間には2人の息子と娘がいます。ジェフリーさんとマーカスさん、そしてジャスミンさんの3人の子供は、既に成人済みです。

2人の息子は父に憧れてバスケの道へ

マイケルジョーダンの2人の息子はともに父親に憧れてバスケの道に進んでおり、The University of Central Floridのバスケ部に所属していました。

その後、2013年からはNIKEのマネージメントプログラムに参加、次男のマーカスさんはトロフィールームというスニーカーブランドも経営しています。

ちなみに娘のジャスミンさんもファション関係の仕事をされています。

2013年にイヴェット・プリエトさんと再婚・年齢差は16歳!

2013年にマイケルジョーダンは、以前から交際が報じられていた元モデルのイヴェット・プリエトさんと再婚しています。2人の年齢差はなんと16歳です。

2014年2月には4人目の子供・イザベラが誕生

2014年2月には、イヴェットさんとの間にマイケルジョーダンの4人目の子供であるイザベラちゃんが誕生。51歳の時に生まれた娘ということから周囲を驚かせました。

マイケルジョーダンの凄さがわかる伝説を紹介!

2003年に完全に現役を引退したマイケルジョーダンですが、選手時代には数々の伝説を残しています。ここでは数多あるマイケルジョーダンの伝説の中から、特にその凄さがわかるものを紹介していきます。

デビューから2年でマジックジョンソンに認められる

1984年にデビューをしたマイケルジョーダン。その2年後には既にマジックジョンソンから過去最高の選手との賛辞を寄せられていました。

この年、マイケルジョーダンはプレーオフ戦として63点(最高得点)を記録しています。

1988年にAirJodanを披露

そして1988年、マイケルジョーダンはフリースローラインからダンクを決めるというプレーを披露。ジャンプ後の滞空時間が驚異的に長いことから「エアジョーダン」と呼ばれるようになります。

伝説となった「ザ・フルー・ゲーム」

マイケルジョーダンの凄さを象徴する伝説として有名なのが、1997年6月11日に行われたブルズ対ユタ・ジャズの試合です。

この試合の前日、マイケルジョーダンはインフルエンザと疑われるほどの高熱を出し、出場を見合わせるように周囲から言われたものの、本人はこれを頑として拒否。

当日はフラフラの状態で登場したものの38得点を上げて、チームを勝利へ導いたのです。

マイケルジョーダンはディフェンスも鉄壁だった

ダンクの印象が強いマイケルジョーダンですが、彼の凄さはディフェンスの強さにもありました。

マイケルジョーダンは最優秀選手賞だけではなく最優秀守備選手賞も獲得しており、年齢が上がって体力が落ちてからはよりオフェンスに力を入れるよう猛練習に励んでいたといいます。

1992年のバルセロナオリンピックで世界的なバスケ人気にも貢献

1992年に行われたバルセロナオリンピックに参加したマイケルジョーダンは、これまでアメリカ国内でのみ知名度のあったバスケットボールを世界中にアピールしました。

マイケルジョーダンのプレーに魅了された各国では続々とバスケットチームが作られ、日本でもNBAは大きなブームとなったのです。

ファッション界にも大きな影響を与えた

現在NBAの選手らが試合中に着用しているのは膝丈のハーフパンツですが、1980年代にはもっと丈の短いパンツを使用していました。

しかし、マイケルジョーダンがハーフパンツを使用したことから他の選手にも定着。そしてストリートでもマイケルジョーダンの真似をしたファッションが流行するようになりました。

引退までに残したマイケルジョーダンの記録を一覧で紹介

引退までの20年間で、マイケルジョーダンが残した記録は以下の通りです。

  • NBA優勝 6回
  • NBAファイナルMVP 6回
  • NBA MVP
  • NBAオールスター 14回
  • NBAオールスターMVP 3回
  • オールNBA1stチーム 10回
  • NBA最優秀守備選手賞 1回
  • NBAオールディフェンシブ1stチーム 9回
  • NBA最優秀新人賞(1985)
  • NBA得点王 10回
  • NBAスティール王 3回
  • NBAスラムダンク・コンテスト優勝 2回
  • NCAA優勝  ・大学最優秀選手賞
  • オリンピック金メダル 2個
  • ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂入り
  • ・キャリア通算平均得点30.1(歴代1位)
  • キャリア通算プレイオフ平均得点33.4(歴代1位)
  • NBAファイナル シリーズ平均得点41.0(歴代1位)
  • プレイオフ史上最多得点
  • 最年長での1試合40得点

現役時代のマイケルジョーダンの最高年収は33億円!?

現在の収入も桁違いのマイケルジョーダンですが、現役時代の収入も最高で33億円相当。1997年から98年にシカゴ・ブルズと契約した時の金額が最も高額だったとされています。

しかも実際の収入は、この年俸にNIKEとの契約金や芸能活動などの収益も含まれるため、もっと高額だったと考えられるでしょう。

マイケルジョーダンの意外な経歴!一時期野球に転向していた

伝説的なバスケットボーラーのマイケルジョーダンですが、一時期は野球選手としてホワイトソックスに所属していたことがあります。

一体なぜ、マイケルジョーダンはバスケットボールを辞めてプロ野球に転向したのでしょうか?

1993年マイケルジョーダンが突然の引退宣言

1993年、マイケルジョーダンは突如NBA選手引退を表明しました。

この頃のマイケルジョーダンは7年間連続で得点王、NBA3連覇とまさに破竹の勢いだっただけに、NBA関係者はもちろん、ファンも大きな衝撃を受けました。

引退後は野球選手に!?1994年にホワイトソックスに入団

引退を表明した後、1994年2月7日には野球選手としてホワイトソックスに入団したマイケルジョーダン。この発表があった際には、既にジョーダンは野球選手に転向するのでは?という説が流れていました。

上の動画は1994年、ホワイトソックス傘下のチームであるバーミングハム・バロンズ在籍時のマイケルジョーダンのものです。この年、マイケルジョーダンは公式戦に127試合出場しています。

1994年8月にMLBがストライキに…1995年にはバスケに復帰

しかし、野球に転向したばかりの1994年8月、MBLは大規模なストライキに突入。ストライキは翌年にも収束せず、マイケルジョーダンはこれを機にまたバスケ界に戻ることとなりました。

NEXT:マイケルジョーダンに野球のセンスはあった?
1/2