加藤茶の病気が難病?心臓の難手術とパーキンソン症候群からの復活! エンタメ

加藤茶の病気が難病?心臓の難手術とパーキンソン症候群からの復活!

現在77歳の加藤茶は心臓の病気が重なり入院・手術で奇跡の復活をしました。しかし後に認知症と勘違いされるほど辛いパーキンソン症候群を発症し死去さえ覚悟したのです。妻の介護の甲斐あって元気に記者会見するようになった加藤茶のこれまでの経緯を辿ります。

目次

[表示]

加藤茶の様子がおかしい!?現在は重い病気?

加藤茶がテレビ出演した際に、視聴者のほとんどの人が様子のおかしさに気づいたそうです。それは2014年のことであり、加藤茶が45歳差結婚してから3年経過してからのことでした。

この番組での加藤茶に、病気説や認知症説など、様々な憶測が飛び交いました。直後の妻の談話では「風邪をこじらせて」のような話も出ましたが、実際には事態はもっと深刻でした。

2014年NHK「鶴瓶の家族に乾杯」出演中ろれつも回らず手足が震えていた!?

その番組とは、NHKの名物番組「鶴瓶の家族に乾杯」だったのです。この収録の際には、加藤茶はろれつが回らず、手足も小刻みに震えていたそうで、MCの笑福亭鶴瓶も気付いていました。

収録しながらも鶴瓶は、大丈夫、見てる人が気にするよ、などの声を掛けたほどです。動作は余りにも緩慢で反応も遅く、酒酔いとも違った印象が誰の目にもわかったそうです。

そんな加藤茶を一見して認知症と思った視聴者も!?

NHKがどうしてそのままそれを放送したのかは謎ですが、一般視聴者も一見して「認知症」なのではと思ったそうです。それは動作・反応もですが、発言内容もちぐはぐだったからです。

後日加藤茶自身は、この日はロケ前の朝から手足の震えは酷かったと語っています。この当時で加藤茶は70歳を超えていますので、認知症を疑うのも無理のないことだったでしょう。

すぐに病院直行!検査結果はパーキンソン症候群!?

そんな危なげな状態のまま収録は終わり、加藤茶は帰宅したそうですが、その後も食事さえままならぬほど酷い震えでした。この異変に妻は車で病院へと運び、そのまま入院となりました。

病院での検査結果は、パーキンソン症候群とのことでした。これは国の難病指定のパーキンソン病と、症状・愁訴そのものが酷似する病態なのです。

問題となるのは、この「症候群」は何が原因で発症しているかを突き止めることでした。

そのまま入院でほぼ寝たきり状態!妻の献身的介護でも体重38kgへ激減!

加藤茶の入院生活は、手足の硬直が酷く、ほぼ寝たきり状態が続きました。体重は38kgという極限まで落ち込むほど状態が悪く、復活とは程遠い入退院を繰り返す日々が続きました。

この間、若い妻の献身的な介護は手厚く、長期に渡る食事内容の改善などもあったそうです。加藤茶も妻の介護にこの上ない安堵と信頼は置いたと言われています。

入退院を繰り返し弱気になる加藤茶と絶対に死なせず復活させると決意する妻

この入退院の連続で、加藤茶は酷く弱気になり、このまま自分は死去していまうとの思いがよぎるようになったそうです。重篤な病気に襲われ、このまま復活することはないと不安になりました。

しかし遥か年上の夫の弱音に、妻は奮起し絶対に死なせず介護し、復活させることを心に誓ったそうです。元より心無い周囲からは、加藤茶との結婚は財産目当て等の陰口もありました。

加藤茶は自分が死去したら妻には再婚を勧めていた!?

性根が優しい加藤茶は、自分の死去の後には、愛妻には幸せになって欲しいと願ったといいます。それは自分の死去の際には、再婚して子供も作れる、という願いだったそうです。

加藤茶の患った「パーキンソン症候群」とは何?病気の一種?

加藤茶を襲った、この恐ろしい「パーキンソン症候群」とは一体何なのでしょう。理解のカギとなるのは、症候群(シンドローム)という名の中にあります。

パーキンソン病と似た「症状」が出る症候群で病気とは別

結論から言うと、症候群は「病気」とは区別されます。つまりパーキンソン症候群は、病気ではないということなのです。この他にも症候群と名の付く病態はあります。

症候群(しょうこうぐん、英: syndrome、シンドローム)とは、同時に起きる一連の症候のこと。原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりに名をつけ扱いやすくしたものである。シンドロームの原義は「同時進行」であり、同時発生様の社会現象などを指す用語としても使われる。

(引用:Wikipedia)

上記引用の説明は専門的で非常に難解ですが、医学上「病気」と酷似する、一連の状態を示すということなのです。

パーキンソン病は1000人に1人の指定難病

パーキンソン病は、日本国の指定難病の1つであり、発症率は全人口に対し0.1%ほどです。ただし60歳以上が好発年齢であり、その比率は100人に1人の1%程度まで上昇します。

脳のドーパミン神経細胞の欠如から発病しますが、その理由・機序は明らかでありません。症状は「震え」「筋硬直」「動作緩慢」などが代表的で、全身性の運動障害が主訴です。

現在は投薬でドーパミンを補うことがメインの療法です。一般に複数の薬剤を異なるタイミングで投与する手法が用いられます。

加藤茶のパーキンソン症候群は心臓病で処方された薬が原因だった!?

qimono / Pixabay

加藤茶を悩ませたパーキンソン症候群は、薬剤性だったと判明しました。それはかつて心臓の病気・大動脈解離の手術後から服薬していた降圧剤が原因だったと言われています。

狭心症の常用薬と、胃薬の飲み合わせという指摘も一部にあるようです。いずれにせよ単一の原因を除去すれば根治するというものでなく、心臓と共にケアしていくことが肝要です。

現在の加藤茶は、普段は状態が落ち着いているそうですが、定期的な検診も怠っていないそうです。

加藤茶「認知症」説はどこから?芸能界のタブーすらわからない程ボケた?

元気になった加藤茶自身の説明で、一連の病気騒動はパーキンソン症候群と示されました。しかしこの当時、加藤茶には認知症説が強く疑われた、別な「事変」があったというのです。

テレビ業界のタブー!同時刻に裏番組へ出演の「Wブッキング」騒動!?

それはテレビ業界では初歩的なタブーでもある、裏番組へのダブルブッキングなのです。加藤茶ほどのベテランがこれを知らないはずはないのですが、ある時このタブーを起こしました。

本来、テレビでは同時刻に裏番組のことを話すことさえ禁じ手なのです。まさか出演してしまうなど、それは認知症で呆けが始まったものだと言われても仕方ないミスでした。

単なるミス?金遣いの荒い嫁に働かされているせい!?

おそらくは単なる注意力不足のミスだったのでしょうが、別な見方もされたようです。それは未だに嫁がワルで、加藤茶を無理に働かせているせいだという噂です。

その点は70歳も超えた加藤茶が、地方のパチンコ営業に勤しむ姿から想起されたかもしれません。しかし平素のラブラブぶりから「働かされている」と断じるのは無理があるでしょう。

加藤茶の患った心臓の病気①:「狭心症」

加藤茶がまず最初に患った、心臓の病気・狭心症についてを説明します。狭心症は主として不摂生な生活で動脈硬化が進行し、それに起因し胸部に痛みや不快感を感じ始める病気です。

動脈硬化による狭心症が最初に発生するのは、運動をしたり精神的に緊張したりすることで、心臓が普段より激しく働き、通常より多くの酸素が必要になった状況であるのが通常です。動脈のかなりの部分(普通は70%以上)がふさがると、心臓の酸素需要量が最も少なくなる安静時にも狭心症が起こるようになります。

(引用:MSDマニュアル家庭版)

2005年62歳で狭心症!元からの動脈硬化の血管を広げる手術!

加藤茶はまだ60代になったばかりで狭心症の症状が強くなったそうです。そしてこの段階ではそれほど無茶でない手術で、かなり症状が改善できるとし、手術に踏み切りました。

この術式では、動脈硬化の状態が強い血管を広げる処置を施しています。

血液をサラサラにする薬(抗凝固剤)を常用!結果的に次の手術のネックに?

Vector8DIY / Pixabay

動脈硬化から進行する狭心症を発症していますので、加藤茶の体には血栓は当然できやすくなっています。血栓が肺や脳血管や、それこそ大きな血管に詰まればおおごとです。

このため心疾患患者の多くが服用する、血液が固まりにくくなる薬剤を常用することになりました。しかし次に襲ってくる病気にとって、この薬はもろ刃の剣として加藤茶をピンチにします。

加藤茶の患った心臓の病気②:「大動脈解離」

Pexels / Pixabay

大動脈解離とは発症すれば非常に致死率の高い疾患と言えます。全身で最も太く、ポンプの機能も果たす大動脈の内側の壁が裂け、そこへ一気に血流することで外側への破壊が生じます。

一般に急性で発症した場合、胸部から背部、腹部へ移動性の激痛が走ります。この痛みの激しさ・強さはクモ膜下出血と並ぶ、耐えがたい痛みとなって襲い掛かります。

加藤茶の心臓は3時間停止!?発症後24時間内生存率50%の大動脈解離!

大動脈解離は、発症から24時間でその生存率は50%しかないと言われる恐ろしい病気です。裂けてしまった大動脈そのものを修復することは通例不可能で、人工血管置換をする必要があります。

大動脈は心臓の拍動と直結していますから、その入替となればその時間は心臓を止めておくしかありません。つまり人工心肺装置で一時的に心臓を止めるのですが、制限時間は3時間です。

それ以上の時間になると、人工心肺離脱をしても、自然拍動が戻らない率が急上昇するのです。加藤茶の心臓は、3時間止めなければならない運命にありました。

抗凝固剤が抜けるまで5日待機!10時間に及ぶ難易度最高レベルの大手術!

ここで非常に厄介な問題だったのは、前述した「抗凝固剤」でした。血液が固まらないようにする薬ですから、この作用が全血液から抜けるまで手術は行えなかったのです。

極めて危険な状態から、加藤茶は5日待機させられます。そしてこの難易度最高レベルの心臓手術は、10時間にも及ぶ大手術となりましたが、奇跡的に成功しました。

加藤茶の心臓手術の費用が凄い!?人工血管百万円!手術総額は?

加藤茶はバラエティ番組出演時に、この大手術にことにも触れました。人工血管のみでも、実費負担なら100万円はするのだそうです。

そしてこの人工心肺を駆使した、最高難度の手術は2800万円かかる手術だったと語っています。最高レベルの手術ですから、費用も当然かかりますが、高額医療費制度で助けられたはずです。

加藤茶の40年に及ぶ最悪の食生活!?塩分過多と高脂質と過度の飲酒!

加藤茶がこのように60代にして心臓病に苦しんだ背景には、その最悪とも言える食生活は影響しているのでしょう。若い頃から売れっ子で、酒飲みとしても凄かった生活ぶりを探ってみます。

親友・左とんぺいが明かした加藤茶の仰天食生活!?

加藤茶の親友でもあり、飲み友達でもあった、左とんぺいは加藤茶の驚きの食生活を暴露しています。心臓を全くケアしなかった、その乱暴過ぎる私生活を引用で示します。

45年来の親友の左とん平によると、加藤茶は若い頃は大の酒好きで飲み屋をハシゴしていたという。さらに麻雀をやりながらラーメンを食べたり夜中にステーキを食べていたという。加藤茶は不摂生な生活を40年以上続け、2005年に狭心症を発症し血管を広げる手術を受けた。医師から生活改善の指導をされたが、退院後は以前と変わらない生活に戻った。その1年後に大動脈解離を発症した。

(引用:価格comテレビ紹介)

一晩で酒代2000万円を、連れ全員分のおごりで使ったなどの伝説を持つ加藤茶ならではの豪快さです。

狭心症の手術後も懲りずにラーメンの汁と夜中のステーキ!?

加藤茶の狭心症の手術を行い、その後の生活指導も行った奥仲医師は語っています。

加藤茶は狭心症の手術を受けて治ったと思っていたと話した。奥仲先生はラーメンの汁を飲み干すと塩分過多となり、夜のステーキは高脂質となり、高血圧や動脈硬化などになる典型例だと説明した。加藤茶は「自分だけは絶対にならないと思っていた」と話した。

(引用:価格comテレビ紹介)

不摂生の限りを尽し、一度は痛い目にあった加藤茶でしたが、そこを改善しなかったことは問題でしょう。しかし結局は助かったのですから、逆に言えば何たる強運の持ち主かとも言えそうです。

45歳差妻の手料理もかつては分量も脂っこさも破格だった!?

45歳差結婚で未だに話題となる妻の手料理も、かつては量といい脂っこさといい、かなりのものでした。しかし加藤茶は大病で倒れるまでは、愛妻のこのボリュームのある料理を喜びました。

妻はパーキンソン症候群で倒れてから、体に良い料理で夫の健康を守り抜きました。しかし調子が戻ってきてからというもの、また何かと高カロリーな食事も出すようです。

77歳の加トちゃんには志村けんの分まで長生きして欲しいとファンの声!

2020年、コロナ感染のために70歳で衝撃的にこの世を去った、志村けんの弔辞を加藤茶は読みました。その老いた姿に、ドリフファンのみならず、加トちゃんは長生きしてと祈りをこめています。

加藤茶も同様にして、まだ天国で「全員集合」はしないぞ、と誓いました。昭和のコントに息吹と魂を入れた、天才的コメディアンの存在は大変貴重です。

強運にも恵まれ、愛にも恵まれたドリフの生え抜き芸人、加藤茶へ今後もエールを送りましょう!