豊田真由子の現在!最新画像が可愛いと話題に!旦那・子供やハゲ発言の真相は? エンタメ

豊田真由子の現在!最新画像が可愛いと話題に!旦那・子供やハゲ発言の真相は?

「このハゲー!」発言で一躍時の人となった豊田真由子。しばらくテレビで見かけないなと思っていたら、ワイドショーで復活しました。今のほうがかわいいと評判の豊田真由子の変化を若い頃の画像で比較しつつ、夫や子供との現在の関係、離婚危機の真相について見ていきましょう。

目次

[表示]

豊田真由子の現在がかわいいと話題に?ハゲ発言から最新画像まで!

衆議院議員時代、元秘書への暴言や暴行で活動休止まで追い込まれた豊田真由子。特に、秘書への「このハゲー!」発言は流行語にもなり、ワイドショーでもさんざんネタにされましたね。

豊田真由子はそもそも、どのような人物だったのでしょうか。豊田氏の基本情報からハゲ発言の経緯、現在までの変化について詳しく見ていきましょう。

豊田真由子の基本プロフィール

「このハゲー!」発言のエキセントリックなイメージが鮮烈すぎた豊田真由子。まずは豊田氏の基本プロフィールから見ていきましょう。

豊田真由子は1974年10月10日生まれ、千葉県船橋市出身。厚生労働官僚として、金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐などを歴任した後に政界入り。政治家としては、衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官・文部科学大臣政務官・復興大臣政務官(第3次安倍第1次改造内閣)などを歴任したが、2017年8月、秘書への暴言・暴行が報道されたことを受け自由民主党を離党し、2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に無所属で出馬したが落選した。

(引用:ウィキペディア)

現在とは別人!豊田真由子のハゲ発言騒動!

豊田真由子の「ハゲ発言」が話題となったのは、2017年のことでした。当時、衆議院議員だった豊田真由子は、秘書として働いていた男性に対し、「このハゲー!」などの罵詈雑言を浴びせます。

元秘書が一連の暴言をテープレコーダーで記録していたことから暴言・暴行騒動が明るみになり、豊田氏は凶暴でキレると手がつけられないお騒がせ議員として批判の的になりました。

「このハゲー!」以外にも、「死ね」などの人格否定発言も元秘書の口から告発されており、豊田氏は騒動後、表舞台からフェードアウトすることになりました。

「バイキング」でのメイクと衣装がかわいいと話題に!

ワイドショーを震撼させた「このハゲー!」騒動からおよそ3年。豊田真由子は意外なかたちで復活することになりました。

新型コロナウイルス感染拡大以降、「バイキング」に公衆衛生学の専門家として出演している豊田真由子。出演の際の衣装やメイクがハゲ騒動前とはまさしく別人のようだと噂になっているんです。

こうしてあらためて以前の画像と比較してみても、確かに騒動の頃のきつさはまったく感じられず、髪形もふんわりとしているのでよりいっそうガーリーに見えます。

若い頃の豊田真由子もかわいい?

東大卒業で、生まれながらのエリートだった豊田真由子。若い頃はけっこうかわいい顔つきで、にっこり笑った表情がお嬢様らしいとネットでは評判になっているようです。

厚労省の官僚だった頃から少しずつ責任感と使命感がでてきたのか、顔の印象も学生時代よりも引き締まっているように見えます。

そして、ハゲ騒動真っ只中の豊田真由子。まあ、写真の角度の影響なのかもしれませんが、目つきが若い頃とは明らかに変わっていて、何かに取りつかれているようにも見えてしまいます。

ハゲ騒動とは別人のよう

こうして豊田真由子の顔つきの変化を若い頃から時系列を追って比較してみると、やはり、ハゲ騒動以前と現在ではまるで別人のように変化していることがわかります。

特に大きく変化しているのは目つきであり、騒動直前は眼光が鋭く、相手をにらみつけるように見えているせいでどうしても怖い印象になってしまいます。

確かに、これだけ鋭い目つきで「このハゲー!」なんて怒鳴られたら怖すぎて、生きていく自信を失ってしまいますよね。

やっぱり年相応?

画像で比較すればわかるように、確かに騒動直前と現在を比べれば豊田真由子は見違えるようにかわいくなっています。あまりに変わりすぎていて、ひさしぶりに会っても気づかないレベルでしょう。

ただ、現在の画像を冷静に見てみると、衣装やメイクが変わっただけでルックスそのものは年相応といえなくもないわけで、ネットでは「若作りしすぎじゃないの?」という声もあるようです。

豊田真由子は美人?

「バイキング」出演によって別人のようにかわいくなったと評判の豊田真由子。実際、コメンテーターとしてブレイクした背景にも、「年齢以上にかわいいから」という理由があるようです。

まあ、美人の基準は人それぞれですから、豊田真由子が客観的に見てどの程度のルックスなのかはわかりませんが、今後も美熟女コメンテーターとして一定の需要はありそうです。

豊田真由子の現在の仕事は?ハゲ発言からどう変化した?

「このハゲー!」発言をきっかけに議員辞職にまで追い込まれ、表舞台からフェードアウトした豊田真由子。

ここにきて新型コロナウイルス関連の専門家としてワイドショーを中心に引っ張りだことなり、思わぬかたちで再ブレイクしています。

ハゲ騒動を乗り越えた豊田真由子の現在の仕事ぶりについておさらいしておきましょう。

2019年頃から公衆衛生学の専門家として復帰!

2017年のハゲ騒動以降、体調不良を理由に療養生活に入っていた豊田真由子。2019年からはコメンテーターとして復帰しており、「バイキング」ではすでに公衆衛生の専門家としておなじみです。

2017年には元秘書に見せたエキセントリックな一面ばかりがクローズアップされた豊田真由子ですが、コメンテーターとしての説明は非常に丁寧で、そのうえわかりやすいということで評判になっています。

ただ、坂上忍ら大物MCから未だにハゲ騒動についてイジられることについてはvネットでも、「とっくに終わったことなのにかわいそう」という声があるようです。

現在は福祉関連の事業に従事?

Anemone123 / Pixabay

「このハゲー!」騒動から約2年。衣装もメイクも別人のようになり、ようやく騒動の印象を払拭できたかな、というイメージの豊田真由子。

コメンテーターが本業ではなく、現在は何と福祉関連の法人に所属し、事業をサポートしているようです。

例の騒動以降、豊田真由子の後見人のようになっている柳内光子氏。柳内氏が福祉関連の事業に力を入れており、議員辞職後の豊田真由子を仕事の面でも全面的にサポートしていたそうです。

政界復帰の可能性は?本人は完全否定?

Free-Photos / Pixabay

「このハゲー!」事件以来、ワイドショーのコメンテーターとして禊をすませた格好の豊田真由子ですが、議員復帰の可能性はあるのでしょうか。

この件については、豊田氏の後見人のようになっている柳内光子氏が「200%あり得ない」とコメントしています。

豊田氏と柳内氏の間では、「政界復帰をしないかわりに今後の仕事を全面的にサポートする」という密約が交わされているようで、柳内氏が実力者であるかぎり、豊田氏の政界復帰はあり得ないだろうと見られています。

豊田真由子の現在の出演動画はある?

ここ最近は「バイキング」での印象が強い豊田真由子。こちらが出演動画です。

何よりもまず、目つきがハゲ騒動の頃とは別人のようになっており、そのうえメイクと衣装がポップに変わっていることからずいぶんと洗練された印象を受けます。

豊田真由子の家族関係は?夫や子供にも厳しい?

「このハゲー!」発言では世間から批判の嵐にさらされた豊田真由子。プライベートでは既婚者であり、母親でもあります。

豊田真由子の家族構成と、ハゲ騒動後の夫・子供との関係について見ていきましょう。

豊田真由子と夫との関係は?離婚危機?

Pexels / Pixabay

豊田真由子の夫もまた東大出身のエリートで、国土交通省の官僚として働いています。

「このハゲー!」騒動直後は離婚危機もささやかれていましたが、結果的に離婚はせず、むしろ、夫のほうが豊田真由子を擁護するようなコメントを残しています。

夫によると、豊田真由子は官僚時代から多忙を極めており、議員になった後もプライベートな時間を犠牲にして選挙区をまわったり、政策の勉強を続けたりしていたようです。

夫によると本人はハゲ発言を心から反省しているらしい

騒動前は多忙のために疲れていた、という夫のコメントが真実だとしても、「このハゲー!」をはじめとする秘書への暴言・暴行が許されるわけではありません。

ただ、過密なスケジュールによって人間としての冷静さを失っていたことは事実であり、豊田氏自身も一連の騒動について心から反省していたと、夫の視点からは語られています。

子供にも教育熱心なやさしいお母さん?

weisanjiang / Pixabay

豊田真由子には、長男と長女のふたりの子供がいます。年齢は長男が13歳で、長女が11歳です。

家でもさぞかし厳しいお母さんなのかと思いきや、意外なことに、子供たちには至って普通の優しいお母さんで、休日には手料理を作ったりと、家族とのふれあいを大切にしているそうです。

豊田真由子のハゲ騒動とは?一部始終をおさらい!

現在ではイメチェンに成功し、すっかりイメージが落ち着いている豊田真由子ですが、そもそも、ハゲ騒動とは何だったのでしょうか。

豊田真由子が失脚した原因について順を追って振り返ってみましょう。

2017年6月「週刊新潮」が騒動をスクープ!

豊田真由子の名前が世間的に広く有名になったのは、2017年6月に公表された「週刊新潮」のスクープでした。

週刊新潮の記事には、豊田真由子の秘書に対する暴言・暴行の一部始終が詳細に記録されており、「このハゲー!」もその中に入っていました。

その後、ワイドショーなどで暴言の音源が公開されると、あまりの異様さから批判が殺到し、豊田真由子は議員辞職に追い込まれました。

ハゲ発言の真相は?秘書が悪かった?

週刊新潮のスクープ記事が公開されるや否や、世間中の批判の的にさらされた豊田真由子。もちろん、公開されたような暴言・暴行は議員としても、また人間としても決して許されるものではありません。

ただ一方で、騒動以前から元秘書の業務上のミスが目立っていたという声もあり、豊田真由子のほうも秘書との関係に長らく思い悩んでいたようです。

一連の暴言や暴行が豊田真由子なりに思い悩んだ結果だったとしたら……前代未聞のハゲ騒動も、また違った一面が見えてきますね。

騒動後、しばらく入院していた

ハゲ騒動後、豊田真由子は体調不良を理由に長期療養に入っています。主治医の話では、騒動直後の豊田真由子は精神のバランスを崩していたということで、専門的な治療が必要な状態だったそうです。

確かに、元秘書へのヒステリックな暴言・暴行は許されませんが、豊田真由子自身、多忙すぎる生活によって極限まで追い詰められていたのだとすると、可哀そうな気もします。

現在の落ち着いた姿が本当の彼女だとしたら、治療の効果も一定以上はあったのではないでしょうか。

豊田真由子は現在ワイドショーに引っ張りだこ!かわいい衣装にも注目!

2017年のハゲ騒動をきっかけに全国的に有名になり、さんざんネタにされてしまった豊田真由子。騒動後は議員を辞職し、長期療養に入っています。

現在は福祉関連の事業に携わる傍ら、公衆衛生学の専門家として「バイキング」などのワイドショーに出演し、新型コロナウイルス関連のコメンテーターとして活躍しています。

ハゲ騒動の頃とは別人のようにかわいくなったと評判の豊田真由子。今後の変化にも注目したいところです。