BLEACHアニメが続編決定!放送はいつから?実写映画や漫画の続編は?【2020年最新】 エンタメ

BLEACHアニメが続編決定!放送はいつから?実写映画や漫画の続編は?【2020年最新】

ブリーチ(BLEACH)は漫画も連載終了していますが、2020年に千年血戦篇のアニメが続編として放送されるとブリーチ(BLEACH)の20周年記念に発表されました。実際にいつから、どこの放送局なのか、また実写映画の情報等も紹介していきます。

目次

[表示]

ブリーチの続編はいつから?連載20周年記念で千年血戦篇のアニメ化決定!

ブリーチ(BLEACH)の原作が終了してから、アニメの方も完結という形で放送終了になっていました。連載20周年記念をきっかけに千年血戦篇がアニメ化決定したようです。

具体的にいつから放送されるのか、どこまでアニメ化されるのか詳細を紹介していきます。

アニメ化はいつから?2020年現在はまだ未定?

ブリーチ(BLEACH)のアニメ化は2020年5月現在も放送時期は未定になっています。youtubeの生配信などでアニメ情報を発信しているようです。

20周年記念サイトも開設されているので、そちらでも情報が公開されるのを待ちましょう。

2021年放送の予想が多い

アニメ放送の時期として、制作期間などを考えると来年である2021年に放送ではないかと言われています。アニメの制作過程がどこまで進んでいるのかも不明なので、次の情報を待っている状態です。

放送局は東京系列?

放送局として挙がっているのは東京系列の放送局です。これは過去のアニメ、ブリーチ(BLEACH)を放送していたのがテレビ東京系列だったからです。

また制作会社も以前担当していたstudioぴえろが引き続き制作するのではないかと言われています。

続編の話はどこからどこまで放送される?

アニメ続編の内容としてはブリーチ(BLEACH)の最終章として千年血戦篇が放送されるのではと予想されています。

しかし千年血戦篇だけでもストーリーが長いので、ちゃんと上手く完結まで放送されるのか不安の声がいくつかあるようです。

千年血戦篇は単行本19巻分!

千年血戦篇を放送することが判明しましたが、千年血戦篇は訣別譚まで含めると単行本19巻分の内容です。1クールで収まるような内容ではありません。

長期的か分けて放送されるか

19巻分の内容を放送すると考えると、1年間の枠をとって長期的に放送されるパターンと2クールごとに放送を分けられるパターンがあります。

中でもクールごとに分けて放送される確率が高いと言われています。

ブリーチ(BLEACH)は実写映画の続編も作成予定?

ブリーチ(BLEACH)はアニメだけでなく実写映画も続編が出るのではないかと話題になっています。

実際に上映された映画のクレジット内容は変わっていたり、インタビューで続編があるような発言があったようです。

しかし興行収入を見ると続編を制作するのは難しいという意見もあります。下記で詳しく紹介していきます。

実写映画のクレジットが変更されていた!

実写映画のブリーチ(BLEACH)は映画公開前は「BLEACH」という単語だけがクレジットに記載されていました。

しかし、映画が公開された後のクレジットには「BLEACH死神代行篇」に変更されていたようです。死神代行篇ということは尸魂界篇も次期に制作されるのではないかという憶測が出ていました。

興行収入を見ると続編は難しい?

実写映画ブリーチ(BLEACH)の興行収入は5億円ほどでした。同じアニメ実写映画として人気だった「るろうに剣心」は1作目から30億越えだったのでブリーチ(BLEACH)の興行収入の低さが分かります。

このことから続編を制作するのは厳しいのではないかと考えられています。実際に他の実写映画でも興行収入が10億円以下の作品は続編を制作していないので、ブリーチ(BLEACH)も続編はないと言われています。

実写映画の続編に対する反応は?

実写映画の続編に対する反応としては賛否両論あるようですが、アクションシーンの迫力やビジュアルの高さ等で続編を希望している声もいくつかあります。

アニメを実写映画するのに拒否反応を示す意見はどの作品でも多くあるので反対意見が出てしまっているのは仕方が無いことかもしれません。

実写映画の続編の可能性はインタビューでも明らかに

ブリーチ(BLEACH)の実写映画の続編は上映前のインタビューでも語られていたようです。インタビューに答えたスタッフも続編にあたる尸魂界篇を制作したいと発言していました。

ただ死神代行篇の様子をみてからという言葉もあったので、続編を制作するかどうか怪しい所です。

ブリーチ(BLEACH)続編をする場合のキャストを予想!

実写映画ブリーチ(BLEACH)の続編が出た場合のキャストとして、死神代行篇に出ているキャストは変更しない方向ではないかと考えられています。

新しく出てくるあろう、日番谷冬獅郎は山田涼介、藍染惣右介はディーンフジオカではないかと予想されています。

特に山田涼介は実写映画「鋼の錬金術師」でエドワード・エルリックを演じた経験も買われていると言われています。

ブリーチ(BLEACH)の新プロジェクトサイトが話題に!

アニメ、ブリーチ(BLEACH)の続編決定を筆頭にブリーチ(BLEACH)に関するプロジェクトサイトが開設されています。

アニメ続編決定の他にも原画展開催や久保帯人先生の新連載である「バーンザウィッチ」のアニメ化情報なども発信しているようです。

20周年プロジェクトでバーンザウィッチもアニメ化決定

20周年プロジェクトでは2020年の夏に連載予定である「バーンザウィッチ」の劇場アニメ化も決定しているようです。バーンザウィッチのアニメ化は2020年の秋頃に放送開始という情報もあります。

「バーンザウィッチ」は読み切りでジャンプに掲載されてからも、連載を希望する声が多くでていた久保帯人先生の作品になります。

2021年にはブリーチ(BLEACH)の原画展開催決定

また2021年にはブリーチ(BLEACH)の原画展を開催することが決定しています。詳細な日時は不明ですが2021年の冬に開催するようです。

漫画版ブリーチ(BLEACH)でも最終回で続編への伏線が?

ブリーチ(BLEACH)の原作漫画は完結して連載も終了になっています。しかし最終回で様々な伏線があり、もしかしたら原作漫画も続編が出てくるのではないかという予想がされているようです。

ユーハバッハの復活の兆しや、2世キャラクターでの

最終回で2世キャラが登場!

原作のブリーチ(BLEACH)の最終回では、黒崎一護と織姫の子供である黒崎一勇(くろさき かずい)などの次世代キャラクターが登場しています。

どの2世キャラクターも親の性格や容姿をバランスよく取り込んでいるため、子供達メインの話をみたいという読者も多くいるようです。

NARUTOのように2世メインの話が出るかも?

NARUTOは2世キャラをメインとした話であるBORUTOを連載しています。そのためブリーチ(BLEACH)でも同じように一護の子供達を主軸とした続編が出るのではないかと予想されているようです。

ユーハバッハの残骸が現れている

また最終回では倒したはずのユーハバッハの残骸が出現して戦闘態勢に入っている死神たちの描写がありました。このことからも、また何か一波乱あるのではないかと言われています。

ユーハバッハは霊王を殺した人物でもあるため、また何か行動を起こすために現世などに表れたのではないかと考えられています。

一勇がユーハバッハの残骸に触れようとしている描写が

ユーハバッハの残骸は現世でも出現しており、一勇がユーハバッハの残骸に触れようとしているシーンがありました。

そのため一勇がユーハバッハの残骸に取り込まれて敵側になってしまうのではないかと、読者の中で話題になっています。

様々な伏線が貼られている最終回だった

最終回では全て丸く収まったという感じではなく、まだまだこれから物語が始まりそうな終わり方でした。実際に原作の続編が出るという話は現在ありませんが、続編が出てもおかしくない最終回です。

ブリーチ(BLEACH)のアニメ続編は決定している!

原作の続編や実写映画の続編は現在出ていませんが、アニメの続編はすでに決定しています。千年決戦篇はブリーチ(BLEACH)の最終章でもあるので、アニメ化を待ちわびていた人も多いようです。

20周年プロジェクトでブリーチ(BLEACH)に関する情報やアニメがいつから放送されるのか等のイベントが随時更新されるので、ブリーチ(BLEACH)ファンの人はチェックすることをおすすめします。