【最新】アメリカでコロナに感染した芸能人・有名人一覧!死亡者や寄付キャンペーンも? エンタメ

【最新】アメリカでコロナに感染した芸能人・有名人一覧!死亡者や寄付キャンペーンも?

アメリカではコロナ感染が広まり、多くの芸能人・有名人の感染・死亡報道があります。ハリウッドやスポーツ界でもトム・ハンクスやジャクソン・ブラウンが感染し、セレーナ・ゴメスらがキャンペーンや寄付活動を行っています。アメリカでのコロナ感染者を一覧でまとめます。

目次

[表示]

アメリカでコロナに感染した芸能人・有名人まとめ一覧!

Ronile / Pixabay

現在、アメリカでは新型コロナウイルスへの感染が急速に広まっており、芸能人や有名人の間でも多くの人の感染・死亡例が出ているようです。一覧でご紹介します。

アメリカのコロナに感染した芸能人!ハリウッド、スポーツ界でも?

padrinan / Pixabay

アメリカのコロナ感染は急速に広がっていて、ニューヨーク州では4月4日時点で11万3700人超の感染者がいると報じられています。中でもニューヨーク市の状況はひどいようです。

アメリカ全体での死者数は7100人を超えています。そんな中アメリカでは芸能人・有名人の中でも広がっており、ハリウッド界やスポーツ界での感染者が発生しています。

中には死亡してしまった方も既に数人いるようです。一覧にすると、以下のとおりとなります。

  • トム・ハンクス
  • ルディ・ゴベール
  • ケビン・デュラント
  • アンディ・コーエン
  • ジャクソン・ブラウン
  • クリス・クオモ
  • ハーベイ・ワインスタイン
  • ランド・ポール
  • ショーン・ペイトン
  • マーク・ブラム(死亡)
  • アダム・シュレシンジャー(死亡)
  • ジョー・ディフィー(死亡)
  • ウォレス・ルーニー(死亡)
  • エリス・マルサリス(死亡)
  • フロイド・カルドス(死亡)
  • オーランド・マクダニエル(死亡)

一覧を見ても、結構多くの人数が感染していることがわかります。それではまず、コロナに感染したと報じられた芸能人・有名人について見ていきましょう。

コロナ感染のアメリカ芸能人①:トム・ハンクス

コロナに感染したアメリカの芸能人の1人目は、ハリウッド俳優のトム・ハンクスさんです。妻のリタ・ウィルソンさんも共に、コロナ感染を報じられました。

トム・ハンクスさん夫妻は、トム・ハンクスさんの新作の撮影準備でオーストラリアに滞在しており、検査の結果陽性が判明していました。3月12日に自身のツイッターで告白しています。

トム・ハンクスさん夫妻は回復し、3月29日にはアメリカへ帰国したことが報じられています。

コロナ感染のアメリカ芸能人②:ルディ・ゴベール

コロナに感染したアメリカの芸能人の2人目は、スポーツ界から米プロバスケットボール(NBA)のユタ・ジャズのルディ・ゴベール選手です。

ルディ・ゴベール選手のコロナ陽性を受けて、NBAはリーグの無期限中断を決断することとなりました。

その後3月27日には、ルディ・ゴベール選手がコロナ感染から回復したと報じられています。

コロナ感染のアメリカ芸能人③:ケビン・デュラント

コロナに感染したアメリカの芸能人の3人目は、同じく米プロバスケットボール(NBA)のブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手です。3月17日に報じられています。

ケビン・デュラント選手は、自分の病状については問題はないと表明しています。また、コロナウイルスに注意するよう呼びかけていました。

コロナ感染のアメリカ芸能人④:アンディ・コーエン

コロナに感染したアメリカの芸能人の4人目は、「米国人が最も愛する放送人」にも選ばれる人気司会者、アンディ・コーエンさんです。3月20日に陽性と診断されています。

数日間体調を崩していたため自己隔離していたところ陽性と判定されたということです。

コロナ感染のアメリカ芸能人⑤:ジャクソン・ブラウン

コロナに感染したアメリカの芸能人の5人目は、ミュージシャンのジャクソン・ブラウンさんです。コロナの検査で陽性が判明したものの、幸いなことに軽症で入院も必要ないとのことです。

ジャクソン・ブラウンさんの陽性が報じられたのは3月24日のことでした。

異変を感じた後は自己隔離していたということで、現在はロサンゼルスにある自宅で療養中だということです。出歩くことは辞めるよう、人々に訴えています。

コロナ感染のアメリカ芸能人⑥:クリス・クオモ

コロナに感染したアメリカの芸能人の6人目は、CNNテレビのキャスターで米東部ニューヨーク州のクオモ知事の弟、クリス・クオモさんです。

3月31日に自身のツイッターでコロナ感染を発表しました。自宅の地下室で自主隔離をしていて、自宅から番組出演を続けているとのことです。

コロナ感染のアメリカ芸能人⑦:ハーベイ・ワインスタイン

コロナに感染したアメリカの芸能人の7人目は、映画プロデューサーでニューヨークの刑務所に収監中である、ハーベイ・ワインスタイン氏です。

3月24日に感染が報道されていますが、ハーベイ・ワインスタイン氏は18日、ニューヨークのライカーズ刑務所からウェンデ刑務所へと移送直後でした。

ライカーズ刑務所では集団感染が報告されていますので、ライカーズ刑務所での感染と見られているようです。

コロナ感染のアメリカ芸能人⑧:ランド・ポール

コロナに感染したアメリカの芸能人の8人目は、米共和党のランド・ポール上院議員です。3月22日にコロナ陽性と報道されています。

アメリカの上院議員では初のコロナウイルス感染者となりました。

コロナ感染のアメリカ芸能人⑨:ショーン・ペイトン

コロナに感染したアメリカの芸能人の9人目は、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)セインツのショーン・ペイトン監督です。

3月19日、コロナ陽性が発表されましたが、ショーン・ペイトン監督の体調は回復してきているとのことです。

アメリカではコロナで死亡した芸能人も多数!?一覧まとめ!

続いてはアメリカのコロナに感染した芸能人で、先にご紹介した一覧の中の死去してしまった方々を詳しくご紹介します。

コロナで死亡したアメリカ芸能人①:マーク・ブラム

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の1人目は、「クロコダイル・ダンディー」でも知られる俳優のマーク・ブラムさんです。

3月25日、新型コロナウイルスの合併症で死去したと報じられました。享年69歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人②:アダム・シュレシンジャー

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の2人目は、ミュージシャンでバンド「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」のメンバー、アダム・シュレシンジャーさんです。

4月1日、新型コロナウイルスの合併症で死去したと報じられました。享年52歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人③:ジョー・ディフィー

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の3人目は、カントリーミュージシャンのジョー・ディフィーさんです。

3月29日、新型コロナウイルスの合併症で死去したと報じられました。享年61歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人④:ウォレス・ルーニー

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の4人目は、ジャズ・トランペット奏者のウォレス・ルーニーさんです。

3月31日、新型コロナウイルスの合併症で死去したと報じられました。享年59歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人⑤:エリス・マルサリス

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の5人目は、「ニューオーリンズの父」とも呼ばれるピアニスト、エリス・マルサリスさんです。

4月1日、新型コロナウイルスの合併症で死去したと報じられました。享年85歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人⑥:バッキー・ピザレリ

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の6人目は、ジャズギタリストのバッキー・ピザレリさんです。

4月1日、ニュージャージー州の自宅で死去したと報じられています。死因は不明なものの、新型コロナウイルスに感染していたということでした。享年94歳でした。

コロナで死亡したアメリカ芸能人⑦:オーランド・マクダニエル

コロナ感染で死亡が報じられたアメリカの芸能人の7人目は、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の元選手、オーランド・マクダニエルさんです。

3月29日、新型コロナウイルス感染が原因で死去したと報じられました。享年59歳でした。

アメリカではコロナ関連の寄付やキャンペーンが話題に!

mohamed_hassan / Pixabay

新型コロナウイルスが猛威を振るうアメリカですが、そんな中、コロナ関連のキャンペーンや寄付と言った動きも話題になっているようです!

寄付が話題のアメリカ人①セレーナ・ゴメスがコロナと戦う病院に寄付!

アメリカの女優、セレーナ・ゴメスさんは、3月31日に自身のツイッターでロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに寄付を行ったと公表しています。

寄付の理由は、過去に治療を受けたことがあるので個人的にということでした。シダーズ・サイナイ医療センターではマスクと人工呼吸器が不足しているそうです。金額は公表されていません。

セレーナ・ゴメスさんは「自身の健康を危険にさらしている医療関係者の皆さんに感謝しています。」とコメントしていました。

セレーナ・ゴメスはキャンペーンにも参加

一方で、セレーナ・ゴメスさんは、適切な手洗い方法を紹介する「#セーフハンズ(SafeHands)」のキャンペーンにも挑戦しています。

セレーナ・ゴメスさんは「Huffington Post」の共同設立者、そしてグローバルCEOのアリアナ・ハフィントンさんからこのキャンペーンのチャレンジを受け取ったそうです。

セレーナ・ゴメスさんは自身のインスタで手洗い動画を発信しました。フォロワー数1億7000万人を抱えるセレーナ・ゴメスさんの影響力が期待されています。

寄付が話題のアメリカ人②ブレイク・ライヴリーも4つの病院に寄付!

女優のブレイク・ライヴリーさんも夫のライアン・レイノルズさんと、ニューヨーク市にある4つの病院に対し、各10万ドル(約1075万円)の計40万ドル(約4300万円)を寄付しました。

アメリカでは貧富の差が激しく無保険者も多いと言われていますが、コロナに関しては一部の病院で無保険者も検査を受けられるようになっているそうです。

そのため殺到した人々で病院は大変な状況となっています。患者は病院に溢れかえっており、医療従事者はマスクと人工呼吸器が足りない中でとても疲弊している現状があります。

寄付が話題のアメリカ人③レディー・ガガは自身のブランドから寄付!

歌手のレディー・ガガさんは、自身のヴィーガン・コスメブランド「Haus Laboratories」から、寄付を行ったようです。

今アメリカで最も大きな影響を受けている都市のLAとNYにある「Los Angeles Regional Food Bank」と「Food Bank for New York City」に寄付しました。

寄付が話題のアメリカ人④ルディ・ゴベールは総額50万ドルを寄付!

その他、自身もコロナウイルスに感染したルディ・ゴベール選手は総額50万ドル(約5400万円)を寄付すると発表しています。

ユタ州、オクラホマ州オクラホマシティの社会福祉事業と、シーズンの中断で勤務ができなくなったジャズのアリーナの非正規従業員にそれぞれ20万ドル(約2200万円)が送られます。

残りの10万ドル(約1100万円)は母国のフランスの新型コロナウイルス感染症関連の医療機関に送られるとのことでした。

コロナ感染のアメリカ芸能人一覧まとめ!

今回はコロナに感染したと報じられているアメリカの芸能人について、一覧でまとめました。一覧でもわかるように、アメリカでは芸能界でもコロナ感染が広がっているようです。

死亡者も多く、今後の動向が気になるところです。日本でも志村けんさんの死去もありましたし、新型コロナの感染者数は日に日に増加しています。

今は一人一人が危機意識を持って行動するのが重要な時期です。最新情報に注意しながら、責任感のある行動を心がけましょう。