芦田愛菜の両親の職業は?妹がいる?母親の厳しいしつけが凄い! エンタメ

芦田愛菜の両親の職業は?妹がいる?母親の厳しいしつけが凄い!

天才子役で知られる芦田愛菜さんの実家の家族は、どんな人たちなのでしょうか。父親や母親の職業、顔画像、妹、兄弟がいるという噂について調べてみました。また、芦田愛菜さんは、難関中学に合格しており、両親のしつけが厳しいそうなので、しつけの内容をまとめてみました。

目次

[表示]

芦田愛菜の両親はどんな人?父親・母親の画像は?

天才子役と呼ばれている芦田愛菜さんの実家の家族はどんな人たちなのでしょうか。父親と母親の職業や、顔の画像について調べてみました。

芦田愛菜の両親はどんな人?実家と家族構成を紹介!

芦田愛菜さんの出身は兵庫顕で、実家はお金持ちという噂があります。家族は、父親、母親、芦田愛菜さんの3人で、父親も祖父も凄い職業に就いているそうです。そんな父親と母親について調べてまとめていきます。

芦田愛菜の父親は三井住友銀行に勤務?

芦田愛菜さんの父親は、早稲田大学を卒業し、三井住友銀行に就職しました。同期の中でも出世頭で、3つくらい支店で支店長を務めているそうです。勤めている支店がどこかまでは、分かっていません。

三井住友銀行は、かなり大きな銀行なので年収も高く、1000万円を超えていると思われます。芦田愛菜の父親は、役員候補と目されるほどに優秀な人だと言われています。

父親は東京に単身赴任している?

芦田愛菜さんは、兵庫県出身です。しかし、父親は三井住友銀行で東京の支店に勤めているそうなので、単身赴任していたと言われています。

芦田愛菜さんは、小学生の頃から、東京の学校に通っているため、現在は一緒に住んでいると思われます。

芦田愛菜の母親は?

芦田愛菜さんの母親は、専業主婦をしていて、芦田愛菜さんが子役をしていた時はマネージャーようなことをしていたそうです。芦田愛菜さんの仕事場に付きそうこともあったと言います。

母親は、芦田愛菜さんを全面的に支援していたそうです。車から降りた芦田愛菜さんの後ろに、母親がいたところを目撃されたこともあります。

芦田愛菜が芸能界に入ったのは母親がきっかけ

芦田愛菜さんが、芸能界で活動を始めたきっかけは、母親の『オーデションに行かない?』という一言だったそうです。その当時3歳だった芦田愛菜さんは、オーデションに合格し、子役デビューしました。

両親の顔画像はない?

芦田愛菜さんの父親と母親の画像は、ないのでしょうか。調べてみたところ、父親の画像も父親の画像も公開されていないようです。一般の人なので、顔は公開されていません。

芦田愛菜の祖父も凄い人?

芦田愛菜さんの祖父も凄い人で、商船三井という株式会社の代表取締役・会長をしていました。京都大学出身で、高校と大学の時には、陸上の選手で全国大会に出場するなどの活躍をしていたようです。

祖父といっても、芦田愛菜さんとは『大姪』の関係で、兄弟の孫だと言います。芦田愛菜さんの両親も、親戚も凄い人ばかりのようです。

芦田愛菜の両親は離婚していた!?実は妹がいる?

芦田愛菜さんの父親と母親は離婚していたという噂と、芦田愛菜さんには妹がいるという噂があります。この噂は本当なのでしょうか。

芦田愛菜の両親は離婚歴がある?

芦田愛菜さんの父親と母親が離婚していたという噂があるようです。ですが、離婚したという噂はひとつもないので、デマである可能性が高いです。芦田愛菜さんの人気が高いため、事実無根の噂が広がったと思われます。

熊田胡々が芦田愛菜の妹?

『みいつけた』という番組に出ている子役の熊田胡々さんが、芦田愛菜さんの妹という噂があります。芦田愛菜さんと熊田胡々さんの顔や雰囲気が似ていることから、この噂が流れたようです。

熊田胡々の方が年上でデマと判明!芦田愛菜には兄弟がいない?

芦田愛菜さんの妹は、熊田胡々さんという噂があります。ですが、熊田胡々さんは2002年生まれ、芦田愛菜さんは2004年生まれで、熊田胡々さんの方が年上のため、妹ではないと判明しました。

芦田愛菜さんは、父親と母親との3人だけの家族だと言われています。芦田愛菜さんは、一人っ子で、兄弟はいないそうです。

芦田愛菜の両親のしつけが凄い!親は厳しいと噂?

芦田愛菜さんの父親は、三井住友銀行に勤める人で、母親は専業主婦をしながら、芦田愛菜さんの仕事の支援をしています。そんな両親のしつけが凄いと話題になっているので、しつけの内容をまとめてみました。

芦田愛菜は4歳の頃にひらがなを覚えた?

芦田愛菜さんは、3歳の頃に受けたオーデションに合格し、子役デビューしました。そんな芦田愛菜さんは、4歳の頃にはひらがなを全て覚えていたそうです。また、幼稚園の時から月60冊も本を読んでいたと言います。

両親は幼い頃から本を読ませていた?

芦田愛菜さんの父親が、よく読書をする人だったそうです。芦田愛菜さんが小さい頃から、父親は娘が興味を持ったことに、関連のある本を渡していたと言います。本を読ませることが、両親の教育法だったようです。

芦田愛菜さんが『細胞が気になる』と言った時に、父親は小学館から出版されている図鑑を渡しました。芦田愛菜さんは、図鑑を気に入り、それから本が好きになったそうです。

芦田愛菜の読書量がすごい!年間300冊も本を読んでいる?

芦田愛菜さんも、読書がかなり好きで、年間に300冊、多い時で月に50冊も本を読んでいたと言います。本のジャンルも多岐に渡り、図鑑、電気、ファンタジー、文学などを読んでいたようです。

『吾輩は猫である』『オリエント急行殺人事件』など、興味を持った本を辞典で言葉を調べながら読んでいたそうです。小学校高学年になると、自分で図書館に行き、好きな本を読破したと言います。

芦田愛菜は礼儀正しい!言葉遣いが丁寧すぎる?

芦田愛菜さんは、礼儀正しいことでも有名です。芦田愛菜さんが小学校低学年の頃、仕事場にチョコが差し入れられたことがありました。

その時、芦田愛菜さんが『美味しそうですね。頂いてもよろしいですか』と言ったそうです。とても、丁寧な言葉遣いで、周囲の大人も驚いたと言います。しつけがしっかりされていたというのが伺えます。

芦田愛菜は箸の持ち方が綺麗と話題に

芦田愛菜さんがテレビで見せた、食事のマナーが素晴らしいと話題になりました。バラエティ番組で、魚の刺し身やムニエルなどを実食した時、箸の持ち方や食べ物を口へ運ぶ仕草が綺麗で視聴者を驚かせたのです。

視聴者からは、『箸の持ち方が綺麗』『育ちの良さが出ている』などの声がありました。『読書量の多く、難関中学に入学しているから、上流な家庭で育てられている』と芸能ライターも語っています。

特に厳しく芦田愛菜をしつけたのは母親だった?

芦田愛菜さんの家の近所の人たちからは、芦田愛菜さんを厳しくしつけたのは母親と言われています。母親のしつけが厳しかったため、言葉遣いやマナーの良い子に育ったと思われます。

母親は、厳しくも、きちんと愛情を与えながら育てたようです。芦田愛菜さんが幼かった時、収録が終わるとすぐ、仕事場にいた母親の所に駆けていっていたそうなので、愛情のあるしつけをされていたと思われます。

芦田愛菜が父から教わった名言とは?

芦田愛菜さんは、中学受験を経験しています。その受験のための勉強を頑張っている時に、父親から教わった言葉があるそうです。それは、王貞治さんの名言で『努力は必ず報われる』という言葉です。

父親から教わった、この言葉に励まされ、芦田愛菜さんは勉強を頑張り、難関の中学校に合格しました。

「芦田愛菜みたいな子供が生まれてくると思ってた」女性が話題に

ある女性が、『芦田愛菜みたいな子供が生まれると思っていた』とツイートし、話題になっています。子供が生まれてくるまで、芦田愛菜さんのようなしっかりとした子供が生まれてくると、思い込んでいたようです。

このツイートに、共感の声が多く寄せられています。「子供を育てて、芦田愛菜さんの凄さに気付いた」「しつけをちゃんとできる母親になるだろうと思っていた」などのツイートがありました。

他にも、「話して聞かせれば伝わると思っていたけど、無理だった」 「愛想があって、可愛い子が生まれてくると思ってた」 「子供が芦田愛菜と同い年で、衝撃を受けた」などの声もありました。

両親に教育のノウハウ本のオファーが来ている!?

しっかりした芦田愛菜さんを育てた、両親には『どうしつけしたら、芦田愛菜のような子供になる?』という質問がたくさん歩い様です。また、両親には教育方やしつけのノウハウ本のオファーも来ていると言います。

芦田愛菜は頭がいい?難関校に合格して話題に!

芦田愛菜さんは、小学校6年生の時に中学受験をして、難関の中学校に合格しています。芦田愛菜さんの受験について調べてまとめてみました。

超難関の慶応中学に合格!

芦田愛菜さんは、中学受験に挑戦し、慶応中学に合格しました。この学校は、偏差値76という難関の学校と言われています。芦田愛菜さんは、女子学院などにも合格したと噂されています。

慶応中学に入学を決めたのは、芸能の仕事に関して理解がある学校だからと言われています。部活は、化学研究会に入部しているそうで、入学後は主にCM、バラエティ番組に出演しています。

芦田愛菜の高い学力は幼少期から読書をしていたから?

芦田愛菜さんは、幼少期から本が好きで、多くの本を読破していたと言います。彼女が難関の中学校に合格するほどの高い学力を持っているのは、幼少期の読書にあると言われています。

小学校の先生が言うには、学力の高い子供は本を読む習慣があるそうです。本をよく読む子供は語彙が豊富で、反対に読まない子供は語彙が貧しいという差があります。本を読むことで、語彙が多くなるそうです。

本を読む子供が高い学力を持つのは、全ての教科で、問題の文章の意味を読み取ることができるからです。文章を読み取る力がなければ、問題の意味を読み取ることができず、学力が低くなっていきます。

受験の理由は?子役はバカじゃないと証明したかった?

週刊誌によると、芦田愛菜さんが受験をした理由は、『子役はバカではない』ということを示したいという思いがあったからだそうです。詳しくは分かりませんが、『子役はバカ』と言われたのだと思われます。

受験勉強でテレビに出演していなかった芦田愛菜

芦田愛菜さんは、中学受験をする間は、勉強に集中するために、芸能の仕事を休んでいたようです。私立の中学に合格するために、1日12時間という猛勉強をしたと言います。

芦田愛菜さんは、受験のために『早稲田アカデミー』という塾に入って、勉強をしていたそうです。志望校別に対策をしているコースに入っていたと言われています。

今後は学業優先で芸能活動は休止する可能性も?

芦田愛菜さんは、学業優先で高校卒業するまでは女優の仕事を休むと言われています。ですが、芦田愛菜さんはとても演技をすることが好きなのだそうで、時期は不明ですが、将来、女優復帰の可能性は大いにあります。

芦田愛菜のプロフィール

  • 名前:芦田愛菜(読み:あしだまな)
  • 2004年6月23日生まれ
  • 兵庫県西宮市出身
  • 血液型:A型
  • 事務所:ジョビィキッズ

芦田愛菜さんは、2007年に芸能界に入って、2009年に子役デビューしました。2010年、『Mother』に出演し、演技が注目されてドラマアカデミーなど、多くの新人賞を獲りました。

『マルモのおきて』で主演をし、2011年にはソロでCDデビューしています。2012年には、最年少でブルーリボン賞の新人賞を受賞し、2018年に朝ドラの『まんぷく』でナレーションをしました。

NEXT:芦田愛菜の親もエリート!両親の厳しいしつけと教育法が凄かった!
1/2