梅宮辰夫の若い頃がカッコいい!昔の画像と銀座での豪遊伝説を紹介! エンタメ

梅宮辰夫の若い頃がカッコいい!昔の画像と銀座での豪遊伝説を紹介!

2019年末に死去した梅宮辰夫さん。晩年は病気でかなり痩せてしまい心配されましたが、若い頃は非常にハンサムな俳優さんでモテたと言われています。梅宮辰夫さんの昔の伝説を画像で紹介するとともに、出身大学や銀座での豪遊伝説などもまとめていきます。

目次

[表示]

梅宮辰夫の若い頃がイケメン過ぎる!かっこいい画像を紹介!

お年を召してからは笑顔が素敵な家族思いの父親という印象が強い梅宮辰夫さんですが、若い頃は女性関係が派手で銀座で豪遊していたなど数々の伝説の持ち主でした。

若い頃は相当なイケメンだったという梅宮辰夫さんの画像を紹介していきます。

医者を目指していた10代の梅宮辰夫

梅宮辰夫さんはもともと俳優を目指していたわけではなく、実家が開業医であったために学生時代は医師を目指して勉強に励んでいたといいます。

出身高校は早稲田高校とのことで、中学時代は陸上部の練習に励みながら受験勉強にも没頭。非常に真面目な学生であったことがうかがえます。

出身は早稲田!高校時代の梅宮辰夫の画像

上の画像が早稲田高校に在学中の梅宮辰夫さんです。早稲田高校に入ってからは剣道部に所属して主将を務めており、まさに文武両道でした。

この頃はまだ芸能界には入っていないのですが、TVに出ていても不思議ではないルックスですよね。

大学在学中にスカウトされて芸能界へ

長男ということもあり実家の病院を継ぐことを期待され、梅宮辰夫さん自身も勉強に励んできましたが、医学部に合格することはできず、大学は日本大学法学部へ進学。

その後も仮面浪人などはせず出身は日本大学となるのですが、大学在学中にスカウトされたことがきっかけとなって俳優業に興味を持つように。

これだけハンサムならスカウトされて俳優になったというのも納得ですよね。

東映ニューフェイスに!当時の梅宮辰夫の画像

芸能界入りしてすぐに、千葉真一さんや高倉健さんといった名優を輩出した東映ニューフェイスのオーディションに合格した梅宮辰夫さん。

東映ニューフェイスに選ばれた若手俳優はヒーロー番組の主役に抜擢されることが多く、梅宮辰夫さんもヒーロー映画に出演していました。

特に梅宮辰夫さんが主演した『遊星王子』は、現在でも特撮ファンから高い支持を得ている作品です。

ヒーロー映画から任侠映画に転機のチャンス

しかし当時の芸能界では、主演と言えども子ども向け番組に出ている役者は下に見られる傾向がありました。

そんな折、梅宮辰夫さんが所属していた東映はちょうどスター俳優が不在で、「梅宮辰夫を次期スターに!」という声があがっていました。

そして梅宮辰夫さんはヒーロー映画から任侠映画へと出演作品をシフトしていったのです。

任侠映画に出ていた当時の梅宮辰夫の画像

上の画像が任侠映画に出ていた当時の梅宮辰夫さんのものです。ヒーロー映画に出ていた頃とはうってかわって、アダルトな雰囲気が出ていますね。

この頃は高倉健さんや菅原文太さんら、後の大物俳優との豪華共演が目立ちます。

梅宮辰夫さんと言えば任侠映画という印象を持つ方も多いでしょう。端正な顔立ちに硬派な役柄がよく似合っていました。

梅宮辰夫は若い頃ポルノ映画にも出ていた!?

意外なことに梅宮辰夫さんは、若い頃にポルノ映画にも出演されていました。

硬派な俳優として人気を確立していたのに何故?と不思議に感じますが、梅宮辰夫さん本人は「役に貴賤はない。お客さんが喜んでくれるのなら何でも演じる」とおっしゃっていました。

ちなみにポルノ映画の出演したきっかけは、私生活で非常に女性にモテていたために試しに東映が声をかけてみたというものだったといいます。

30代以降は名脇役としても活躍!

30代に入ると脇役としても様々な作品に出演するようになっていった梅宮辰夫さん。

自分で事務所を立ち上げるも失敗してしまうなど苦労もありましたが、『日本の首領』『仁義なき戦い』など梅宮辰夫さんの代表作ともなる作品にも恵まれた時期でもあります。

また私生活でもクラウディアさんと結婚し、愛娘のアンナさんが誕生するなど公私ともに充実していたと言えます。

梅宮辰夫の昔が凄い!破天荒伝説を一挙公開!

若い頃の梅宮辰夫さんのハンサムぶりがわかる画像を紹介してきましたが、梅宮辰夫さんは仕事に対して硬派だった一方で私生活は数々の伝説を残すほど派手だったとも言われています。

昔の梅宮辰夫さんの伝説とはどのようなものなのでしょうか?まとめて紹介していきます。

若い頃の梅宮辰夫は冗談みたいにモテていた?

若い頃は非常にハンサムでモテていたことが想像される梅宮辰夫さんですが、本人いわく「常に10人は女がいた」といいます。

なんでも勝新太郎さんや石原裕次郎さんと並ぶほどの浮名を銀座では流していたとのことで、「嘘みたいにモテた」そうです。

銀座に行かないと寝付きが悪い?豪遊っぷりも伝説に

売れっ子の映画俳優だったのですから、遊ぶ暇などなかったのでは?と疑問に感じますが、当時の梅宮辰夫さんは銀座に行かないと寝付けないというほど、夜遊びにハマっていたといいます。

当時はワイドショーや写真週刊誌に追いかけられることもなかったため、派手に遊んでも誰にもとがめられなかったのだとも梅宮辰夫さんは語っていました。

銀座のクラブのロッカーに梅宮辰夫の着替えが入っていた?

若い頃の梅宮辰夫さんの伝説として有名なのが、パジャマで銀座に遊びに行っていたというもの。

行きつけの高級クラブのロッカーに梅宮辰夫さんのスーツが保管されていて、お店についたらパジャマから着替えていたのだとか。

夜の11時まで撮影があっても、終わり次第お店に向かってお気に入りのホステスさんに会っていたというのだから驚きです。

「処女をくれ!」カルーセル麻紀を口説いていた!

もう一つ若い頃の梅宮辰夫さんの武勇伝として語られているのが、性転換手術を終えたカルーセル麻紀さんを口説きまくっていたということです。

何度も電話でアタックをして「処女をくれ!」を連発していたのだそうです。しかしカルーセル麻紀さんは「奥さんもいるのに何言ってるの!」と断っていたといいます。

売れっ子ホステスと結婚するもスピード離婚

梅宮辰夫さんはクラウディアさんと結婚する前に、大門節子さんという銀座の有名ホステスさんと結婚されていました。しかし半年後にはスピード離婚をしています。

破天荒!いきなり岡崎二朗をソープに誘う

梅宮辰夫さんは『地獄の波止場』で共演した6歳年下の後輩俳優である岡崎二朗さんを、出会って早々になんとソープランドに連れて行ったそうです。

これには新人俳優であった岡崎二朗さんも驚き「こんなことをする先輩は他にいなかった」と、当時を振り返っています。

一流のスターは銀座で飲む?梅宮辰夫の美学

梅宮辰夫さんは他にも岡崎二朗さんに対して芸能人としての美学を語っていました。

中でも「稼ぎがなくても銀座で飲め、金は誰かが払ってくれるから」と型破りなことを言って、若き日の岡崎二朗さんを驚かせたといいます。

細かいことを気にしていてはスターにはなれない、一流の俳優は遊び方も一流であれ、というのが梅宮辰夫さんの矜持だったんですね。

愛車はスポーツカー一択だった

また若い頃の梅宮辰夫さんは愛車にもこだわりがあり、移動手段は自分のスポーツカー一択だったそうです。

この移動手段についても当時まだ駆け出しの俳優であった岡崎二朗さんは電車を使っていたため、「お前、そんなんじゃダメだ!」と一喝。

当時は人気俳優にはディーラーから「うちの車に乗ってください」とお願いされる時代であったため、飽きたらすぐ他の車という乗り方ができたのだといいます。

仕事も破天荒?梅宮辰夫伝説の下ネタソングとは?

歌手活動も行っていた梅宮辰夫さんですが、1970年には『シンボルロック』という発売禁止扱いの下ネタソングを出していました。

この曲の「シンボル」とはそのまま男性のシンボルのことを指しており、民放連の放送禁止コードの抵触するためにほとんど流されることさえありませんでした。

長らくお蔵入りになっていた『シンボルロック』ですが、2007年にTBSラジオの特集で取り上げられたことで話題となり、現在はカラオケにも入っています。

大物ぶりは平成も変わらず!梅宮辰夫のベンツ盗難事件

梅宮辰夫さんの豪快さは時代が平成に移っても変わらず、2001年に愛車のベンツが盗まれた際には「車はいいから、積んである調理器具は返して」と訴えて話題になりました。

しかし残念なことにベンツは戻ってきたものの、中にあった梅宮辰夫さんの大切な調理器具は返ってこなかったという悲しい結末を迎えました。

梅宮辰夫の病気・死因は何だった?

昔から豪快な人物であった梅宮辰夫さん。しかしお年を召してからは病気で入退院を繰り返すようになり、2019年の年末に惜しまれながら他界されました。

梅宮辰夫さんの死去の原因となった病気は何だったのでしょうか?

2019年12月に梅宮辰夫が死去!死因は腎不全だった

2019年12月12日、梅宮辰夫さんが慢性腎不全で亡くなりました。享年81歳。

梅宮辰夫さんは2019年に尿管癌を発症し、腎臓摘出手術を受けていました。そのため透析に通っていたのですが、通院した日の晩に息を引き取られたとのことです。

2016年にも病気に?十二指腸乳頭がんだった

梅宮辰夫さんにとって尿管癌は初めての癌ではありませんでした。2016年には十二指腸乳頭がんにかかっており、同年の7月には手術を受けています。

この時は発見が速かったために予後は良かったとされますが、病気が原因で10kg近く体重が落ちてしまいました。

2018年には前立腺がんも発覚

十二指腸乳頭がんの手術で、膵臓と胃、胆嚢の一部を切除したという梅宮辰夫さんでしたが、2018年には新たな病気に襲われます。9月に入って前立腺がんにかかっていることが発覚したのです。

実は梅宮辰夫さんは若い頃から睾丸がん、肺がん、胃がんも発症しており、俳優人生は闘病とともにあったと言っても過言ではないほど苦労されていました。

NEXT:2019年に尿管がんが発覚!腎臓摘出
1/2