伊藤沙莉の声がハスキーだと話題に!子役からブレイク!個性派女優へ! 女優

伊藤沙莉の声がハスキーだと話題に!子役からブレイク!個性派女優へ!

子役時代からいじめっ子のムカつく演技が絶賛された女優伊藤沙莉さん。大人になった現在ハスキーな声と演技力により磨きがかかったと話題を集めています。この記事では現在売り出し中の実力派女優伊藤沙莉さんの魅力をご紹介して行きます。

伊藤沙莉の声がハスキーだと話題に!天才子役から本格女優へ!

最近人気上昇中の女優、伊藤沙莉さんをご存知でしょうか?子役時代から天才的演技力で絶賛される伊藤沙莉さんが注目されるきっかけになったのは、そのハスキーで魅力的な声だと言われています。デビュー作品であるドラマ「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」では、演技未経験ながら大人から子供に若返ってしまうという難しい役を演じました。

この役柄に抜擢された理由の一つが、沙莉さんの個性的なハスキーボイスだったと言われています。子供の体に内面は大人という難しい役柄に説得力を持たせるために、大人っぽい沙莉さんの声が効果的だったという事らしいです。しかし声だけでなく初演技とは思えない演技力でセンスを高く評価される事になり、沙莉さんは女優の道を歩き始めました。

伊藤沙莉の経歴とプロフィールは?

子役からの長い経歴を持つ伊藤沙莉さんですが、実は最初から女優を目指していたわけではないそうです。3歳の頃からダンススクールに通っていた沙莉さんは、ダンスの道へ進んで行きたいと思っていたらしく、子役のオーディションを受けたのはダンススクールの友人達が受ける付き合いのような形だったそうです。

しかし、興味のなかった沙莉さんが才能を見抜かれたのか受かってしまい、連続ドラマ「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で子役としてデビューする事になります。その後「女王の教室」をはじめドラマや映画に数多く出演し着々と実績を重ね、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演するなど演技派女優としての地位を確立しつつあります。

プロフィール

  • 生年月日:1994年5月4日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:151cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:カラオケ
  • 特技:ダンス

子役時代からイジメっ子役がハマり役なイメージがありましたが、最近では個性派女優として様々な役で起用されており、その演技力と役の幅広さで今後の可能性を最も期待される若手女優の一人として注目を集めています。

伊藤沙莉は子役時代からハスキーな声!?

現在も印象に残るハスキーな声を持つ伊藤沙莉さんですが、子役時代からこのハスキーボイスで話題を集めていました。現在出演の作品で声を聞いて、もしかしてあの時の子役じゃないのかな?と思い出す視聴者が一定数いるようで、かなり印象に残りやすい声という事なのでしょうね。本人も自分の武器としてハスキーな声をあげているようです。

伊藤沙莉のハスキーな声はいじめっ子役にハマる?

ドラマ「女王の教室」でいじめっ子の役を好演、それからも度々いじめっ子役に抜擢されドラマ「GTO」、「怪盗山猫」でのいじめっ子役を見事に演じいじめっ子女優としての定評を得ました。伊藤沙莉さんの声は確かに響きが低くて少し威圧感があります。この声で憎たらしいことを言われると結構こたえるんですよね。

ドラマを観るときは主人公に感情移入して観ることが多いでしょうから、あの特徴ある声でいじめっ子として登場すると憎まれ役としてとても強く印象に残ります。伊藤沙莉さんは子供時代にこの声がコンプレックスだった事もあったそうですが、観る側からするキャラの強いとても魅力的な声だと感じます。声を活かした役をもっと見てみたいです。

伊藤沙莉は子役時代、リアルいじめっ子だと勘違いされた?

連続ドラマ「女王の教室」でいじめっ子の役を演じていた頃、リアル小学生だった伊藤沙莉さんはいじめっ子役イメージが一人歩きして、学校内で「誰々を沙莉ちゃんがイジメていた」とか根も葉もない噂が勝手に広まって困った事が何度もあるそうです。それだけ演技が自然でその人間そのものだと勘違いされる程だったという事でしょう。

伊藤沙莉が映画「獣道」でハスキーな声のヤンキー役で話題に!

伊藤沙莉さんの最近の作品の中で特にインパクトが強いのが、主演を務めた映画「獣道」での金髪のヤンキー役でしょう。この映画で沙莉さんは今までのイメージには無かった金髪姿のバリバリのヤンキーを演じ、ヌード姿も披露しています。この作品で新しい可能性を開いたと言っても過言では無いほど圧倒的な演技を見せてくれます。

伊藤沙莉の子役オーディション合格はハスキーな声のおかげ?

伊藤沙莉さんの女優デビューのきっかけとなった子役オーディションで、沙莉さんは役に受かろうとして行っていなかったためか緊張感皆無だったらしく、ノリノリでモノマネを連発したそうです。あのハスキーな低い声で9歳の女の子がモノマネを連発したら、審査員のインパクトはかなりのものだったと想像できます。

もちろん現在の伊藤沙莉さんの演技力を見れば、審査員がきっちり才能を見抜いたと言えるかも知れませんが、そのハスキーな声が強力なアドバンテージをもたらしたのは想像に難しくありません。天性のハスキーボイスが現在の女優としての伊藤沙莉さんを生み出したと言っても過言では無いでしょう。

伊藤沙莉のいじめっ子演技が本当にムカつくと話題に!

伊藤沙莉さんがドラマ「GTO」でいじめっ子役を演じていた頃、本当にムカつく!という声がたくさん上がりました。これだけでも役者としてすごい事ですが、伊藤沙莉さんのさらにすごいところは、ムカつくけどハスキーな声を聞いていたら段々ファンになってきた!という人が続出した事でしょう。

そんな伊藤さんはいじめっ子の役を演じている時は本当に憎たらしいのですが、インスタやブログでのキャラクターは画像を含めて大変柔らかい印象を受けます。こんなに柔らかい感じの人がいじめっ子やヤンキーの役をやると印象がガラリと変わるのを見ると、この人は本当に天才なのだなぁと感じてしまいます。

伊藤沙莉の小学校時代のあだ名は「売れない子役」!?

9歳から子役としてコンスタントに活躍していた伊藤沙莉さんは、小6から中学卒業までのあだ名が「売れない子役」だったそうです。このあだ名はバカにされていたと言うよりは、愛情を込めたイジリのような感じだったようで、沙莉さんの愛嬌のある性格が垣間見えるエピソードだと言えます。

本人はエゴサーチ(ネットで自分の評価を調べる事)するほど周囲の評価が気になる性格らしく、ドラマに出てくる時は周りに人が集まってくるけど、出なくなると人が来なかったりと言ったことを気にしていたようで、「売れない子役」と呼ばれて気楽にからかわれている方が気が楽だったようです。

伊藤沙莉の出演作品一覧①:14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜

20代前半にして子役時代からの長いキャリアを持つ伊藤沙莉さん。出演作品も多数に渡っており、様々な役柄を演じています。ここでは伊藤沙莉さんの代表作や、個性的な演技が光る作品に焦点を当てて一覧してみましょう。

デビュー作となるドラマ「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で演じたのは、若返って子供になった科学者の役でした。この役柄はただ単に大人が子供になったと言うだけでなく、科学者という設定があったため、セリフの内容も難しく、9歳の演技経験のない子供には難しい役でした。この難しい役を沙莉さんは演じきり、その才能を絶賛されました。

伊藤沙莉の出演作品一覧②:女王の教室

「女王の教室」は2005年に放送された平均視聴率17%を誇る人気ドラマです。このドラマで伊藤沙莉さんが演じた、いじめっ子の役が、その後のいじめっ子役女優のイメージの原点と言える役です。この役のインパクトは強く、現在大人になった伊藤沙莉さんが出演するドラマを観て、あの時のいじめっ子の役か!と気づく視聴者も多いそうです。

伊藤沙莉の出演作品一覧③:GTO

2014年のドラマ「GTO」では、またしてもいじめっ子の役を演じます。前回は小学生でしたがこの作品では高校生役での出演、陰湿なイジメっ子を演じる様子が本気で怖いと話題になりました。この作品での見事ないじめっぷりを見て、「女王の教室」を思い出した視聴者も多かったようです。

伊藤沙莉の出演作品一覧④:トランジットガールズ

2015年の「トランジットガールズ」ではモデルと女優で活躍する佐久間由衣さんとの同性愛の関係を演じて話題を集めます。今までの伊藤さんの活発なイメージのキャラクターとは真逆の大人しくて受け身な女の子の役を演じ、新しい一面を示した作品となっています。

伊藤沙莉の出演作品一覧⑤:兎のダンス

ドラマ出演の印象が強い伊藤沙莉さんですが映画作品にも多数出演しています。「兎のダンス」では13歳にして映画初主演、折り合いの悪かった祖父を失った女の子の緻密な感情表現が必要な役でしたが見事に演じています。

伊藤沙莉の兄は喋り方が独特なお笑い芸人!?

伊藤沙莉さんのお兄さんは、お笑いコンビ「オズワルド」の伊藤俊介さんという方です。妹沙莉さんに勝る個性的キャラで、ボケに対しつっこまないで肯定する、というかむしろボケにボケで返すという独特の漫才でライブ活動を展開しています。沙莉さんは自慢の妹らしくあちこちで自慢しているようです。個人的に「オズワルド」好きです。

伊藤沙莉のこれからの活躍が楽しみ!

ここまで見てきたように、子役時代から天賦の才ともいうべき演技力とハスキーボイスを武器に女優としての実績を積み上げてきた伊藤沙莉さん。20歳を越えてからは、今までに無かった役に挑戦し次々と新しい殻を破っている勢いを感じさせる女優さんです。今までは学生の役が多かった沙莉さんですが、今後増えるであろう大人の役にも期待です。

2018年にもヒューマンドラマを中心に多くの映画に出演しており、いよいよ大ブレイクの匂いを感じます。どんな役柄でも見事に演じきる伊藤沙莉さんの活躍に今後注目しておいて損は無いでしょう。