クラシックフィジークとは?フィジーク・ボディビルとの違いや日本人選手を紹介!おもしろ

クラシックフィジークとは?フィジーク・ボディビルとの違いや日本人選手を紹介!

クラシックフィジークとは一体なんなのでしょうか。よく似た競技でボディビルやメンズフィジーク等があり違いとして体重制限やポージングが挙げられます。今回はクラシックフィジークの特徴や活躍している日本人のJally選手やステロイド疑惑などを紹介していきます。

目次

[表示]

クラシックフィジークとは?どんな競技?

EliasSch / Pixabay

クラシックフィジークとは一体どんな競技なのでしょうか。よく似た競技でボディビルやメンズフィジークなどがあります。

下記ではクラシックフィジークの説明とルールや特徴などを紹介していきます。

フィジークとボディビルの要素を合わせた競技のこと

lukaszdylka / Pixabay

クラシックフィジークとは、ボディビルとフィジークの要素を合わせた競技のことを言います。筋肉の大きさやアウトラインの綺麗さ、皮下脂肪の少なさ等が審査されます。

また、ポージングの美しさや筋肉の付き方等も審点に入ります。

2016年にできた新しいカテゴリー競技

stevepb / Pixabay

クラシックフィジークは2016年の時にミスターオリンピアでカテゴリとして初登場しました。

クラシックフィジークの起源としては2005年の頃からあったようでIFBBという組織が1つだった頃にクラシックボディビルというカテゴリが元のようです。

クラシックフィジークの特徴は?

DreamyArt / Pixabay

クラシックフィジークの特徴とは、美しく均等に付けられている筋肉を評価するという点です。ボディビルは迫力がある筋肉を評価するので、違った評価基準を持っているのが特徴です。

評価基準だけだとメンズフィジークと同じように聞こえますが、クラシックフィジークは太ももまで見えるパンツを着用しているので、足の部分も評価点に入ります。

逆にボディビルのようにお尻まで見えるパンツではないので、お尻まで評価されるのは少ないようです。

クラシックフィジークのルールは?

succo / Pixabay

クラシックフィジークのルールは基本的にボディビルと同じですが、予選ではクオーターターンと規定ポーズで審査し、決勝では3分間のポージングルーティン、クオーターターン、規定ポーズで審査します。

クラシックフィジークとメンズフィジークの違いは何?

qimono / Pixabay

クラシックフィジークとよく似た名前のメンズフィジーク。カテゴリが分かれていますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。下記でメンズフィジークとクラシックフィジークの違う点を紹介していきます。

①衣装の違い

sasint / Pixabay

まず1つめに使用される衣装が違います。クラシックフィジークの場合トランクスを着用しますが、メンズフィジークはサーフパンツを着用します。

クラシックフィジークのトランクスは黒等のシンプルな物で下着は不可になっています。また丈が長すぎるのもダメで太ももがしっかり見えるくらいの丈を義務付けています。

大きなロゴが入ってるのもダメなようで、とにかくシンプルで太ももが見える長さの審査用トランクスというルールになっているようです。

NEXT:②足の審査が有るか無いか
1/4